脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!


このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!腎臓病のお話 > 慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの? ]

慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの?

< 慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの?の記事はココから >

慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

現在の日本の新しい国民病とも言われているのが、

慢性腎臓病なようですね。

 

慢性腎臓病という言葉を耳にしたことがある方は、

たくさんいらっしゃるでしょうが、

 

今回は少し詳しくお話してみましょう。

 

慢性腎臓病は、Chronic Kidney Disease、

略してCKDなどとも呼ばれているようです。

 

初期の頃には自覚症状がなく、最近おかしいな?

と思い始めた頃には、病気が進行している状態であることが、

 

ほとんどなようです。

 

血液検査や尿検査を受けることで、

この病気が発覚する場合が多いようです。

 

もし、仕事がそんなに忙しくないのに、

体がいつもだるかったり、頻繁に貧血状態になったり、

 

むくみを感じるようであれば、

一度病院で検査をした方がいいかも・・・。

 

血液検査をした際にGFR(腎臓機能の働きを示す項目)の

数値が低下していたり、

 

尿検査でたんぱく尿が出たりすると、

慢性腎臓病を疑うことになるようですね。

 

慢性腎臓病の主な原因としては、

糖尿病や高血圧があげられるようです。

 

では、慢性腎臓病と診断された場合、

どのような治療を行っていくんでしょうか。

 

実は、慢性腎臓病を完治させるような薬は、

まだ開発されていないようです。

 

薬物治療で行えるのは、

進行を遅らせることだけなようです。

 

慢性腎臓病の原因が、糖尿病であれば、

血糖値を低下させる薬を投与したり、

 

高血圧であれば血圧をコントロールするような

薬を投与するようです。

 

薬物治療の他に、

重要なのが、食事なようですよ。

 

腎臓病の場合、注意しなくてはならないのが、

塩分とたんぱく質なようです。

 

腎臓病にとって、塩分とたんぱく質を

制限することがとっても重要なようです。

 

でも、だからと言って、

全く摂取しないとなると栄養が不足してしまうようなので、

 

上手くコントロールする必要があるようですね。

 

関連記事

腎臓病かどうかの検査ってどうするの?

腎臓病を予防する為にはどうすればいいの?

腎臓病にも種類があるって本当なの?

腎臓の役目ってどんなことなの?

腎臓病になる原因は一体何なの?

SponsoredLink




< 慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 腎臓病のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!腎臓病のお話 > 腎臓病かどうかの検査ってどうするの? ]

腎臓病かどうかの検査ってどうするの?

< 腎臓病かどうかの検査ってどうするの?の記事はココから >

腎臓病かどうかの検査ってどうするの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

近頃では、日本国内だけで、

約2,000万人の方が腎臓病予備軍だとされているようで、

 

新しい国民病とまで腎臓病は言われているようですね。

 

では、どのような検査を行えば、

腎臓病を発見できるんでしょうか。

 

一般的には、血液検査と尿検査を行えば、

腎臓病かどうか判断できる、と言われているようです。

 

この二つの検査を行った結果、

腎臓病だという疑いが高い場合には、

 

腎生検を行うこともあるようです。

 

血液検査を行う場合、腎臓は3つ項目を検査すれば、

ある程度のことはわかるとされているようです。

 

まず、1つ目が、クレアチニンなようです。

このクレアチニンは、アミノ酸の一種なようで、

 

腎臓機能が低下していくと、

この項目の数値が高くなるようです。

 

腎臓が正常に機能していれば、ろ過され、

吸収されずに尿と一緒に体外へ排出されるようです。

 

でも、腎臓機能が低下していると、

血液中にクレアチニンが溜まってしまい、

 

その結果、数値が高く出てしまうようですね。

 

ですが、

クレアチニンは筋肉量で数値が左右されてしまうようなので、

 

男性と女性で差が出てしまったりもするようです。

 

それに、

高齢者の方が数値が低く出てしまう傾向にあるようなので、

 

軽い腎臓機能障害では正確な判定ができないようです。

 

そこで、年齢や性別などの条件をかけ合わせて、

正確に数値を測定出来る項目が、eGFRなようです。

 

更に、3つ目が、尿酸窒素であるBUNなようです。

尿酸窒素は、クレアチニンと同じく腎臓機能が低下すると、

 

ろ過できなくなり、血液中に蓄積されていくようです。

 

従って、

腎臓機能に障害があると高い数値を示すようです。

 

ですが、腎臓機能障害の他に、たんぱく質の過剰摂取や、

甲状腺機能亢進症などの場合でも高い数値を示すようです。

 

腎臓病かどうかを判断するにあたって、

最も簡単な検査方法であるのが尿検査なようですね。

 

尿検査では、尿中のたんぱく質の有無や、

赤血球の有無を検査するようです。

 

腎臓の検査をして、健康で頑張っていきましょうね。

 

関連記事

慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの?

腎臓病を予防する為にはどうすればいいの?

腎臓病にも種類があるって本当なの?

腎臓の役目ってどんなことなの?

腎臓病になる原因は一体何なの?

SponsoredLink




< 腎臓病かどうかの検査ってどうするの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 腎臓病のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!腎臓病のお話 > 腎臓病を予防する為にはどうすればいいの? ]

腎臓病を予防する為にはどうすればいいの?

< 腎臓病を予防する為にはどうすればいいの?の記事はココから >

腎臓病を予防する為にはどうすればいいの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

腎臓病というのは、腎臓に影響を与えるだけではなくって、

他の臓器に影響を及ぼす危険性もあるようですね。

 

腎臓病を引き起こす大きな要因としては、

生活習慣病があげられているようです。

 

この生活習慣病を予防することが、

腎臓病の予防につながっていくようですよ。

 

まず、一番重要なことは、腎臓の機能を正常に保つ為に、

体内の水分量を正常に保つ必要があるようです。

 

水筒やペットボトルなどを持ち歩いて、

外出先でもこまめに水分補給をするのが良いようです。

 

又、体内の水分バランスを保つ為には、

水分を補給するだけではなくって、

 

他にもいろいろな工夫が必要なようです。

 

例えば、水分を補給すれば、

尿意を感じるのは当たり前のことですが、

 

女性に多く見られるのが、

尿意を我慢してしまうことなようですね。

 

ですが、尿意を我慢すると、

細菌が膀胱内で繁殖してしまって、

 

腎臓に負担をかけることになるようなので、

我慢せずに老廃物と毒素を速やかに体外へ排出してしまいましょう。

 

又、腎臓は、

血行不良だと活動が鈍ってしまうようです。

 

血液循環をスムーズに行うためには、

適度な運動量が必要になるようです。

 

運動不足は、

生活習慣病を招く原因とも言われているようなので、

 

適度に運動することは、とっても重要なことなようですよ。

 

とはいえ、いきなりジョギングを始めたり、

スポーツジムに通ってください、

 

というわけではないんです。

 

ウォーキングや水泳など、あまり体に負担の

かからないような運動を行うと良いようです。

 

生活習慣病の予防の為に、

最も重要なことといえば食事なようですね。

 

利尿作用があり、腎臓に良い、

とされている成分がカリウムなようです。

 

カリウムが多く含まれている食材で、

代表的なのは、白菜なようですね。

 

白菜は水分もたくさん摂取することができるようなので、

積極的に食べるようにしましょうね。

 

そして、しっかりと腎臓病を予防しましょう。

 

関連記事

慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの?

腎臓病かどうかの検査ってどうするの?

腎臓病にも種類があるって本当なの?

腎臓の役目ってどんなことなの?

腎臓病になる原因は一体何なの?

SponsoredLink




< 腎臓病を予防する為にはどうすればいいの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 腎臓病のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!腎臓病のお話 > 腎臓病にも種類があるって本当なの? ]

腎臓病にも種類があるって本当なの?

< 腎臓病にも種類があるって本当なの?の記事はココから >

腎臓病にも種類があるって本当なの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

近年では、

慢性腎臓病が新たな国民病と言われ始めている程に、

 

腎臓病の方が増えているようですね。

 

あなたも、何度も腎臓病という言葉を

聞いたことがあるはず・・・。

 

腎臓病というのは、

腎臓機能が低下してしまうことによって、

 

老廃物や毒素の排泄が上手く行われなくなったり、

体内の水分量を調節することが上手くできなくなることで、

 

様々な症状を現すようですね。

 

昔は腎臓病と言うと、

不治の病と言われるほど重病なようでした。

 

ですが、現在では、医療技術が進化して、

病気の進行を遅らせたり、

 

人工透析を行うこも可能になっているようです。

 

いろいろと治療法も選ぶことができるようですし、

早期発見や早期治療を行えば、

 

日常生活をそこまで大きく変えてしまうような

病気ではないようです。

 

実は、腎臓病にも様々な種類の腎臓病があるようなので、

ここで少しお話したいと思います。

 

先程も申し上げたように、

新しい国民病とも言われているのが慢性腎炎です。

 

これは、糸球体に

何らかの異常が起こった場合になる病気なようです。

 

健康診断で行った尿検査で、たんぱく尿が出ていると診断され、

そこから慢性腎炎であることが発覚する場合も多くあるようです。

 

治療法も様々あるようで、

腎炎となった原因によって、治療法も異なるようです。

 

そして、近年多く見られるようになったのは、

糖尿病性腎症なようで、これも腎臓病の1つなようです。

 

糖尿病の合併症として腎臓病を引き起こすようですが、

人工透析を行っている患者さんの約40%が、

 

この糖尿病性腎症が原因で、人工透析を行っている、

と言われているようですよ。

 

糖尿病のように、高血糖状態であると、

血液の浄化機能がどんどん低下していってしまうようですよ。

 

このように、腎臓病にも様々な種類があるようですね。

 

関連記事

慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの?

腎臓病かどうかの検査ってどうするの?

腎臓病を予防する為にはどうすればいいの?

腎臓の役目ってどんなことなの?

腎臓病になる原因は一体何なの?

SponsoredLink




< 腎臓病にも種類があるって本当なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 腎臓病のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!腎臓病のお話 > 腎臓の役目ってどんなことなの? ]

腎臓の役目ってどんなことなの?

< 腎臓の役目ってどんなことなの?の記事はココから >

腎臓の役目ってどんなことなの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

現代の食生活というのは、昔と違って、

塩分の摂取量がとっても高くなったようで、

 

腎臓病を患っている方が多いと言われているようです。

 

腎臓は肝臓と同様に、人間にとって、

とっても重要な役割を果たしている臓器なようですね。

 

腎臓には、

3つの大きな役割があるようです。

 

まず、1つ目は、老廃物のろ過と排出なようです。

ろ過と排出とひと言で言っても、

 

理解するのは難しいと思いますが、実は、

腎臓が全身をめぐっている血液の老廃物や

 

毒素を取り除くためのろ過作業を行い、

血液の浄化を行っているようですよ。

 

ろ過されて、老廃物や毒素は、

尿と一緒に体外へ排出されるようですが、

 

腎臓機能が低下すると、

このろ過と排出がうまくいかなくなるようで、

 

体内に蓄積されてしまうようです。

 

腎臓では、1日に約150ℓの血液を浄化している、

と言われているようです。

 

そして、2つ目が、

体液や電解質の調節を行っていることなようです。

 

電解質というのは、主にナトリウム・カリウム・リン・カルシウム・

マグネシウムなどのことを言うようですが、

 

この電解質が人間の体にとって、必要不可欠な物なようです。

 

もちろん、体液(水分)が重要なことは、

あなたも知っていると思います。

 

でも、この体液と電解質は多すぎてもいけませんし、

少なすぎてもダメなようです。

 

この2つのバランスを上手く保つ役目を

担っているのが腎臓になるようです。

 

3つ目が、

ホルモンの分泌と調節を行っていることなようです。

 

赤血球を作り出したり、

骨の発育維持という重要な機能をスムーズに行うために、

 

腎臓が直接ホルモンを分泌して調整しているようですね。

 

腎臓って、とっても重要な働きをしているようですね。

 

関連記事

慢性腎臓病ってよく聞くけどどんな症状なの?

腎臓病かどうかの検査ってどうするの?

腎臓病を予防する為にはどうすればいいの?

腎臓病にも種類があるって本当なの?

腎臓病になる原因は一体何なの?

SponsoredLink




< 腎臓の役目ってどんなことなの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 腎臓病のお話 | - | - |

最新トラックバック
・・もくじ・・
・・新着記事・・
頚椎ヘルニアの牽引療法ってどうなの?
頚椎ヘルニアは鍼や整体でよくなるの?
頚椎ヘルニアは漢方で改善できるの?
頚椎ヘルニアはストレッチで和らげられる?
頚椎ヘルニアになる原因ってなんなの?
対人恐怖症でもできる仕事ってどんなものがあるの?
対人恐怖症の治療の森田療法ってどんななの?
対人恐怖症は薬で治るの?
対人恐怖症はどんな病院の何科に受診すればいいの?
対人恐怖症の治療方法ってどんなものがあるの?
対人恐怖症って本当に治るの?
肝臓に良いという食べ物ってどんな物があるの?
ヘルシアって肝臓に効果があるの?
肝臓や肝臓の周辺が痛い時はどんな原因が考えられるの?
肝臓の検査でGOTとGPTが高いとまずいって本当なの?
肝臓の検査でγGTP(ガンマ)が高いとまずいの?
アルコールと肝臓の関係ってどうなの?
花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?
花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?
花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?
花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?
花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?
花粉症に鍼灸が効果があるって本当なの?
ビルベリープレミアムって何がいいの?口コミはどうなの?
ハッピーブルーベリーって何がいいの?口コミはどうなの?
小林製薬のブルーベリー&メグスリノ木セットって何がいいの?口コミは?
アサヒのブルーベリーって何がいいの?口コミはどうなの?
スーパーブルーベリーって何がいいの?口コミはどうなの?
リフレのブルーベリー&ルテインって何がいいの?口コミは?
黒酢にんにくの口コミや特徴は?何がいいの?
厳寒行者にんにくの口コミや特徴は?何がいいの?
にんにくすっぽん卵黄の口コミや特徴は?何がいいの?
にんにく玉ゴールドの口コミや特徴は?何がいいの?
伝承にんにく卵黄の特徴って何なの?何がいいの?
光老化とたるみってどんな関係があるの?
たるみ治療のサーマクールってどんな治療なの?
たるみに効果のある食べ物ってどんなものがあるの?
たるみにヒアルロン酸が効果があるって本当なの?
たるみはエステに行くと治るって本当なの?
たるみには美顔器が効果があるって本当なの?
O脚とX脚の違いってどんなことなの?
日本テレビの魔女たちの22時で紹介されたO脚の改善方法ってどうなの?
O脚を治すと身長が伸びるって本当なの?
O脚の改善に効果的なインソールがあるって本当なの?
O脚だと足がむくみやすいって本当なの?
O脚を矯正するには整体やカイロプラクティック?どこがいいの?
目のくま対策のマッサージやエクササイズってどうすればいいの?
目のくまに効果のある食べ物ってどんなものがあるの?
目のくまにも種類があるって本当なの?
目のくまを自分で簡単に取れるやり方ってあるの?
目のくまは目の疲れを取ると無くなりやすいって本当なの?
目のくまってどうしてできてしまうの?
毛穴の黒ずみを解消するにはどうすればいいの?
毛穴に溜まる皮脂を取り除くにはどうすればいいの?
たるみ毛穴を引き締めるにはどうすればいいの?
帯状毛穴を解消するにはどうすればいいの?
空洞毛穴を改善するにはどうすればいいの?
オイリー毛穴を改善するにはどうすればいいの?
中絶を繰り返すと不妊症になるって本当なの?
男性不妊の原因にはどのようなものがあるの?
漢方薬を使って妊娠できるって聞きますが本当なの?
不妊症の原因にストレスがあるって本当なの?
不妊症を調べるための検査ってどんな事をするの?
不妊症ってどういう状態をいうの?
膝の痛みにグルコサミンやコンドロイチンは効くの?
膝の痛み解消にはダイエットが必要なの?
膝に水が溜まってしまったらどうすればいいの?
膝が痛くてどうしようもない時には病院に行く?それとも整体?鍼?
膝が痛い時の自分でできる対処方法はあるの?
膝が痛くなるのはなぜなの?原因はなんなの?





カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載