脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!動物・ペットの脱腸のお話 > 猫が脱腸になった? ]

猫が脱腸になった?

< 猫が脱腸になった?の記事はココから >

脱腸になった?
猫も脱腸になってしまう事があるんでしょうか。そもそも脱腸ってご存知のように、体の中の特定の場所に収まっているべき臓器などが、おなか(腹腔)等のスキマから押し出された状態の症状を言うんですよね。特に、いろいろな臓器や脂肪組織などが詰まっているおなか(腹腔)に関わる脱腸、つまりヘルニアが多いようですが、当然、動物もおなかの中に臓器やいろいろな組織が詰まっているので、脱腸を発症する可能性は有るんですよね。さて、ペットの中での猫の脱腸症状って、犬に比べて脱腸、いわゆるヘルニアになるのは、随分少ないようですね。でも、その少ない脱腸症状の中でも、最も多いのが”横隔膜ヘルニア”のようなんです。

その”横隔膜”って言うのは、心臓や肺のある胸(胸腔)と、胃腸や肝臓、腎臓等の臓器が集中するおなか(腹腔)とを隔てる、筋肉と腱からなる薄い隔膜で、肺呼吸に重要な役割を果たしているところなんです。この横隔膜が何らかの原因で裂けたり、形成不全だったりして出来た裂け目やすき間から、肝臓や胃や腸等が胸(胸腔内)に押し出されたものが横隔膜ヘルニアなんです。猫がこの状態になると、肺が圧迫されて呼吸困難になったり、心臓が圧迫されてうまく拍動出来なくなったり、胃や腸が圧迫されて食欲不振になったり、嘔吐したりする事もあるようですね。

猫で、横隔膜ヘルニアの次に目立つ病状は、腸管や脂肪組織が脚の付け根、いわゆる、そけい部にあるすき間から、大腿部の方に押し出された鼠径(そけい)ヘルニアや、ヘソの辺りのすき間から皮下に押し出された臍(さい・へそ)ヘルニアなんです。すき間が小さければ、脂肪組織の一部が出る位なんですが、大きくなると、小腸などの腸管が出入りするようになってしまいます。これだけなら、さほど問題はないようなんですが、腸管の一部がすき間に詰まってしまい、この状態をカントンと言いますが、血管がうっ血して腫れて、ついにその部位が壊死して腹膜炎等になる事もあるんですよね。これを嵌頓(カントン)ヘルニアって言います。この状態になると大変なんですよね〜。

猫の脱腸の中でも多い横隔膜ヘルニアの原因は、交通事故等の突発事故が最も多いようです。なので、脱腸の予防としては、外に出さずに室内飼いにするのが良いみたいですが、ずぅ〜っとだと、チョッと可哀想かな〜。それに、発情期に起きやすい不意の飛び出しを抑える為には、避妊や去勢するのも一つの方法のようです。愛猫に少しでも気になる症状がある場合には、早急に動物病院でよくご相談下さい。猫等の可愛いペット達は、一生懸命私達を癒してくれますよね。愛猫の脱腸、ぜひ治してあげて下さいね♪

ネタ元 
http://www.p-well.com/index.html

関連記事
金魚も脱腸に?
犬も脱腸になるの?
SponsoredLink



< 猫が脱腸になった?の記事はココまで >
| カテゴリ : 動物・ペットの脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!動物・ペットの脱腸のお話 > 金魚も脱腸に? ]

金魚も脱腸に?

< 金魚も脱腸に?の記事はココから >

金魚脱腸に?
金魚も脱腸って発症するんでしょうか?金魚も内臓が有るので、脱腸の発症する可能性は大いにありますよね。ネットで散策していたら、金魚の肛門から白いものが出てるけど、糞ではないような・・・って言う記事を見つけたんですよ。これは脱腸ではないんでしょうか。金魚の糞は透明だったり、すごく細かったりのようなんです。で、その記事では、日に日に、肛門の白い部分がかなり出て来ていて、今日は、4〜5舒未砲覆辰討ているんですよね。これって、金魚の脱腸症状ではないでしょうか。肛門から白い物ですと、脱腸か、又は、寄生虫と思われます。毎日少しずつ出ているのなら、脱腸のようなものかもしれませんね。その白い物から糞が出ていないか確認してみて下さい。

金魚の脱腸の場合は、詳しい原因は分からないようなんですが、糞が透明であったりする事から、金魚の体調が万全でなかったり、金魚が何らかの病気に罹っているという事も考えられますね。先ず、塩浴で金魚の様子を観察し、ストレスが無いような環境で静かに見守り、合わせて、病気のような症状が無いのか、特に、良く観察した方が良いようです。この状態で、何か異常が見られたならば、速やかにペット専門医にご相談下さいね。

ところで、金魚の水温管理はどうしていますか?金魚の水槽の水温対策としては、夏の暑い時には、断然、保冷剤かアイスノンが効き目が良いようです。少し大きめのを二つほど入れると水槽の中は、冷え冷えになるんですが、ほどほどに温度調節をしてあげて下さいね。又、照明を使っているのなら、それが水温を上げてしまっている可能性もあるので、リフトアップして水面から離してあげたり、冷却ファンを使って気化熱で水温を下げるようにしたりといった方法があるんですよね。その他には、水槽の設置場所を見直してみるのも良いかもしれませんね。でも、金魚も水温が急激に変化するのは良くないようなので、予め、魚のいない水槽等で試してみてから行うのが良いでしょうね。金魚の習性等もあるので、十分考えて、良い環境で金魚を飼ってあげて下さいね。

金魚ネタ元 
http://homepage1.nifty.com/nnd/aqua/soudan/2004_07_28_2.htm
水温ネタ元 
http://homepage1.nifty.com/nnd/aqua/soudan/2004_07_05_3.htm

関連記事
猫が脱腸になった?
犬も脱腸になるの?

SponsoredLink



< 金魚も脱腸に?の記事はココまで >
| カテゴリ : 動物・ペットの脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!動物・ペットの脱腸のお話 > 犬も脱腸になるの? ]

犬も脱腸になるの?

< 犬も脱腸になるの?の記事はココから >

脱腸になるの?
犬にも脱腸の症状が出るんですね。この事は、管理人は知りませんでしたが、考えてみればそうですよね。犬をはじめ動物のお腹にも、胃や腸等のたくさんの臓器が腹膜につつまれていて、毎日休みなく働いているんですから、犬の脱腸症状も有って当たり前ですよね。

犬の心臓と肺の収まっている胸は、背骨と肋骨で守られているんですが、多くの臓器があるお腹は、筋肉や筋膜で背骨に吊り下げられた状態のようなんですね。柔軟で流動的なんですが、悪く言えば、常に不安定な状態のようなんです。それに、犬が呼吸をするたびに、胸(胸腔)が広がってお腹(腹腔)を圧迫してしまうんです。且つ、食餌のたびに食べ物や飲み物が胃から腸へ入り、更に、膀胱には尿が溜まり、大腸には便が溜まってきます。こんな毎日なので、元々高い腹圧が、一層高くなる機会が多いんです。

そんな時、犬におヘソや足の付け根(ソケイ部)や肛門の周り(会陰部)等、腹膜を守る筋肉にいくらか”隙間”の有る部位に問題があると、腹膜につつまれた臓器が体腔外に押し出されるんです。これが脱腸の症状なんです。ヘルニアとも言うんですが、体腔外なので、正確には外ヘルニアって言うんです。そして、腹腔内の臓器が横隔膜の隙間や裂け目から胸腔など、体腔内の別の部位に出てくるのが内ヘルニアなんです。

犬が脱腸になりやすいのは、おヘソや足の付け根(そけい部)、肛門のまわり(会陰部)等です。犬のおヘソや足の付け根(ソケイ部)や肛門の周り(会陰部)等、腹膜を守る筋肉にいくらか”スキマ”が有って、この隙間が生まれつき大きかったり、成長に従って広がったりすると、腹圧が強くなった時に、脱腸を発症してしまうんです。

高齢期の犬、特に雄犬になりやすいのが、肛門の周り(会陰部)の脱腸で、会陰ヘルニアとも言われています。これは、人間と同じく、加齢による筋肉の衰えが原因のようなんです。脱腸は、お尻の横にふくらみが出る事で発見出来ます。押せば引っ込んだりもするようですが、また出てくるんです。症状は、脱腸が進行すると、飛び出した臓器の一部が圧迫されるので、食欲不振や排尿や排便が困難になってきます。犬のおヘソや足の付け根付近に、異常なシコリやふくらみが見付かったら、即、動物病院で検査を受けて下さいね。

脱腸の治療としては、手術になります。但し、体力的に不安な老犬の場合は、経過観察になることもあって、症状が重くなる事も有るようです。普通は、術後十分な栄養と軽い運動で、日毎に元気になってきます。手術にはある程度の金額が掛かりますが、脱腸も場合によっては、ペット医療共済等の保険がきく事があるので、動物病院でよくご相談下さい。犬等の可愛いペット達は、一生懸命私達を癒してくれています。愛犬の脱腸、ぜひ治してあげて下さいね♪
ネタ元 
http://www.p-well.com/index.html

関連記事
猫が脱腸になった?
金魚も脱腸に?

SponsoredLink



< 犬も脱腸になるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 動物・ペットの脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
コレステロールの多い食品?
コレステロールの役割?
コレステロールの種類?
コレステロールが高いと病気になる?
アトピーは完治しない?
アトピーに適した食事?
アトピーの漢方薬?
アトピーの薬?
アトピーの原因?
アトピーの症状?
成人発達障害?
発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?
幼児の発達障害の注意点?
発達障害の治療方法?
発達障害と診断された時の注意点?
発達障害はどうやって診断?
メニエール病と耳鳴りの関係?
耳鳴りをサプリメントで解消?
耳鳴り治療には漢方が効果的?
耳鳴りをツボ治療?
耳鳴りを心理療法で治療?
耳鳴りを薬で治療?
子宮筋腫は東洋医学で改善?
女性ホルモンと子宮筋腫の関係?
20代でも子宮筋腫になる可能性がある?
子宮筋腫で子宮を摘出すると何が変わる?
子宮筋腫手術の種類と費用?
子宮筋腫とがんの関係性?
十二指腸潰瘍は胃がんになる可能性?
胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い?
十二指腸潰瘍の治療?
十二指腸潰瘍の検査?
十二指腸潰瘍の原因?
十二指腸潰瘍の症状?
顎関節症と歯の関係?
顎関節症は予防できる?
顎関節症の検査?
顎関節症の種類?
顎関節症の原因?
顎関節症の症状?
乾癬の病院?
乾癬を塗り薬で治療?
膿庖性乾癬の症状?
尋常性乾癬の症状?
乾癬の発症原因?
乾癬?
大腸癌の薬物治療?
大腸癌の放射線治療?
大腸癌の進行速度はステージ?
大腸癌にも種類がある?
大腸癌の検査方法?
大腸癌の初期症状?
吃音症だと職業選択や就職に不利?
大人と子どもの吃音症の違い?
吃音症の検査?
吃音症になる原因?
吃音症の種類?
吃音症の症状?
逆流性食道炎には漢方薬が効く?
逆流性食道炎に効果的な薬?
逆流性食道炎と食事の関係?
逆流性食道炎はストレスや悩みと関係?
逆流性食道炎の原因?
逆流性食道炎の症状?
腰痛の治療に牽引療法?
腰痛の治療には運動療法が効果的?
腰痛の治療にはマッサージが有効?
内臓のトラブルが腰痛の原因?
腰痛は姿勢の異常が原因?
腰痛の症状って?
中性脂肪値を下げる薬?
中性脂肪を減らす食事?
中性脂肪の基準値?
中性脂肪はアルコールを飲むと高くなる?
中性脂肪値が高くなる原因?
中性脂肪って?
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載