脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!婦人病のお話 > 婦人病に漢方薬? ]

婦人病に漢方薬?

< 婦人病に漢方薬?の記事はココから >

婦人病漢方薬
婦人病にもいろいろな症状があるんですが、その婦人病で最も多いのが子宮筋腫と言われているんですね。子宮って言うのは、西洋ナシのような形をした臓器なんですが、上部の2/3を子宮体部、下部の1/3を子宮頸部って言うんです。で、この子宮は、子宮内膜で覆われているんですね。その子宮の筋肉層の中の細胞が、異常に増殖して出来るのが良性の腫瘍なんです。この病状は、婦人病の中でも最もよくある病気と言われていて、30〜40歳代の女性に多く見られるようです。この子宮筋腫って言うのは、大きいものから小さいものまでいろいろあって、又、一つであったり複数であったりと様々なんですが、小さなものまで含めると、女性の約半数に出来ると言われる程に多い婦人病のようなんですね。この子宮筋腫が出来る原因としては、女性ホルモンであるエストロゲンが深く関わっていると言われているようなんです。

又、その他にも、子宮内膜症等も婦人病として知られているんですが、これらの婦人病に関する漢方薬の考え方は、基本的に、血流障害であると判断しているようです。漢方では、血流障害を”於血”の現れとしていて、先ずは、この於血を取り除く事が、子宮筋腫や子宮内膜症を治療する事に繋がると考えているんですね。漢方薬の”冠元顆粒”は、血液の流れをスムーズにする働きがある為に使われるようです。それに、ホルモンバランスの乱れも婦人病の原因の一つとされていて、ホルモンバランスを維持する腎を整える為に、”八味地黄丸”や”瓊玉膏”等の漢方薬を処方するようです。その他、婦人病とも言える月経痛等にも適する漢方薬があるようなんですね。又、漢方の考え方では、生活習慣を見直す事も大事だとされているんです。冷えに注意する事も大切なので、北方系の野菜ばかりを摂らないように等の注意も必要のようですね。

婦人病の漢方薬なら楽天で!▼即クリック!!▼

関連記事
婦人病のチェックってどうすれば良いの?
婦人病の検診は受けた方が良いの?
婦人病とかゆみは関連があるの?
婦人病と不正出血の関連は?
婦人病とおりものは関連があるの?
婦人病の症状って?

SponsoredLink



< 婦人病に漢方薬?の記事はココまで >
| カテゴリ : 婦人病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!婦人病のお話 > 婦人病のチェックってどうすれば良いの? ]

婦人病のチェックってどうすれば良いの?

< 婦人病のチェックってどうすれば良いの?の記事はココから >

婦人病チェックってどうすれば良いの?
婦人病って辛い症状なんですが、その婦人病を、通常の生活や生理の中では見つけ出す事は、なかなか難しいものですよね。婦人病って、女性の複雑な生理状態の中に潜んでいるので、よっぽど注意してみているか、専門医での検診でチェックする事がとっても大事になってくるんですよね。とは言っても、婦人病を心配して検診を頻繁に受ける事も出来ませんよね。そんな事からか、婦人病を通常のチョッとしたチェックを行う事で、婦人病の前兆を見つける事が出来るようになってきているようなんですね。特に女性の場合は、月経という定期的な生理現象があって、この月経の前後でホルモンの分泌や身体、精神状態も変わってきますよね。で、その状況を踏まえてポイントをチェックする事で、婦人病の前兆であるか否かを、ある程度判断出来るようなんですね。この婦人病をチェックするポイントとして、”婦人病チェッカー”って言うWebステップがあるんです。

この婦人病チェッカーって言うのは、
1.生理痛がひどい
2.織物の量が異常に多いか黄色が買った色で臭いが強い
3.乳房に""えくぼ”があるか乳糖が陥没している
4.外因部に激しい痒みがある
5.生理不順である
6.乳房にしこりがある(乳腺ではない)
7.外因部にの回りにただれがある
8.否認をしない普通の性生活で、約2年間妊娠しない
9.生理の際に冷や汗をかいたり脳貧血を起こすことがある
10.生理時jの出血が多い(普通のナプキンを30分置きに取り替えるなど)
11.生理時にウズラの卵上の血のかたまりが頻繁にでる
12.排尿時に外因部がひりひりしてしみたり痛がゆい
13.腹部にしこりがある
14.乳糖部から分泌物や血液などが出る
15.血液検査で貧血を指摘されたことがある
16.不正出血がある
等なんですが、この設問にYes・Noで入力する事で、ある程度の可能性を予見してくれるようなんですね。ネットで婦人病チェッカーを検索して、チェックされてみても良いかもしれませんね。で、もし婦人病が気になったら、ためらわずに婦人科を受診される事をお勧めします。

関連記事
婦人病に漢方薬?
婦人病の検診は受けた方が良いの?
婦人病とかゆみは関連があるの?
婦人病と不正出血の関連は?
婦人病とおりものは関連があるの?
婦人病の症状って?

SponsoredLink



< 婦人病のチェックってどうすれば良いの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 婦人病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!婦人病のお話 > 婦人病の検診は受けた方が良いの? ]

婦人病の検診は受けた方が良いの?

< 婦人病の検診は受けた方が良いの?の記事はココから >

婦人病検診は受けた方が良いの?
婦人病の検診は受けられていますか?婦人病の検診は受けた方が良いの?って言う方も多いのではないでしょうか。日本の女性は、世界で一番の長寿で、平均寿命が85歳を超えているんですよね。日本の女性は元気、って言う事の証なんでしょうね(笑)ところで、女性の健康って言うのは、子供を生むと言う事からも分かるように、ホルモンの影響を非常に受けるんですね。女性は、思春期や成熟期、更年期、そして老年期と、それぞれの生活状況においての心身の健康管理には、産婦人科や内科の範囲を超えるものがあるようなんです。無病の状態で心身共に健やかに生きる為には、いろいろな知識や健康管理への取り組みが必要なんですよね。その為には、婦人病に対する検診を定期堤に受けていく事がやはり必要となるんですね。

婦人病の検診も、勿論女性の年齢や性的状況によって、対象の婦人病も変わってくるので、婦人病の検診についても、それぞれの生活状況によって検診項目が変わってくるんです。乳房や子宮等の検診についても、結婚や出産等の状況によって、婦人病としての乳ガンや子宮筋腫等の検診の受け方等からも変わってくるんです。現在、婦人病を取り扱うのは、性差医療と言って、女性特有の病気を専門に診る女医さんが居る診療科として増えてきているんですよね。女性には、月経や妊娠更年期などの独特な生理現象が起こるので、婦人病は病気と言うよりも、日常的な症状と考えても良いような状況のようです。婦人としての生理現象が日常的な為に、女性の場合は、若干の異常が認められても婦人病とは考えずに、婦人科を受診する事が少なくなっているようなんですね。その為に、女性の婦人病が進行してしまう事もあるようです。ですから、このような状況にならない為にも、婦人病の検診は、定期的に、且つ、女性の生活状況に合わせて受けるようにした方が良いですね。婦人病は、女性にとっては上手く付き合う事、そして、コントロールしていく事が良いようです。やはり、気になったら、ためらわずに婦人科を受診される事をお勧めします。

関連記事
婦人病に漢方薬?
婦人病のチェックってどうすれば良いの?
婦人病とかゆみは関連があるの?
婦人病と不正出血の関連は?
婦人病とおりものは関連があるの?
婦人病の症状って?

SponsoredLink



< 婦人病の検診は受けた方が良いの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 婦人病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!婦人病のお話 > 婦人病とかゆみは関連があるの? ]

婦人病とかゆみは関連があるの?

< 婦人病とかゆみは関連があるの?の記事はココから >

婦人病かゆみは関連があるの?
婦人病とかゆみは関連があるんでしょうか。かゆみのある方はチョッと気になりますよね。ですが、意外と女性が痒みで悩んでいる方が多いようなんですよね。それも、デリケートな性器の部分の痒みの悩みが多いようなんです。特に、外陰部のかゆみの多くは、かぶれが原因によるものが多いようです。これは、日本は特に湿気が多く為、女性は下半身の通気性が悪いようで、その為、外陰部が蒸れて痒みを覚える事が多いようなんですね。それに、女性は体型やファッション等で、ぴっちりしたガードル等で下半身を締め付ける事も多い為、より蒸れる事が多くなるようです。又、化学繊維なども原因になる事もあるようです。

なので、先ず痒みを覚えたら、原因と考えられる事を止めていく事が良いですね。例えば、下着の素材を変えたり、生理用ナプキンを変えたりしてみる事です。でも、もし原因となる事を止めてもその痒みが続くようなら、婦人病の可能性も疑わなくてはいけません。もし、外陰部や膣が熱を持っている場合や、痛い等の症状があれば、婦人病を疑い、婦人科を受診するのが良いですね。婦人病として痒みを伴う症状には、カンジタ膣炎やトリコモナス膣炎、性器ヘルペス、それに、非特性膣炎やベーチェット病、萎縮性膣炎、萎縮性外陰炎、又、バルトリン膣炎や外陰炎などが挙げられます。そして、これは、婦人病としては挙げられないんですが、かゆみの原因としてはケジラミなどもあるんですよね。婦人病のかゆみは、デリケートな部分に起こるだけに、なかなか相談もし辛いものなんですが、この”かゆみ”は病気のシグナルの可能性もあるんです。ですから、女性にとってはデリケートな部分のかゆみなので、本当は隠したいのでしょうが、婦人病の疑いもあるので、恥ずかしがらず出来るだけ専門医にご相談下さいね。
関連記事
婦人病に漢方薬?
婦人病のチェックってどうすれば良いの?
婦人病の検診は受けた方が良いの?
婦人病と不正出血の関連は?
婦人病とおりものは関連があるの?
婦人病の症状って?

SponsoredLink



< 婦人病とかゆみは関連があるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 婦人病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!婦人病のお話 > 婦人病と不正出血の関連は? ]

婦人病と不正出血の関連は?

< 婦人病と不正出血の関連は?の記事はココから >

婦人病不正出血の関連は?
婦人病と不正出血は関連があるんでしょうか。チョッと気になりますよね。この不正出血って言うのは、不正性器出血の略称のようで、この不正出血は婦人病の前兆であるようなので、おかしいと思ったら婦人科で見てもらうのが良いようです。不正出血は、分娩や生理などの生理的な出血ではなくって、性器から出血する事を言うので、不正出血の多くは子宮から起こるようなんですが、他にも、膣や外陰部から起こる事もあるようですね。ですが、不正出血の形態として、婦人病に挙げられないものに機能性出血って言うのがあるんです。

この婦人病に入らない機能性出血って言うのは、正規に器質的疾患が無いのに不正出血する事を言うんですが、その原因としては、黄体ホルモン等の排卵に関わるホルモンの分泌異常によって、排卵障害が起こっている場合を言うようです。特に、この機能性出血は、卵巣機能が未熟で安定していない思春期の女性や、卵巣機能が衰える更年期等に多く見られるようなんですね。

この機能性出血以外で不正出血が見られる婦人病には、子宮内膣症や子宮筋腫、子宮頸ガン、それに、子宮体ガンや卵巣ガン、卵管炎、クラミジア感染症、又、外陰ガンや膣ガン、子宮外妊娠、胞状奇胎、子宮頚管ポリープなど多種多様の病気の前兆となっているようなんですよ。なので、この不正出血の場合は、殆どが婦人病の前兆や症状と言われているので、出血が不正に起こった場合には、隠したりせずに婦人病だとの認識で、婦人科で受診をしる事をお勧めします。特に、女性の医師がいる婦人科であれば、女性同士で話もしやすいし、相談なども出来ますしね。いずれにしても、不正出血が起きたら婦人科で即、受診されて下さいね。そして、婦人病の症状って、女性の身体状態や精神状態等によって、いろいろな形で現れるようなので、日頃からストレスなどを溜めない等、気を付けていく事も大切のようですよ。

関連記事
婦人病に漢方薬?
婦人病のチェックってどうすれば良いの?
婦人病の検診は受けた方が良いの?
婦人病とかゆみは関連があるの?
婦人病とおりものは関連があるの?
婦人病の症状って?

SponsoredLink



< 婦人病と不正出血の関連は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 婦人病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!婦人病のお話 > 婦人病とおりものは関連があるの? ]

婦人病とおりものは関連があるの?

< 婦人病とおりものは関連があるの?の記事はココから >

婦人病おりものは関連があるの?
婦人病とおりものは関連があるんでしょうか。チョッと気になりますよね。で、婦人病の中でおりものが関連する婦人病って言うのを、少し調べてみたんです。すると、婦人病の中でおりものが関連する婦人病には、主に子宮に関する病気があるようなんですね。婦人病で、先ず、子宮頚管炎が挙げられます。子宮頚管って言うのは、子宮と膣とを繋いでいる子宮の下の方の部分の事で、子宮に細菌が侵入しないように、常に粘液で満たされている部分なんですね。この子宮頚管炎って言うのは、婦人病の中でも起こりやすい病気の一つのようで、避妊具やタンポンの取り忘れや、それに、中絶や分娩、流産等の時の処置時に付いた傷などに、細菌が感染してしまうと起こるようなんです。この子宮頚管炎の症状は、多量のおりものが特徴のようで、慢性化すると不妊症の原因にもなってしまうようなんですね。

次に、おりものが関連する婦人病としては、子宮膣部びらんがあるんです。子宮の入り口がただれたような状態になっている事を言うんです。この子宮膣部びらんって言うのは、とっても多くの女性に見られる病気のようで、特に、出産を経験した女性の殆どの方にびらんが見られる、って言われているんです。この子宮膣部びらんの症状も、やはり、おりものの増加が一般的のようで、排卵期には、特におりものが増加するようなんですね。ただ、ちょっとした刺激で出血しやすかったりするようですね。この子宮膣部びらんは、軽いびらんや炎症を起こしていない場合には、経過を見る事が多いようなんですが、軽度のびらんでも、もし炎症がある場合には治療するのが良いようです。このびらんには真性のびらんと偽性のびらんがあるようで、細胞診で確認する事が必要のようです。真性びらんの場合は、粘膜の欠損によるもので、悪性(癌)の可能性もあるようなので、注意が必要のようです。

又、おりものが関連する婦人病には、子宮頚管ポリープがあるんです。この子宮頚管ポリープって言うのは、子宮頚管に茎のような小さなコブが出来てくる病気で、一般的には良性で治療も簡単のようですが、稀にガン化する事や癌の前兆の場合もあるようなんですね。この子宮頚管ポリープの症状でもおりものが増え、生理前に少量の不正出血があったりするんです。それに、このポリープは、触れると簡単に出血を起こすようなので、接触出血が早期発見の手掛かりになるようですね。そして、子宮頚癌があるんですよね。これは、子宮の頚部に出来た癌の事なんです。よく言う子宮ガン検診って言うのは、この部分の癌の検診の事なんです。どちらかって言うと、若い方に多い病気で、症状としては、出血やおりもの、下腹部痛などがあるんです。今は、初期で発見出来れば、殆どが完治する病気になったようですね。なので、無症状でも、最低年に一度は検診を受けた方がいいですね。婦人病の症状って、女性の身体状態や精神状態等によって、いろいろな形で現れるようなので、日頃からストレスなどを溜めない等、気を付けていく事が大切のようですよ。

ネタ元
http://www.ryoanji-clinic.com/shikyuukeibu.htm

関連記事
婦人病に漢方薬?
婦人病のチェックってどうすれば良いの?
婦人病の検診は受けた方が良いの?
婦人病とかゆみは関連があるの?
婦人病と不正出血の関連は?
婦人病の症状って?

SponsoredLink



< 婦人病とおりものは関連があるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 婦人病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!婦人病のお話 > 婦人病の症状って? ]

婦人病の症状って?

< 婦人病の症状って?の記事はココから >

婦人病症状って?
婦人病でお悩みの方もいらっしゃるでしょうね。婦人病、って言われるように、女性特有の病気の事なんです。なので、当然の事ながら、婦人病の症状って言うのは女性特有の症状になる訳なんですよね。特に、男性には無い月経等、女性の身体に関わるものも多くなっているんですよね。婦人病に起こる症状としては、下腹部痛や出血、腰痛、それに、おりものやカユミ等があるんです。婦人病の症状としては、圧倒的に、子宮がある下腹部に関するものが多いんですよね。特に、男性には無い月経ようの出血やおりもの、下腹部痛やカユミ等があるんです。女性は、母親としてひとつの生命を誕生させるだけの組織を持っているので、婦人病の症状としても多種多様なんですね。

それに、乳ガン等も婦人病専門とは言えないんですが、婦人病のひとつとして挙げられますね。婦人病の場合だけとは限りませんが、女性の場合の悩みって、月経ようのおりものや出血、カユミ等が多いようです。又、婦人病として多く見られる貧血も、実際には月経が主な原因となっている場合が多いようなんですね。婦人病の多くの場合の初期症状って言うのは、軽めである事が多いようなので、ついつい油断をしてしまうようなんですよね。婦人病って、女性しか持っていない器官である乳房や子宮、卵巣などに起こる病気が主になるんです。婦人病の症状は、女性の身体状態や精神状態等によって、いろいろな形で現れるようなので、日頃からストレスなど溜めない等、気を付けていく事が大切のようですね。

関連記事
婦人病に漢方薬?
婦人病のチェックってどうすれば良いの?
婦人病の検診は受けた方が良いの?
婦人病とかゆみは関連があるの?
婦人病と不正出血の関連は?
婦人病とおりものは関連があるの?

SponsoredLink



< 婦人病の症状って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 婦人病のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
発達障害はどうやって診断?
メニエール病と耳鳴りの関係?
耳鳴りをサプリメントで解消?
耳鳴り治療には漢方が効果的?
耳鳴りをツボ治療?
耳鳴りを心理療法で治療?
耳鳴りを薬で治療?
子宮筋腫は東洋医学で改善?
女性ホルモンと子宮筋腫の関係?
20代でも子宮筋腫になる可能性がある?
子宮筋腫で子宮を摘出すると何が変わる?
子宮筋腫手術の種類と費用?
子宮筋腫とがんの関係性?
十二指腸潰瘍は胃がんになる可能性?
胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い?
十二指腸潰瘍の治療?
十二指腸潰瘍の検査?
十二指腸潰瘍の原因?
十二指腸潰瘍の症状?
顎関節症と歯の関係?
顎関節症は予防できる?
顎関節症の検査?
顎関節症の種類?
顎関節症の原因?
顎関節症の症状?
乾癬の病院?
乾癬を塗り薬で治療?
膿庖性乾癬の症状?
尋常性乾癬の症状?
乾癬の発症原因?
乾癬?
大腸癌の薬物治療?
大腸癌の放射線治療?
大腸癌の進行速度はステージ?
大腸癌にも種類がある?
大腸癌の検査方法?
大腸癌の初期症状?
吃音症だと職業選択や就職に不利?
大人と子どもの吃音症の違い?
吃音症の検査?
吃音症になる原因?
吃音症の種類?
吃音症の症状?
逆流性食道炎には漢方薬が効く?
逆流性食道炎に効果的な薬?
逆流性食道炎と食事の関係?
逆流性食道炎はストレスや悩みと関係?
逆流性食道炎の原因?
逆流性食道炎の症状?
腰痛の治療に牽引療法?
腰痛の治療には運動療法が効果的?
腰痛の治療にはマッサージが有効?
内臓のトラブルが腰痛の原因?
腰痛は姿勢の異常が原因?
腰痛の症状って?
中性脂肪値を下げる薬?
中性脂肪を減らす食事?
中性脂肪の基準値?
中性脂肪はアルコールを飲むと高くなる?
中性脂肪値が高くなる原因?
中性脂肪って?
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載