脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!高脂血症のお話 > 高脂血症対策のレシピや食品って? ]

高脂血症対策のレシピや食品って?

< 高脂血症対策のレシピや食品って?の記事はココから >

高脂血症対策のレシピって、どんなのが良いんでしょう?とっても気になりますよね。この高脂血症では多くの方が悩んでいらっしゃるようです。高脂血症の方と言うのは、健康診断の際にコレステロールや中性脂肪が高いと言われた事がある方が当てはまるんですが、自覚症状が無い為、あまり関心を持たない方が多いようです。ですが、三大死因の一つである脳血管疾患なんですが、その原因として考えられるのが動脈硬化なんですよね。動脈硬化って言うのは、血液中のコレステロール値が高くなって、脂質が血管内に堆積し、血液の流れを止めてしまう事で、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞を引き起こしてしまいます。で、この症状は生活習慣病と考えられており、日々の生活スタイルが大きく影響しているようなんですよね。そして、この動脈硬化の原因が高脂血症と考えられており、血中の脂質が増え、特に中性脂肪やコレステロールが増える事によって引き起こされてしまうんです。

若い頃は比較的体を動かす機会も多いんですが、歳を取るとあまり動く事がない上に、食生活が豊かになっている現在では、脂肪や糖分の多いものを多量に摂取する機会が増えてきているんですよね。なので、中高年の方は食生活を改善する必要があるようです。高脂血症を未然に防ぐレシピとしては、脂肪や糖分を控え、コレステロール値を下げる野菜や海草を中心にした食事が良いようです。ですが、無理に野菜を摂るようにすると、食事が美味しくなくて長続きしないので、美味しいと感じながらコレステロール値を下げることが出来るレシピを考える事が長続きの秘訣と言えますね。高脂血症対策のレシピとしては、高タンパクで低カロリーの鳥のささみと悪玉コレステロールの酸化を防ぐトマトを利用した煮込み料理や、豆腐を多用したサラダ等、美味しく楽しめる料理が良いのでは(笑)これらのレシピはインターネット等に公開されているので、自分の好きなレシピを選びながら、楽しんで高脂血症対策を行う事が出来るんですよね。チョッと大変かもしれませんが、日々の継続が大切なんですよね。

又、高脂血症の治療方法には食事療法があるんですよね。この食事療法って言うのは、コレステロールが高い食品やコレステロールを高める食品を極力減らし、逆に、コレステロール値を低下させる食事を多く摂る方法なんです。コレステロールが高い食品としては卵や肉類、するめ、魚の卵もコレステロールが高いとされているんですよね。一方、コレステロールが低い食べ物としては、野菜や海草を中心とした食物繊維の豊富な食品が良いとされているんですね。それに、不飽和脂肪酸を多く含むオリーブ脂やサンマ、イワシ、サバ等の青魚を摂取するとコレステロールを下げる働きがあると言われているんですよ。又、ビタミンを多く摂取するとコレストロールが酸化するのを防ぐとされているので、カボチャやピーマン等も良いようです。ですが、コレステロールが高い食品と言っても身体に必要な栄養素を含んでいる場合もある為、摂り過ぎない範囲で摂取する必要は有るんですよね。何よりも大事な事は、偏食を避けてバランスの良い食生活を送る事なんですね。コレステロール値が高い方は勿論なんですが、中高年となって、偏食気味だな〜、って感じたら予防策をとるのが良いですね。高脂血症は、発症すると取り返しのつかない病気のようなので、たとえ自覚症状が無いからと言って、安心していないで、症状が出る前に、先ずは食事で予防を心掛けていきましょうね〜(笑

関連記事
高脂血症の予防って、どうすれば良いの?
高脂血症の治療ってどうするの?
高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し?
高脂血症って怖いんですが、その原因って?
高脂血症って、良く聞きますが?

SponsoredLink



< 高脂血症対策のレシピや食品って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 高脂血症のお話 | - | trackbacks(2) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!高脂血症のお話 > 高脂血症の予防って、どうすれば良いの? ]

高脂血症の予防って、どうすれば良いの?

< 高脂血症の予防って、どうすれば良いの?の記事はココから >

高脂血症予防って、どうすれば良いの?って言う方もいらっしゃるでしょうね。高脂血症って、なにしろ症状が現れた時は既に時遅し、って言われるような怖い病気なんですよね。でも、ある程度の年齢になると悩まされるのが、この高脂血症なんです。高脂血症って、俗に言うコレステロール値の高い症状で、それに加えて、中性脂肪も値が高い方も高脂血症の予備軍だと言われているんですよね。あなたは大丈夫でしょうね〜(笑)この高脂血症は、血液中の脂質が増える症状で、特に、コレステロールは酸化されるとドロドロとした血液になって、血管の内側にべっとりと堆積し、血液の流れを阻害する為、非常に問題になるんですね。で、その結果、脳卒中や心筋梗塞といった恐ろしい病気に繋がってしまうんです。なので、出来るだけコレステロール値を上げないような生活習慣を送る必要があるんですよね。

そこで、高脂血症で重要な事が、治療を行うと言うよりは予防に力を入れる事なんですよね。高脂血症って言うのは、なにしろ体調不良等の自覚症状が全く無いので、健康診断の結果だけしか高脂血症かどうかの判断が出来ません。従って、ある日突然倒れた、な〜んて事になる前に、コレステロール値を上げない予防が必要となってくるんですね。高脂血症と言う病気は、肥満と密接に関わっていると言われていて、その為、毎日の食事が大きく関係しているようなんですね。なので、高脂血症の予防としては、コレステロールの高い卵等を控え、コレステロールを下げると言われている野菜や海草類、それに、コレステロールの酸化を防止するビタミン等、バランスのとれた食事をする必要があるようですね。大事な事は、脂を多く含んだ肉類ばかり食べるのではなくって、いろいろな種類の食事をバランス良く摂る事なんです。それに、適度な運動も予防としてはとっても大事な事なんです。つまり、余分な皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させ、健康な体調管理も高脂血症の予防となるんですよね。コレステロール値が高い方は勿論なんですが、中高年となって、偏食気味だな〜、って感じたら予防策をとるのが良いですね。高脂血症は、発症すると取り返しのつかない病気のようなので、たとえ自覚症状が無いからと言って、安心していないで、症状が出る前に、先ずは食事で予防を心掛けたいものですね。

関連記事
高脂血症対策のレシピや食品って?
高脂血症の治療ってどうするの?
高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し?
高脂血症って怖いんですが、その原因って?
高脂血症って、良く聞きますが?

SponsoredLink



< 高脂血症の予防って、どうすれば良いの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 高脂血症のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!高脂血症のお話 > 高脂血症の治療ってどうするの? ]

高脂血症の治療ってどうするの?

< 高脂血症の治療ってどうするの?の記事はココから >

高脂血症治療って、どのような事をするんでしょうね?高脂血症って聞いた事があるでしょうが、実は、症状が現れた時は既に時遅し、って言われるような怖い病気なんですね。最近では、食生活も欧米スタイルに変わってきていて、脂肪分を含む肉や揚げ物、糖分の高いお菓子などを食べるようになって、高脂血症が問題となりつつあるんです。高脂血症って言うのは、血液中に脂質、特にコレステロールが多く含まれている場合、酸化して血管の内側に堆積する事で動脈硬化を引き起こしてしまうようなんですね。その結果、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞等になりやすくなってしまいます。実際に、日本人の三大死因の一つも、実は高脂血症から引き起こされる脳血管疾患なんですね。この高脂血症って、健康診断での結果以外では自分で自覚する事が出来ないので、現れた場合には既に手遅れとなる事が多いようなんですね。なので、健康診断で要注意の結果が出たらすぐにでも治療を行う必要があるようです。この高脂血症の治療方法には、薬物療法と食事療法があるようです。薬物療法なら即効性があるようですが、食生活を根本から変えないと改善出する事が難しいようです。なので、両方の療法を併用して行う必要があるようですね。それほど早急に治療する必要がなければ、コレステロール値を下げるような食生活に変えたり、適度な運動を毎日持続して行う事が良いようです。

高脂血症の治療では薬物療法と食事療法が有って、薬物療法は早急に対応しなくてはならない方が行う治療方法なんですが、健康診断等でそれほど重度なコレステロール値では無かった場合は、食事療法を行う事になるんですね。この食事療法って言うのは、コレステロールが高い食品や、コレステロールを高める食品を極力減らし、逆に、コレステロール値を低下させる食事を多く取る方法なんです。コレステロールが高い食品としては卵が代表されるんですが、肉類やするめ、魚の卵もコレステロールが高いとされているんです。一方、コレステロールが低い食べ物としては、野菜や海草を中心とした食物繊維の豊富なものが良いとされているんですね。それに、不飽和脂肪酸を多く含むオリーブ脂やサンマ、イワシ、サバ等の青魚は、コレステロールを下げる働きが有るとされているんですよ。又、ビタミンを多く摂取するとコレステロールが酸化するのを防ぐとされているので、カボチャやピーマンなども良いようです。ですが、コレステロールが高い食品と言えども身体に必要な栄養素を含んでいる場合もある為、摂り過ぎない範囲で摂取する必要はあるんですよね。何よりも大事な事は、偏食を避けてバランスのある食生活を送る事のようですね。もし、健康診断で中性脂肪やコレステロール値が高いと注意された場合には、手遅れになる前にぜひ治療を始めるようにしましょうね。

関連記事
高脂血症対策のレシピや食品って?
高脂血症の予防って、どうすれば良いの?
高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し?
高脂血症って怖いんですが、その原因って?
高脂血症って、良く聞きますが?

SponsoredLink



< 高脂血症の治療ってどうするの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 高脂血症のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!高脂血症のお話 > 高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し? ]

高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し?

< 高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し?の記事はココから >

高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し、って言われるようなんですが、実際はどうなんでしょうね〜。近年は、世界的に肥満が問題になっているようなんですよね。特に先進国においては、その肥満の割合が高いようで、アメリカやヨーロッパ等では、10代の頃はスリムな身体をしているのに20代から徐々に肥満になり始め、中高年になると殆どの方が肥満になる、といった状況になっているようですね。で、肥満になると恐ろしいのが生活習慣病なんですよね。特に肥満の場合には、コレステロール値や中性脂肪が高くなってしまうので、高脂血症になってしまうんですよね。その結果、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞等を患ってしまい、残念ながら多くの方が大切な命を失っているんです。

ところで、この高脂血症って言う病気は、自覚症状が無いのが問題とされているんですね。多くの病気の場合は、あらかじめ自覚症状が出るので、気になった時には病院に行く事が出来るんですが、この高脂血症の場合、知らないうちに症状が進行し、症状が現れた場合には既に時遅しの状況で、最悪の場合には命を落としてしまうようなんですね。ある日突然、命を失ってしまう危険性があるようです。しかしながら、自覚症状が無いと言えども、いろいろな方法で危険性を知ることが出来るようです。勿論、肥満もそのバロメーターの一つですし、最近では、簡単に健康診断を受ける事が出来るので、自分のコレステロール値や中性脂肪の量を知る事が出来るんですよね。しかも、定期的に受診していれば、そのコレステロール値等が増加しているのかどうかを知る事が出来るんです。それで、症状を自覚する事で、高脂血症の治療を行う事が出来ますよね。でも、人間って、欲望に弱いのでしょうか、なかなか治療や改善に取り組めないようで、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞で亡くなる方が減っていないんですよね(汗)高脂血症は、発症すると取り返しのつかない病気のようなので、たとえ自覚症状が無いからと言って、安心していないで、症状が出る前に、先ずは食事で改善を心掛けたいものですね。

関連記事
高脂血症対策のレシピや食品って?
高脂血症の予防って、どうすれば良いの?
高脂血症の治療ってどうするの?
高脂血症って怖いんですが、その原因って?
高脂血症って、良く聞きますが?

SponsoredLink



< 高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し?の記事はココまで >
| カテゴリ : 高脂血症のお話 | - | trackbacks(1) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!高脂血症のお話 > 高脂血症って怖いんですが、その原因って? ]

高脂血症って怖いんですが、その原因って?

< 高脂血症って怖いんですが、その原因って?の記事はココから >

高脂血症って、実は怖い症状なんですが、その原因ってどんなものかご存知でしょうか?現在日本は、高齢化社会となって、様々な生活習慣病が原因で亡くなる方が増えているんですよね。若い頃って言うのは、それほど体調管理に気を付けなくっても、それほど問題にはならないようなんですが、加齢と共に、いろいろな問題が浮上し始めるんですよね。近年特に問題となっているのが、実は、高脂血症なんですよね。高脂血症って聞いた事があると思うんですが、この高脂血症って、簡単に言うと血液中の脂質の割合が増加してしまう症状で、動脈硬化の原因になり、その為、脳梗塞や心筋梗塞の原因として考えられているんですね。高脂血症は、血液中のコレステロールの増加が直接の原因と考えられており、コレステロールの高い食事やアルコール等の食事に加えて、運動不足がこの高脂血症を引き起こすようなんです。

この症状が原因で亡くなる方が日本では30%もいる事から、高脂血症対策のガイドラインが、日本動脈硬化学会から出版されているんですね。このガイドラインには、高脂血症についてのいろいろな情報が掲載されていて、専門の知識を持った方から一般の方まで、幅広く高脂血症に関する知識を身に付ける事が出来るんですね。それに、2007年の改訂版からは、今話題になっているメタボリックシンドロームの章が加わって、より最新の情報が記述されているんですよね。このガイドラインによれば、総コレステロール値が220mg/dLを基準とし、このうち、悪玉コレステロールが140mg/dLと基準値として定められていて、悪玉コレステロールの基準値を超えるとコレステロールが高いと判断されるんです。そして、高コレステロールと診断されたら食事制限されてしまうんですよね。勿論、脂肪の多い食べ物や、糖分の多いものは極力控えさせられてしまうので、折角の美味しい物や好きなものも食べれない事になってしまうんですよね〜(汗)楽しみである食事を制限されるほど、辛いものはありませんよね。高脂血症は、発症すると取り返しのつかない病気のようなので、症状が出る前に食事で改善したいものです。生活習慣病である糖尿病や高血圧と同様に、高脂血症にならない為にも、食事など生活習慣を見直していきたいものです。

関連記事
高脂血症対策のレシピや食品って?
高脂血症の予防って、どうすれば良いの?
高脂血症の治療ってどうするの?
高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し?
高脂血症って、良く聞きますが?

SponsoredLink



< 高脂血症って怖いんですが、その原因って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 高脂血症のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!高脂血症のお話 > 高脂血症って、良く聞きますが? ]

高脂血症って、良く聞きますが?

< 高脂血症って、良く聞きますが?の記事はココから >

高脂血症って良く聞くんですが、高脂血症ってどんな病気なのかご存知でしょうか。実は、高脂血症も高血圧と同じく、生活習慣病の一つなんですね。それも、毎日の食事が大きな要因になってるようなんです。私達にとって、食事はエネルギー吸収に欠かせないものなんですが、生きる喜びを得る為にも、食事って、とっても大事なものなんですね。どなたでも、美味しい物を食べたい!っていう欲求はありますよね。勿論、あなたも(笑)でも、毎日美味しい物ばかり食べていると栄養が偏ってしまって、身体に異常をきたしてしまいます。メタボと言う言葉を、ここ数年で良く耳にするようになってきたんですが、栄養の有るものばかりを食べてしまうと、あなたもご存知のように、皮下脂肪や内臓脂肪が増加してしまうんですよね。そして、それ以上に美味しい物を取り過ぎていると、いよいよ、高脂血症になってしまうんですよね。

この高脂血症って言うのは、血液中の脂質の割合が増加してしまう症状で、コレステロールや中性脂肪の多い状態を言うんですね。血液中の脂質には、コレステロールや中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の四種類が含まれているんですが、コレステロールが動脈硬化の原因となって、血液の流れを遮断してしまい、脳梗塞や心筋梗塞の原因となってしまうんです。高脂血症も怖いですよね〜。それに、中性脂肪は直接的には動脈硬化を引き起こさないんですが、この中性脂肪が増えると、善玉コレステロールを減少させ、悪玉コレステロールを増加させてしまうので、やはり高脂血症は問題なんですよね。この高脂血症って、食事によって引き起こされる為、コレステロールを上げる食事やコレステロールを多く含む食事を控える必要があるんです。コレステロール値が高い方は、脂肪を多く含む食事や糖分を含む食品に多く含まれているので、これらの食事は避け、コレステロールを減少させる野菜や海草類、きのこ類等を多く取ると良いようです。高脂血症は、発症すると取り返しのつかない病気のようなので、症状が出る前に食事で改善したいものですね。生活習慣病である糖尿病や高血圧と同様に、高脂血症にならない為にも、食事など生活習慣を見直していきたいものです。

関連記事
高脂血症対策のレシピや食品って?
高脂血症の予防って、どうすれば良いの?
高脂血症の治療ってどうするの?
高脂血症って、症状が現れた時は既に時遅し?
高脂血症って怖いんですが、その原因って?

SponsoredLink



< 高脂血症って、良く聞きますが?の記事はココまで >
| カテゴリ : 高脂血症のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
発達障害はどうやって診断?
メニエール病と耳鳴りの関係?
耳鳴りをサプリメントで解消?
耳鳴り治療には漢方が効果的?
耳鳴りをツボ治療?
耳鳴りを心理療法で治療?
耳鳴りを薬で治療?
子宮筋腫は東洋医学で改善?
女性ホルモンと子宮筋腫の関係?
20代でも子宮筋腫になる可能性がある?
子宮筋腫で子宮を摘出すると何が変わる?
子宮筋腫手術の種類と費用?
子宮筋腫とがんの関係性?
十二指腸潰瘍は胃がんになる可能性?
胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い?
十二指腸潰瘍の治療?
十二指腸潰瘍の検査?
十二指腸潰瘍の原因?
十二指腸潰瘍の症状?
顎関節症と歯の関係?
顎関節症は予防できる?
顎関節症の検査?
顎関節症の種類?
顎関節症の原因?
顎関節症の症状?
乾癬の病院?
乾癬を塗り薬で治療?
膿庖性乾癬の症状?
尋常性乾癬の症状?
乾癬の発症原因?
乾癬?
大腸癌の薬物治療?
大腸癌の放射線治療?
大腸癌の進行速度はステージ?
大腸癌にも種類がある?
大腸癌の検査方法?
大腸癌の初期症状?
吃音症だと職業選択や就職に不利?
大人と子どもの吃音症の違い?
吃音症の検査?
吃音症になる原因?
吃音症の種類?
吃音症の症状?
逆流性食道炎には漢方薬が効く?
逆流性食道炎に効果的な薬?
逆流性食道炎と食事の関係?
逆流性食道炎はストレスや悩みと関係?
逆流性食道炎の原因?
逆流性食道炎の症状?
腰痛の治療に牽引療法?
腰痛の治療には運動療法が効果的?
腰痛の治療にはマッサージが有効?
内臓のトラブルが腰痛の原因?
腰痛は姿勢の異常が原因?
腰痛の症状って?
中性脂肪値を下げる薬?
中性脂肪を減らす食事?
中性脂肪の基準値?
中性脂肪はアルコールを飲むと高くなる?
中性脂肪値が高くなる原因?
中性脂肪って?
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載