脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病になると障害者認定を受けられる? ]

うつ病になると障害者認定を受けられる?

< うつ病になると障害者認定を受けられる?の記事はココから >

うつ病になると障害者認定を受けられる?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

うつ病にも様々な症状があるようで、比較的軽度のものから、
殆ど家の中に引き篭もった状態で、
外にも出られない症状のものまであるようですね。

一般的な病気としての認識は高まっているようですが、
うつ病になると障害者認定は受けられるんでしょうか。

まず、結論から言うと、
障害者認定は受けられるようですね。

その症状の重さに応じて、1級〜3級に分かれているようで、
級によって優遇される条件も異なっているようです。

ですが、医師の診断や様々な制約事があるようですので、
そう簡単には認定されないと思っておいた方が良いようです。

個人で、認定されるかどうか、
の判断はできるものではないようですが・・・。

もし、重度のうつ病であり、障害者の認定を受けたければ、
まずは医師やカウンセラーにきちんと判断してもらうのがいいでしょう。

障害者の認定を受けるには、
それ相応の症状の場合に限られてくるようです。

ですので、主治医とよく相談し、
自分が今どのような状態であるのか、

又、どのような診断書を書いてもらえるのか、
を教えて貰うといいかも・・・。

手続き上の事は、病院のケースワーカーや、
市役所の福祉課などに相談すると、

適切なアドバイスが貰えるはずですし、
どのような書類が必要かも教えてくれるはずです。

最近では、うつ病の他にも、心の病気によって、
障害者の認定を受けている方も増えてきているようです。

もし、どうしても回復の兆しが見えずに、
この状態で社会生活を送っていくのに
不安を感じているようであれば、

障害者認定を受ける事を視野に入れてみても
いいのではないでしょうか。

うつ病が、少しでも改善されるといいですね。

関連記事
うつ病の人への接し方はどうすればいいの?
うつ病に効果がある薬?
うつ病にも種類がある?
うつ病の症状ってどのようなこと?
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病になると障害者認定を受けられる?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病の人への接し方はどうすればいいの? ]

うつ病の人への接し方はどうすればいいの?

< うつ病の人への接し方はどうすればいいの?の記事はココから >

うつ病の人への接し方はどうすればいいの?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

うつ病の人へ、頑張って、
と言う言葉は掛けてはいけない、と耳にした事はありませんか。

自分は励ましているつもりでも、うつ病の人にとっては、
その言葉が逆にプレッシャーとなって、

余計にその人を追い込む結果となるようですね。

でも、そんな風に捉えられてしまったら、
他にどんな言葉を掛けてあげれば良いのか迷ってしまいますよね。

それでは、うつ病の人に対して、
どのように接していけば良いんでしょう。

まず、
聞き上手になってあげてみてはいかがでしょう。

うつ病の人の話をよく聞いてあげて、
気持ちに共感してあげるのが良いようです。

その場合、内容がおかしかったり、間違っていたりしても、
とりあえず、最後まで話を聞いてあげる事が大切なようですよ。

又、うつ病の人は、発症するまでに、
自分ひとりで頑張ってきたはず・・・。

その頑張ってきた事を十分に認めてあげましょう。

そして、このような状態になってしまった事は、
決して自分の責任じゃなくて、病気のせいだ、
と言う事を伝えてあげるのがよいようです。

もし、うつ病の人の性格が変わってしまったとしても、
それは病気だからなようです。

うつ病が治れば、症状も消えていくようですので、
誤解しないように接していきましょうね。

うつ病の人に大切なのが、
休養なようですよ。

うつ病というのは、急に良くなるような病気ではなく、
ゆっくり、ゆっくり治っていくものなようです。

なので、決して焦らないように休養をとる事を勧め、
周りもうつ病の人の感情に振り回されない事が大切なようです。

完治には長い時間が掛かる事をよく理解し、
忍耐強くうつ病の人の感情に寄り添ってあげる事を
心掛けるとよいようです。

関連記事
うつ病になると障害者認定を受けられる?
うつ病に効果がある薬?
うつ病にも種類がある?
うつ病の症状ってどのようなこと?
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病の人への接し方はどうすればいいの?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病に効果がある薬? ]

うつ病に効果がある薬?

< うつ病に効果がある薬?の記事はココから >

うつ病に効果がある薬?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

現在のうつ病の治療というのは、
薬物治療が基本となっているようですが、
うつ病に効果のある薬には一体どういったものがあるんでしょう。

うつ病の薬には、
開発された年代順やその化学構造や作用によって、

・三環系
・四環系
・SSRI
・SNRI
・NaSSA

など、以上の5つのグループに分類されるようです。

最初にうつ病の薬として開発されたものが、
三環系抗うつ薬と呼ばれているものなようですね。

これは、効き目は強いようですが、
副作用も同じように強い、と言うデメリットがあったようです。

次に、この副作用を軽くする為に、
開発されたものが四環系抗うつ薬なようです。

そして、SSRI、SNRIが開発され、
一番新しく開発された抗うつ薬がNaSSAなようですね。

NaSSAでは、SSRI、SNRIとは全く異なる
新しい方法で脳内に作用するようですので、

SSRIやSNRIが効かなかった人も試してみると良いかも・・・。

うつ病の薬は、新しく開発されたものほど、
治療効果が高いようですし、副作用が少なくなるようですよ。

又、うつ病の薬を服用する上で注意して欲しいのが、
薬に即効性は無いと言う事なようですね。

服用してから十分な効果が現れるまでに、個人差はあるようですが、
1ヶ月以上は掛かる、と言う事を覚えておくといいかも・・・。

それに、うつ病が良くなったからと言って、
すぐに服用を中止してしまうと、

約半数の方は再びうつ病を発症してしまう、
と言われているようです。

つまり、それ程、
うつ病というのは、再発しやすい病気なようです。

ですから、うつ病が良くなったと思っても、
それから半年程度は服用を続ける事をお勧めします。

うつ病、一日も早く良くなるといいですね。

楽天で見てみて⇒うつ病

関連記事
うつ病になると障害者認定を受けられる?
うつ病の人への接し方はどうすればいいの?
うつ病にも種類がある?
うつ病の症状ってどのようなこと?
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病に効果がある薬?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病にも種類がある? ]

うつ病にも種類がある?

< うつ病にも種類がある?の記事はココから >

うつ病にも種類がある?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

日本人がうつ病になる確率は5〜8%だと言われているようで、
今日ではとっても身近な病気だと言えるようです。

そんなうつ病なんですが、実はいくつかの種類に
分類されている事をご存知でしたでしょうか?

では、うつ病の種類には、
一体どういったものがあるんでしょう。

まず、うつ病は、原因による分類と、
症状による分類、に分けられているようです。

原因による分類は次の3つに分けられていて、
その中でも症状によって、更に細分化されているようです。

・内因性うつ病
  体質や遺伝など、はっきりとした原因が判らない内部的なものなようです。
   双極性(二相性)うつ病、単極性(単相性)うつ病、退行性(遅発性)うつ病。

・心因性うつ病
  大きなストレスなど、心理的な要因のもの。
   神経症性うつ病、疲弊性うつ病、反応性うつ病。

・身体因性うつ病
  病気など身体的な事が基礎にあり、二次的に発症するものなようです。
   器質性うつ病、症状性うつ病、
   その他、薬剤を原因とするうつ病、に分けられているようです。

一方、症状による分類というのは、
最近になって重視されるようになった分類方法なようで、
うつ病の症状の程度によって、重症と軽症に分ける事ができるようです。

うつの程度と症状の継続時間などによって、

・比較的軽症で慢性化したうつ病
・重症のうつ病

に分けられているようです。

うつ病の原因は、複数の要因が重なり合う事で発症するケースが多いようなので、
原因を特定する事は困難な場合があるようです。

その際に、このような症状と程度によってうつ病を分類する方法が、
現実的であると言われているようですね。

楽天で見てみて⇒うつ病 種類

関連記事
うつ病になると障害者認定を受けられる?
うつ病の人への接し方はどうすればいいの?
うつ病に効果がある薬?
うつ病の症状ってどのようなこと?
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病にも種類がある?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病の症状ってどのようなこと? ]

うつ病の症状ってどのようなこと?

< うつ病の症状ってどのようなこと?の記事はココから >

うつ病の症状ってどのようなこと?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

最近、よく、うつ病、と言った言葉を耳にしますよね。
でも、実際にうつ病って、どんな症状の事を言うんでしょう。

まず、うつ病の症状というのは、
精神的な症状と、身体的な症状とに分けられるようです。

精神的な症状としては、

・ゆううつな気分
・興味や喜びの喪失
・おっくう感
・不安感
・死への思い

等があげられるようです。

ゆううつな気分とは、
普段感じているような一過性のものではなくって、
2週間以上ゆううつな気分が続いている状態を指すようです。

興味や喜びの喪失というのは、
物事に対する興味や関心が無くなってしまい、
喜びの感情も湧いてこない状態なようです。

おっくう感というのは、何をやるにしても面倒と感じて、
何もできなくなってしまう状態のことをいうようです。

不安感とは、理由の無い漠然とした不安を
常に抱いているような状態なようです。

死への思いというのは、理由もなく、
死んでしまいたくなる自殺願望がある状態をいうようです。

次に身体的な症状としては、
・食欲、睡眠障害
・体調の変化
等があげられるようです。

食欲、睡眠障害というのは、
食欲が低下、又は、反対に過食になったり、
夜眠れなくなったりする状態のことなようです。

体調の変化というのは、めまいや体のだるさ、
肩コリなどの症状がなかなか取れない状態になるようです。

軽症のうつ病の場合には、
たとえ本人でも自覚していない場合があるようです。

うつ病は、早期発見、早期治療をする事が、
深刻な状態に陥らない為にも重要な事なようです。

上記のようなうつ症のシグナルを感じたら、
早目に専門医を受診してみて下さいね。


うつ病 こんな症状があったら要注意 (患者のための最新医学) [ 坪井康次 ]

楽天で見てみて⇒うつ病の症状

関連記事
うつ病になると障害者認定を受けられる?
うつ病の人への接し方はどうすればいいの?
うつ病に効果がある薬?
うつ病にも種類がある?
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病の症状ってどのようなこと?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病の治療の認知療法って? ]

うつ病の治療の認知療法って?

< うつ病の治療の認知療法って?の記事はココから >

うつ病の治療の認知療法って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。うつ病を解消する為に試してもらいたい療法の一つに、認知療法があるようですね。うつ病解消の為の認知療法については、本等も出ているようですが、うつ病を患っている本人が、本を読んで実践していくのは難しいようですが・・・。

なので、認知療法に取り組んでいる病院やクリニックを受診してみると良いかもしれませんね。では、認知療法とは一体どういうことをするのでしょうね。先ずは、うつ病になりやすい性格や考え方を変えていく必要があるようです。

抑うつ的な感情や考え方、行動について、その歪みを修正していくことになるようです。修正していくことで、マイナス的な思考の改善がみられ、それによってうつの症状が軽快することがあるようです。人は誰でも自分の考え方に捉われてしまいがちなようですが・・・。

私はあの人から嫌われている、私は必要とされていない、等と思い込んでしまうこともあるでしょう。でも、それは自分がそう考えているだけで、実際には全く違うことも多いはずですよね。認知療法では、なぜそう思ったのかを検証し、そういう考え方を修正していくようです。

ストレスを上手に解消する方法や、嫌な事があった時の気持ちの切り替え方なども学ぶことができるかも・・・。人の性格や考え癖は、持って生まれたもので一生治らないと思っている方も多いようですが、そんなことはないようですね。

本人が変えたいと思えば、いくらでも変えることができるようですよ。認知療法は、薬物療法と併用して行うこともあるようです。うつ病は放置すると悪化していく危険性が高いようなので、早めに治療を受けるといいでしょう。

楽天で見る⇒うつ病 認知療法

関連記事
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病の治療の認知療法って?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病治療の対人関係療法って? ]

うつ病治療の対人関係療法って?

< うつ病治療の対人関係療法って?の記事はココから >

うつ病治療の対人関係療法って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。うつ病克服の療法の一つに、対人関係療法というものがあるようですね。認知療法や行動療法と違って、聞き慣れない言葉かもしれませんが、これは一体どういうものなのでしょう。

対人関係療法と言うのは、現在の対人関係にスポットを当てた短期行動療法のことなようです。ですが、対人関係なら誰でもというわけではないようで、親や配偶者、恋人などの重要な他者との現在の関係について、カウンセリングを行うものなようです。

例えば、ある人間関係でうつになった場合でも、その当事者である相手に焦点を置くわけではないようです。その後の家族との対人関係について、問題点を挙げて、改善を図っていくものなようですね。うつ病を患ったことによる家族との関係の悪化を、防止する療法であるというのが正しいのかもしれませんね。

うつ病を患うと、家族との関係にも変化が起きるようです。うつ病患者を支える家族には、かなりの負担が掛かってくるようです。それによって、今まで上手くいっていた関係が悪くなってしまうこともあるようです。うつ病にかかってしまったせいで、家族との関係が悪化してしまえば、うつ病が更に重症化してしまうかも・・・。

対人関係療法は、こういった対人関係の改善を図るというのが目的なようです。この療法はある程度マニュアル化しているようで、きちんと定義付けされているようなので、有効性も検証されているようです。今はうつ病だけではなく、手を加えて摂食障害やPTSD(外傷後ストレス障害)等にも効果を発揮しているようですね。

楽天で見る⇒うつ病 治療

関連記事
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病治療の対人関係療法って?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病の治療の行動療法って? ]

うつ病の治療の行動療法って?

< うつ病の治療の行動療法って?の記事はココから >

うつ病の治療の行動療法って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、うつ病の行動療法とは一体どういう事をするんでしょうか?

うつ病にかかると、生活習慣が乱れてしまうことが多いようですね。その為に、更に精神状態が悪化し、悪循環を繰り返してしまうようです。ですが、一度に規則正しい生活に戻すのは負担になるようですから、少しずつ簡単な計画を立てて、実行していくようにするのがいいようですね。

そして、それを実践する事で、達成感が得られるようです。達成感が得られることで、自信に繋がっていくでしょう。自信を取り戻すことは、うつ病を克服する上で、とっても大切なことなようです。例えば、明日は朝7時に起きるようにする、22時に布団に入る、テーブルの上を片付ける、本を10ページ読む、などの簡単な目標から設定するのが良いようです。

そして、それが出来て自信が持てたら、次はワンランク上の計画を立ててみます。先ずは、無理をしなくても続けられることを少しずつ行っていくのが大切なようです。うつ病を患うと、自分ではやらなければと思うのに、行動することが出来ないようです。そうして自信を失っていくことが、うつ病を悪化させていく原因になってしまうようです。

簡単な目標であっても、うつ病の人がそれを成し遂げることは大変なことなようですよね。簡単な目標でも、コツコツと続けていくうちに、ちょっとずつ規則正しい生活に修正していくことができます。最終的には、仕事や学業、家事などに復帰できるようになるでしょう。これが行動療法というものなようです。時には、薬物療法や認知療法などと併用することもあるようですね。

楽天で見る⇒うつ病 克服

関連記事
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病の治療の行動療法って?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病の薬の副作用? ]

うつ病の薬の副作用?

< うつ病の薬の副作用?の記事はココから >

うつ病の薬の副作用?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。うつ病の薬を飲んでみようか、でも、副作用はどうなの、って心配な方もいらっしゃるのでは・・・。では、一般的に言われている副作用とは、いったいどういったものなんでしょう。

新しい薬は、従来の薬に比べると副作用が随分軽減されているようですが、これも個人差があるようですね。一般的に三環系抗うつ薬(第一世代)の副作用としては、口の渇き、めまい、たちくらみ、頭痛、眠気、倦怠感、ふらつき感、排尿障害などがあげられるようです。

第二世代の三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬は、それよりも副作用が軽減されているようです。パキシルやルボックスに代表される第3世代SSRIになると、更に副作用は少なくなるようですが、嘔吐感や胃もたれ感、胸焼けなどの副作用が起こる方もいらっしゃるかも・・・。

第4世代のSNRI(トレドミンなど)でも人によっては、不眠や吐き気などの副作用が起きることもあるようです。うつ病の薬の服用は、依存や離脱症状なども心配になると思います。特に、パキシル等の薬はいきなり服用を中止するのは危険なようです。めまいやふらつき、吐き気や嘔吐、不眠などの症状が出てしまうこともあるようです。

同じSSRIの中でもジェイゾロフト(塩酸セルトラリン)は、副作用も軽く、離脱症状も軽い傾向になるようです。ですが、比較的副作用が少ないと言われている薬であっても、必ずしも副作用がで無いとは限らないようです。副作用の程度には個人差があるようですから、医師と相談して自分に合った薬を使用するようにして下さいね。

楽天で見る⇒うつ病 薬

関連記事
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病の薬の副作用?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病で飲む薬って? ]

うつ病で飲む薬って?

< うつ病で飲む薬って?の記事はココから >

うつ病で飲む薬って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。うつ病になったら、薬物療法が主流になるようですね。では、うつ病で処方される薬にはどんなものがあるんでしょう。うつ病で使用される薬を数種類をあげてみたいと思います。

・パキシル(パロキセチン)
セロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害することで、脳内シナプス隙間のセロトニンの濃度を上げるものなようです。そうする事で、うつ状態が改善すると言われているようですね。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と言われるようです。

・ルボックス、デプロメール(フルボキサミン)
選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)パキシルと同じような作用があるようです。比較的安全性の高い、副作用の少ない薬なようですね。

・トレドミン(ミルナシプラン)
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤なようです。SNRIとも言うようです。意欲の低下に対して処方されることが多いようですね。

・アモキサン(アモキサピン)
第二世代の三環系の抗うつ薬なようです。効果が早いようですね。うつ病だけではなくって、パニック障害等の症状にも適用されるようです。

・ドグマチール(スルピリド)
脳の活動に働きかけて、気分を良くする作用があるようです。女性の場合は、副作用としてホルモン異常が起きる可能性があるようです。

・デパケン(バルブロ酸ナトリウム)
主にてんかん薬として使用されているようですが、躁うつ病等への効果もあるようです。脳内のセロトニンの代謝を促進させる薬なようですね。

楽天で見る⇒うつ病 薬

関連記事
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病で飲む薬って?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載