脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!


このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!更年期のお話 > 男性にも更年期障害? ]

男性にも更年期障害?

< 男性にも更年期障害?の記事はココから >


男性にも更年期障害?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

更年期障害なんて、女がかかるものでしょ。
男の俺には関係ないからなんて思っている男性って、

意外と多いのでは・・・。

確かに昔は、
更年期障害は女性特有の症状、

なんて言われていたはず・・・。

でも、最近では、男性にも更年期障害はある、
と言うことが広く知られるようになってきましたよね。

この男性の更年期障害と言うのは、
女性と同じようにホルモンの分泌量が
低下していく事が原因で起こるようです。

男性の場合には、45歳位から緩やかに
男性ホルモンの分泌が減少していくようです。

女性のように、閉経を機に
一気に女性ホルモンの変化が起こるわけではなく、

男性の場合は、緩やかに変化していくようで、
自分が更年期障害だとはなかなか気付かないかも・・・。

男性の更年期障害の症状としては、
・イライラする
・疲れやすい
・眠れない
・動悸、めまい、のぼせ
・無気力感
等があげられるようです。

男性の更年期障害の症状が現れてくる年齢は、
社会的にも家庭的にもストレスが溜まり易い
年齢でもあるようですので、

時に鬱病と間違われてしまう場合も少なくないようです。

なので、倦怠感を覚えた場合には、
単にストレスだと片付けてしまわず、

症状が悪化しないうちに
早目に医師の診断を仰ぐ事が大切なようです。

女性の場合には婦人科を受診しますが、
男性の場合には、まず心療内科や内科を受診しましょう。

検査の結果、それでも改善されないようであれば
神経精神科を受診すると良いかも・・・。

最近では、泌尿器科に、
男性更年期外来が設置されている病院も
増えてきているようですね。

男性更年期障害を詳しく知りたい方は、
楽天で見てみてはいかがですか⇒男性更年期障害

関連記事
更年期における肌の手入れ?
更年期のかかりつけ医師は大事?
更年期障害を乗り切る為の生活習慣?
更年期にエストロゲンが減少してかかる病気?
東洋医学で更年期障害を治療?

SponsoredLink




< 男性にも更年期障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 更年期のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!更年期のお話 > 更年期における肌の手入れ? ]

更年期における肌の手入れ?

< 更年期における肌の手入れ?の記事はココから >


更年期における肌の手入れ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

更年期には、閉経といった女性にとって
重大な身体の変化が起きる為、

ホルモンのバランスも大きく崩れてしまうようです。

その為に、更年期障害といった症状が現れますが、
その症状の中にはお肌の乾燥も含まれているようですね。

年齢と共に肌の水分量は低下していくようですが、
更に更年期障害であると、

肌に残っているその水分量も
保つ事ができなくなってしまうようです。

又、肌が乾燥してしまうと、
紫外線の影響も受けやすくなるようで、

少し外に出ただけでも、
すぐ日に焼けてしまうようになるようなので、

注意が必要になってくるようですよ。

更年期における肌の手入れの一番のポイントとしては、
やはりこう言った理由から、

保湿にあると言えるようです。

洗顔した後のお肌は、
急速に水分が蒸発している状態なようですので、

しっかりと化粧水や乳液などで
保湿をしてあげるようにして下さい。

又、日焼けもお肌を乾燥させてしまう
大きな原因となってしまうようですから、

ちょっとした外出にも
日焼け止めを塗る等の配慮が必要なようですね。

外出しなくても、家の窓から入ってくる紫外線も
かなりの量になるようですし、

洗濯物を干すだけでも日焼けしてしまいますので、
家の中に居るからと安心しないで、

日焼け対策を行う事も大切なようですね。

更年期障害の症状が現れると、
無気力感から何も手につかなくなってしまう事も・・・。

そんな時に肌の手入れまで気にする事は難しいかも・・・。

でも、肌をこまめに保湿してあげるかあげないかで、
その先の肌の状態が決まってしまうと思って、

できるだけお手入れをしてあげるようにして下さいね。

更年期の保湿が気になる方は、
楽天で見てみてはいかがでしょうか⇒更年期 保湿

関連記事
男性にも更年期障害?
更年期のかかりつけ医師は大事?
更年期障害を乗り切る為の生活習慣?
更年期にエストロゲンが減少してかかる病気?
東洋医学で更年期障害を治療?

SponsoredLink




< 更年期における肌の手入れ?の記事はココまで >
| カテゴリ : 更年期のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!更年期のお話 > 更年期のかかりつけ医師は大事? ]

更年期のかかりつけ医師は大事?

< 更年期のかかりつけ医師は大事?の記事はココから >


更年期のかかりつけ医師は大事?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

更年期のホルモンバランスが急激に変化する時期には、
何となく体調がすぐれない人が多いかも・・・。

ホット・フラッシュと呼ばれる顔のほてりやのぼせ、
動悸や眩暈、冷え性や頭痛などの身体的な症状から、

うつ状態やイライラ、不眠症や倦怠感や
不安感などの精神的な症状まで、

人によって現れる症状はいろいろなようです。

又、本人でさえも現れる症状が一定しないと
更年期障害だと自覚ができずに、

一人で悩みを抱え込んでしまったり、
クヨクヨとストレスを溜め込んでしまって、

結果的に周りからうつ病と誤解されてしまう
可能性もあるようですね。

それに、身体に不調を感じて
病院で検査を受けたとしても、

どこにも異常が見つからないからと
病気だと診断されなかったり、

加齢のせいにされて適切な処置をして貰えなかったり
する場合もあるようですね。

その為、日頃から更年期障害に理解のある
婦人科系のかかりつけ医師を確保しておく事が

治療の為にも重要となってくるようです。

又、更年期を過ぎると骨粗鬆症や
排尿障害などを起こしやすくなるようなので、

その予防にも繋がるようですよ。

更年期障害を一過性のものとしないで、
きちんと病気として捉え、

適切な治療をしてもらう事で、
辛い更年期障害の症状も改善されていくはず・・・。

日常生活に支障が出てしまわない前に、
何でも相談出来るようなかかりつけの医師を探しておき、

何となく体調に異変を感じ始めたら
気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒更年期障害

関連記事
男性にも更年期障害?
更年期における肌の手入れ?
更年期障害を乗り切る為の生活習慣?
更年期にエストロゲンが減少してかかる病気?
東洋医学で更年期障害を治療?

SponsoredLink




< 更年期のかかりつけ医師は大事?の記事はココまで >
| カテゴリ : 更年期のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!更年期のお話 > 更年期障害を乗り切る為の生活習慣? ]

更年期障害を乗り切る為の生活習慣?

< 更年期障害を乗り切る為の生活習慣?の記事はココから >


更年期障害を乗り切る為の生活習慣?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

更年期には、体調が悪かったり、
倦怠感から無気力になったりと、

毎日をだらだらと過ごしている方も多いのでは・・・。

年齢を重ねて、更年期障害を発症してしまったとしても、
今の生活習慣をちょっと振り返ってみるだけで、

その症状が改善されるかもしれませんよ。

先ず、更年期こそ、
積極的に社会との関わりを持つ事が大切なようですね。

この時期は、どうしても家の中に
閉じこもりがちになってしまうようですが、

そんな時こそ夫婦で外出したり、
ボランティア活動や地域活動に参加したりして、

意識的に外へ出るようにすると良いようです。

人とおしゃべりしたり、笑ったりする事が、
ストレスを軽減させてくれるようですね。

又、
食生活の改善も必要となってくるようです。

更年期からは、
コレステロールの増加を防ぐ機能が衰えてくるようで、

以前と同じような食事をしていると、
肥満を招く恐れがあるからなようです。

つまり、カロリーを摂り過ぎないよう、
バランスのとれた食事を心掛けましょうね。

具体的には、牛乳や小魚、ごま、小松菜などの
カルシウムの多い食品を積極的に食べるようにし、

カルシウムの不足を補います。

野菜や果物に含まれているフラボノイドは、
女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少を
防ぐと言われているようですし、

豆腐や納豆などの大豆製品に
多く含まれているイソフラボンは、

女性ホルモンに似た働きをしてくれるようです。

毎日の適度な運動も、
更年期障害を乗り切る為には効果的なようですね。

運動嫌いの人は、
テレビを見ながらストレッチをしたり、

散歩がてらウォーキングをしたりするだけでも
いい気分転換になるようですよ。

楽天で見る⇒更年期障害 生活習慣

関連記事
男性にも更年期障害?
更年期における肌の手入れ?
更年期のかかりつけ医師は大事?
更年期にエストロゲンが減少してかかる病気?
東洋医学で更年期障害を治療?

SponsoredLink




< 更年期障害を乗り切る為の生活習慣?の記事はココまで >
| カテゴリ : 更年期のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!更年期のお話 > 更年期にエストロゲンが減少してかかる病気? ]

更年期にエストロゲンが減少してかかる病気?

< 更年期にエストロゲンが減少してかかる病気?の記事はココから >


更年期にエストロゲンが減少してかかる病気?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

更年期にはエストロゲンが減少して骨粗鬆症になる、
と、聞いた事もあるかもしれませんが、

なぜ、更年期になるとエストロゲンが減少してしまうんでしょう。

それは、更年期と言われている45歳位から
卵巣機能は徐々に低下していくようで、

いくら脳がホルモンの分泌を促しても
卵巣の方で対応が出来なくなってしまうからなようです。

この為、エストロゲンが減少し、
身体に様々な不調が起こり始め、

それが更年期障害の症状となって現われてくるようです。

エストロゲンが減少してかかる病気には、
前述した骨粗鬆症があるようです。

これは、エストロゲンの減少によって
カルシウムやタンパク質が不足してしまい、

骨がもろくスカスカな状態になってしまう病気なんですね。

更年期になって、腰や背中が痛むような症状が現れたら、
骨粗鬆症の疑いがあるようですので、

一度骨密度を測定してみると良いかも・・・。

又、エストロゲンが減少すると、
繊維筋痛症と言う病気にもかかる可能性があるようです。

これは、患者の約90%が40〜50歳代の
更年期を過ぎた女性がかかる原因不明の病気で、

痺れやこわばり、倦怠感、頭痛などの症状が現れるようです。

個人差もあるようですが、
朝起き上がれない程の全身の痛みが

三ヶ月以上も続く事もあるようですので、
少しでも違和感があるようでしたら、

早目に医師の診断を受けて、
症状の緩和に努めるようにしましょうね。

このように、エストロゲンは女性にとって、
とっても大切なホルモンなようです。

少しでもエストロゲンの減少を食い止める為に、
健康的な食生活や生活習慣を送るように心掛けて下さいね。

楽天で見る⇒エストロゲン

関連記事
男性にも更年期障害?
更年期における肌の手入れ?
更年期のかかりつけ医師は大事?
更年期障害を乗り切る為の生活習慣?
東洋医学で更年期障害を治療?

SponsoredLink




< 更年期にエストロゲンが減少してかかる病気?の記事はココまで >
| カテゴリ : 更年期のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
スポンサードリンク
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・
・・新着記事・・
O脚に効果のあるストレッチ?
整体に行くとO脚は治る?
O脚を改善?
O脚にも種類がある?
なぜO脚になってしまうの?
O脚は生まれつきなの?
プラセンタ注射をしたことがあると献血できない?
プラセンタは不妊にも効果?
プラセンタのサプリメントで人気?
ドリンクタイプのプラセンタで人気?
プラセンタ化粧品で人気?
プラセンタ療法?
冷え性に効果的な食べ物?
冷え性だとニキビになりやすい?
服装に気をつけないと冷え性は治らない?
なぜ女の人が冷え性になりやすいの?
小林製薬のグルコサミン&コラーゲンって?
ファンケルのグルコサミン&コンドロイチンの特徴?
サントリーのグルコサミン&コンドロイチンの特徴?
グルコサミンには副作用がある?
コンドロイチンの効果って?
グルコサミンの効果って?
冷え性だと肩こりになりやすい?
なぜ手足から冷えるの?
冷え性を改善?
冷え性の方は避けた方がいい食べ物?
なぜ冷え性は起こるの?
冷え性ってどういう状態なの?
肥満細胞症と言う病気?
内臓型肥満?
失敗しない肥満外来やダイエットクリニックの選び方?
子どもの肥満の治療?
肥満を解消する手術?
肥満が漢方で解消?
ニキビと肌荒れは関係あるの?
肌荒れに効果のあるサプリメント?
妊娠すると肌が荒れる?
肌荒れの時のスキンケアは?
肌荒れの原因って?
肌荒れってどういう状態のお肌なの?
子どもでもワキガになる?
自分でできるワキガ予防?
ワキガに効果のある石鹸?
ワキガの治療方法?
ワキガにも種類がある?
なぜワキガになるの?
スキンケアのセラミドって何?
肌荒れが酷い時は皮膚科を受診?
肌荒れに効果がある漢方?
花粉症の症状に肌荒れ?
生理の前になると肌荒れ、何で?
肌荒れの原因にはストレス?





カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載