脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > パニック障害ってどんな病気?治療方法は? ]

パニック障害ってどんな病気?治療方法は?

< パニック障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココから >

パニック障害ってどんな病気?治療方法は?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

最近では、パニック障害という言葉をよく聞くようになってきましたが、
パニック障害というのは、かつては不安神経症とか、
鬱病などと診断されることが多かったようですね。

では、パニック障害とは一体どのような病気なんでしょうか?

パニック障害と言うくらいですから、パニック発作を起こす病気、
というのは何となく想像できますよね。

ですが、パニック障害のパニック発作は、ある日突然、
何の原因も予兆も無く起きるのが特徴なようです。

突然、めまいや動悸、呼吸困難などといった症状に
見舞われるようです。

そして、一度このような発作を起こしてしまうと、
今度いつあの症状に襲われるのか、常に不安が付きまとう、
ということになるようですが、これを予期不安と言うようです。

この予期不安の為に、
いつも精神が緊張した状態になってしまい、
とても疲れてしまうようです。

パニック障害のもう一つの特徴として、
広場恐怖があるようです。

これは、発作が起きた時に逃げられないことや、
助けを求められない不安、

呼吸がしにくくなるかもしれない不安から、
特定の場所を避けるようになるようです。

以前にパニック発作を起こした場所や、
飛行機、電車やトンネル、高速道路、又、

窓の無い閉鎖的な空間なども避けてしまいがちになるようで、
日常生活に支障が出ることもあるようです。

ですが、広場恐怖の症状の重さには個人差があるようで、
人によっては全く起きないこともあるようですよ。

パニック障害の治療には、
抗うつ薬や抗不安薬が有用なようですし、
又、認知行動療法として暴露療法を行うようです。

これは、不安を感じている状況や場所にあえて飛び込ませ、
克服することでパニックとの因果関係を否定し、
自信を付けていくという療法なようです。


パニック障害なんてこわくない!新装版 “ドキドキ”をコントロールするガイドブック [ ベヴ・エイズベット ]

楽天で見てみて⇒パニック障害

関連記事
急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?
心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?
全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?

SponsoredLink



< パニック障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は? ]

急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?

< 急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココから >

急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

急性ストレス障害って、どんな病気なんでしょう?

これは、例えば、災害・戦争・犯罪・事故・虐待などの
過酷な状況を体験した後に現れる精神障害なようですね。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)と同様に、
悪夢や精神不安定、無気力、脱力感などといった
精神的症状に悩まされるでしょう。

心的外傷後ストレス障害は、
1ヶ月以上に渡って症状が続くものを言うようですが、

急性ストレス障害は心的外傷後1ヶ月以内に発症し、
2日から4週間で症状が治まる一過性のものを言うようで、
一般的には、ASDとも呼ばれているようです。

主な症状としては、

・悪夢
・感覚の麻痺や感情の麻痺
・空虚感
・注意力散漫
・興味の喪失
・記憶力の低下
などや、

・フラッシュバック
・不眠症状
・心的外傷要因の記憶の喪失
・不安症状
・自殺願望や自傷行為
などがあげられるようです。

心的外傷の要因が、衝撃的で強烈であればあるほど
発生しやすいようです。

急性ストレス障害は、
様々なことが要因で起こりうるようなので、
実際に体験した方も少なくないのでは・・・。

場合によっては、
強烈で過酷な状況を間近で見ていただけでも
起きる可能性があるようです。

治療方法というのは、症状が出ている期間に渡っての
薬物療法や行動療法なようです。

カウンセリングなどで様子をみる場合もあるようですが、
特に自殺願望や自傷行為があるようなら、
早急に治療が必要なようですね。

急性ストレス障害は、一過性のものなようなので、
PTSDに比べると予後もよいでしょう。

ですが、時としてPTSDに発展する場合もあるようですから、
十分に気をつけた方がいいようですね。


ストレスのはなし メカニズムと対処法 (中公新書) [ 福間詳 ]

関連記事
パニック障害ってどんな病気?治療方法は?
強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?
心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?
全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?

SponsoredLink



< 急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 強迫性障害ってどんな病気?治療方法は? ]

強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?

< 強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココから >

強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

精神疾患の中でも、強迫性障害というのは、
比較的知名度が高いと思われますが・・・。

実際に強迫性障害ってどんな病気なのかと言うと、
他の人が気にならないような小さなことが執拗に気になり(強迫観念)、
ストレスを感じてしまう病気なようですね。

気にしないようにしようとすると、
それもかえっとストレスになるようです(強迫症状)で、
OCDとも言われるようです。

一般的な強迫症状としては、
以下のことがあげられるようです。

・汚染洗浄・・・よく知られている症状なようで、
  一日に何度も手や体を洗わないと気が済まないようです。
  又、不潔と感じているものに触るのを極度に嫌がるようですね。

・確認強迫・・・家の鍵やガスの元栓などを閉めたかどうかが
         執拗に気になるようで、何度も戻って確認するなどです。

・ルール・・・きちんと几帳面に整理整頓されていないと気が済まないようです。
        例えば、自分の作ったルール通りに本が並んでいないと我慢できないなどです。

・縁起・・・縁起をやたらと気にするようです。宗教の教えにひどく忠実なようです。
       これを行わないと悪いことが起こると過度に気にしたりするようです。

・数字・・・縁起の悪い数字を過度に避けるようです。

・加害・・・自分のすることによって、
       他人に危害を加えてしまうことを過度に気にするようです。
       実際は何もなくても無意味に考えすぎるようですね。
   
ここにあげたのは一部なようで、人によってその症状は様々なようです。
複数の症状が重なって発症している場合もあるようですね。

強迫性障害を治療するには、精神科か心療内科を受診するとよいようです。
抗鬱剤(SSRI)を使った薬物療法と行動療法(曝露反応妨害法)が
行われることが多いようです。


強迫性障害のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) [ 原田 誠一 ]

関連記事
パニック障害ってどんな病気?治療方法は?
急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?
全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?

SponsoredLink



< 強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は? ]

心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?

< 心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココから >

心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

心的外傷後ストレス障害という病気は、
ご存じの方も多いと思いますが、別名をPTSDと言うようですね。

心的外傷後ストレス障害と言うのは、
もう死ぬかもしれない、と思うような衝撃的な出来事の後に
現れる1ヶ月以上持続する精神的な症状なようです。

衝撃的な出来事とは、戦争、災害、虐待、事故、テロ、犯罪
のような普段の日常では経験しないような
過酷な状況であることが多いようですが・・・。

このような状況に遭うと、精神状態はパニックを起こし、
脳の一部を一時的に麻痺させて、無理に適応させようとするようです。

一時的に記憶が無くなったり、感覚や感情が麻痺したり、
心神喪失したりと、様々な症状を引き起こすようです。

実際に本人が経験しなくても、間近で見ていただけでも、
PTSDを患う場合があるようですね。

心的外傷後ストレス障害になって、
一番よく見られる症状としては悪夢なようです。

体験した衝撃的な出来事を、
繰り返し夢で見てしまうようですよ。

又、
フラッシュバックが起こることもあるようです。

なので、早く忘れたいが為に、
思い出すきっかけになるものを過度に避ける、
といった行動がみられることも少なくないようです。

又、
恐怖や無気力感が長期に渡って続いたりもするようです。

精神的に不安定になったり、
睡眠障害に陥ったりすることもあるかも・・・。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)を治療するには、
精神科を受診するのが一般的なようです。

抗うつ剤(SSRI)を用いた薬物療法や
行動療法で治療することが多いようですが、
行動療法は症状に合わせて行われるようですね。


一人でできる中高生のためのPTSD(心的外傷後ストレス障害)ワークブック トラウマ(心的外傷)から回復できるやさしいアクティ [ リビ・パーマー ]

楽天で見てみて⇒心的外傷後ストレス障害

関連記事
パニック障害ってどんな病気?治療方法は?
急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?
社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?
全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?

SponsoredLink



< 心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 社会不安障害ってどんな病気?治療方法は? ]

社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?

< 社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココから >

社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

社会不安障害という病名を聞いたことがある方も、
いらっしゃるかもしれませんね。

社会不安障害を簡単に言うと、社会に対して不安を感じすぎて、
日常生活を送るのに支障が出てしまう病気なようです。

例えば、
大きな大会で発表をすることになったとします。

こういった場合、多かれ少なかれ、
どなたでも緊張するはずです。

ですが、大抵はこういう機会も場数を踏むことで、
緊張しなくなるようですし、

日常生活に支障をきたすこともないはずです。

でも、社会不安障害の方の場合には、
失敗や自分への評価、批判を極端に恐れ、

強いストレスを感じてしまうことによって、
心身に影響を及ぼしてしまうようで、

震えや吐き気などの症状が現れることもあるようです。

そして、同じような場面に遭遇することを
避けてしまうようになるようですね。

これが社会不安障害なようで、
SAD(エスエーディー)とも呼ばれているようです。

不安要因や原因というのは、
人によって様々なようですよね。

初対面の人と話すことを極度に恐れる、
電話に出ることを恐れる、
人前で食事をすることを恐れる、

などといった状態だと、
生活していくのにも苦痛を感じることでしょう。

では、社会不安障害の治療法には、
いったいどういうものがあるんでしょうか?

基本的に、社会不安障害の治療は、
心療内科や精神科で行われるようです。

まず、
薬物療法を行うことが多いようです。

SSRI(抗うつ薬)や抗不安薬などを用いて、
症状を抑えるようです。

又、薬物療法と併せて、
不安の原因を突き止めて対処する認知療法や、
不安を克服する行動療法などが行われるようです。

関連記事
パニック障害ってどんな病気?治療方法は?
急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?
心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?

SponsoredLink



< 社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は? ]

全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?

< 全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココから >

全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、全般性不安障害という病気は、
いったいどんな病気なんでしょうか?

全般性不安障害というのは、不安障害の一種とされていて、
その名の通り、不安による障害なようですね。

根拠のある不安というものは、
どなたにでもあるようですよね。

ですが、不安を感じる理由が無くなれば、
すぐに消えるようですし、後々まで続くことはないようです。

全般性不安障害というのは、
根拠のない不安が次から次に湧いて出てくるようで、
心の中を不安が占領してしまう病気なようです。

何か悪いことが起こるのではないか?
失敗するのではないか?
怒られるのではないか?

といったマイナス思考の不安が長時間に渡って続くようです。

心の中はずっと不安なようなので、
常にストレスを抱えていることになり、
少しも休まることがないようです。

そのうち、
身体にも様々な症状が現れてくるようです。

例えば、倦怠感や動悸、息切れ、めまい、頭痛や肩凝り、
胃痛などがよくある症状なようですよ。

心配し過ぎる人を昔から、心配性、と言いますが、
訳もなく延々と心配している場合には、
この病気が当てはまるのかもしれませんね。

全般性不安障害の治療としては、
薬物療法が主になるようです。

治療は精神科、もしくは、心療内科で行うようです。

抗不安薬や抗鬱薬などを用いて
治療するというのが主流なようです。

又、心理療法では、自分の不安に対する原因や、
考え方の隔たりなどを訂正していくような認知療法を行うようです。

不安が出てきた時に、心を落ち着かせることができるような
呼吸法などの訓練を行うこともあるようですね。

関連記事
パニック障害ってどんな病気?治療方法は?
急性ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
強迫性障害ってどんな病気?治療方法は?
心的外傷後ストレス障害ってどんな病気?治療方法は?
社会不安障害ってどんな病気?治療方法は?

SponsoredLink



< 全般性不安障害ってどんな病気?治療方法は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 子供の社会不安障害? ]

子供の社会不安障害?

< 子供の社会不安障害?の記事はココから >

子供の社会不安障害?チョッと気になりますよね。子供の社会不安障害って言うのは、この子は癇癪を起こしやすくて人見知りな性格なんだ、って思い込んで見過ごしてしまったり、自閉症やアスペルガー症候群等、別の病気と間違われてしまう事もあるようですね。大人に比べると発症率は低いようですが、幼い子供であっても社会不安障害を発症してしまう可能性はあるようです。子供の社会不安障害の発症する年齢の平均は、11歳から12歳で、5歳前後と12歳前後に、発症のピークを迎えるという説も有るようですが・・・。

社会不安障害の子供は、皆の前で意見を言ったり、朗読したり、黒板に字を書くのが苦手なようで、人前での食事や学校のトイレを使う事も苦痛に感じてしまうようです。苦手な状況に遭遇すると、吐き気がしたり、腹痛が起こる事もあるようで、不登校の原因になる事も有るようですね。両親や先生等、周囲の大人が、社会不安障害の可能性を疑わず、精神的なもの、気の持ちようなどと考えて放置すると、子供は苦しみを抱えたまま大人になるのでは・・・。症状が悪化して、引き篭もりになったり、自殺を考えてしまう事だってあり得るようです。社会不安障害は、何の治療もせずに自然治癒で治る可能性は非常に低くいようで、他の精神疾患を併発する恐れが高くなってしまう病気のようです。この社会不安障害の主な治療法としては、薬物療法と認知行動療法があげられるようですが、子供の場合は、強迫性障害以外は認知行動療法の方が有効だと言われているようです。病院を受診させる場合には、子供の社会不安障害について詳しい医師を選んであげるのが良いようですね。

関連記事
不安障害の克服法って?
不安障害の薬って?
不安障害の治療って?
不安障害の症状って?
不安障害って?

SponsoredLink



< 子供の社会不安障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 不安障害の克服法って? ]

不安障害の克服法って?

< 不安障害の克服法って?の記事はココから >

不安障害の克服法って、どんな事があるんでしょう?気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。この不安障害の克服法として、いろいろな方法が考案されているようです。例えば、認知行動療法、森田療法、自己催眠法、自立訓練法、不安障害克服マニュアル、マインドサポートプログラム等、一般的な治療法として行われているものから、カウンセラーやセラピスト等が独自に開発したものまで、様々有るようですね。薬物療法や伝統的な精神療法では、不安障害を克服出来ないと感じたら、即効で効果があると宣伝している克服法のマニュアルや、マインドサポートプログラム等を試してみるのも、一つの方法かもしれませんね。何がその方にとって効果的な治療法になるかは、これは、やってみなければ分からないので、ひょっとしたら、本当に即効で治る可能性もあるんですよね。ですが、治らない場合の事も考えて、返金保証が付いているものを試してみるのが良いでしょう。

又、自分と同じような不安障害の症状を患った方が、どうやって克服したのか、調べてみるのも良いかもしれませんね。この方が克服出来たのなら、自分も克服してやる、っていう励みになるかもしれませんよね。最近では、中川家の剛さんや長島一茂さん等がパニック障害だった事をカミングアウトしたり、デビッド・ベッカムさんが強迫性障害だと明かしたりして、多少は精神疾患に対するイメージも変わってきたようですが、そうはいっても、まだ、なかなか周囲の人の理解や共感が得られにくいですし、精神科や心療内科などを受診する事に恥ずかしさを感じる方もいらっしゃるでしょう。ですが、不安障害を克服する為には、どんな些細な行動でも、今の自分に出来る範囲で、一歩踏み出す勇気が必要かもしれませんね。

関連記事
子供の社会不安障害?
不安障害の薬って?
不安障害の治療って?
不安障害の症状って?
不安障害って?

SponsoredLink



< 不安障害の克服法って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 不安障害の薬って? ]

不安障害の薬って?

< 不安障害の薬って?の記事はココから >

不安障害の薬には、どんなものが有るんでしょう。不安障害の薬の種類は、抗不安薬と抗うつ薬の二種類に大きく分けられるようです。勿論症状によっても違うようですが、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)等の抗うつ薬を処方される事が多いかもしれませんね。社会不安障害の場合は、特に、セロトニン再取り込み阻害薬が効果的だと言われているようです。パニック障害には、セロトニン再取り込み阻害薬や、スルピリド等の抗うつ薬と、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬を使う事が多いようです。又、全般性不安障害の場合には、ベンゾジアゼピンやブスピロン等の抗不安薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(ベンラファキシン、パロキセチンなど)のような抗うつ薬もよく使われるようです。

不安障害で薬を処方された際には、どのような効果と副作用が有る薬なのか、しっかりと確認しておきましょう。眠気を伴う薬やアルコールと一緒に服用すると、とっても危険な薬もあるようです。副作用が辛いようなら、他の種類の薬に変えてもらう事も出来るでしょうから、我慢しないで医師に相談すると良いですね。症状が良くなってきたからといって、自分勝手な判断で薬の服用を中断すると、頭痛や吐き気等の離脱症状が出てしまう事があるようです。医師の指示通りに服用するように心掛けましょう。不安障害の薬と一緒に、他の病気の薬や、ハーブ、サプリメント等を服用したい場合にも、医師によく相談すると良いですね。薬の飲み合わせによって、薬の効果が弱まったり、副作用が強くなってしまう事があるようなので、とっても注意が必要のようですね。

関連記事
子供の社会不安障害?
不安障害の克服法って?
不安障害の治療って?
不安障害の症状って?
不安障害って?

SponsoredLink



< 不安障害の薬って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不安障害のお話 > 不安障害の治療って? ]

不安障害の治療って?

< 不安障害の治療って?の記事はココから >

不安障害の治療って、どんな事をするんでしょう?気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。不安障害の治療については、投薬による薬物療法が一般的なようですね。この薬物療法にカウンセリングを併せると、更に治療効果が上がると言われているようです。薬で症状を緩和して、カウンセリングで、薬が無くても不安障害の症状が出ないようにしていくという感じのようです。不安障害の治療は長引く事もあるようですが、決して治らない病気ではないようですね。なので、一人で悩んでいると、ますます症状が悪化してしまう事もあるようなので、勇気を出して治療を受けられると良いでしょうね。医師ではなくって、不安障害の治療を得意としているカウンセラーに相談してみるのも、人によっては劇的な効果があるようです。この場合、不安障害の患者本人だけではなくって、家族も一緒にカウンセリングを受けるようにすると、更に効果が期待出来るようです。

治したいという気持ちが強い方には、森田療法も良いようですね。ですが、他の治療法に比べると厳しい療法のようなので、覚悟が必要だと思うんですが、治った方もたくさんいらっしゃるようですね。でも、合う合わないの個人差がある治療法のようですが・・・。不安障害はこのまま一生治らないのでは、っていう不安や恐怖が付きまとうでしょうが、自分と同じ症状を克服した経験を生かしてカウンセラーをしている方に治療を依頼すると、治療に積極的になれるかもしれません。不安障害には、認知療法や認知行動療法、自己催眠療法など、様々な治療法があるようですが、どの治療法が、その方にとって一番良いのかは個人差があるので、自分に合った方法を探すしかないようですよね。医師やカウンセラーとの相性もあるでしょうから、合わないと思った場合には、違う専門の方に治療を依頼するのが良いかもしれませんね。不安障害、早く改善されると良いですね。

関連記事
子供の社会不安障害?
不安障害の克服法って?
不安障害の薬って?
不安障害の症状って?
不安障害って?

SponsoredLink



< 不安障害の治療って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不安障害のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載