脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > 薬が原因で難聴になる? ]

薬が原因で難聴になる?

< 薬が原因で難聴になる?の記事はココから >

薬が原因で難聴になる?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。病気の治療に使用する薬の副作用によって、難聴を引き起こす事もあるようですね。薬の副作用によって発生した難聴の事を、薬剤性難聴と呼ぶようです。難聴よりも先に、耳鳴りを感じるのが特徴なようです。ですが、原因が分かっているからといって、そのまま放っておいてはいけないようです。難聴を引き起こすような薬には内耳毒性が有るようで、両耳とも全く聞こえなくなってしまう場合もあるようなので注意が必要なようですね。薬剤によって起こる聴力の低下は、高音域から会話へ、そして低音域へと広がっていくようです。時には、めまいやふらつき、頭痛、吐き気等をもよおす事もあるようです。もし、このような症状を感じたら、すぐに薬の服用を止める必要があるようです。

とは言っても、自己判断で薬の量を減らしたり、薬を変えたりするのは危険なようなので、いつも通っている病院や処方箋を出してもらった病院で相談して下さいね。難聴を引き起こす代表的な薬としては、結核の治療に使われているストレプトマイシンという薬があるようです。この薬によって引き起こされる難聴をストマイ難聴とも呼ぶようです。その他にも、ゲンタマイシン等の抗生剤や抗がん剤、リウマチに使われるサリチル酸薬や利尿剤によっても難聴が起こる事があるようです。内耳毒性のある薬剤を服用する前には、検査を行う事をお薦めします。服用前だけではなく、服用中も定期的に検査を繰り返し行う事で、副作用の発生を早期発見する事が可能なようですね。

楽天で見る⇒難聴

関連記事
鼻を強くすすり過ぎない方が良い?
鼻のかみ方が耳に悪影響?
糖尿病や透析で難聴?
耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?
ヘッドホン難聴?

SponsoredLink



< 薬が原因で難聴になる?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > 鼻を強くすすり過ぎない方が良い? ]

鼻を強くすすり過ぎない方が良い?

< 鼻を強くすすり過ぎない方が良い?の記事はココから >

鼻を強くすすり過ぎない方が良い?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。鼻をすする行為は、鼻をすする事で鼻の中に溜まった鼻水を除去する為に普段から行っている方も多いのでは・・・。鼻水を吸い込む事によって、鼻腔内の詰まっている感や不快感を取り除かないと、気持ち悪いですよね。でも、鼻水は元々、鼻の中の雑菌を外へ出す為のものなようです。それをすする事で鼻水が逆流し、喉を通り、飲み込んでしまうと、喉が腫れてしまう原因にもなりかねないようですね。それに、喉だけではなく、耳にも悪影響を与えるようです。鼻をすすると、鼻と耳を繋ぐ耳管を通して内耳から空気が抜けて、鼓膜がへこんだままの状態になるようです。このような状態を繰り返し行っていると、耳に液が溜まり、中耳炎になりやすくなったり、鼓膜が内側の壁に癒着する癒着性中耳炎にかかったりするようです。

他にも、一時的な耳管狭窄症になり、中耳炎を治りにくくさせる要因の一つにもなるようです。特に注意して頂きたいのは、普段は閉じたままのはずの耳管が開けっぱなしになってしまう耳管開放症と診断された方のようです。この疾患を患っている方には、耳閉感を解消しようと鼻をすする方が多くいらっしゃるようですが、鼻をすする事がさらに症状を悪化させてしまうようです。勿論、鼻をすする人全員が中耳炎にかかるというわけではないようですが・・・。症状が出るかどうかは、鼓膜の薄さなどにより個人差があるようです。でも、鼻をすするのが体に良くないことは確かなようです。いい年をして鼻をすするのは、みっともない事でもありますから早めに止めるようにしたいですね。

楽天で見る⇒中耳炎

関連記事
薬が原因で難聴になる?
鼻のかみ方が耳に悪影響?
糖尿病や透析で難聴?
耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?
ヘッドホン難聴?

SponsoredLink



< 鼻を強くすすり過ぎない方が良い?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > 鼻のかみ方が耳に悪影響? ]

鼻のかみ方が耳に悪影響?

< 鼻のかみ方が耳に悪影響?の記事はココから >

鼻のかみ方が耳に悪影響?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。鼻のかみ方によっては、耳に悪影響を及ぼす事があるようですね。鼻水をかんで鼻の中をできるだけ綺麗に保っておくのは、大切な事ですよね。ですが、両鼻を同時にかむことや、一回の鼻かみで一度に全部の鼻水を出そうと力を入れて強くかむというような鼻のかみ方は間違っているようです。鼻の奥にある中耳は、耳管で繋がっているようですよね。上記のような鼻のかみ方をしていると、鼻腔内の圧力が非常に高くなり、その圧力が耳管を通して内耳に伝わるようです。耳管を通して細菌やウイルスだらけの鼻水が中耳に入り込み、急性中耳炎を引き起こしたり、その高い圧力によって鼓膜が破れたりしてしまうようです。場合によっては、中耳だけではなくって、内耳にも悪影響を及ぼす危険さえあるようです。

子供の場合は大人に比べると、太くて短い耳管であり、傾斜も緩やかな為、鼓膜が破れやすかったり、中耳炎にかかりやすかったりするようですね。お子さんが両方の鼻を一度にかんでいるようならば、注意した方が良いかも・・・。正しい鼻のかみ方は、親が教えてあげないと身につきません。なるべく小さな頃からちゃんと教えてあげると良いでしょう。息を口から吸い、片方ずつ、ゆっくりと数回に分けて小刻みにかむのが正しい鼻のかみ方なようですよ。このかみ方をすれば、鼻咽腔圧を上げなくてすむようです。それでもどうしても、鼻水が多くてスッキリしなかったり、粘着性の強い鼻水が溜まりやすかったりして、強くかまずにいられない場合は、耳鼻科へ行き、診察してもらった方が良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒中耳炎

関連記事
薬が原因で難聴になる?
鼻を強くすすり過ぎない方が良い?
糖尿病や透析で難聴?
耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?
ヘッドホン難聴?

SponsoredLink



< 鼻のかみ方が耳に悪影響?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > 糖尿病や透析で難聴? ]

糖尿病や透析で難聴?

< 糖尿病や透析で難聴?の記事はココから >

糖尿病や透析で難聴?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。糖尿病や腎不全の治療の為に、長い間透析を行っている方に、難聴の症状が出る事があるようですね。もし、難聴の症状が出てしまったら、その難聴が糖尿病や透析の影響なのか、もしくは、耳や脳の異常によるものなのかをお医者さんに診断してもらうといいでしょうね。糖尿病が難聴の直接の原因ではない事も考えられるからなんです。ですが、長い間透析をし続けている患者さんに、難聴の方が多いというのも事実なようです。必ずしも透析を行っているから難聴になる、糖尿病を患っているからいずれ難聴になるとは限らず、あくまでも個人差があるようです。逆に言えば、透析を始めて短期間の間に難聴の症状が出る可能性もあるようです。

もし、難聴の症状が糖尿病による神経障害の一つだと診断された場合は、すぐに治療を受けましょうね。末梢神経拡張薬や血流改善薬等を用いて薬物療法を行っていき、症状を改善させていくというのが一般的な治療方法なようです。でも、これは難聴に対する対処療法でしかないようです。糖尿病の根源である高血糖を改善しなければ、症状が悪化してしまうかも・・・。糖尿病と診断されたにも関わらず、治療もせずに20年間も放置していた方の約九割に難聴のような神経障害がみられると言われているようです。このような神経障害があらわれる前に、一刻も早く血糖値のコントロールをする必要があるようですね。糖尿病はいろいろな合併症のリスクが高い病気のようですから、自覚症状が無いからと甘くみて、きちんと治療しなければ恐ろしい事になってしまうかも・・・。

楽天で見る⇒糖尿病 改善

関連記事
薬が原因で難聴になる?
鼻を強くすすり過ぎない方が良い?
鼻のかみ方が耳に悪影響?
耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?
ヘッドホン難聴?

SponsoredLink



< 糖尿病や透析で難聴?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > 耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの? ]

耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?

< 耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?の記事はココから >

耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?って、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。風邪をひいた後から何となく耳に違和感を感じたり、普段から耳が詰まっている感じや塞がっているような感じがする事はありませんか?そのように感じるからイコール病気とは言えませんが、何日も詰まった感じなどが続くようであれば病院へ行き、診察してもらうのが良いかもしれませんね。数時間経てば、その違和感が消える場合は、特に問題はないでしょうが・・・。でも、耳の違和感をあまり放っておくと、難聴などになってしまう可能性もあるようなので、早めに病院へ行き、診断してもらって下さいね。

耳が詰まった感じがする時の病気として考えられるのは、耳管狭窄症なようです。この病気は、耳管の換気機能が低下し、違和感を感じる病気のようですね。飛行機に乗った時やエレベーターに乗った時など、急な気圧の変化に対応出来ずに耳に違和感を感じた事って、どなたにでも一度くらいありますよね。そんな時は唾を飲み込めば、その違和感も解消出来ていたはずです。でも、耳管狭窄症は、その違和感が解消出来ずに、何日も耳が詰まった状態で不快感が続くようです。又、耳管開放症だという可能性もあるかも・・・。この病気は、通常閉じているはずの耳管口が常に開いてしまっているようで、耳に違和感を感じるようです。この病気と全く逆の病気が、先ほどの耳管狭窄症のようです。耳管開放症になってしまう原因としては、ストレスだと言われているようです。その為、これといった治療方法がなく、ストレスを軽減するように身体を休める事ぐらいしか対策がないようですが・・・。だからといって放置していると、突発性難聴になってしまう可能性も十分あるようなので、注意が必要なようですね。

楽天で見る⇒難聴

関連記事
薬が原因で難聴になる?
鼻を強くすすり過ぎない方が良い?
鼻のかみ方が耳に悪影響?
糖尿病や透析で難聴?
ヘッドホン難聴?

SponsoredLink



< 耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > ヘッドホン難聴? ]

ヘッドホン難聴?

< ヘッドホン難聴?の記事はココから >

ヘッドホン難聴?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。最近では、ヘッドホン難聴の方が増えているそうですね。街中でヘッドホンをして音楽等を聴くのは、難聴になる可能性の高いとっても危険な行為なようですね。うるさい場所で音楽を聴いている時は、周囲の音を消そうとして自然に音量を上げてしまいますよね。あまり音量を上げ過ぎると、電車の中では迷惑行為にもなりますし、音が大きければ大きい程、耳が受けるダメージも大きくなるようです。騒音の中で音楽等を聴く時には、ノイズキャンセル機能が付いたヘッドホンを使い、小さい音でも聴き取れるよう周囲のノイズを軽減し、耳への負担を軽くするのが良いようです。静かな室内でヘッドホンを使って音楽等を聴く場合も、あまり長時間にならないように気をつけて下さいね。

一日中、ヘッドホンで音楽を聴きながら何か作業するなんて以ての外なようですよ。勿論、ヘッドホンで音楽を聴くのが悪いというわけではないんですよね。ヘッドホンで音楽を聴いて、耳が多少のダメージを受けたとしても、その後にヘッドホンをしていなければ耳を休ませる事になります。ですが、耳を休ませずに長時間聴き続けると、耳に相当なダメージを与えてしまうようですから、難聴になりやすいようですし、難聴を進行させる可能性も高いようです。スピーカー等で音楽を聴く場合は、空気中を伝わるので、高い周波数の音も耳に伝わるまでに弱まって伝わるようです。ですが、ヘッドホンで聴くと、その周波数が弱まる事なく、高いまま耳に直接伝わるようですね。音を聴く為に機能している内耳は、周波数の高い音でダメージを受けると言われているようですよ。気をつけて下さいね。

楽天で見る⇒難聴

関連記事
薬が原因で難聴になる?
鼻を強くすすり過ぎない方が良い?
鼻のかみ方が耳に悪影響?
糖尿病や透析で難聴?
耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?

SponsoredLink



< ヘッドホン難聴?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > メニエール病ってどんな病気? ]

メニエール病ってどんな病気?

< メニエール病ってどんな病気?の記事はココから >

メニエール病ってどんな病気?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、メニエール病と聞いても、一体どんな病気なのか分からない方も多いのでは・・・。メニエール病って言うのは、簡単に言うと耳の病気のようですよね。症状としては、ぐるぐると目が回るような激しいめまいや耳鳴り、難聴などいろいろなようですね。時には、吐き気や嘔吐などが起こる場合もあるようですが、人それぞれで症状が違うようです。突然、目が回るようなめまいに襲われたら、驚いてしまいますよね。しかも、そのめまいは長いと30分ほど続く事もあるようです。

どうしてその様な症状が起こるのかと言うと、耳の内耳が内リンパ水腫を起こしてしまい、神経を圧迫するからと言われているようです。耳の内耳というのは、骨と膜で構成されているようで、膜の内側にはリンパ液(内リンパ液)があるようです。この内リンパ液がうまく調整されずに過剰になってしまうと、それによって内リンパ水腫が作られてしまうようで、これが神経を圧迫して、めまいや耳鳴り、難聴などの症状が起こってしまうようですね。でも、なぜ、内リンパ液の調整がうまくいかなくなるのか、今のところその原因は分かっていないようです。リンパ液は、三半規管等の様々な器官と繋がっているようで、色々な症状が起こってしまうようですね。このように書くと、メニエール病は、怖い病気のように思うかもしれませんが、メニエール病は初期の段階で発見し、適切な治療を行えば完治する病気なようです。ですが、症状が悪化してから病院に行ったのでは、治療が困難になってしまうようですから、少しでもおかしいと感じたら、すぐに病院に行った方が良いようですね。

楽天で見る⇒メニエール病

関連記事
めまいが原因の耳の病気って?
中耳炎がひどくなるとどうなるの?
中耳炎の種類?
耳垢が原因で難聴になる?
突発性難聴ってどんな病気?

SponsoredLink



< メニエール病ってどんな病気?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > めまいが原因の耳の病気って? ]

めまいが原因の耳の病気って?

< めまいが原因の耳の病気って?の記事はココから >

めまいが原因の耳の病気って?と、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。めまいの原因として考えられるのは、耳の異常が殆どなようですね。でも時には、脳の病気によるめまいもあるようですが、大半は耳の病気のようです。その中で最も多いのは、良性発作性頭位めまい症のようですね。朝、起床した時に頭を動かしたり、頭をある特定の位置に移動させると、回転性めまいが起こる事があるようで、若い方に多いようですが、大抵の場合は、二、三週間で治まるようですが・・・。メニエール病も、めまいを起こす耳の病気として有名なようですよね。メニエール病は、回転性の激しいめまいと共に、吐き気や嘔吐を伴うようです。難聴や耳鳴り等の症状も起こり、とっても辛い病気のようですね。これは、早期発見、早期治療が大事な病気なようなので、症状が出たら様子を見ないで、すぐに病院に行くのが良いようですよ。

又、前庭神経炎という病気もめまいを起こすようです。これは、突然、激しい回転性のめまいが起こり、悪心や嘔吐も伴うようですが・・・。でも、メニエール病とは違って、難聴や耳鳴り等の症状は出ないようですが、発症してから一週間位は歩行が困難になるようですね。三週間位で、めまいは治っていくようですが、半年位は動く時にふらつきが見られるようですね。そして、突発性難聴でも、半数の方にめまいの症状がみられるようです。めまいの症状が酷い為に、難聴に気が付かない事もあるようですね。その他にも、中耳炎や外リンパ痩、内耳炎等があるようです。このように、めまいによって考えられる耳の病気は、たくさんあるようですから、めまいの症状が出たのであれば、すぐに病院に行った方が良いようですね。

楽天で見る⇒めまい 原因 耳 病気

関連記事
メニエール病ってどんな病気?
中耳炎がひどくなるとどうなるの?
中耳炎の種類?
耳垢が原因で難聴になる?
突発性難聴ってどんな病気?

SponsoredLink



< めまいが原因の耳の病気って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > 中耳炎がひどくなるとどうなるの? ]

中耳炎がひどくなるとどうなるの?

< 中耳炎がひどくなるとどうなるの?の記事はココから >

中耳炎がひどくなるとどうなるの?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。中耳炎がひどくなるのって、本人が中耳炎になったとは気付かずに、そのまま放置してしまう事が多い為かもしれませんね。特に、幼児の場合は、自分で症状を訴える事が出来ませんから、親御さんが注意してあげる必要がありますよね。風邪をひいて、症状の一つである熱は下がったとしても、鼻水や咳等がなかなか治らない事ってありますよね。もし、風邪をひいた時点で中耳炎になっていたとしたら、それは、急性中耳炎と診断されるようです。この急性中耳炎の場合は、鼓膜に穴が開いてしまうようですが、この穴は普通なら何もしなくても自然にふさがっていくようです。でも、鼻水や咳が長引いてしまっていると、鼓膜の穴がふさがらない為に、慢性中耳炎になってしまうようですね。

この慢性中耳炎になると、耳の聞こえが悪くなってくるようです。もし、この状態になっても、中耳炎だという事に気付かずにいると、鼓膜の穴がふさがらないという問題だけではなくなってくるかも・・・。脳への伝達も無くなり、耳の聞こえはどんどん悪くなる一方のようです。治療が遅れるほど、だんだん治らなくなっていき、しまいには聞こえなくなってしまうようですね。他の中耳炎でも、ひどくなると大変な事になってしまうようです。例えば、滲出性中耳炎をそのままにしておくと、手術しても回復が難しく、生涯難聴になってしまう事もあるようです。このように、中耳炎がひどくなると、聴力の回復が難しくなるようですね。なので、たかが風邪と思わずに、鼻水や咳が長引くようなら、耳鼻科を受診してみた方が良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒中耳炎

関連記事
メニエール病ってどんな病気?
めまいが原因の耳の病気って?
中耳炎の種類?
耳垢が原因で難聴になる?
突発性難聴ってどんな病気?

SponsoredLink



< 中耳炎がひどくなるとどうなるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > 中耳炎の種類? ]

中耳炎の種類?

< 中耳炎の種類?の記事はココから >

中耳炎の種類?でも、中耳炎って、そんなにいろいろ有るんでしょうか。実は、中耳炎には、いくつか種類が有るようです。その中でも、主なものは急性中耳炎のようですね。いわゆる、中耳炎と診断されるものは、殆どがこの急性中耳炎と言われているようです。この病気は、ウィルスが中耳に入って、炎症を起こしてしまうようです。症状としては、熱が出たり、耳が痛くなったりするようですが、通常は、抗生物質の投与によって、数日で治るようです。ですが、長引いてしまうと、別の病気をもたらしてしまうようなので、適切な治療が必要なようですね。

他には、滲出性中耳炎があるようです。これは、鼓膜の奥に滲出液がたまってしまう病気なようですね。耳が痛くなったり、熱等の症状はないようですが、難聴のような症状が起こるようです。幼児や高齢者に多く見られるようですが、テレビの音を大きくして見るとか、後ろから呼んでも気付かない等の状況が見られたら、注意が必要かも・・・。この二つの中耳炎が治らないままで、炎症が慢性化してくると、慢性中耳炎となってしまうようです。耳鳴り等の症状も出てきてしまうようですね。中耳炎とひと言で言っても、何種類もあるようですが、それぞれに症状も違うようです。繰り返し中耳炎を患う事によって、耳の骨を破壊してしまったり、鼓膜に穴が開いて治らなくなってしまう事も・・・。気を付けなければいけませんね。耳はとっても大切です。聞こえない生活は不便ですよね。今の生活に音が無くなってしまったらどうでしょうか。静かを通り越して、怖いですよね。なので、耳に少しでも異常を感じたら、すぐに耳鼻科を受診する事をお勧めします。

楽天で見る⇒中耳炎

関連記事
メニエール病ってどんな病気?
めまいが原因の耳の病気って?
中耳炎がひどくなるとどうなるの?
耳垢が原因で難聴になる?
突発性難聴ってどんな病気?

SponsoredLink



< 中耳炎の種類?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載