脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > インプラント歯科医の選び方って? ]

インプラント歯科医の選び方って?

< インプラント歯科医の選び方って?の記事はココから >

インプラント歯科医の選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。インプラント手術には、失敗も少なからず有るようですね。失敗しないようにする為には、やはり、歯科医の選び方に気を付ける必要があるようです。と言うのは、インプラントは簡単な手術ではないようなんですが、歯科医なら特別な資格が無くても手術が可能なようですよね。つまり、実際に手術に携わった事が無い医師でも、いきなり手術をする事が出来るようです。

どんな治療でも同じでしょうが、医師と言えども人間ですから、各自に得意とする分野や苦手とする分野があるでしょう。人気の有る歯科ならインプラントも得意とは限らないんですよね。なので、先ず、インプラントの手術の経験が豊富な医師を選択しましょう。インプラント手術の数を売りにしている病院だから良いのではないようです。その病院の医師全員がインプラント手術を経験しているかどうかは分かりませんからね。重要なのは、手術を担当する医師の経験値なようですよね。

それを判断するには、広告を見ているだけでは難しいですよね。なので、いくつか候補の歯科医院をピックアップしておき、実際に相談に訪れてみて下さい。病院の雰囲気も大切な判断材料になるかも・・・。医師の態度だけでなく、受付の方の対応もしっかり見ておきましょう。そして、医師と話す時は、ちょっとした事でもどんどん質問してみるのが良いでしょう。その返答の様子が親身に感じられるところは、安心感があるでしょうし、不安を事前に解消出来るのでは・・・。又、インプラント手術を受けた方の口コミなども参考にすると良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒インプラント手術

関連記事
インプラント手術のメリットやデメリットって?
歯周病と他の病気との関連?
歯周病の手術の種類って?
歯周病の治療方法の種類って?
歯周病が進行するとどうなるの?

SponsoredLink



< インプラント歯科医の選び方って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > インプラント手術のメリットやデメリットって? ]

インプラント手術のメリットやデメリットって?

< インプラント手術のメリットやデメリットって?の記事はココから >

インプラント手術のメリットやデメリットって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。インプラント手術には、メリットがたくさんあるようですが、実はデメリットもあるようですね。先ず一番のメリットは、やはり外見の美しさでしょうか。今までの入れ歯や差し歯等とは、審美性にかなり差があるようです。又、機能面も魅力的なようですね。入れ歯では痛みが強くて固い物が食べられなかった方も、インプラントが成功すれば、自分の歯のように噛む事ができるようになるようですよね。安全性の面でも、インプラントは、衛生管理が徹底されているようなので、技術の有る歯科医による手術を行えば、感染症の心配はまずないようで、成功の確率もかなり高くなるようです。アレルギー反応も殆ど無いとされている為、金属アレルギーを持っている方にも安心なようですね。

デメリットとしては、歯周病によっては寿命が短くなる可能性があるようですね。これは、インプラント自体が壊れる心配よりも、土台になる歯茎や骨の寿命が問題になってくるようです。そして、手術に掛かる費用もデメリットの一つのようですね。入れ歯や差し歯等と違って、インプラントには保険の適用がないようですよね。一本インプラントにするのに、高いところだと50万円近く費用が掛かるようなのです。安くても20万円程度にはなるようです。一本50万円で総インプラントにするとなると、大変な金額になってしまいますよね。ただ、デンタルローン等を利用すれば、手をだせない額ではないかも・・・。そうは言っても、インプラント手術をしてしまえば、それで歯に関するトラブルが全て解決というわけではないでしょうから、慎重に検討する必要があるでしょうね。

楽天で見る⇒インプラント手術

関連記事
インプラント歯科医の選び方って?
歯周病と他の病気との関連?
歯周病の手術の種類って?
歯周病の治療方法の種類って?
歯周病が進行するとどうなるの?

SponsoredLink



< インプラント手術のメリットやデメリットって?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > 歯周病と他の病気との関連? ]

歯周病と他の病気との関連?

< 歯周病と他の病気との関連?の記事はココから >

歯周病と他の病気との関連?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。歯周病になったら総入れ歯まっしぐら!な〜んて事は、よく言われているようですよね。勿論、総入れ歯にしなくてはいけないほど重症化すれば、と言う事ではあるようですが、歯周病って、厄介な病気だと感じている方は少なくないのでは・・・。しかも、歯周病はそれだけでは終わらないという事が分かってきているようですね。歯周病には、細菌の繁殖が大きく関わる事はよく知られているようですが、この細菌が厄介者なようです。歯周病も末期となると、歯茎が裂ける事がよくあるようです。で、そこから細菌が体内に入ってしまうようですね。とは言っても、若くて健康な方であれば、この程度の細菌が体内のあちこちを通っても、免疫力によってフォロー出来るようです。ですから、歯周病=感染症の併発とは言えないようです。

ですが、病気や老化等によって免疫力が低下している方には、細菌の定着の可能性があるようですね。このような流れで起こりうる病気には、本当にたくさんのものがあるようですが、その一例としては、先ず、糖尿病の悪化なようです。糖尿病で血糖が安定していない方は、免疫力が低下しているようですよね。歯肉が炎症を起こしている事だけでも、糖尿病の悪化に繋がるので特に要注意なようです。次に、敗血症や感染症心内膜炎などがあげられようです。血管の中に細菌が回ると、菌血症に移行するようです。術後や病後等は免疫力が低下しているようなので、普段以上に注意が必要になるようです。そして、脳卒中もあげられるようです。細菌が動脈内膜に回る事で、動脈硬化に繋がる可能性があるようで、脳卒中だけではなくって、心疾患の危険性も高めるようです。歯周病になっても、最悪、入れ歯にすれば良いというわけにはいかないようですね。

楽天で見る⇒歯周病 予防

関連記事
インプラント歯科医の選び方って?
インプラント手術のメリットやデメリットって?
歯周病の手術の種類って?
歯周病の治療方法の種類って?
歯周病が進行するとどうなるの?

SponsoredLink



< 歯周病と他の病気との関連?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > 歯周病の手術の種類って? ]

歯周病の手術の種類って?

< 歯周病の手術の種類って?の記事はココから >

歯周病の手術の種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。もし、歯周病が進行して、歯科でのケアや投薬でも症状が治まらない場合には、外科手術が必要となるようですね。外科手術とひと言で言っても、いくつかの種類があり、進行の具合や症状によって手術方法を決めていくようです。歯周病治療の手術の種類としては、先ず、エムドゲイン法があるようです。これは、歯周の組織を再生させる手術の一つなようです。この手術は、歯の根っこにあたる部分に特殊な薬剤を塗り、余計な歯肉が入ってこられなくする事で、歯周の組織を再生しやすくするという方法なようですね。進行の具合に応じて、骨を移植する場合もあるようです。

又、フラップ手術と言うのがあるようです。これは、歯周ポケットという部分の深さが4mm以上になった時等に行われるようです。方法としては、先ず、歯肉にメスを入れ、骨から剥がした状態にします。その上で、歯垢や歯石を取り除き、骨も綺麗に掃除しておきます。更に、問題が有る歯肉を取り除いて、最後に歯肉を復元するという手術方法なようです。そして、重症の場合によく用いられる手術が、歯周組織再生誘導法、GTR法なようです。この手術も、骨を移植する場合があるようですね。この方法は、歯槽骨と歯肉の両方を再生させる事が出来る手術なようです。どのような手術も、決して手軽なものとは言えないようです。なので、出来るだけきちんと定期検診に行き、歯周病にならないように常に気をつけるのが良いかも・・・。あまりに酷くなれば、手術すら出来ない状態になってしまう事もあるようですね。勿論、毎日の自宅でのケアも重要なようですよね。

楽天で見る⇒歯周病 予防

関連記事
インプラント歯科医の選び方って?
インプラント手術のメリットやデメリットって?
歯周病と他の病気との関連?
歯周病の治療方法の種類って?
歯周病が進行するとどうなるの?

SponsoredLink



< 歯周病の手術の種類って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > 歯周病の治療方法の種類って? ]

歯周病の治療方法の種類って?

< 歯周病の治療方法の種類って?の記事はココから >

歯周病の治療方法の種類って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。歯周病の治療には、大きく分けると三種類のものがあるようです。先ず、一つ目は、ルートプレーニングや歯周のクリーニングなようです。歯科で定期的にこびりついた歯垢や歯石を除去し、同時に家庭でも徹底したブラッシングを行うようです。これは、軽症の場合にのみ行える処置なようですね。二つ目は、薬を使う方法なようです。投薬によって歯周に起こる炎症を抑えたり、細菌を殺菌するという治療方法なようです。この二種類の治療方法で症状が治まらない場合や、あまりに症状が重度の場合は、手術を行わなくてはいけないようです。手術となると、それなりにリスクもあるようですね。それに、メスを使うとなれば、やはり少しは恐怖心が生まれるのでは・・・。

この歯周病という病気は、初期の段階ではこれといった症状が無いようですよね。よほど重くならなければ、痛みすら感じないままの事もあるようです。ですが、放置しても勝手に治るわけではなく、じわじわと知らぬ間に悪化の一途を辿るようですね。しかも、手術をしても、完全に元通りとはいかないようで・・・。リンゴをかじると血が出るという方は、面倒がらずに一度歯科医院を訪れてみて下さいね。歯周が正常なら、リンゴをかじった程度で出血するのはかなり珍しい事なようですよ。歯周病の初期の治療は、痛みも殆ど無しに行えるようですし、何事も早期発見、早期治療が一番ですよね。将来、歯が無くなってもかまわないと言われるならば放置しても良いかもしれませんが、そのような方はかなり少ないのでは・・・。どんなに高価な入れ歯等も、自前の歯には敵いませんよね。一生美味しく食べる為にも、先延ばしにしないで、診断や治療を受けるのが良いでしょう。

楽天で見る⇒楽天で見る⇒歯周病 予防

関連記事
インプラント歯科医の選び方って?
インプラント手術のメリットやデメリットって?
歯周病と他の病気との関連?
歯周病の手術の種類って?
歯周病が進行するとどうなるの?

SponsoredLink



< 歯周病の治療方法の種類って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > 歯周病が進行するとどうなるの? ]

歯周病が進行するとどうなるの?

< 歯周病が進行するとどうなるの?の記事はココから >

歯周病が進行するとどうなるの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。歯周病の進行には、大きく分けると四段階あるようです。先ずは、健康的な歯周です。歯茎は綺麗な桃色で、歯周ポケットはありません。歯磨きをしても全く出血しませんし、リンゴを噛んでも血なんか出ないんですよね。次に、軽度の歯周病です。歯茎が少し赤みがかってくるようです。歯磨きの時に血が出たり、リンゴををかじったら血がにじむという症例が多くあるようです。痛みはまだあまり無いようですが、この段階で治療を開始出来れば治りも早いでしょうね。それが進行すると、中度の歯周病になるようです。ぽってりと歯肉が腫れてくるようですし、細菌が毒素を発生するようなので、臭いも出てくるようです。それに、歯が浮いたような感覚になったり、歯周ポケットが大きくなって、歯がぐらつきだすようです。骨も溶けだすようなので、早急に治療を開始する必要があるようですね。

それでも放置すると、重度の歯周病になるようです。ここまでくると、見た目にもかなりの変化が出てくるはず・・・。先ず、歯茎はどす黒い色になるようです。しかも、歯茎が痩せこけてしまうようなので、普通は隠れている部分まで歯がむきだしになって、異様に歯が長くなったように見えるようです。歯茎はブヨブヨと完熟末期のトマト状態になるようですし、歯は触るだけでぐにゃぐにゃと動くでしょう。歯周ポケットが開ききっているので、食べかすも詰まり放題なようですよ。ここまで歯周病が進行すると、総入れ歯まではあと一歩というところかも・・・。歯周病をずっと放置し、重度まで進行してしまったら、治療が出来ない状態になってしまう事もあるようですね。なので、なるべく早期に歯周病を発見して、治療を開始する事が大事なようですね。

楽天で見る⇒歯周病 予防

関連記事
インプラント歯科医の選び方って?
インプラント手術のメリットやデメリットって?
歯周病と他の病気との関連?
歯周病の手術の種類って?
歯周病の治療方法の種類って?

SponsoredLink



< 歯周病が進行するとどうなるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > 歯肉炎と歯周炎の違いって? ]

歯肉炎と歯周炎の違いって?

< 歯肉炎と歯周炎の違いって?の記事はココから >

歯肉炎と歯周炎の違いって?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。歯周病は、大きく分けて歯肉炎と歯周炎に分けることが出来るようですが、その違いは病気の進行度合いのようですね。簡単に言えば、歯肉炎が進行すると歯周炎になるという事なようですが、その両方を総称して歯周病と呼んでいるようです。歯肉って言うのは、歯の周りの肉のようですから、つまり、歯茎を指します。ごくごく初期では、歯肉(歯茎)から歯磨きの際や堅いものを食べた際に出血する程度なようですが、少し進行すると、この部分が赤く腫れたり、歯茎の色の血色が悪くなってきます。この頃の自覚症状といえば、軽い出血程度なようですが、ここで気が付いて治療を始めれば、治療は比較的簡単なようですね。

ですが、進行して歯周炎に発展してしまうと、治療はとっても困難になり、最終的には抜歯せざるを得ない事も多々あるようです。歯周炎には、主に30代位で始まる成人性歯周炎で、発症するのが若者〜30代前半まで、又、進行が早い早期発症型歯周炎は遺伝的な原因が多いと言われ、主に乳幼児で発症する思春期前歯周炎は、若年層(10代〜20代前半位)に見られ、遺伝的要素が多いとされる若年性歯周炎は、20代前半〜35歳前後に発症し、進行が早く、急激に悪化する急速進行性歯周炎、治療効果が見られず、改善してもすぐに再発してしまう難治性歯周炎など、いろいろな種類があるようです。ひとくちに歯周病と言っても、症状やその程度には違いがあるようですが、とにかく少しでも早期に発見して、治療開始することが一番重要なようですね。

楽天で見る⇒歯周病

関連記事
歯周病に重要なプラークコントロール?
歯周病治療の歯医者の選び方って?
歯周病を改善する歯磨きの仕方?
歯周病の症状って?
歯周病の原因って?

SponsoredLink



< 歯肉炎と歯周炎の違いって?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > 歯周病に重要なプラークコントロール? ]

歯周病に重要なプラークコントロール?

< 歯周病に重要なプラークコントロール?の記事はココから >

歯周病に重要なプラークコントロール?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。テレビコマーシャル等で頻繁に聞くプラークコントロールと言う言葉の意味を知っている方って、案外少ないようですね。プラークって言うのは歯垢の事なようで、つまり、歯の間に溜まった食べカスや、歯磨きの磨き残しなどが溜まった状態を言うようです。ですから、プラークコントロールとは、歯垢をコントロールしようという事になるようです。歯磨きによってしっかり歯垢を落とし、歯周病菌を増やさないようにしましょうという意味なんですね。歯周病は、悪化すると治療が困難な病気と言われているようで、最悪の場合は、抜歯せざるを得ない状況にまでなるようです。何よりも予防が一番重要なようですが、歯周病になってしまった場合は早期発見して、なるべく初期のうちに治療を行う事が大切なようです。

実際には、口腔内から完全に歯周病菌を撲滅する事は不可能なようなので、せめて増えないようにしましょうと言うのがプラークコントロールなようですね。一般的には、正しい歯磨きを覚えて、出来るだけ食事の後には速やかに歯磨きを行う事が理想なようです。もし、歯磨きが出来ないような環境の場合には、せめて消毒殺菌効果の有るウガイ薬等を利用して口の中をすすぐと良いでしょう。ですが、食事の後にすぐ歯磨きをしたとしても、それだけでは十分ではないようで、定期的に歯医者さんに通って歯石の除去を行ったり、場合によっては薬剤を使用して歯周病菌を抑える必要がある場合もあるようですね。それらを総称して、プラークコントロールと呼んでいるようです。このプラークコントロールを行う為には、自分の毎日のケア+歯医者さんでの検診とケアの両方が必要なようですね。

楽天で見る⇒歯周病 プラークコントロール

関連記事
歯肉炎と歯周炎の違いって?
歯周病治療の歯医者の選び方って?
歯周病を改善する歯磨きの仕方?
歯周病の症状って?
歯周病の原因って?

SponsoredLink



< 歯周病に重要なプラークコントロール?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > 歯周病治療の歯医者の選び方って? ]

歯周病治療の歯医者の選び方って?

< 歯周病治療の歯医者の選び方って?の記事はココから >

歯周病治療の歯医者の選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。虫歯の治療等で歯医者さんの良し悪しを痛感した事がある方は多いのでは・・・。特に、歯周病の治療に関しては、そのような傾向が強くなるようですね。最近では、歯周病という病名を知らない方って、殆どいないくらい有名な病気になりましたよね。治療を希望する方の増加に伴って、歯周病治療の専門医まで登場しているようです。勿論、昔から歯槽膿漏の治療などは歯科医院で行われていたようですが、実際には抜歯して入れ歯にするというのが主な治療法だったようですよね。つまり、歯周病の治療って、歯科医の知識や技術の中でも、比較的新しい分野なようですね。ですから、歯科医としてはベテランという年代のドクターの場合、独自に勉強していなければ、殆ど最近の治療法を知らないというケースも少なくないようですね。歯科医なら歯周病の治療ぐらい出来て当たり前と思ってしまうんですが、実際には、虫歯の治療等は出来ても、歯周病に関してはあまり知識を持ち合わせない歯科医もいるようです。

そんな歯科医に出会わない為にも、歯周病の治療は、日本歯周病学会認定医を受診するのが望ましいでしょう。日本歯周病学会認定医は、下記のような条件をクリアした歯科医のようですよ。
・歯科医師免許所持者。
・日本歯周病学会で五年以上歯周病治療の臨床経験を有する事。
・日本歯周病学会の会員になってから五年以上経過している事。
・申請時に50教科単位以上を取得している事(学会発表や論文発表をしている事)。
更に、日本歯周病学会認定医は五年毎の資格の更新が義務付けられている為、歯周病に関してはエキスパートと呼んで間違いないようですね。

楽天で見る⇒歯周病 治療

関連記事
歯肉炎と歯周炎の違いって?
歯周病に重要なプラークコントロール?
歯周病を改善する歯磨きの仕方?
歯周病の症状って?
歯周病の原因って?

SponsoredLink



< 歯周病治療の歯医者の選び方って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!歯周病のお話 > 歯周病を改善する歯磨きの仕方? ]

歯周病を改善する歯磨きの仕方?

< 歯周病を改善する歯磨きの仕方?の記事はココから >

歯周病を改善する歯磨きの仕方?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。歯磨きって、本来、虫歯や歯周病を予防する為に行うものですよね。ですが、残念な事に、毎日しっかり歯磨きをしていても虫歯や歯周病を発症する方が多いのが現状なようですが・・・。なぜかと言うと、正しく歯磨き出来ていない方が多いからのようです。虫歯や歯周病は、食べかすが歯の隙間に残った状態が続く事で発症するようですよね。つまり、磨き残しが有るという事になります。そして、その磨き残しは、歯磨きの癖から同じところに溜まりやすいようです。この磨き残しを少なくする為には、たくさんの歯ブラシの中から、自分に合った歯ブラシを見つける事が大切なようです。

例えば、口が小さい方が大き目の歯ブラシを使ったのでは、どうしても磨き残しが出来てしまうようです。それに、ゴシゴシ強く擦るのは歯に良くない事はご存知でしょうが、実際にはその癖が抜けない方も多いのでは・・・。強く磨く癖の有る方は、柔らかい歯ブラシを使用した方が良いかもしれませんね。特に、歯と歯茎の間、奥歯等は磨きにくいようなので、念入りに歯磨きを行うと良いようですね。歯ブラシだけではどうしても磨き残しが出てしまうようですから、デンタルフロスや歯間ブラシも併用すると、より歯周病を改善しやすくなるかも・・・。自分の歯磨きの仕方に自信がある方でも、一度くらいは、歯医者さんで歯磨き指導を受ける事をお勧めします。長年、正しいと信じていた歯磨きのやり方が間違っていた、なんて事もよくあるようですよね。歯医者さんでは、具体的にどこに磨き残しが有るなどもチェックしてくれるようですよ。

楽天で見る⇒歯周病 改善

関連記事
歯肉炎と歯周炎の違いって?
歯周病に重要なプラークコントロール?
歯周病治療の歯医者の選び方って?
歯周病の症状って?
歯周病の原因って?

SponsoredLink



< 歯周病を改善する歯磨きの仕方?の記事はココまで >
| カテゴリ : 歯周病のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載