脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞と狭心症の違いは? ]

心筋梗塞と狭心症の違いは?

< 心筋梗塞と狭心症の違いは?の記事はココから >

心筋梗塞と狭心症の違いは?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞と狭心症の違いは、血管が詰まるかどうかということなようですね。心筋梗塞も狭心症も、心臓の冠動脈という心臓に栄養を運ぶ血管の異常なようです。

心筋梗塞の場合は、この心臓の冠動脈が詰まり、血液が流れなくなるようです。血管が詰まることで、突然、強い胸の痛みに襲われ、痛む時間も30分以上と長いことが心筋梗塞の特徴なようです。又、心筋梗塞では脱力感や意識の低下、冷や汗が出たり、手足が冷たくなることもあるようですね。

一方、狭心症は、心臓の冠動脈がだんだんと細くなってしまい、血流が悪くなってしまうようです。造影剤を使用した心臓カテーテル検査をすると、すぐに診断が付くかも・・・。狭心症は、主に前胸部に痛みや圧迫痛があることが特徴なようで、胸の痛みという点では心筋梗塞と同じなようですが、狭心症の胸の痛みは安静にしていれば短時間で治まるようです。

心筋梗塞と狭心症は、どちらも心疾患なんですが、同じ心疾患でも、狭心症ではニトログリセリンという薬が有効に働くのに対し、心筋梗塞ではこのニトログリセリンの効果が無いという違いもあるようです。狭心症と心筋梗塞の違いで一番大きなところは、心臓へのダメージなようです。

心筋梗塞では、血管が詰まり血液が流れなくなってしまう為に、だんだん心筋が壊死していってしまうようなので、心臓へのダメージも大きく、心臓が動かなくなってしまうこともあるようです。それに対し、狭心症では血流が流れにくくなるものの、血流が止まることはない為、心臓へのダメージも少なくてすむようです。

心筋梗塞と狭心症は、同じ心疾患でも症状は違うようですね。

楽天で見る⇒心筋梗塞

関連記事
心筋梗塞の死亡率って?
心筋梗塞が原因で起こる合併症って?
心筋梗塞を薬で治療?
心筋梗塞の手術って?
心筋梗塞になりやすい人?

SponsoredLink



< 心筋梗塞と狭心症の違いは?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞の死亡率って? ]

心筋梗塞の死亡率って?

< 心筋梗塞の死亡率って?の記事はココから >

心筋梗塞の死亡率って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞って言うのは、死亡率がとっても高い怖い病気なようですよね。その心筋梗塞の死亡率は、平均で20%〜40%と言われているようです。

心筋梗塞って、冠動脈に血栓が詰まり、血流が途絶えることによって、心臓の筋肉に栄養が運ばれなくなってしまう為、心臓が壊死してしまい、死を招くと考えられているようです。又、心筋梗塞は、心筋梗塞直後に高い確率で不整脈を発症すると言われているようで、心筋梗塞を発症してから数時間の間の死亡率が一番高くなっているようです。

実際に、心筋梗塞を発症し、病院に着くまでに亡くなってしまうというケースはとっても多いようで、病院に到着する前に1/3の方は亡くなってしまうというのが現状なようです。最近では、医学が進歩しているということもあり、病院までたどり着くことができれば、死亡率は10%以下にまで下がると考えられており、病院にたどり着けるかどうかが死亡率を左右するポイントと言えるようですね。

心筋梗塞の死亡率を下げる為には、発症から一時間以内に処置をすることが理想といえるようです。遅くても六時間以内に治療をすることで、20%〜40%という高い死亡率をいくぶんか下げることができるようです。心筋梗塞を含む心疾患は、全死因の中でも第二位という高い死亡率をもつ怖い病気なようです。

特に高齢者の場合は、心筋梗塞の後に合併症を起こす確率も高いようで、死亡率も高いと考えられるようです。心筋梗塞の場合は、早めに適切な処置を受けるようにしたいものです。

楽天で見る⇒心筋梗塞 改善

関連記事
心筋梗塞と狭心症の違いは?
心筋梗塞が原因で起こる合併症って?
心筋梗塞を薬で治療?
心筋梗塞の手術って?
心筋梗塞になりやすい人?

SponsoredLink



< 心筋梗塞の死亡率って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞が原因で起こる合併症って? ]

心筋梗塞が原因で起こる合併症って?

< 心筋梗塞が原因で起こる合併症って?の記事はココから >

心筋梗塞が原因で起こる合併症って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞が原因で起こる合併症には注意したいものですよね。心筋梗塞は、心筋梗塞という病気だけでも命に関わる怖いものなようですが、心筋梗塞が原因で起こる合併症もとっても危険なようです。

心筋梗塞に伴って起こる合併症の症状には、不整脈や心臓破裂、うっ血性心不全や心原性ショック等があるようです。この合併症の中でも不整脈は、心筋梗塞の合併症として頻度が高いようで、急性期の死亡原因の第一位と言われているようです。心筋梗塞時に起こる不整脈は心室細動と言われるものなようで、心臓からの拍出がうまくできなくなり、心臓の停止に繋がってしまうようです。

又、うっ血性心不全という合併症の頻度も多いようで、肺うっ血が起こり、呼吸困難を引き起こすようで、呼吸停止の危険があるようです。心筋梗塞は、冠動脈が閉塞されてしまうようですから、血液が通わず心筋の細胞が壊死してしまうと言われているようですね。

心筋梗塞が起こって心筋の壊死が40%以上に至ってしまうと、心原性ショックという合併症を起こすことがあるようです。それに、心筋の壊死した部分がもろくなると、心筋が裂けてしまい、心臓破裂という合併症を引き起こすことも考えられるようです。

心臓破裂は、心筋梗塞発症後、しばらくしてから起こる合併症なようで、緊急手術を要するようです。心筋梗塞は、実際に心筋梗塞になってみないと、どんな合併症が起こるか分からないようです。ただ、心筋梗塞が原因で起こる合併症のことを知っておくと、心筋梗塞にならないように気をつけようという気持ちが強くなるのではないでしょうか。

楽天で見る⇒心筋梗塞 合併症

関連記事
心筋梗塞と狭心症の違いは?
心筋梗塞の死亡率って?
心筋梗塞を薬で治療?
心筋梗塞の手術って?
心筋梗塞になりやすい人?

SponsoredLink



< 心筋梗塞が原因で起こる合併症って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞を薬で治療? ]

心筋梗塞を薬で治療?

< 心筋梗塞を薬で治療?の記事はココから >

心筋梗塞を薬で治療?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞は薬で治療することがあるようですね。心筋梗塞は、冠動脈が閉塞してしまうことで起こる病気のようですが、冠動脈が閉塞してしまわないように、冠動脈内の血栓を溶かす薬物を使用することがあるようですね。

又、血栓の再発防止の為に薬を使用して治療することもあるかも・・・。心筋梗塞の治療で使用される薬の中で、血栓を溶かす薬の治療は、心筋梗塞が発症して早い段階で使用すると有効と言われており、投薬によって詰まった血栓を取り除き、血流を回復させることができるようです。

ですが、血管溶解療法は止血していた血栓まで溶かしてしまう危険性もあるようで、血流が再開しても、再び詰まってしまうというデメリットも併せ持っているようです。更に、心筋梗塞では、抗血小板薬という薬で治療することもあるようですね。

抗血小板薬は、血栓を溶かす薬と同じような働きを持っているようで、血液を固まらせる働きのある血小板を抑える薬なようです。抗血小板薬を使うことで、血栓ができるのを防ぐことが可能と考えられているようです。

心筋梗塞では、ACE阻害薬という薬で治療することもあるようです。ACE阻害薬には、血管を広げて血圧を下げる働きがあるようです。その為、ACE阻害薬で治療することで、心筋や血管を保護することができるようですね。

又、β遮断薬という薬で心筋梗塞の再発予防をする事もあるでしょう。β遮断薬は血圧を下げることによって、心臓からの血液量を抑えて末梢血管を広げる薬なようです。心筋梗塞を薬で治療する際には、このような薬を用いると考えられるようです。

楽天で見る⇒心筋梗塞 改善

関連記事
心筋梗塞と狭心症の違いは?
心筋梗塞の死亡率って?
心筋梗塞が原因で起こる合併症って?
心筋梗塞の手術って?
心筋梗塞になりやすい人?

SponsoredLink



< 心筋梗塞を薬で治療?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞の手術って? ]

心筋梗塞の手術って?

< 心筋梗塞の手術って?の記事はココから >

心筋梗塞の手術って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞の手術には、カテーテルを使った冠動脈の形成術と、開胸による冠動脈バイパス手術があるようです。

カテーテルを使った冠動脈の形成術は、足の付け根の血管等からカテーテルを入れ、冠動脈の入り口あたりの血管を広げる手術なようです。このカテーテルを使った冠動脈の形成術では、バルーンとステントと呼ばれる金属製の網の筒を用いて、血管の拡張と同時に、冠動脈の補強を図ると言われているようです。

カテーテルの先にあるバルーンで、冠動脈の血管内にある狭窄部分を膨らませ、ステントを挿入するようです。ステントを使うこの冠動脈形成術は、比較的簡単な手術なようですが、治療効果も高いようですね。ですが、この手術は、冠動脈の梗塞が多肢の場合には適さないようで、主に多肢閉塞でない場合に用いられるようですね。

心筋梗塞の手術では、冠動脈バイパス手術という手術が行われることもあるようです。冠動脈バイパス手術は、自分自身の胸の血管を取り、冠動脈に繋いでバイパスの役割をさせるという手術なようで、手術時間が長くかかる上に医師の技量も必要な大きな手術なようですね。

カテーテルによる冠動脈形成術とは違って、胸部の切開が必要なようですから、患者さんへの負担も大きくなると言えるでしょうね。冠動脈バイパス手術は、人工心肺を使い、一時的に心臓の動きを止めて行う手術法が一般的だったようです。

でも、現在では、医学の進歩により、人工心肺を使用せずに心臓を固定して手術が行えるようになった為、動脈硬化が進んでしまっている方や腎臓病を患っている方でもバイパス手術が行えるようになっているようですね。

楽天で見る⇒心筋梗塞 手術

関連記事
心筋梗塞と狭心症の違いは?
心筋梗塞の死亡率って?
心筋梗塞が原因で起こる合併症って?
心筋梗塞を薬で治療?
心筋梗塞になりやすい人?

SponsoredLink



< 心筋梗塞の手術って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞になりやすい人? ]

心筋梗塞になりやすい人?

< 心筋梗塞になりやすい人?の記事はココから >

心筋梗塞になりやすい人?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞になりやすい人の条件っていくつかあるようですが、心筋梗塞と言うのは、体質的に高血圧の方や糖尿病の方、高脂血症の方や不整脈の方、低体温の方等に発症しやすい病気なようですね。

特に、糖尿病の方は、動脈硬化が促進される為、血栓ができる可能性が高いようで、心筋梗塞になる危険度も高いと考えられているようです。又、高血圧の方も動脈硬化にかかりやすいと言われる上に、血圧が高くなることで血管が異常な収縮を起こしやすくなる為、心筋梗塞になる可能性が高いようです。

更に、不整脈の方は、不整脈によって血液の流れが乱れるようで、血栓が作られやすく、心筋梗塞に繋がると言われているようです。最近、増加傾向にある高コレステロールの方は高脂血症になりやすいようで、心筋梗塞に繋がりやすいようです。

心筋梗塞には、体温も関係していると考えられているようですね。体温が低いと抹消血管が収縮しやすいようで、血圧が下がってしまう為、普段から体温が低い低体温の方は、心筋梗塞になりやすいかも・・・。体温や体質以外にも、家系的なもの、遺伝も関係していると言われているようで、高血圧になりやすい家系の方や動脈硬化になりやすい家系の方、血管の壁のアレルギー反応を起こしやすい方も心筋梗塞になりやすいようですね。

又、喫煙の習慣がある方は、血管の異常収縮が起こりやすくなるようで、その結果、血管がもろくなってしまい、心筋梗塞を招きやすいと言われているようなので、注意が必要なようですね。

楽天で見る⇒心筋梗塞

関連記事
心筋梗塞と狭心症の違いは?
心筋梗塞の死亡率って?
心筋梗塞が原因で起こる合併症って?
心筋梗塞を薬で治療?
心筋梗塞の手術って?

SponsoredLink



< 心筋梗塞になりやすい人?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞になった時の対応は? ]

心筋梗塞になった時の対応は?

< 心筋梗塞になった時の対応は?の記事はココから >

心筋梗塞になった時の対応は?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞になった時の家族の対応って、一体どうしたら良いでしょう。発作が起こった時は、ご家族の方も驚いたことでしょう。心筋梗塞の発作で苦しんでいる当人を見て、緊急入院になったのですから、家族としても生きた心地もしなかったことでしょうね。

初めは動揺していても、患者が無事で回復している様子を見れば、落ち着きを取り戻し、患者を支える為の準備を始められると思います。何と言っても、心筋梗塞からの回復は、家族の支えが何より大切なようですよね。患者は病後で体力も消耗していることでしょうし、また再発しないかという思いや、社会復帰に対する不安もあるでしょうね。先ずは、そういった患者の心理を理解してあげるのが良いようです。

先ず、病状や病後については、医師から説明があると思いますので、それに従ったら良いでしょう。そして、心筋梗塞を再発させない為に、再発因子を出来るだけ排除するサポートをしていかなければなりませんよね。自宅に戻って、患者が安らぎを感じられるように、自宅環境を整えてあげると良いですね。

それに、栄養バランスの良い食事、規則正しい生活が送れるように配慮してあげることも大切なようです。今後も定期的な検査を行う為に、入院することも出てくるかもしれません。その度に、患者は不安を抱えることになると思います。

ですが、家族の支えがあれば、患者自身も精神的に心強く、乗り越えていけるはずです。ただ、そうは言っても、サポートする家族も精神的に抱え込み過ぎないように気を付けた方が良いようです。

楽天で見る⇒心筋梗塞 対応

関連記事
心筋梗塞を予防するには?
心筋梗塞かどうかの検査方法って?
心筋梗塞の原因って?
心筋梗塞の種類?
心筋梗塞の症状って?

SponsoredLink



< 心筋梗塞になった時の対応は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞を予防するには? ]

心筋梗塞を予防するには?

< 心筋梗塞を予防するには?の記事はココから >

心筋梗塞を予防するには?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞を予防する為には、どういったことに気をつけたら良いんでしょう。心筋梗塞には、動脈硬化が大きく関係しているようです。ですから、動脈硬化を予防することが、心筋梗塞を予防することに繋がるようですね。

では、動脈硬化を予防する為にはどうしたらいいんでしょう。先ず、喫煙はニコチンや一酸化炭素を多く摂ることになるようですから、血管にも大きな影響を及ぼすことが知られているようですよね。禁煙は心筋梗塞予防の第一歩なようです。もし、喫煙の習慣があれば禁煙するのがいいでしょう。

次に、食生活を見直しましょう。過度の糖分や塩分、脂肪分は避けるようにすることが大切なようです。和食を中心とした食事と、食物繊維やミネラルの多い食材を積極的に摂るように心掛けるのも大切なようです。勿論、暴飲暴食も控えましょう。それに、アルコールの摂り過ぎも良くないようですね。

又、適度な運動も取り入れ、規則正しい生活を送ることが大切なようですよ。過度なストレスを避け、睡眠不足にならないように気をつけましょう。日常生活で全くストレスを感じないということは無理でしょうから、適度に休息をとり、ストレスを発散していくことが肝心なようです。

そして、定期的に健康診断を受けて、高血圧や糖尿病、高脂血症にかかっていないかチェックするようにしましょう。万が一、血圧や血糖値、コレステロール値などで引っかかることがあれば、すぐに治療を始めるのがいいかも・・・。

健康的な生活を送ることを心掛けることと、定期的に健康診断を受けることで、心筋梗塞を極力予防することができるのではないでしょうか。

楽天で見る⇒心筋梗塞 予防

関連記事
心筋梗塞になった時の対応は?
心筋梗塞かどうかの検査方法って?
心筋梗塞の原因って?
心筋梗塞の種類?
心筋梗塞の症状って?

SponsoredLink



< 心筋梗塞を予防するには?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞かどうかの検査方法って? ]

心筋梗塞かどうかの検査方法って?

< 心筋梗塞かどうかの検査方法って?の記事はココから >

心筋梗塞かどうかの検査方法って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、心筋梗塞かどうかの検査方法には、一体どのようなものがあるんでしょう。

一般的な検査としては、次のようなものがあるようです。
・心電図・・・四肢・胸部に電極を付けて行う検査です。心筋梗塞であれば、特徴的な変化が現れるようです。
       梗塞部位の予測も可能なようですね。
・血液検査
  H-FABP・・・心臓由来脂肪酸結合タンパクのことで、発生早期から陽性になるようです。
  CPK・・・・心筋・骨格筋・平滑筋などの筋肉にある酵素。
  CK-MB・・・CPK分画の種類の一つ。心筋・骨格筋に存在する酵素。
  トロポニンT・・・心筋構成成分。心筋に障害が起きると血液中に検出されます。
・胸部レントゲン
・心臓超音波検査・・・超音波をあてて、心臓を映し出し、内部の機能や評価を行います。
などの検査方法があるようです。

心筋梗塞は、これらの検査で予測が可能なようですね。心筋梗塞の可能性が強くなれば、心臓カテーテル検査を行うようです。カテーテル検査って言うのは、カテーテルという細い管を使って、血管や心臓を調べる検査なようで、心臓の中の血圧や中の様子を詳しく調べることができるようですよ。

カテーテルの先端から造影剤を注入して、X線を使って画像に映し出し、冠動脈造影、左室造影、大動脈造影などを行うようです。検査結果から心臓の動脈の閉塞や狭窄が有ることが分かれば、そのまま治療を行うようです。心筋梗塞の治療は、経皮的冠動脈形成手術(PTCA)と呼ばれているようです。バルーンカテーテルやステントといった器具を使って血管を拡張させるようですね。

急性心筋梗塞の場合、以上の検査や治療を出来るだけ早く行う必要があるようです。

楽天で見る⇒心筋梗塞 検査

関連記事
心筋梗塞になった時の対応は?
心筋梗塞を予防するには?
心筋梗塞の原因って?
心筋梗塞の種類?
心筋梗塞の症状って?

SponsoredLink



< 心筋梗塞かどうかの検査方法って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!心筋梗塞のお話 > 心筋梗塞の原因って? ]

心筋梗塞の原因って?

< 心筋梗塞の原因って?の記事はココから >

心筋梗塞の原因って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。心筋梗塞は、心臓の表面の血管が詰まることによって心筋の壊死を引き起こす病気なようですよね。死亡率も高く、治療も急を要するようです。では、心筋梗塞の原因となるものには、どのようなものがあるんでしょう。

先ずは、発生のありかたを考えてみますね。動脈の血管の内側にコレステロールが付着して、隆起物を作ります。それが段々大きくなり、血流を阻害するようになるようです。その隆起物が破れて血栓ができることで、その血栓が心臓の表面の血管を閉塞させてしまうと、心筋梗塞になるようです。

心臓に直接、動脈硬化が起こることもあるようですね。血流が無くなると、酸素や栄養が届かなくなるようなので、心筋の細胞が壊死してしまうようです。発病因子は、動脈硬化、高コレステロール血症、糖尿病、高血圧、喫煙、肥満などになるようですね。

血管に関わる病気であるのなら、この発病因子もなんだか納得ですよね。心筋梗塞を予防しようと思うのであれば、これらの発病因子を予防することが、心筋梗塞の予防にも繋がるでしょう。どの発病因子を予防するにしても、生活習慣の改善が必要かも・・・。適度な運動等も取り入れて、食生活も見直し、健康的な生活を送るようにするのが良いようです。

特に、血圧が高い状態が続いていると、心筋梗塞を引き起こしやすいようです。又、突発的な心筋梗塞においては喫煙者が多いようですね。心筋梗塞の発生原因を知り、自己管理をしっかり行うことが、心筋梗塞を予防することに繋がるようですね。

楽天で見る⇒心筋梗塞 原因

関連記事
心筋梗塞になった時の対応は?
心筋梗塞を予防するには?
心筋梗塞かどうかの検査方法って?
心筋梗塞の種類?
心筋梗塞の症状って?

SponsoredLink



< 心筋梗塞の原因って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 心筋梗塞のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
発達障害はどうやって診断?
メニエール病と耳鳴りの関係?
耳鳴りをサプリメントで解消?
耳鳴り治療には漢方が効果的?
耳鳴りをツボ治療?
耳鳴りを心理療法で治療?
耳鳴りを薬で治療?
子宮筋腫は東洋医学で改善?
女性ホルモンと子宮筋腫の関係?
20代でも子宮筋腫になる可能性がある?
子宮筋腫で子宮を摘出すると何が変わる?
子宮筋腫手術の種類と費用?
子宮筋腫とがんの関係性?
十二指腸潰瘍は胃がんになる可能性?
胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い?
十二指腸潰瘍の治療?
十二指腸潰瘍の検査?
十二指腸潰瘍の原因?
十二指腸潰瘍の症状?
顎関節症と歯の関係?
顎関節症は予防できる?
顎関節症の検査?
顎関節症の種類?
顎関節症の原因?
顎関節症の症状?
乾癬の病院?
乾癬を塗り薬で治療?
膿庖性乾癬の症状?
尋常性乾癬の症状?
乾癬の発症原因?
乾癬?
大腸癌の薬物治療?
大腸癌の放射線治療?
大腸癌の進行速度はステージ?
大腸癌にも種類がある?
大腸癌の検査方法?
大腸癌の初期症状?
吃音症だと職業選択や就職に不利?
大人と子どもの吃音症の違い?
吃音症の検査?
吃音症になる原因?
吃音症の種類?
吃音症の症状?
逆流性食道炎には漢方薬が効く?
逆流性食道炎に効果的な薬?
逆流性食道炎と食事の関係?
逆流性食道炎はストレスや悩みと関係?
逆流性食道炎の原因?
逆流性食道炎の症状?
腰痛の治療に牽引療法?
腰痛の治療には運動療法が効果的?
腰痛の治療にはマッサージが有効?
内臓のトラブルが腰痛の原因?
腰痛は姿勢の異常が原因?
腰痛の症状って?
中性脂肪値を下げる薬?
中性脂肪を減らす食事?
中性脂肪の基準値?
中性脂肪はアルコールを飲むと高くなる?
中性脂肪値が高くなる原因?
中性脂肪って?
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載