脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!喘息のお話 > 風邪と喘息の関係? ]

風邪と喘息の関係?

< 風邪と喘息の関係?の記事はココから >

風邪と喘息の関係?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。風邪と喘息の関係性として、風邪が原因で喘息を引き起こすことがある言われているようですね。喘息の発作は気管支の粘膜の炎症と言われており、この炎症の部分にアレルゲンとなる風邪のウイルスなどが付くことで、喘息の発作を招いてしまうと考えられているようです。

特に、ライノウイルスと呼ばれる鼻風邪を起こす風邪のウイルスに感染してしまうと、喘息の発作が起きやすいということも分かってきているようです。風邪は軽視されがちな病なようですが、喘息を患い、慢性的な気管支の炎症を起こしている人にとっては、発作を引き起こすかもしれない危険な病気なようです。

風邪が引き金になって喘息の発作を起こすという事態を避ける為には、先ずは普段からの手洗いやうがいなどの基本的なことに気を付け、風邪をひかないように注意することが大切なようですよ。風邪の中には、炎症で気管支が狭くなり、喘鳴のようにゼーゼー、ヒューヒューいう症状が出ることもあるようです。

喘鳴があると喘息ではないかと思うかもしれませんが、これは風邪の時だけの一過性の症状のものなようで、喘息性気管支炎と言われ、喘息ではないようです。ですが、この喘息性気管支炎は悪化すると気管支喘息になってしまう可能性を十分に持っている病なようです。

ですので、適切な処置をして、喘息を発症することを抑えた方が良いようです。つまり、風邪と喘息は隣り合わせの病だと考えられます。喘息を予防する為には、先ず風邪の予防を行うと良いのではないでしょうか。

楽天で見る⇒喘息 風邪

関連記事
喘息を漢方で治療?
喘息の時に飲む薬は?
喘息の治療方法って?
小児喘息の時の病院の選び方って?
小児喘息って?

SponsoredLink



< 風邪と喘息の関係?の記事はココまで >
| カテゴリ : 喘息のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!喘息のお話 > 喘息を漢方で治療? ]

喘息を漢方で治療?

< 喘息を漢方で治療?の記事はココから >

喘息を漢方で治療?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。喘息を漢方で治療するという方法は、最近の医療現場でも用いられる機会が増えてきているようですね。喘息といえば、強力な薬と使ってもなかなか完治しない慢性的な病なようですが、漢方を利用することで完治できたという人もいらっしゃるようですね。

喘息の治療に使われる漢方は、一種類ではなく、個々の症状に合わせて使う漢方薬も変わってくるようです。現在、喘息の治療に使われている漢方薬で頻度の高い薬は、柴朴湯(さいぼくとう)と呼ばれる薬なようです。特に、のどの詰まり感のある方やストレスが原因で発作を引き起こしてしまう方には効果的と言われているようです。

又、痰の少ない人には滋陰降火湯(じいんこうかとう)という漢方薬が、痰の切れが悪い時には清肺湯(せいはいとう)という漢方薬が処方されるようです。漢方薬は細かい症状に合わせて処方することができるようなので、体力の無い虚弱の方や高齢者でも使用できるようです。

虚弱の方や高齢者の方は、麦門冬湯(ばくもんどうとう)や苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)を用いる頻度が高いようです。それに、参蘇飲(じんそいん)という漢方が胃腸虚弱の方に適しているようで、体質強化が期待できるようです。

漢方薬は、気管支拡張剤やステロイド等の薬と併用しても効果が有ると言われているようです。漢方と利用することで、治療の幅がより広がるかもしれませんね。喘息を漢方で治療する場合には、漢方の専門医に相談し、体質や症状に合った漢方薬を処方してもらうと良いでしょう。

楽天で見る⇒喘息 漢方

関連記事
風邪と喘息の関係?
喘息の時に飲む薬は?
喘息の治療方法って?
小児喘息の時の病院の選び方って?
小児喘息って?

SponsoredLink



< 喘息を漢方で治療?の記事はココまで >
| カテゴリ : 喘息のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!喘息のお話 > 喘息の時に飲む薬は? ]

喘息の時に飲む薬は?

< 喘息の時に飲む薬は?の記事はココから >

喘息の時に飲む薬は?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。喘息の時に飲む薬には、発作止めと呼ばれる種類の薬と、予防薬と呼ばれる種類の薬があるようですね。喘息の時に飲む薬は、症状によって使う薬も様々で、喘息のレベルに合わせて用いられる薬も変わってくるようです。

喘息で使用する内服薬の予防薬と呼ばれる種類の薬には、ステロイド剤や気管支拡張剤、抗アレルギー薬や去たん剤等があるようです。ステロイド剤の例を具体的にあげると、プレドニンやプレドニゾロン、デカドロンなどなようです。

ステロイド剤は副腎皮質から分泌されるホルモンを薬にしたものなようで、アレルギー反応と炎症を抑える働きがあるようですし、喘息の発作を軽快にさせることができるようです。又、気管支拡張剤には、テオフィリン製薬やキサンチン製薬として、テオドールやテルバンス、テオフルマートやユニフィル等があるようです。

テオフィリン製薬やキサンチン製薬は、喘息の治療で古くから利用されている薬なようで、収縮した気管支を拡張する働きがあるようです。これらは内服を続けることで有効血中濃度が上がり、強い気管支拡張作用を得ることができるようになるようです。

喘息では、発作止めと呼ばれる種類の薬にβ2交換刺激薬というものがあり、主にベラチンやスピロペント、アトックが代表的なβ2交換刺激薬なようです。このβ交換刺激薬には、交感神経を刺激して気管支を拡張させる働きがあり、発作を起こした時の頓服に使うくらい効果が早い薬なようですね。

これらの薬の他にも、鎮咳剤や粘液溶解剤、抗生物質などの薬も喘息の治療に利用されるようです。

楽天で見る⇒喘息 薬

関連記事
風邪と喘息の関係?
喘息を漢方で治療?
喘息の治療方法って?
小児喘息の時の病院の選び方って?
小児喘息って?

SponsoredLink



< 喘息の時に飲む薬は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 喘息のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!喘息のお話 > 喘息の治療方法って? ]

喘息の治療方法って?

< 喘息の治療方法って?の記事はココから >

喘息の治療方法って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。喘息の治療方法は、喘息の症状や年齢によって異なるようですね。喘息は最近になって、気道過敏症が原因ではないか、って考えられるようになってきたようです。

その為、喘息の治療は、気道過敏性を低下させ、発作を起こさないようにする為の治療が有効であり、必要であると考えられているようです。気道過敏症を低下させる為には、抗アレルギー剤やステロイド剤等の薬剤の使用、環境整備や皮膚の鍛錬が効果的なようで、これらを組み合わせて治療を行うのが一般的なようです。

薬剤による治療は、長期管理薬と発作治療薬が用いられるようです。長期管理薬として、抗炎症薬、経口や吸入の抗アレルギー薬、経口や吸入のステロイド薬、長時間作用性の気管支拡張薬、徐放性テオフィリン薬などを使用することが多いようです。又、発作治療薬としては、β2刺激薬やアミノフィリン、吸入抗コリン薬等を使うようです。

環境整備としては、寝具を清潔にしたり、ダニの好む高温多湿の空間を作らない、同居者はタバコを吸わない、ペットはできるだけ飼わない、という様にアレルギー源となるものを生活空間から排除するようにしましょう。皮膚鍛錬としては、水かぶりや乾布摩擦、水泳などが有効と考えられているようです。

この他にも、漢方薬を服用したり、食事療法を行うことも有効な治療方法でしょう。喘息は重症度によっても治療方法が異なるものなようですので、きちんと喘息の症状を診断してもらい、症状に合った治療を進めることが大切なようです。

楽天で見る⇒喘息 治療

関連記事
風邪と喘息の関係?
喘息を漢方で治療?
喘息の時に飲む薬は?
小児喘息の時の病院の選び方って?
小児喘息って?

SponsoredLink



< 喘息の治療方法って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 喘息のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!喘息のお話 > 小児喘息の時の病院の選び方って? ]

小児喘息の時の病院の選び方って?

< 小児喘息の時の病院の選び方って?の記事はココから >

小児喘息の時の病院の選び方って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。小児喘息の時の病院の選び方としては、症状や重症度に合わせて選ぶと良いようです。又、安心を求めるのであれば、専門医を選ぶと良いのではないでしょうか。

専門医と言うのは、特定の分野を専門に扱い、色々な条件や試験をクリアした医師のことで、小児科専門医や呼吸器専門医、アレルギー専門医などがあるようですね。小児喘息の場合は、こういった専門医のいる病院を選ぶと、適切な診察や処置、検査などを行うことができて安心なのでは・・・。

それに、重症の小児喘息の場合には、入院が必要になることもあるようなので、入院設備の整っている病院が良いですよね。小児喘息では、夜間や早朝などの時間帯に発作が起こりやすいと言われているようですよね。その為、発作の時にスムーズな治療ができるように、夜間救急を行っている病院を選ぶのも良いのでは・・・。

逆に、軽度の小児喘息の場合は、処方してもらった薬で発作が治まることも多いようなので、家の近くで信頼出来るかかりつけ医を選ぶのも良いでしょうね。

小児喘息の場合は、治療は長期にわたることが多いようですよね。小児科医だからと言って必ずしも喘息の知識を持っているとは限らないようで、喘息なのに風邪と診断されてしまうことも少なくないようです。

小児喘息は、発作の予防をするという治療や体質を改善していくということが重要で、発作を起こしてから治療するものではありません。ですので、納得のいく診断をしてもらえる病院を選び、通院しやすく治療に専念できる病院を選ぶと良いでしょうね。

楽天で見る⇒小児喘息

関連記事
風邪と喘息の関係?
喘息を漢方で治療?
喘息の時に飲む薬は?
喘息の治療方法って?
小児喘息って?

SponsoredLink



< 小児喘息の時の病院の選び方って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 喘息のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!喘息のお話 > 小児喘息って? ]

小児喘息って?

< 小児喘息って?の記事はココから >

小児喘息って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。小児喘息は、小学校入学前までの発症が80%を占めていると言われているようですね。小児喘息では、夜間にヒューヒューやゼイゼイという喘鳴を起こすことが多いようですし、風邪を引いた時に長引いたり、咳き込みがひどいということもあるようです。

こういった前兆を経て、病院で小児喘息が発症していると診断を受けることになるようです。小児喘息は、生まれ持った体質や家系等の血統も関係していると考えられているようです。両親のいずれかが喘息を患っていたり、アトピー性皮膚炎と診断を受けている場合やアレルギー性鼻炎と診断された場合は、小児喘息を患う確率が高いようです。

又、小児喘息の90%はアレルゲンが特定できると言われており、原因としてはハウスダストやダニなどが多いようですね。更に、小児喘息の特徴としては、春先や秋口に発作を起こすことが多いようですし、喘鳴を伴う他にも、喘息と同時にアトピー性皮膚炎や乳児湿疹等のアレルギーを併発することも少なくないようです。

その為、アレルゲンに極力触れないような生活空間を作ることが大切なようですし、万が一、発作を起こしてしまった時の対応等も考えておかなくてはいけないでしょう。

小児喘息と大人になってから発症する喘息との違いは、小児喘息全体の約70%が中学入学までに治まるようです。完治に至らなくても症状が軽減する方もいらっしゃるようです。ですが、一部の方は、大人になってから再発したり、大人になっても引き続き喘息が残るという方もいらっしゃるようですので、油断はできないと言えるようですね。

楽天で見る⇒小児喘息

関連記事
風邪と喘息の関係?
喘息を漢方で治療?
喘息の時に飲む薬は?
喘息の治療方法って?
小児喘息の時の病院の選び方って?

SponsoredLink



< 小児喘息って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 喘息のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
十二指腸潰瘍の検査?
十二指腸潰瘍の原因?
十二指腸潰瘍の症状?
顎関節症と歯の関係?
顎関節症は予防できる?
顎関節症の検査?
顎関節症の種類?
顎関節症の原因?
顎関節症の症状?
乾癬の病院?
乾癬を塗り薬で治療?
膿庖性乾癬の症状?
尋常性乾癬の症状?
乾癬の発症原因?
乾癬?
大腸癌の薬物治療?
大腸癌の放射線治療?
大腸癌の進行速度はステージ?
大腸癌にも種類がある?
大腸癌の検査方法?
大腸癌の初期症状?
吃音症だと職業選択や就職に不利?
大人と子どもの吃音症の違い?
吃音症の検査?
吃音症になる原因?
吃音症の種類?
吃音症の症状?
逆流性食道炎には漢方薬が効く?
逆流性食道炎に効果的な薬?
逆流性食道炎と食事の関係?
逆流性食道炎はストレスや悩みと関係?
逆流性食道炎の原因?
逆流性食道炎の症状?
腰痛の治療に牽引療法?
腰痛の治療には運動療法が効果的?
腰痛の治療にはマッサージが有効?
内臓のトラブルが腰痛の原因?
腰痛は姿勢の異常が原因?
腰痛の症状って?
中性脂肪値を下げる薬?
中性脂肪を減らす食事?
中性脂肪の基準値?
中性脂肪はアルコールを飲むと高くなる?
中性脂肪値が高くなる原因?
中性脂肪って?
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載