脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!


このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!花粉症のお話 > 花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの? ]

花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?

< 花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?の記事はココから >

花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

花粉症というと、鼻水やくしゃみ、鼻づまり、かゆみ、

涙、目の充血などの症状が一般的なようですね。

 

ですが、近年は、花粉症の季節に、

肌のトラブルを訴える人が増加しているようです。

 

春先というのは、空気の乾燥によって、

どうしても肌が弱り気味なようです。

 

そこにきて、紫外線が強くなってくる時期でもあり、

このようなことと花粉の刺激がプラスされ、

 

肌のトラブルが生じるようです。

 

花粉症による肌のトラブルというのは、

露出し花粉が付着しやすい顔と首に集中することが多いようで、

 

かゆみを感じたり湿疹が現れることもあるようです。

 

皮膚にはバリア機能というのがあるようで、

健康な肌であれば、バリア機能が働き、

 

花粉などの異種のタンパク質は進入できないようです。

 

でも、乾燥や紫外線で弱っていると、

バリア機能が低下し、肌表面の角質がめくれ、

 

そこから花粉などの異種タンパク質が侵入して、

炎症を起こしやすくなるようです。

 

対策としては、外出時、マスクや眼鏡をかけ、

マフラーをするなどして、

 

なるべく肌を露出しないようにすることなようです。

 

そして、帰宅したら即洗顔をして、

花粉を落とすようにしましょう。

 

又、毎日の正しいスキンケアで、

肌を保護することも大事なようですね。

 

低刺激の化粧水でよく保湿をし、

化粧をするときは下地クリームをしっかり塗り、

 

メイクはできるだけ控えめにするのが理想的なようです。

 

それと同時に、バランスのとれた食事や十分な睡眠、

規則正しい生活、適度な運動、ストレスの解消など、

 

体の内側から健康な肌をつくるようにしましょう。

 

楽天で見てみて⇒花粉症 肌トラブル

 

関連記事

花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?

花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?

花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?

花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?

花粉症に鍼灸が効果があるって本当なの?

SponsoredLink




< 花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 花粉症のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!花粉症のお話 > 花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの? ]

花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?

< 花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?の記事はココから >

花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

花粉症に効く薬として、最も多く用いられているのが

抗ヒスタミン薬なようですよね。

 

抗ヒスタミン薬というのは、文字通り、

花粉によって発生したヒスタミンの働きを抑えるもので、

 

古くからある薬物なようです。

 

抗ヒスタミン薬には、第一世代と第二世代があるようで、

第一世代は、くしゃみや鼻水に対して即効性があり、

 

服用後30分くらいで効果が現れるようです。

 

ですが、持続時間が短いのが欠点なようで、

そのうえ、視床下部に作用して眠気を引き起こし、

 

口の渇き、倦怠感といった副作用もあるようです。

 

なお、

鼻づまりにはほとんど効果がないようですね。

 

代表的な商品名としては、タベジール、ヒスタベリン、

ポララミン、レクリカ、ピレチアなどがあるようです。

 

この第一世代の欠点を補い、

登場したのが第二世代の抗ヒスタミン薬なようです。

 

くしゃみや鼻水に効果があるのはもちろん、

鼻づまりにも作用し、持続時間が長く、

 

眠気の発生率が低いのが特徴なようです。

 

ですが、即効性という面では劣っており、

効果があらわれるまでに2週間ほどもかかってしまい、

 

その間、毎日服用しなければいけないようです。

 

そのため、花粉の飛散時期の2週間ほど前から服用し、

対策を講じる必要があるようです。

 

又、肝臓や胃腸、

心筋障害などを起こす恐れもあるようですね。

 

代表的な薬として、ゼスラン、ニポラジン、ジルテック、

エバステル、アゼプチン、セルテクト、アレグラ、

 

ヒスマナール、アレロック、アレジオン、ザジテン、

タリオン、ダレン、レミカットなどがあげられるようです。

 

現在、病院で処方される花粉症の薬は、

第二世代抗ヒスタミン薬に移行しているようですが、

 

すべての人に効果があるわけではないようで、

人によってはほとんど効かないこともあるようです。

 

楽天で見てみて⇒花粉症 抗ヒスタミン薬

 

関連記事

花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?

花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?

花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?

花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?

花粉症に鍼灸が効果があるって本当なの?

SponsoredLink




< 花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 花粉症のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!花粉症のお話 > 花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの? ]

花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?

< 花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?の記事はココから >

花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

花粉症対策として、

減感作療法というのがあるようですね。

 

あまり耳にすることのない療法なようですが、

これは一種の免疫療法(ワクチン)なようです。

 

患者のアレルゲンをほんの少しずつ体内に入れ、

徐々に増やしていくことで、アレルゲンに対する

 

過敏な反応を減らしていこうというものなようです。

 

主に、

スギ花粉症の人に対して行われているようです。

 

減感作療法というのは、

麻疹や水疱瘡などのワクチンとは違って、

 

1度注射するだけですむ、というものではないようです。

 

花粉が飛び始める1ヵ月前くらいから注射をスタートし、

週に1、2回の定期的な皮下注射を、

 

花粉が飛んでいる間中続けるようです。

 

花粉の飛散が終了したら、

1〜2ヵ月に1回と注射の回数を減らします。

 

再び花粉症の季節が到来したら、

飛散の1ヵ月くらい前から毎週注射をします。

 

減感作療法は、花粉症を克服するには、

とっても有効な手段であると言われているようです。

 

ですが、効果が現れるまで数ヵ月かかり、

症状が安定するまでには、

 

さらに数年の歳月を要するようです。

 

その間ずっと注射を打ち続けるわけで、

注射嫌いの人には抵抗があるかもしれませんね。

 

でも、うまくいったら薬が不要になったり、

注射を大幅に減らすことが可能なようです。

 

ですが、

この療法は一つのアレルゲンにしか対応しておらず、

 

複数のアレルゲンがある人には効果がないようです。

 

又、誰にでも効果があるとは言えないようで、

結果がわかるのは数ヵ月とか数年後になるため、

 

効果が現れなかった場合、それまでの治療は

無駄ということになってしまうようです。

 

以上のようなことを考慮しながら、

減感作療法を行うかどうか決めるといいかも・・・。

 

なお、近年は数は少ないようですが、

舌下減感作療法を行っている病院もあるようですね。

 

楽天で見てみて⇒花粉症 治療

 

関連記事

花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?

花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?

花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?

花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?

花粉症に鍼灸が効果があるって本当なの?

SponsoredLink




< 花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 花粉症のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!花粉症のお話 > 花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの? ]

花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?

< 花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?の記事はココから >

花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

鼻水やくしゃみ、鼻づまりといった鼻の三大症状に加え、

目のかゆみや涙、充血、人によっては、ノドや皮膚のかゆみ、

 

頭痛などの症状が現れる花粉症はつらいですよね。

 

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とも言われており、

アレルギーを引き起こす植物の花粉が飛んでいる時に

 

発症するようです。

 

花粉症の原因となる植物では、スギが有名なようですが、

実は花粉症を引き起こす植物はほかにもあるようで、

 

日本では60種から80種もあるとのこと・・・。

こんなにあるとは驚きですよね。

 

主な植物を挙げると以下のような種類があるようです。

( )内は植物の開花時期です。


・春は、ヒノキ(3〜5月)、スギ(2〜5月)、

    スズメノテッポウ(3〜6月)、イチイ(2〜4月)、

    シラカバ(4〜6月)、ハンノキ(2〜4月)、

 

    ネズ(4〜5月)、ハルジオン(4〜5月)、

    ホソムギ(5〜6月)、イチョウ(4〜5月)、

    コナラ(4〜5月)


・夏は、イネ(7〜8月)、カモガヤ(6〜8月)、

    キョウチクトウ(6〜9月)、オオアワガエリ(5〜9月)、

    テンサイ(7月)


・秋は、ブタクサ(8〜10月)、ヨモギ (9〜11月)、

    セイタカアワダチソウ(10〜11月)、メヒシバ(7〜9月)


特にアレルギーを起こす植物は、スギを筆頭に、ヒノキ科、

イネ科、キク科の植物が多いようです。

 

そして、

 

例えば、イネ科の植物でアレルギーを起こす人は、

個々の植物に反応するのではなく、

 

イネ科植物の花粉に反応するようです。

 

これは、ほかの植物でも同じことが言えるようで、

花粉に含まれているアレルゲンが

 

きわめて類似しているからとのことなようです。

 

花粉症の症状がひどい人は、アレルギーとなる植物の

開花時期の2週間くらい前から、

 

花粉症対策を行うようにしたほうがいいようです。

 

楽天で見てみて⇒花粉症 症状

 

関連記事

花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?

花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?

花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?

花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?

花粉症に鍼灸が効果があるって本当なの?

SponsoredLink




< 花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 花粉症のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!花粉症のお話 > 花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの? ]

花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?

< 花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?の記事はココから >

花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?

と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

花粉症の原因となる植物には、日本には60とも

80とも言われるほどあるようです。

 

その為、花粉症のピークというのは、

その人がどの花粉に対してアレルギーを持っているか、

 

で変わってくるようです。

 

とは言うものの、

日本人に一番多い花粉症はスギ、次いでヒノキなようです。

 

これらの花粉症のピークの季節というのは、

どなたもが知っていると思いますが、

 

春になるようです。

 

ですが、日本は南北に長いため、

ピークの時期は地域によって異なるようです。

 

例えば、スギ花粉の場合、

鹿児島でのピークが3月上旬でも、

 

青森県以北では4月中旬というように・・・。

 

又、気象条件などによっても変わってくるようで、

毎年同じとは言えないようですよ。

 

年によって、花粉の量が最大になる時期が、

微妙に違ってくるようです。

 

一般的なピーク時期ということなら、

スギ花粉のピークは2月頃〜4月頃、

 

ヒノキは3月頃〜6月頃なようです。

 

ほかの植物では、例えば、カバノキは1月〜4月、

コナラやクヌギは4月〜5月なようです。

 

花粉は春だけではなくって、

夏や秋にも飛散しているようですよね。

 

カモガヤは5月〜8月、オオアワガエリは4月〜8月、

ブタクサは8月〜10月、ヨモギも8月〜10月なようです。

 

スギ、ヒノキの花粉の飛散開始時期や飛散量に関しては、

毎年テレビで公表されているようです。

 

ネットでも、各地域の花粉の飛散状況について

知ることができるようです。

 

花粉に関する最新情報、特に自分が住んでいる

地域の花粉状況を知りたい人は、

 

Webサイトを活用するといいでしょう。

 

楽天で見てみて⇒花粉症 予防

 

関連記事

花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?

花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?

花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?

花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?

花粉症に鍼灸が効果があるって本当なの?

SponsoredLink




< 花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 花粉症のお話 | - | - |

最新トラックバック
・・もくじ・・
・・新着記事・・
頚椎ヘルニアの牽引療法ってどうなの?
頚椎ヘルニアは鍼や整体でよくなるの?
頚椎ヘルニアは漢方で改善できるの?
頚椎ヘルニアはストレッチで和らげられる?
頚椎ヘルニアになる原因ってなんなの?
対人恐怖症でもできる仕事ってどんなものがあるの?
対人恐怖症の治療の森田療法ってどんななの?
対人恐怖症は薬で治るの?
対人恐怖症はどんな病院の何科に受診すればいいの?
対人恐怖症の治療方法ってどんなものがあるの?
対人恐怖症って本当に治るの?
肝臓に良いという食べ物ってどんな物があるの?
ヘルシアって肝臓に効果があるの?
肝臓や肝臓の周辺が痛い時はどんな原因が考えられるの?
肝臓の検査でGOTとGPTが高いとまずいって本当なの?
肝臓の検査でγGTP(ガンマ)が高いとまずいの?
アルコールと肝臓の関係ってどうなの?
花粉症は肌トラブルにも影響があるって本当なの?
花粉症には抗ヒスタミン薬が効果があるって本当なの?
花粉症の減感作療法ってどんな治療方法なの?
花粉症の原因となる植物ってどんなものがあるの?
花粉症のピーク時期ってだいたいいつ頃なの?
花粉症に鍼灸が効果があるって本当なの?
ビルベリープレミアムって何がいいの?口コミはどうなの?
ハッピーブルーベリーって何がいいの?口コミはどうなの?
小林製薬のブルーベリー&メグスリノ木セットって何がいいの?口コミは?
アサヒのブルーベリーって何がいいの?口コミはどうなの?
スーパーブルーベリーって何がいいの?口コミはどうなの?
リフレのブルーベリー&ルテインって何がいいの?口コミは?
黒酢にんにくの口コミや特徴は?何がいいの?
厳寒行者にんにくの口コミや特徴は?何がいいの?
にんにくすっぽん卵黄の口コミや特徴は?何がいいの?
にんにく玉ゴールドの口コミや特徴は?何がいいの?
伝承にんにく卵黄の特徴って何なの?何がいいの?
光老化とたるみってどんな関係があるの?
たるみ治療のサーマクールってどんな治療なの?
たるみに効果のある食べ物ってどんなものがあるの?
たるみにヒアルロン酸が効果があるって本当なの?
たるみはエステに行くと治るって本当なの?
たるみには美顔器が効果があるって本当なの?
O脚とX脚の違いってどんなことなの?
日本テレビの魔女たちの22時で紹介されたO脚の改善方法ってどうなの?
O脚を治すと身長が伸びるって本当なの?
O脚の改善に効果的なインソールがあるって本当なの?
O脚だと足がむくみやすいって本当なの?
O脚を矯正するには整体やカイロプラクティック?どこがいいの?
目のくま対策のマッサージやエクササイズってどうすればいいの?
目のくまに効果のある食べ物ってどんなものがあるの?
目のくまにも種類があるって本当なの?
目のくまを自分で簡単に取れるやり方ってあるの?
目のくまは目の疲れを取ると無くなりやすいって本当なの?
目のくまってどうしてできてしまうの?
毛穴の黒ずみを解消するにはどうすればいいの?
毛穴に溜まる皮脂を取り除くにはどうすればいいの?
たるみ毛穴を引き締めるにはどうすればいいの?
帯状毛穴を解消するにはどうすればいいの?
空洞毛穴を改善するにはどうすればいいの?
オイリー毛穴を改善するにはどうすればいいの?
中絶を繰り返すと不妊症になるって本当なの?
男性不妊の原因にはどのようなものがあるの?
漢方薬を使って妊娠できるって聞きますが本当なの?
不妊症の原因にストレスがあるって本当なの?
不妊症を調べるための検査ってどんな事をするの?
不妊症ってどういう状態をいうの?
膝の痛みにグルコサミンやコンドロイチンは効くの?
膝の痛み解消にはダイエットが必要なの?
膝に水が溜まってしまったらどうすればいいの?
膝が痛くてどうしようもない時には病院に行く?それとも整体?鍼?
膝が痛い時の自分でできる対処方法はあるの?
膝が痛くなるのはなぜなの?原因はなんなの?





カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載