脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!大腸のお話 > 大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい? ]

大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?

< 大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?の記事はココから >

大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

元々痔を患っている方は、お尻から出血があったり、
違和感があったりしても、いつもの症状だと思い込み、
そのまま放置する場合が多いのでは・・・。

けれど、痔だと間違えやすい病気は
世の中にはたくさんあるようです。

例えば、大腸がんや直腸がん、肛門管がん、潰瘍性大腸炎、
直腸炎、直腸脱、大腸ポリープ、レクシトール、クローン病、
膿皮症、皮膚びらんなどがあげられるようです。

それ以外にも、
様々な病気が考えられるようです。

直腸がんは、直腸の粘膜に出来る悪性の腫瘍で、
最近増えているがんの一つなようです。

特に、40代から増加傾向にあるようで、一般的に
男性の方がかかりやすい病気と言われているようですね。

お尻からの出血を痔と間違えて、直腸がんの発見が
遅れる場合がとっても多いようなので気をつけましょうね。

肛門がんは、直腸と肛門の境目にある歯状線より下、
肛門の部分に出来るがんのようで、
あまり多い病気ではないようです。

ですが、症状が出血やお尻の痛みといった
痔の症状ととっても良く似ているようで、

いぼ痔や肛門ポリープと間違われやすい病気の
一つになっているようです。

放っておくと、直腸がんを併発する可能性も
あるようなので注意するようにして下さいね。

このように、痔ではなかったとしても、
早期発見出来れば重大な病気には発展しない場合が
多く見られるようです。

健康を守る為にも、お尻から出血があったり、
何か違和感があったりする場合には、

どうせ痔だと自己判断しないで
早めに医療機関を受診することが大切なようですね。

楽天で見る⇒直腸がん

関連記事
大腸がんのステージと治療法は?
大腸がんの種類?
大腸がんの症状って?
大腸ポリープの治療方法?
大腸ポリープの種類?

SponsoredLink



< 大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?の記事はココまで >
| カテゴリ : 大腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!大腸のお話 > 大腸がんのステージと治療法は? ]

大腸がんのステージと治療法は?

< 大腸がんのステージと治療法は?の記事はココから >

大腸がんのステージと治療法は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

大腸がんの進行と言うのは、腸の内側の粘膜から始まって、
次第に腸の外側の深部に向かって進んでいくようです。

大腸がんのステージとは、
症状の進行度を表している病期なようで、
0期から4期にまで分類されているようで、

数字が小さいものが初期段階で、
数字が大きくなるほど進行段階にあると言えるようです。

先ず、ステージ0は、
がんが粘膜に留まっている早期がんを指すようです。

このステージ0では、
内視鏡的治療や手術が行われるようです。

ステージ1は、
がんが大腸壁に留まっている段階なようです。

ステージ2は、がんが大腸壁を越えてはいても、
付近の臓器にまで影響を与えていない段階を指すようです。

ステージ3は、
がんがリンパ節にまで転移している段階なようです。

このステージ1〜3では、
手術を中心とした治療法が一般的に適用されるようです。

最後に、ステージ4は、腹膜や肺、肝臓などの他の臓器への
遠隔転移が見られる段階なようです。

このステージ4では、
転移したがんを手術する場合もあるようですが、

多くの場合は、
化学療法や放射線の治療方法が適用されるようです。

大腸がんの診断の際には、このステージ分けを正しく
判断することがとっても重要となってくるようですね。

それは、ステージによって、
治療法の選択が異なることもあるようですが、

今後の生存率の算出にも大きく関わってくるからなんですね。

大腸がんの生存率は、
ステージ3なら五年生存率が70%ほどあるのに対して、

ステージ4では10%にまで低下してしまうようです。

このように、ステージの判定が
大腸がんの完治の見込みにも参考にされているようです。

楽天で見る⇒大腸がん ステージ

関連記事
大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?
大腸がんの種類?
大腸がんの症状って?
大腸ポリープの治療方法?
大腸ポリープの種類?

SponsoredLink



< 大腸がんのステージと治療法は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 大腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!大腸のお話 > 大腸がんの種類? ]

大腸がんの種類?

< 大腸がんの種類?の記事はココから >

大腸がんの種類?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

大腸がんは、腫瘍の出来た場所によって、
大きく結腸がんと直腸がんの二つに分けることができるようで、
どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍なようですね。

結腸がんは、盲腸からS状結腸の間にがんの腫瘍ができるようで、
最も多く出来る場所は直腸に近いS状結腸なようです。

初期症状としては、便に血が筋状に付いたり、
黒っぽい血が混じった便が出たりするようです。

それに、腫瘍によって直腸の幅が狭くなるようなので、
お腹が痛くなったり、肛門付近やお尻が痛くなったり
することが多いようです。

このような腸の表面の粘膜内、又は、
粘膜下層にがん細胞がある段階を早期結腸がんと言うようで、

がんが進行して筋層以下にまでがん細胞が進んでいるものを
進行結腸がんと言うようですね。

直腸がんは、肛門に近い場所の肛門から
S字結腸の間にがんの腫瘍ができることで、

肛門から近い場所にある為に、
触診によって簡単に検査することができるようです。

初期症状としては、黒っぽい血が混じった便が出たり、
血液の他に腸の粘膜が出てしまうこともあるようです。

それに、進行した直腸がんの場合には、
便がとっても臭くなるのが特徴なようです。

以前は、大腸がんと言えば、直腸がんが多かったようですが、
日本の食生活が欧米化しているのにともなって、

日本でも欧米人の様に結腸がんを発症する
ケースが年々増えてきているようですね。

昔のように植物繊維を多く摂取し、
動物性脂肪を減らすような食生活を心掛けることが
大腸がんの予防には重要と言えるようですね。

楽天で見る⇒大腸がん 予防

関連記事
大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?
大腸がんのステージと治療法は?
大腸がんの症状って?
大腸ポリープの治療方法?
大腸ポリープの種類?

SponsoredLink



< 大腸がんの種類?の記事はココまで >
| カテゴリ : 大腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!大腸のお話 > 大腸がんの症状って? ]

大腸がんの症状って?

< 大腸がんの症状って?の記事はココから >

大腸がんの症状って?と、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

大腸がんの場合も、その他のがんと同じように、
初期の段階では殆どその症状を自覚できない場合が
多いようですね。

それでも、一般的には、
大腸がんの症状は便に現れるようですので、

次のような症状が現れ始めたら
早めに医療機関を受診するようにしましょう。

どのような症状かと言うと、それは、
・便に鮮血、又は、黒色の血液が混じる
・普段から下痢をしやすくなった
・残便感がある
・便が細くなるなどの排便の異常
・常に下痢と便秘を繰り返す
・おなかが張るような感じがする
・腹痛がよく起こる
・痛みを伴うようなしこりがある
などがあげられるようです。

この中でも、便に血が混じるような症状が頻繁に
現れるようであれば、注意が必要なようですね。

これは、大腸がんの原因の多くは
ポリープによるものなようですが、

そのポリープから出血することで
便に血が混じるようになるようです。

血が混じることによって便が固くなるようですし、
便秘にもなりやすくなるようです。

更に、便が溜まり過ぎると、今度はお腹をこわして
下痢になりやすくなるかも・・・。

これが、
下痢と便秘を繰り返す原因になっているようです。

便に血が混じると、
どうしても痔と間違う場合が多いようですが、

がんによる血便は、痔のような肛門付近の痛みがなく、
暗赤色の血液が混じる場合や、時には
黒い血の塊が出たりするのが特徴なようですね。

他にも、腸の内腔が狭くなることが原因で、
頻繁にお腹が痛くなったり、

お腹が張るような感じになったりする場合にも、
大腸がんの初期症状である可能性が考えられるようです。

大腸がんはとっても気付きにくいがんの一つですので、
早期発見できるかが重要なポイントとなるようですね。

楽天で見る⇒大腸がん 症状

関連記事
大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?
大腸がんのステージと治療法は?
大腸がんの種類?
大腸ポリープの治療方法?
大腸ポリープの種類?

SponsoredLink



< 大腸がんの症状って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 大腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!大腸のお話 > 大腸ポリープの種類? ]

大腸ポリープの種類?

< 大腸ポリープの種類?の記事はココから >

大腸ポリープの種類?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ポリープという言葉は良く耳にするでしょうが、
ポリープと言うのは、胃や腸などの内壁にできた
イボ状の腫瘍の総称なようですね。

その中で、大腸ポリープとは、
大腸の粘膜にできたポリープのことを指すようです。

ポリープができている場所によって、直腸ポリープ、
S状結腸ポリープ、下行結腸ポリープ、横行結腸ポリープ、
上行結腸ポリープと呼ばれているようです。

40代から増え始め、年齢を重ねるごとに
できやすくなるとも言われているようで、
男性に多く見られる症状なようですね。

大腸ポリープは、大きく分けると、
そのまま放置しておいても大丈夫な良性のものと、
がん化する可能性のある腫瘍とに分けられるようです。

良性のものには、
炎症性のポリープや過形成によるポリープがあるようで、

どちらも正常な細胞がイボ状になったものなようで、
年齢を重ねていけば自然に見られる症状なようですので、
そのまま放置しておいても心配はないようですね。

腫瘍は、
悪性の腫瘍と良性の腫瘍とに分けられているようです。

悪性の腫瘍と言われているのが、いわゆる、がんなようですが、
このポリープ状の形をしている場合には、
まだ早期のがんだと言ってもいいようです。

進行したがんになると、
既にイボのような突起ではなくなっていて、
ポリープとは呼ばれなくなっているようです。

又、良性の腫瘍は、線種と言うようですが、
大腸ポリープの80%はこの線種だと言われているようです。

その為に、大腸ポリープと言うと、
この線種を指す場合が多いようですね。

S状結腸や直腸で出来やすいようで、
多くの大腸がんは線種から発生すると考えられているようです。

楽天で見る⇒大腸がん

関連記事
大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?
大腸がんのステージと治療法は?
大腸がんの種類?
大腸がんの症状って?
大腸ポリープの治療方法?

SponsoredLink



< 大腸ポリープの種類?の記事はココまで >
| カテゴリ : 大腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!大腸のお話 > 大腸ポリープの治療方法? ]

大腸ポリープの治療方法?

< 大腸ポリープの治療方法?の記事はココから >

大腸ポリープの治療方法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

大腸ポリープに多く見られる線種は、
癌が発生する可能性が高いようで、
一般的には切除する場合が多いようです。

ですが、
ポリープの全てが切除対象というわけではないようで、

内視鏡を使って診断した結果、
経過観察となる場合も少なくないようですね。

もし、切除対象となった場合には、
現在ではその殆どが内視鏡によって行われているようで、

高周波電流を使って
ポリープを焼き切る方法を採用しているようです。

その切除方法もポリープの形や大きさによって、
ホットバイオプシー、スネアポリペクトミー、

内視鏡的粘膜切除術(EMR)に分けられているようで、
どれも肛門から内視鏡を大腸内に挿入して行う
治療法なようですね。

ホットバイオプシーと言うのは、
短時間で切除出来る治療法なようで、
小さなポリープがたくさんある場合に使われるようです。

スネアポリペクトミーは、
茎を持つような形をしたポリープの場合に使われるようです。

内視鏡的粘膜切除術と言うのは、
平坦な形をしたポリープや、やや大きめのポリープ等
の場合に使われることが多いようです。

この内視鏡的粘膜切除術は、現在、
最も主流となっている治療法なようで、

今までは難しかった様々な形をしたポリープも
安全に切除することができるようです。

又、
大腸の粘膜の下層にまで達しているがんの場合や、
ポリープが巨大過ぎて内視鏡的切除が技術的に難しい場合には、
外科的手術方法が必要になる場合があるようです。

切除したポリープの端を病理組織学的診断によって調べ、
良性と診断された場合に大腸ポリープの治療は終了するようです。

楽天で見る⇒大腸ポリープ 治療

関連記事
大腸がんや直腸がんは痔と間違えやすい?
大腸がんのステージと治療法は?
大腸がんの種類?
大腸がんの症状って?
大腸ポリープの種類?

SponsoredLink



< 大腸ポリープの治療方法?の記事はココまで >
| カテゴリ : 大腸のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載