脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!


このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!通風のお話 > 尿酸値をはかるには? ]

尿酸値をはかるには?

< 尿酸値をはかるには?の記事はココから >


尿酸値をはかるには?と、気になる方も
いらっしゃるかもしれませんね。

通風って言うのは、
高尿酸血症が原因で起こるようですよね。

高尿酸血症かどうかを知る為には、
自分の尿酸値を知らなければいけませんよね。

自分の血液中の尿酸値を知りたければ、
血液検査で尿酸値を調べる必要があるんです。

検査は、病院やクリニックなどの
医療機関で行うことができるようです。

病院で血液を採取すると、採取した血液は
自動分析装置にかけられるようです。

病院内で行っている検査であれば、
検査結果も比較的早く出るはず・・・。

基準値は医療機関によっても
若干差があるようですが、

7.0mg/dl以下であることが多いようです。

それを超えると、
高尿酸血症として診断されるようです。

今では、一般的な健康診断の血液検査の際にも
尿酸値を調べることが殆どでしょう。

ですが、もしも、尿酸値が高くても、
すぐに通風になるわけではないようですよね。

ずっと尿酸値が高い状態が何年も続くことで、
通風を引き起こしてしまうようです。

尿酸値をきちんとコントロールできれば、
それほど心配することはないようですよ。

でも、健康診断に行って尿酸値が高い
という結果をもらったのなら、

絶対に病院に行きましょうね。

一回だけ尿酸値が高かったからと言って、
すぐに高尿酸血症という診断が出るわけではないようです。

ですが、日を置いて再検査しても高ければ、
医師の指示に従って治療を行う必要があるでしょう。

この場合には、尿酸値をコントロールする治療
ということになるようです。

又、健康的な生活の為に
食事療法の指導を受けることも多いようですね。

楽天で見る⇒尿酸値 改善

関連記事
通風と関連する合併症?
通風は遺伝?
痛風にはアルカリ性の食品が良い?
通風を発生しやすい生活習慣?
通風になりやすい人?

SponsoredLink




< 尿酸値をはかるには?の記事はココまで >
| カテゴリ : 通風のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!通風のお話 > 通風と関連する合併症? ]

通風と関連する合併症?

< 通風と関連する合併症?の記事はココから >


通風と関連する合併症?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

通風と糖尿病には、共通点があるようです。
それは合併症を起こしやすいというころなようです。

どちらも生活習慣が関係しているようですから、
当然のことと言えますよね。

通風は、関節に異常を来す病気
と言うのは周知の事実ではあるんですが、

それだけではないようです。

通風が起こってしまった背景には、
高尿酸血症があるようです。

この高尿酸血症と言うのは、腎臓に障害を起こしたり、
尿管結石を引き起こす原因になるようです。

腎臓疾患は、通風で最も怖いと言える
合併症かもしれませんね。

通風腎という言葉を
聞いたことのある人も多いかと・・・。

これは、通風が原因となって起きる
腎障害のことを言うようです。

この通風腎は、腎不全や尿毒症を引き起こし、
一昔前は死亡原因としても

高い割合を占めていたようです。

又、高尿酸血症をきたしてしまった背景には、
暴飲暴食、飲酒、過食、美食、運動不足などの

生活習慣の乱れが原因になっていることも多いようです。

そういった生活習慣の乱れは、肥満や高血圧、高脂血症、
糖尿病を引き起こしてしまうようです。

すると、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの
合併症も出てくることとなるようです。

このようなことによって、通風は様々な合併症を
起こす要因になりやすいようですね。

なので、高尿酸血症を
そのままにしておいてはいけませんよ。

通風の発作があるなら、尚更なようです。

尿酸値をきちんと日々コントロールすることが大切ですし、
肥満があるのならダイエットにもしっかり励みましょうね。

楽天で見る⇒通風 高尿酸血症

関連記事
尿酸値をはかるには?
通風は遺伝?
痛風にはアルカリ性の食品が良い?
通風を発生しやすい生活習慣?
通風になりやすい人?

SponsoredLink




< 通風と関連する合併症?の記事はココまで >
| カテゴリ : 通風のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!通風のお話 > 通風は遺伝? ]

通風は遺伝?

< 通風は遺伝?の記事はココから >


通風は遺伝?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、通風って、
遺伝する病気なんでしょうか?

通風は実際には、
遺伝的な要因も大きいと言われているようですね。

通風になった人を調査してみると、
近親者にも同じく通風を発症した人がいる場合が

多いそうです。

そうは言っても、元々、通風って言うのは、
食事などの影響も受ける病気なようですから、

それが本当に遺伝によるものなのかは
分かりませんよね。

親が肉が好きで、子供にもよく肉を
食べさせていたと言うことになれば、

親子して通風を発症してもおかしくありませんよね。

通風になりやすい体質が
遺伝したかにみえたとしても、

どちらかと言うと、
生活習慣によるものが大きいような気がします。

近親者に通風の人がいなくても、
通風になってしまう人も多いようなので、

遺伝なんて関係ないのではないか
と思うこともあるでしょう。

それに、近親者に通風の人がいても、
食事やアルコールの摂り過ぎに気を配ったり、

生活習慣の改善を図ることで、
通風の発症を防ぐことができるはず・・・。

ただ、最近、通風の原因になる
遺伝子なるものが発見されたようです。

防衛医大や東大病院などの発表なんですが、
この遺伝子は”ABCG2”と言うらしいです。

そして、通風患者の80%に、
この遺伝子の変異がみられるそうですね。

この遺伝子変異が起こると、
通風を発症しやすくなってしまうようです。

逆に言えば、通風患者の20%は、
この遺伝子変異が起こっていなくても

通風を発症しているわけなんですよね。

いずれにしても、
健康的な食生活や生活習慣を送ることが

通風の予防に繋がるようですね。

楽天で見る⇒通風 治す

関連記事
尿酸値をはかるには?
通風と関連する合併症?
痛風にはアルカリ性の食品が良い?
通風を発生しやすい生活習慣?
通風になりやすい人?

SponsoredLink




< 通風は遺伝?の記事はココまで >
| カテゴリ : 通風のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!通風のお話 > 痛風にはアルカリ性の食品が良い? ]

痛風にはアルカリ性の食品が良い?

< 痛風にはアルカリ性の食品が良い?の記事はココから >


痛風にはアルカリ性の食品が良い?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そもそも痛風と言うのは、
高尿酸血症が元で起きているようです。

高尿酸って言うくらいですから、痛風の人の尿の
PHも酸性の傾向にあるはずですよね。

元々、人の正常な尿は弱酸性位が多いようなので、
素人目からはそれ自体、さほど問題は

無いように考えがちですよね。

ですが、尿酸値が高い場合、尿が酸性の状態では
結晶化してしまう場合があるようです。

これは、
尿管結石の原因になるようです。

結晶化した尿酸を溶かすには、やはり、
アルカリ性食品が一番なようです。

尿がアルカリ性になれば、
結晶を溶かすことができるようです。

ただ、アルカリ性食品を食べただけで、
本当に尿ってアルカリ性になるの?

と言う疑問が出てきますよね。

実際に、尿は食事の影響を受けて、
そのPHが変わるようです。

では、アルカリ性食品って
どんなものがあるんでしょうか?

基本は、海藻、野菜、果物なようです。

代表例として、ひじきや昆布、わかめ、干し椎茸、
ゴボウ、ニンジン、キャベツ、大根、バナナ、

メロン、レモンなどなようですね。
牛乳もアルカリ性の食品だそうです。

でも、
正常の人の尿は弱酸性のことが多いようなので、

やみくもに尿のアルカリ化を図ってしまっては、
逆効果になってしまう場合もあるかも・・・。

一般的には、
弱酸性化を目指すのが理想のようです。

とは言っても、痛風の場合には、
アルカリ性食品を積極的に摂取することが

とっても有効になるようですね。

日頃の食生活に、意識してアルカリ性食品を
取り入れていくことが大切なようですね。

楽天で見る⇒アルカリ性食品

関連記事
尿酸値をはかるには?
通風と関連する合併症?
通風は遺伝?
通風を発生しやすい生活習慣?
通風になりやすい人?

SponsoredLink




< 痛風にはアルカリ性の食品が良い?の記事はココまで >
| カテゴリ : 通風のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!通風のお話 > 通風を発生しやすい生活習慣? ]

通風を発生しやすい生活習慣?

< 通風を発生しやすい生活習慣?の記事はココから >


通風を発生しやすい生活習慣?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

通風が生活習慣によって発生しやすい病気であることは、
あなたもご存じですよね。

それでは、通風を発生しやすい生活習慣には
どのようなものがあるんでしょう?

先ず、食生活についてなんですが、
食の欧米化に伴って、

肉を食べる機会が増えてきましたよね。

そういう中で、プリン体と呼ばれる物質を
たくさん含む食べ物を食べる回数も

増加したようです。

このプリン体と言うのは、
体内で尿酸に変わるようです。

特に、アンキモやレバーには
とっても多くのプリン体が含まれているようですし、

牛肉や豚肉、カツオや車エビ等にも多くのプリン体が
含まれていると言われているようです。

こういった食材を日々摂り続けることで、
通風を発生しやすくなるのかも・・・。

次に、飲酒があります。
アルコール成分を過剰に摂取することで、プリン体を

たくさん摂ってしまうことになるようです。

例えば、ビールには、
実にたくさんのプリン体が含まれている上に、

アルコールが尿酸の排出まで抑えてしまうようです。

その為、
通風を発生させやすくなるようです。

なかなか科学的立証が難しいようですが、
通風にかかってしまった人は、

ストレスを受けやすい状況にいた人が
多い傾向にあるのも事実なようですね。

こういった状況を考えると、
ストレスも通風を発生しやすい原因だ

と言えるかもしれませんね。

激しいスポーツを好んでする人や活動的な人も、
尿酸値が上がりやすいそうです。

これはちょっと意外ですよね。

過度な運動は、腎臓の血流量が減る為に、
尿酸の排出量が減って、通風を発生しやすいようです。

通風を予防する為には、
生活習慣の改善が不可欠となるようですね。

楽天で見る⇒通風の人の食事

関連記事
尿酸値をはかるには?
通風と関連する合併症?
通風は遺伝?
痛風にはアルカリ性の食品が良い?
通風になりやすい人?

SponsoredLink




< 通風を発生しやすい生活習慣?の記事はココまで >
| カテゴリ : 通風のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
スポンサードリンク
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・
・・新着記事・・
O脚に効果のあるストレッチ?
整体に行くとO脚は治る?
O脚を改善?
O脚にも種類がある?
なぜO脚になってしまうの?
O脚は生まれつきなの?
プラセンタ注射をしたことがあると献血できない?
プラセンタは不妊にも効果?
プラセンタのサプリメントで人気?
ドリンクタイプのプラセンタで人気?
プラセンタ化粧品で人気?
プラセンタ療法?
冷え性に効果的な食べ物?
冷え性だとニキビになりやすい?
服装に気をつけないと冷え性は治らない?
なぜ女の人が冷え性になりやすいの?
小林製薬のグルコサミン&コラーゲンって?
ファンケルのグルコサミン&コンドロイチンの特徴?
サントリーのグルコサミン&コンドロイチンの特徴?
グルコサミンには副作用がある?
コンドロイチンの効果って?
グルコサミンの効果って?
冷え性だと肩こりになりやすい?
なぜ手足から冷えるの?
冷え性を改善?
冷え性の方は避けた方がいい食べ物?
なぜ冷え性は起こるの?
冷え性ってどういう状態なの?
肥満細胞症と言う病気?
内臓型肥満?
失敗しない肥満外来やダイエットクリニックの選び方?
子どもの肥満の治療?
肥満を解消する手術?
肥満が漢方で解消?
ニキビと肌荒れは関係あるの?
肌荒れに効果のあるサプリメント?
妊娠すると肌が荒れる?
肌荒れの時のスキンケアは?
肌荒れの原因って?
肌荒れってどういう状態のお肌なの?
子どもでもワキガになる?
自分でできるワキガ予防?
ワキガに効果のある石鹸?
ワキガの治療方法?
ワキガにも種類がある?
なぜワキガになるの?
スキンケアのセラミドって何?
肌荒れが酷い時は皮膚科を受診?
肌荒れに効果がある漢方?
花粉症の症状に肌荒れ?
生理の前になると肌荒れ、何で?
肌荒れの原因にはストレス?





カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載