脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > ヘバーデン結節の治療って? ]

ヘバーデン結節の治療って?

< ヘバーデン結節の治療って?の記事はココから >

ヘバーデン結節の治療って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

関節リウマチの症状とも似ている
ヘバーデン結節なようですが、

その治療法には一体どのようなものがあるんでしょう。

ヘバーデン結節の治療法としては、
整形外科では電気治療が一般的に行われているようで、

カイロプラクティックでは手根骨や指の矯正を行って
負担を軽減させるようにしているようです。

その他にも、飲み薬や貼り薬、塗り薬、
患部へのテーピングを主な治療法として行うようです。

テーピングを行う場合には、幅の細いテープを使い、
第一関節の周りにぐるぐる巻いて、

関節が動かないようにすると、
患部の固定効果だけではなく、

関節の変形予防にも繋がるようです。

関節の痛みや炎症が強い場合には、
非ステロイド消炎鎮痛剤を利用したり、

軟こう塗布を使った治療を行ったりするようですね。

殆どの場合、ヘバーデン結節は
手術にまで至らないようですが、

関節の変形が酷く、痛みもあり、
日常生活に支障をきたすようになった場合には、

第一関節の関節形成術などの
外科的手術を行う場合も稀にあるようです。

ヘバーデン結節は、
加齢にともなって発症する変形性関節症の一つなようで、

他の関節や部位にまで痛みや炎症が
広がるような事はないようですね。

治療を行う、行わないに関わらず、殆どの場合において、
一定期間を過ぎると痛みや炎症は改善されていくでしょう。

個人差もあるようですが、
数年のうちには多少の指の変形を残して、

ヘバーデン結節の症状は無くなるようですので、
焦らず気長に治療するようにして下さいね。

楽天で見る⇒関節リウマチ

関連記事
ヘバーデン結節って?
肘部管症候群の治療って?
肘部管症候群ってどんな病気なの?
変形性肘関節症の治療って?
変形性肘関節症ってどんな病気なの?

SponsoredLink



< ヘバーデン結節の治療って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > ヘバーデン結節って? ]

ヘバーデン結節って?

< ヘバーデン結節って?の記事はココから >

ヘバーデン結節って?と、気になってる方も
いらっしゃるかもしれませんね。

ヘバーデン結節と言うのは、指の第一関節の背側、
つまり、手の甲側に出来る骨の
変形による膨らみの事を指すようですね。

これは、指の第一関節の骨関節炎なようで、
リウマチと誤解される場合も多くあるようですが、

リウマチとは異なる病気なようですね。

ヘバーデン結節の主な症状としては、
人差し指から小指にかけての第一関節が、

強く握るとズキズキと痛んだり、赤く腫れたり、
変形したりもするようですね。

又、ガングリオンと言って、
水ぶくれのような嚢腫ができる場合もあるようです。

このように、
指先に力が入らないようになる為、

手を強く握る事も困難となり、動きも悪くなって、
日常生活にも支障をきたすことが多いようです。

へバーデン結節の発症の原因は、
不明と言われているようですが、

一般的に、40歳代の女性が
比較的多く発症しているようですので、

加齢や指先への負担が大きい事が
原因だと考えられているようですね。

発症年齢を平均すると、
だいたい55歳から56歳位で、男女の比率は1:10と
圧倒的に女性の比率が多い事が特徴なようです。

又、男性の場合は、
発症の平均年齢が高くなる傾向があるようです。

指の関節に痛みを感じた場合には、
リウマチかそうでないかを早目に
判断した方が良いようです。

レントゲンで調べると、ヘバーデン結節か
関節リウマチかの区別はすぐにつくようです。

もし、痛む部分が指の第一関節から
他の部分にも広がっていくようであれば、

ヘバーデン結節以外の症状かもしれませんので、
必ず専門医の診断を受けるようにして下さいね。

楽天で見る⇒ヘバーデン結節

関連記事
ヘバーデン結節の治療って?
肘部管症候群の治療って?
肘部管症候群ってどんな病気なの?
変形性肘関節症の治療って?
変形性肘関節症ってどんな病気なの?

SponsoredLink



< ヘバーデン結節って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > 肘部管症候群の治療って? ]

肘部管症候群の治療って?

< 肘部管症候群の治療って?の記事はココから >

肘部管症候群の治療って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

肘部管症候群の治療と言うのは、
その症状によって違ってくるようですね。

先ず、症状が軽い場合には、
薬物治療として痛み止めや筋弛緩剤、

胃腸薬やビタミン剤などを利用して、
経過観察を行うようです。

肘を安静にする事や、少量のステロイド注入、
ブロック注射、温浴療法、

電気刺激療法なども有効なようです。

これらの対処法で効果が見られない場合や
骨に変形がある場合、

筋肉にやせ細りの症状、特に手の甲の親指側の
ふっくらとした部分がやせてきている場合などには、

手術が必要となってくるようです。

この手術は、靭帯を切ってトンネルを開き、
神経の圧迫を取り除いたり、

神経の緊張が強い場合には、
筋肉を神経の下に移動させたりするものなようです。

又、骨を切って変形している部分を矯正し、
神経麻痺を治す矯正骨切り術を行う場合もあるようです。

肘部管症候群は、
症状が痺れだけの軽度な場合であれば、

薬物治療とリハビリで回復する場合が多いようですが、
運動麻痺の症状が現れて重症化してから手術を行うと、

回復までには相当の時間を
要するようになってしまうようです。

ですから、
手遅れになってしまわないようにする為にも、

小指や薬指に痺れや痛みを感じたり、
その症状が続いたりするようであれば、

素人判断をせずに、まずは整形外科を受診して
医師の診断を仰ぐようにしましょう。

特に、手や指の筋肉にやせ細りの症状や
握力の低下を感じるようであれば、

早急に受診する事が大切なようですね。

楽天で見る⇒肘部管症候群

関連記事
ヘバーデン結節の治療って?
ヘバーデン結節って?
肘部管症候群ってどんな病気なの?
変形性肘関節症の治療って?
変形性肘関節症ってどんな病気なの?

SponsoredLink



< 肘部管症候群の治療って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > 肘部管症候群ってどんな病気なの? ]

肘部管症候群ってどんな病気なの?

< 肘部管症候群ってどんな病気なの?の記事はココから >

肘部管症候群ってどんな病気なの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

肘部管症候群と言うのは、
肘関節の後ろにある尺骨神経が、

肘の内側にある肘部管と呼ばれている神経の通り道で、
圧迫されたり、引き伸ばされたりして起こる

神経障害の事なようですね。

神経が圧迫される原因としては、
長時間の重労働や加齢による肘の骨の変形、

子供の頃に肘を骨折した事などが
原因として考えられているようです。

因みに、尺骨神経とは、肘をぶつけた時に
電気が走ったような痛みを感じた経験が
どなたにでもあると思うんですが、

それを感じる神経の事なようです。

症状は、
麻痺の進行によって異なるようです。

初期段階では、小指と薬指の小指側に
しびれ感を感じるようになるようですね。

麻痺が進行していくと、手の筋肉がやせて、
細かな動きがしにくくなったり、

小指と薬指がまっすぐに伸びない、
いわゆる鉤爪(かぎづめ)変型になったりするようです。

又、筋力が低下していくようですので、
指を開いたり閉じたりする運動もできなくなるようですし、

握力も低下して日常生活にも
支障をきたすようになってくるようです。

診断の際には、
肘の内側のくるぶしの後ろを軽く叩くと、

ジンとした痺れや痛みが指先に走るかどうか
をチェックするようです。

又、電気で神経を刺激して筋肉が反応する速度を計測し、
どのくらい神経が痛んでいるのか、

どの部分に神経障害が起きているのか
などのチェックを行う場合もあるようですね。

肘に変形がある場合には、レントゲン検査を行い、
肘の変形具合や関節の隙間が狭くなっていないかどうか
もチェックするようです。

楽天で見る⇒肘部管症候群

関連記事
ヘバーデン結節の治療って?
ヘバーデン結節って?
肘部管症候群の治療って?
変形性肘関節症の治療って?
変形性肘関節症ってどんな病気なの?

SponsoredLink



< 肘部管症候群ってどんな病気なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > 変形性肘関節症の治療って? ]

変形性肘関節症の治療って?

< 変形性肘関節症の治療って?の記事はココから >

変形性肘関節症の治療って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

変形性関節症のうち、
稀に発生する変形性肘関節症なんですが、

その治療法には一体どのようなものがあるんでしょう。

変形性肘関節症の治療方法は、
関節症が軽い時期には保存療法を行うようです。

保存療法には、消炎鎮痛薬等による薬物療法や、
患部を温める温熱療法、関節内注射などがあるようです。

日常生活においては、
肘に負担を掛けないようにする事が大切なようです。

肘の関節に掛かる負担を軽くする為、
腕の筋力アップや肘の動きを良くする運動を
取り入れると良いかも・・・。

ですが、保存療法の場合、痛みが軽くなったとしても、
変形性肘関節症の進行を抑えられたわけではないようです。

根本的な変形性肘関節症の治療としては、
やはり手術療法を行う事になるようです。

手術療法では、
尺骨神経が締め付けられている場合には、

肘部管症候群と言ってオズボーン靭帯の切離と
上腕骨内側顆部切除術を併用して行うようです。

橈骨頭を骨折した後に、
前の腕がスムーズに動かなくなり、

日常生活に支障がある場合には、
橈骨頭切除術を行うようです。

関節を動かせる範囲が狭くなった場合には、
改善する為に関節内の遊離体を摘出したり、

骨棘や炎症滑膜の切除をしたりする
関節形成術を行うようです。

又、もし、
変形が進んでいるリウマチひじの場合には、

肘の関節を摘出して
人工関節に置き換える手術もあるようですね。

手術を行った後は、
無理をすると再び症状が進行する場合もある為、

手術後は肘を酷使しないよう心掛ける事が重要なようです。

楽天で見る⇒変形性肘関節症 治療

関連記事
ヘバーデン結節の治療って?
ヘバーデン結節って?
肘部管症候群の治療って?
肘部管症候群ってどんな病気なの?
変形性肘関節症ってどんな病気なの?

SponsoredLink



< 変形性肘関節症の治療って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > 変形性肘関節症ってどんな病気なの? ]

変形性肘関節症ってどんな病気なの?

< 変形性肘関節症ってどんな病気なの?の記事はココから >

変形性肘関節症ってどんな病気なの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

変形性肘関節症と言うのは、
肘関節の軟骨がすり減って、

肘に痛みや変形などが発生する退行性疾患で、
変形性関節症のうち、

肘での発生率は1%〜2%と
稀だと言われているようですね。

けれど、最近では、
パソコンなどの普及によって

発生率は少しずつ上昇傾向にあるようです。

軟骨は、骨にかかる衝撃を和らげるクッションの
ような役割を果たしているようですが、

この軟骨部分がすり減ってしまうと、
硬い骨同士が直接触れ合う事になるようです。

骨と骨が擦れ合うと、骨の端には
骨棘という骨のトゲができるようで、

それらが神経を圧迫したり、刺激したりする事で
痛みや変形などの症状が発症するようですね。

左右両方の肘の関節に発症する可能性があるようですが、
一般的には利き腕側の肘に発症する場合が多いようです。

変形性肘関節症の主な原因は、
肘の使い過ぎによるものと考えられており、

実際に、野球のようなスポーツ選手や
大工職のような仕事で、

長年にわたって肘を酷使してきた人に
多く見られる症状なようですね。

ですが、一部では、肘の骨折や脱臼、
関節炎の後遺症や血友病、

先天異常などに伴って発症する場合もあるようです。

又、原因がはっきりしないような
加齢に伴う症状の場合には、

一次性変形性肘関節症とも呼ばれているようです。

もし、肘を動かすと痛みを感じ、
除々に肘の曲げ伸ばしが困難になるようでしたら、

早急に整形外科を受診するようにしましょう。

そのまま放って置くと、肘の関節が
動かなくなってしまう場合もあるようですので、

注意が必要なようですね。

楽天で見る⇒変形性肘関節症

関連記事
ヘバーデン結節の治療って?
ヘバーデン結節って?
肘部管症候群の治療って?
肘部管症候群ってどんな病気なの?
変形性肘関節症の治療って?

SponsoredLink



< 変形性肘関節症ってどんな病気なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > 手根管症候群の治療って? ]

手根管症候群の治療って?

< 手根管症候群の治療って?の記事はココから >

手根管症候群の治療って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

手根管症候群の治療は、
その原因が特定できている場合には、

その原因を取り除くことが最優先となるようですが、
実はその原因が特定できるのは少ないのが現状なようです。

明らかに手のむくみなどがある場合には、
そのむくみを取る必要があるようです。

でも、そうでない場合には、
基本的には炎症を抑える薬を服用しながら、

電気療法や温熱療法等で血行を良くして、
神経への圧迫を和らげるという保存的治療が行われるようです。

原因は分からなくても、
手の神経が圧迫されていることが多いようなので、

その圧迫を取り除く為に、
血行促進の為の食事をとったり、

ストレッチなど適度な運動で
血行を良くしたりするようです。

神経の周りで炎症が起きている場合には、
その炎症を治さなければなりませんから、

抗炎症剤の服用や器具で手を固定して
使わないようにする等、

腱鞘炎と同じような治療法が行われるようです。

時には、副腎皮質ホルモンの注射を
行う場合もあるかも・・・。

ですが、慢性化してしまったり、痛みが激しくなったり、
症状が悪化してくると、手術を行うことにも・・・。

基本的には、局所麻酔による手術で、
掌を7センチほど切開する手術なようです。

手術によって痛みやしびれはすぐに治まるようですが、
筋力の回復にはリハビリが必要なようで、

年齢によっては長期間掛かることも・・・。

その為、出来る限り手術は行わずに、保存療法によって
症状改善を目指すのが一般的となっているようです。

楽天で見る⇒手根管症候群 治療

関連記事
手のしびれは手根管症候群?
テニス肘の治療方法は?
テニス肘?
ガングリオンの治療方法って?
手の病気のガングリオン?

SponsoredLink



< 手根管症候群の治療って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > 手のしびれは手根管症候群? ]

手のしびれは手根管症候群?

< 手のしびれは手根管症候群?の記事はココから >

手のしびれは手根管症候群?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

手根管症候群と言うのは、
本人には原因不明の手のしびれや痛みが起こり、

酷くなると筋萎縮を起こして、物をつかんだりすることが
困難になってしまう手の病気なようですね。

手根管症候群の原因は、
腱鞘炎やむくみ、骨折、腫瘤などによって、

手の神経が慢性的な圧迫を受けることによって
起こるとされているようです。

神経の圧迫がしびれを起こし、
やがて痺れから痛みへと徐々に悪化していき、

最終的には、
手を思うように使えなくなっていくようです。

昨今では、人差し指や中指、薬指の三本に痺れを感じたら、
手根管症候群を疑った方が良いと言われているそうです。

もし、そのような症状を感じたら、すぐにでも
病院での診察を受けるようにして下さいね。

これ以外にも、最近では、
人工透析やホルモンバランスにも原因があるのでは
と言われているようです。

手根管症候群は、
男性より圧倒的に女性患者が多いようで、

特に女性患者でもホルモンバランスが崩れ始める
中高年女性や妊娠中の女性に多く見られるようですね。

手根管症候群の症状は、
目覚めの時間前後に感じることが多いようで、

手指の痺れで目を覚ますこともある
と言われているようです。

症状が出始めの頃は、手を振ったり、
マッサージをすることで症状が治まるようですが、

原因となっている要因を取り除かなければ
自然治癒の可能性はないようで、悪化の一途を辿るようです。

そして、その原因が
特定出来ない場合の方が多いようですね。

筋萎縮を起こしてしまってからでは
取り返しが付かなくなるようですから、

症状を感じたら
少しでも早く病院に行くようにしましょうね。

楽天で見る⇒手 しびれ

関連記事
手根管症候群の治療って?
テニス肘の治療方法は?
テニス肘?
ガングリオンの治療方法って?
手の病気のガングリオン?

SponsoredLink



< 手のしびれは手根管症候群?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > テニス肘の治療方法は? ]

テニス肘の治療方法は?

< テニス肘の治療方法は?の記事はココから >

テニス肘の治療方法は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

基本的にテニス肘の治療法って言うのは、
炎症を抑えることと、筋力をつけることなようですね。

症状が出ている場合には、
先ず安静が必要になるようです。

負担が掛かり過ぎた筋肉や腱を休ませて、
炎症を取り除いてあげるのが良いようです。

炎症が収まったら、筋力をつけましょう。

筋力をつけることは予防にも繋がるようですから、
テニス肘の再発防止にも役立つはず・・・。

血行を良くする為に、温熱療法や低周波療法、
レーザー治療や超音波療法、マッサージなどが行われたり、

痛みがひどい場合には、炎症を抑える薬を服用したり、
冷やしたりという方法もとられるようですね。

又、痛みがある場合には、
痛み止め等の薬が処方されることもあるようですが、

基本的には、治療と言っても、薬が使われるのは
炎症を抑える為と痛み止め位なようですね。

痛み止めには、場合によっては
ステロイド剤が使われることもあるようです。

テニス肘は、
再発が多い病気とも言われているようですので、

回復したら、
やはり筋力をつけた方が良いようですね。

柔軟性をつける為のストレッチも有効なようですから、
是非率先して行うのも良いかも・・・。

テニスが原因でテニス肘になった場合には、
フォームの見直しや練習量の見直しをする
必要もあるようです。

家事労働等が原因の場合にも、
その原因となった労働の負担を少しでも
和らげる工夫をすべきでしょうね。

原因を取り除き、新たに発症しない為に
筋力や柔軟性をつけるということが大切なようです。

日頃から自分の腕を労わり、
マッサージやストレッチを入浴の後や就寝前の
習慣にすることをお勧めします。

楽天で見る⇒テニス肘 治療

関連記事
手根管症候群の治療って?
手のしびれは手根管症候群?
テニス肘?
ガングリオンの治療方法って?
手の病気のガングリオン?

SponsoredLink



< テニス肘の治療方法は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!手の病気のお話 > テニス肘? ]

テニス肘?

< テニス肘?の記事はココから >

テニス肘?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

このテニス肘って言うのは、
テニスをしている人に多く見られる症状の為、

このような名前が付いているようですが、
テニスを全く経験したことが無い人でも
発症することがある病気なようですね。

症状としては、手を握ったり、伸ばしたり、
物を持ち上げたりという動作をすると、

肘の内側や外側に痛みを感じるようですね。

テニスプレーヤーでは、
その一割の人が発症するとも言われているようです。

無理なフォームや間違ったフォームでテニスを続けたり、
自分に合っていない重さのラケットを使ったりすることで、

筋肉や腱に負担が掛かって肘が痛むというものなようで、
テニスプレーヤーにとっても多く見られる症状なようです。

テニスをしない人でも、日常の労働や家事によって、
同じように筋肉や腱に負担が掛かり続けると、
テニス肘になってしまうようですね。

加齢にともなう筋肉の衰えも影響しているようで、
中高年の女性が家事によってテニス肘になる
という例も多く報告されているようです。

悪化すると握力も落ちるようで、
上手く物が掴めなくなったり、

持った物を落としてしまったり、
日常生活にまで支障をきたすようになるかも・・・。

又、症状が進行すると、何もしていなくても
痛みを感じるようになってしまうようです。

文字通りテニスが原因で起きる場合には、
バックハンド型やフォアハンド型、サーブ型等に
分けられることもあるようですが、

症状の出方に少し違いがあるだけで、
基本的には同じ病気なようですね。

どれも同じように負担を掛け過ぎて、
炎症が起きているということに変わりはないようです。

楽天で見る⇒テニス肘

関連記事
手根管症候群の治療って?
手のしびれは手根管症候群?
テニス肘の治療方法は?
ガングリオンの治療方法って?
手の病気のガングリオン?

SponsoredLink



< テニス肘?の記事はココまで >
| カテゴリ : 手の病気のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載