脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!検査のお話 > PET検査って何なの? ]

PET検査って何なの?

< PET検査って何なの?の記事はココから >

PET検査って何なの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

PET検査と言うのは、今注目されている
最先端のがんの画像診断検査なようですね。

PET検査のPETとは、
ポジトロン・エミッション・トモグラフィー
の頭文字を取ったものなようで、

陽電子放射断層撮影という意味を持っているようです。

PET検査には、
およそ2〜3時間を要すると言われているようで、

検査は問診から始まるようです。

問診が終わった後、
正常細胞の3倍〜8倍ものブドウ糖を摂取する
というがん細胞の特性を利用するようで、

その為に、体内にブドウ糖に良く似た
薬剤・ポジトロンを注射するようです。

すると、体内に注射したブドウ糖に
よく似た薬剤であるポジトロンは、

自然にがん細胞に集まっていくようです。

その為、この薬剤を使うと、小さながんでも
しっかりと検出することができるようになるようですね。

薬剤を注射し、しばらくして検査薬剤が
がん細胞に集まってきたら、診察台に横になり、

画像診断検査を行うようです。

PET検査は画像診断である為、
薬剤を注射する以外に痛みは全く無いようです。

苦痛を感じずに正確な検査をすることが
できると言われているようですよ。

又、PET検査は、薬剤の集積具合を診ることで、
腫瘍が良性か悪性かを判定できてしまうだけでなく、

リンパ節転移や再発の有無までも分かってしまう
最先端の検査なようです。

ですが、残念ながら日本では、
このPET検査はまだあまり普及していないようで、

一部を除き、保険医療としても
認可されていないのが現状なようです。

PET検査がもっと浸透してくると、
発見しづらい初期のがんも発見され、

早期治療できるようになるかもしれませんね。

楽天で見る⇒PET検査

関連記事
腫瘍マーカーで何が分かるの?
尿検査では何が分かるの?
健康診断の結果を受けたらその後は?
人間ドックの料金や病院の選び方?
なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?

SponsoredLink



< PET検査って何なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 検査のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!検査のお話 > 腫瘍マーカーで何が分かるの? ]

腫瘍マーカーで何が分かるの?

< 腫瘍マーカーで何が分かるの?の記事はココから >

腫瘍マーカーで何が分かるの?
と、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

この腫瘍マーカーと言うのは、
体内に腫瘍ができた時に大量に作られる
特殊な物質のことを言うようですね。

腫瘍マーカーは、
健康な時には殆ど見られない物質なようで、

主に血液中に出現する物質だと言われているようです。

その為、血液検査で腫瘍マーカーが
一定基準以上見つかった場合には、

がんやその他の身体の異常を
疑わなくてはいけないようですね。

腫瘍マーカーは、特にがんの進行と比例している
と言われているようですから、

血液を検査する腫瘍マーカー検査で
腫瘍マーカーの数値を調べて、

その数値が高い場合には、
がんが進行している恐れがあるかも・・・。

ですが、血液による腫瘍マーカーの検査は、
まだ確実にがんを見分けられるというわけではないようで、

陽性だからと言ってがんだとは限らないようですね。

それに、腫瘍マーカーの検査結果が陰性だとしても、
がんではないとも言い切れないようです。

腫瘍マーカーは、がん以外での病気でも、
少量作られることがあると言われているようで、

腫瘍マーカーを作りだす主な病気としては、
慢性肝炎や慢性気管支炎や慢性膵炎、

それに、子宮内膜症などがあるようです。

これらのがん以外の病気が原因で、
腫瘍マーカー検査が陽性になった場合には、

陽性ではなく、偽陽性と呼んでいるようですね。

腫瘍マーカーって、身体の特別な部分だけが
作りだすことができる物質の為、

腫瘍マーカーを検査することで、
体のどの部位ががんなのか、

がん細胞がどんな性質なのか、
又、どの治療が有効なのか

などを知ることができるようです。

なので、腫瘍マーカーを調べ、
がんの早期発見や病気の状態の確認などに
役立ててみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒腫瘍マーカー

関連記事
PET検査って何なの?
尿検査では何が分かるの?
健康診断の結果を受けたらその後は?
人間ドックの料金や病院の選び方?
なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?

SponsoredLink



< 腫瘍マーカーで何が分かるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 検査のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!検査のお話 > 尿検査では何が分かるの? ]

尿検査では何が分かるの?

< 尿検査では何が分かるの?の記事はココから >

尿検査では何が分かるの?って、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

尿検査では、腎機能の状態をチェックして、
いろいろな病気の有無を知ることができるようです。

尿は、腎臓や膀胱などを通して、
体に不要な老廃物を排出するようですが、

腎機能やその他の臓器が弱っていると、
排出される尿にも異常が出るようで、

尿を検査することで様々な病気を
発見することができるようですね。

尿検査で主に検査される内容と言うのは、
尿タンパクや尿潜血反応、尿糖などなようです。

尿タンパクは、生命活動に欠かせないタンパクが、
尿に排泄されてしまっていないかを検査するもので、

尿にタンパクが出てしまっていると、
腎炎やネフローゼ、尿路感染症などの病気が
疑われるようです。

又、尿潜血反応は、血液の成分が
尿に出ていないかをみる検査なようですね。

尿潜血反応がプラスになると、
腎臓や泌尿器系の結石、がん、ポリープや
前立腺炎などが疑われるようです。

そして、尿糖は、
尿に糖が出ていないかを調べるものなようで、

糖が出ていると糖尿病が疑われるようです。

他にも、尿検査では、肝障害や発熱疾患、
溶血性貧血や便秘などで陽性になる尿ウロビリノーゲンや

腎臓の機能障害があると高い値を示すという
尿素窒素やクレアニン等もチェックするようです。

更に、身近なところでは、
発熱性疾患や脱水症状などで陽性となる
尿ケトン体の確認も行うようですね。

尿がアルカリ性であるのに対し、
ケトン体は強い酸性であるようで、

尿にケトン体が多いと身体に負荷が掛かり、
危険な状態になると言われているようです。

このように尿検査一つで、
体の様々な異常が明らかになるようなので、

病気の早期発見の為にも、
きちんと尿検査を受けると良いようですね。

楽天で見る⇒尿検査

関連記事
PET検査って何なの?
腫瘍マーカーで何が分かるの?
健康診断の結果を受けたらその後は?
人間ドックの料金や病院の選び方?
なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?

SponsoredLink



< 尿検査では何が分かるの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 検査のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!検査のお話 > 健康診断の結果を受けたらその後は? ]

健康診断の結果を受けたらその後は?

< 健康診断の結果を受けたらその後は?の記事はココから >

健康診断の結果を受けたらその後は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

先ず、健康診断の結果を受けたら、
過去の自分の数値と比べてみると良いでしょう。

でも、健康診断の結果を見ても、
専門的な用語が並んでいてよく分からなかったり、

数値の見方が分からず、健康診断の結果を
受け取っただけという方もいらっしゃるかも・・・。

又、健康診断の結果を受けたら、基準値と比較して
安心してしまう方も多いかもしれませんね。

ですが、健康診断の結果で一番大切なことは、
病気を発見することだけではなく、

過去の自分との数値と比べ、過去と現在で
どのように変化しているかをしっかりと把握し、

身体の変化を知ることなようですね。

健康診断の結果では、多くの場合、
異常なしや生活注意、要経過観察や要治療、

要再検査や要精密検査などの表記が
されているようですよね。

それに、血液検査の場合でも、検査の結果の数値と
正常範囲値が記載されているはずです。

勿論、検査結果で要治療や要再検査、要精密検査の場合や、
血液検査で正常範囲値を大きくはみだしている場合には、

すぐに病院で治療を受けたり、
再検査を行う必要があるようです。

でも、生活注意や要経過観察などの場合であっても、
以前の健診結果と比べて悪くなっている場合には、

生活を見直すことも必要なようですよね。

もし、以前と大きく数値が異なる場合や
気になることがある場合には、

医療機関の診察を受けた方が良いようです。

健康診断の結果は、見るだけでは
健康診断を受けた意味がありませんので、

きちんと結果を理解して自分の身体の状態を知り、
病気の早期発見や健康管理に繋げていって下さいね。

楽天で見る⇒健康診断 結果 見方

関連記事
PET検査って何なの?
腫瘍マーカーで何が分かるの?
尿検査では何が分かるの?
人間ドックの料金や病院の選び方?
なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?

SponsoredLink



< 健康診断の結果を受けたらその後は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 検査のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!検査のお話 > 人間ドックの料金や病院の選び方? ]

人間ドックの料金や病院の選び方?

< 人間ドックの料金や病院の選び方?の記事はココから >

人間ドックの料金や病院の選び方?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

人間ドックの料金や病院の選び方で、
迷ったことのある方は多いのでは・・・。

人間ドックって言うのは、
短期入院型の精密身体検査の為、

通常の健康保険は適応されないようなので、
費用は自己負担となるので、

高額になってしまうこともあるようですね。

ところで、人間ドックの料金は、地域によって
一定の金額が決められていると言われているようですが、

一般的な人間ドックでは、半日や日帰りコースで5万円前後、
一泊二日になると5〜10万円程度となっているようです。

検査項目が同じであっても、
地域によって料金が違うという場合や、

自分には必要の無い検査が入っていて、
料金が高額になってしまっている場合もあるようですので、

人間ドックの料金に疑問がある時には、
きちんと確認をした方が良いようですね。

又、人間ドックは、
検査を受ける病院も重要になってくるようです。

自己負担で検査を受けるんですから、
信頼できるのは勿論なんですが、

できるだけ気分良く検査を受けられる病院が
良いですよね。

そんな信頼できる病院を選ぶには、
口コミ等を確認するのも一つの方法でしょうし、

看護看護士や医師などの対応が親切な病院や、
医師が細かく説明をしてくれる病院も良いでしょうね。

病院によっては、人間ドックの当日に結果がでる
というスピード診断を看板にしている病院もあるようですが、

こういった病院は、検査データの精度が
下がってしまうことも考えられるようです。

なので、特に急いで検査結果を知る必要がなければ、
そういった病院は避けて他の病院を選んだ方が良いかも・・・。

楽天で見る⇒人間ドック

関連記事
PET検査って何なの?
腫瘍マーカーで何が分かるの?
尿検査では何が分かるの?
健康診断の結果を受けたらその後は?
なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?

SponsoredLink



< 人間ドックの料金や病院の選び方?の記事はココまで >
| カテゴリ : 検査のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!検査のお話 > なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける? ]

なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?

< なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?の記事はココから >

なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

健康診断や人間ドックって、
とっても費用が掛かるようですね。

一般的な人間ドックや健康診断って言うのは、
病気を確定させる検査ではないようで、

健康保険が適応されずぬ、
自己負担になってしまうようですよね。

その為、民間の病院で健康診断や
人間ドックを受けると5万円程度に、

更に、脳ドックなどの高度な検査を加えると、
費用は一回で10万円近くかかってしまうようです。

このように、自己負担だと費用も高く、
定期的に受けることが難しくなってしまう
健康診断や人間ドックなんですが、

現在では多くの自治体で、
健康診断の費用を助成してくれる制度があるようで、

健康診断や人間ドックの費用を抑え、
定期的に受けられる環境が整ってきているようですね。

なので、健康診断や人間ドックを受ける場合には、
なるべく安く受ける為にも、

こういった自治体の助成金制度を
利用してみてはいかがでしょうか。

勿論、助成金制度の内容は、
各地方自治体により異なるようですが、

健康診断や人間ドックに掛かる費用の
何割かを負担してくれる為、

健康診断や人間ドックであれば1万円程度に、
脳ドック等の高度な検査を加えても
2万円程度で受けることができると言われているようです。

ですが、自治体の助成を受ける為には、
年齢制限や健康保険証を持っている等の条件があるようで、

全ての方が助成を受けられるわけではないようです。

なので、自治体によって条件も異なるんですが、
条件さえクリアしていれば、

安く健康診断や人間ドックを受けることが可能となるので、
一度自治体の助成制度を確認してみてはいかがでしょうか。

楽天で見る⇒人間ドック 検査

関連記事
PET検査って何なの?
腫瘍マーカーで何が分かるの?
尿検査では何が分かるの?
健康診断の結果を受けたらその後は?
人間ドックの料金や病院の選び方?

SponsoredLink



< なるべく安く健康診断や人間ドックを受ける?の記事はココまで >
| カテゴリ : 検査のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載