脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > てんかんって? ]

てんかんって?

< てんかんって?の記事はココから >

てんかんって?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

脳の細胞神経がいろいろな原因により過剰に興奮してしまい、
興奮する度に同じような発作を繰り返し起こしてしまう大脳の

慢性的な疾患のことをてんかんと言うようです。

普通の人は、微弱な電流が神経細胞を走っているようですが、
てんかんを患っている方は、

突然強い電流が神経細胞を走り出すようです。

そして、それがきっかけになり、意識を失ったり、
手足がしびれるというような発作が起こるようです。

この繰り返し起こる発作が、
てんかんの症状の最大の特徴なようですね。

てんかんは、発作の治療を行っていかなければ、
繰り返し発作が発生するようです。

てんかんの発作の原因は、
様々だと言われているようです。

昔から、てんかんは生まれつきの病気
だと考えられてきたようですよね。

でも、実際のところは、
交通事故などで起こった脳の外傷や脳炎、髄膜炎、

脳腫瘍などが原因となる症候性てんかんもあるようです。

脳腫瘍などがてんかんの原因となると言うことは、
乳幼児だけでなく、高齢の方にも起こりうる病気
だということなんです。

てんかんは、
三歳以下の乳幼児に多く見られる病気なようですが、

1,000人に対して5人〜10人が
てんかんを持っていると言われているようです。

ですので、てんかんを持っている人の確率は
比較的高いと言えるかも・・・。

又、乳幼児の頃は、
急な発熱時などにひきつけを起こすようなので、

よくてんかん発作と間違って
病院に行かれる方も少なくないようです。

他にも、
てんかん発作と間違えやすい発作としては、

過剰に飲酒してしまった時に起こるけいれんや
出産時に起こるけいれんがあるようですね。

何度も繰り返し発作が起こるようであれば、
病院で精密な脳の検査をしてもらった方が良いでしょう。

てんかんが気になる方は、
楽天で見てみて⇒てんかん

関連記事
学習障害?
広汎性発達障害?
注意欠陥多動障害?
発達障害の原因は?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< てんかんって?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 学習障害? ]

学習障害?

< 学習障害?の記事はココから >

学習障害?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

文部科学省では学習障害を、

知的発達に遅れはないものの、聞く、話す、読む、書く、計算する、
又は、推論する能力のうち特定のものの習得と使用に
著しい困難を示す様々な状態を指すものである、

と定義しているようですね。

上記のように定義されているので、
知的障害には含まれておらず、

自閉症などとはまた違った障害なようですね。

では、学習障害の特徴をあげてみますね。

生まれてから成長していく間に、
人は物事を相手に分かりやすく話すことを
習得していくようです。

ですが、この障害は、
相手に分かりやすく話すことができないようです。

自分のことなどを説明するのも苦手なようですが、
相手の話すことをよく聞くこともできないようですし、

理解することも困難なようで・・・。

聞きとることそのものにも
困難を示すことが多いようですね。

その為、学校など集団で行動を共にするにあたって、
先生の指示が聞き取れなかったりするようです。

それにに、同時に二つの指示をされてしまったら、
ますます混乱してしまうことも・・・。

基本的に聞くことに対して集中力が続かないようなので、
授業を受けても理解できないはず・・・。

字を読んだり書いたりすることも、
難しいようです。

普通に会話はできるのに漢字を読むことができなかったり、
文字に誤字脱字が多かったりもするようです。

学習障害には医学的な治療法がない
と言われているようですが、

だからと言って、
何もしなくて良いというわけではないんです。

学校では先生がこの障害の特徴を理解し、
ノートの取り方などを工夫していく必要があるようです。

普通学級に入れる程度の軽度な障害であれば、
遅れてもゆっくり時間をかけて学習していけば良いようです。

学習障害が気になる方は、
楽天で見てみて⇒学習障害

関連記事
てんかんって?
広汎性発達障害?
注意欠陥多動障害?
発達障害の原因は?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< 学習障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 広汎性発達障害? ]

広汎性発達障害?

< 広汎性発達障害?の記事はココから >

広汎性発達障害?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

広汎性発達障害と言うのは、脳の器質的な異常により、
生まれつき持った発達障害のことを言うようです。

ですので、広汎性発達障害だと診断されたとしても、
生まれてから今までの育て方などに、

何か問題があった為に起こったわけではないようです。

原因としては、主に、
遺伝によるものではないかと言われているようです。

染色体異常などの生物学的な異常が
要因となっているという説もあるようです。

症状の現れ方としては、
三点に注目してみてください。

まず、一点目は、
会話をする時などに視線が合わなかったり、

その場でどのような行動をとったら良いのか
とっさに判断することができない為に

友達を作れなかったり、
感情を上手く伝えることができなかったりするようです。

二点目として、
会話をしようと思っても言葉を上手く使えず、

ただオウム返しをしてしまうなど、
会話が成立せず上手にコミュニケーションを
とることができないようです。

三点目ですが、
行動や興味に特徴的な拘りをみせるようです。

この症状は、
幼児期の早い段階から現れることが多いようで、

その行動や興味は年齢と共に変化していく
と言われているようです。

例えば、
何かの雑音に敏感に反応してしまうような感覚過敏や、

周囲の人にしてみればどうでも良いようなことに
やたらと拘ってしまうなどの症状が出るかも・・・。

上記で述べたような症状が全てあてはまるような場合には、
自閉症と呼ばれることもあるようです。

自閉症は、
発達障害の一つとして分類されているようですね。

広汎性発達障害が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒広汎性発達障害

関連記事
てんかんって?
学習障害?
注意欠陥多動障害?
発達障害の原因は?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< 広汎性発達障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 注意欠陥多動障害? ]

注意欠陥多動障害?

< 注意欠陥多動障害?の記事はココから >

注意欠陥多動障害?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

注意欠陥多動障害は、
注意の欠陥や注意力の障害を特徴としていますが、

病気ではないようですね。

最近では、片付けられない症候群、
などといわれる方が、テレビや雑誌などで
取り上げられていることも多いですよね。

実は、この片付けられない症候群も、
注意欠陥多動障害に多い症状になるようですよ。

その他の症状としては、仕事や作業中に
細かいことに注意を払うことができない為に、

ミスが多くなってしまうかも・・・。

それに、話しかけられても
聞いていなかったりするようなので、

これやっておいて、と言われたことを
忘れてしまうこともよくあるはず・・・。

忘れ物などが多いのも、
注意欠陥多動障害の特徴の一つなようです。

上記のように、注意力が普通の人よりも
かなり欠如しているというのが、

一般的な注意欠陥多動障害の症状になるようですね。

それに、
活動が過剰であることも多いかも・・・。

例えば、
じっと同じ場所に座っているのが苦手だったり、

いつも手足のどこかを動かして
ソワソワしていたりするようです。

それ以外にも、衝動性があり、急に物を破壊し始めたり、
自分の順番が来るまで待てずに割り込んでしまったり、

質問を最後まで聞いていないにも関わらず、
答えてしまったりといった行動も多いようです。

殆どの場合には、幼児期の頃から
症状が見られるようになるようですが、

なかなか幼児期には気がつきにくいかも・・・。

成長していくうちに、周囲が他の子と違うことに
気がついていくというのがよくあるケースなようです。

片付けられない症候群は、
片付けられないことが問題ではなく、

片付けようとしていた物を忘れてしまったり、
注意力が欠如していることが問題なようです。

障害と聞くと抵抗があると思いますが、
親が早い段階で障害に気がついてあげる必要があるようです。

大きくなってから障害に気がつき、
社会で批判を浴びたりすると、

うつ病を発症しまう原因にもなりかねないようです。

親が自分の子供の障害を理解し、
適切な治療を受けられるような環境を作ってあげましょう。

注意欠陥多動障害が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒注意欠陥多動障害

関連記事
てんかんって?
学習障害?
広汎性発達障害?
発達障害の原因は?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< 注意欠陥多動障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 発達障害の原因は? ]

発達障害の原因は?

< 発達障害の原因は?の記事はココから >

発達障害の原因は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、発達障害の原因と言うのは、
これだという特定されたものがないようですね。

ですが、乳幼児期の育て方やしつけが
発達障害の原因になることはない、

と言うのは確かなようです。

ある発表では、発達障害の一種である自閉症の
兄弟間での発病率が2%なのに対し、

一卵性の双子の場合には、
片方が自閉症でもう一人も自閉症である確率が

60%〜90%という非常に高い割合であることが分かったようです。

この発表からも読み取れるように、
遺伝的な要素が高いのではないか、

と言われているようです。

遺伝的な要素の他に、
環境的要素も発達障害の原因ではないか、

と考えられているようですね。

昔の食生活と現代の食生活を比べてみると、
やはり、著しく環境が変化しているようなので、

食生活もかなり変わってしまいましたよね。

そんな中で、有害物質を知らないうちに
摂取する機会が多くなっているようです。

現段階では、あくまでも推測にすぎませんが、
この有害物質が発達障害を引き起こす原因に
なっているという説もあるようです。

この有害物質と言うのは、水銀、アルミニウム、
ベリリウム、ヒ素、カドミウムなどなようです。

これらの有害物質は、
知らないうちに体内に蓄積されていき、

脳の情報伝達や脳神経の生成などに障害をもたらすようで、
それが原因となって、発達障害が引き起こされるという説です。

どなたでも有害物質を体内に蓄積しているようで、
全く有害物質を体内に入れないことは不可能なようです。

でも、現代社会に生きている子供達の中には、
この有害物質をある一定量以上蓄積してしまうと、

体外に排出できない子供もいるようです。

そして、それが発達障害を増加させている原因
だと考えられているようですね。

発達障害の原因が気になる方は、
楽天で見てみて⇒発達障害 原因

関連記事
てんかんって?
学習障害?
広汎性発達障害?
注意欠陥多動障害?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< 発達障害の原因は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 発達障害の症状って? ]

発達障害の症状って?

< 発達障害の症状って?の記事はココから >

発達障害の症状って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

発達障害と言うのは、子供が成長し、
発達していく過程の初期段階で、

何らかの原因によって脳に障害を起こして、
成長していく過程で発達する言語や運動、

社会性などに障害がみられることを言うようですね。

発達障害とひと言でいっても、
その症状は様々で範囲も広いようで、

自閉症やてんかんなども
発達障害の一つなようですね。

同じ発達障害だと診断されても、
人によって症状が異なるようで、

障害がみられるようになった年齢や
その子の置かれている環境によっても、

症状が違ってくるようです。

発達障害は乳幼児期の頃には、
なかなか判断するのが難しいようですが、

大体5歳〜6歳位になってくると、
うちの子はちょっと周りの子と違うかも?

と思うようなことが出てくるようです。

例えば、授業中にどうしても
じっと座っていられなくなったり、

周りの子達が当たり前のようにできている計算が
できなかったり・・・。

このように、知能的な遅れがないにも関わらず、
何かを読んだり書いたり、計算する機能に

障害がみられることを学習障害と呼んでいるようです。

学校に通い始めると、お友達とコミュニケーションを
とる機会が必然的に増えてきますが、

上手くコミュニケーションをとることができなかったり、
上手く会話ができないことも・・・。

脳の機能に障害があることが原因で、
行動に問題が発生してしまう場合には、

注意欠陥多動性障害などとも呼ばれているようです。

その他にも、音や映像などに過敏に反応する
などという症状もみられるようです。

かと思えば、自分の好きなことを見つけると、
大人もびっくりしてしまうような集中力や

没頭をみせることも少なくないようです。

発達障害はその症状も様々なようですが、
現れる症状によっては、

社会で適応していくのが難しいこともあるでしょう。

なるべく早期段階で治療を行ったり、
支援を受けたりすることも必要になってくるようですね。

発達障害の症状が気になる方は、
楽天で見てみてみてはいかがです⇒発達障害 症状

関連記事
てんかんって?
学習障害?
広汎性発達障害?
注意欠陥多動障害?
発達障害の原因は?

SponsoredLink



< 発達障害の症状って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載