脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 成人発達障害? ]

成人発達障害?

< 成人発達障害?の記事はココから >

成人発達障害?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

成人発達障害と言うのは、
大学生以上の方の発達障害を言うようですね。

これまでは発達障害と言うと、
成人前の子供のものと認識されてきたようですが、

近年になって、大人の発達障害が
注目されるようになったようです。

例えば、

幼少期や思春期には発達障害だということに
本人も周囲の人間も気がつかず、

そのまま成長してしまったという場合なようです。

この場合、社会人になり、
仕事が上手くできなかったり、

対人関係でのトラブルが頻発するようになって、
発達障害だと判明することが多いようです。

大人の発達障害は、薬物療法などで
症状が改善することも少なくないようですね。

又、本人が発達障害を理解し、
適切な対処を行うことで

社会に適応できることもあるようです。

ですが、成人になってしまっているからこそ、
自分が発達障害だということを受け入れられずに、

告知した医師に多大な迷惑をかけてしまう場合も・・・。

それに、親が我が子の発達障害を
認めたがらないということもあるそうです。

発達障害の検査を受けること自体に
抵抗があるという方も少なくないようです。

とは言っても、
発達障害の症状を放置していては、

本人の生きづらさは変わりないかも・・・。

中には、成人になるまで
発達障害の症状を放置していたが為に、

立ち直るのにかなりの時間がかかってしまうほどの
トラウマを抱えてしまう発達障害患者もいらっしゃるようです。

なので、まずは、
発達障害の症状をチェックしてみて、

発達障害の疑いがないかどうかを
確かめてみるのが良いかも・・・。

成人発達障害の研究やサポート体制は、
子供の発達障害に比べると遅れているのが現状なようです。

それでも、
少しずつサポート体制も整ってきているようですから、

成人発達障害で悩んだら相談してみるのも良いのでは・・・。

成人発達障害が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒成人発達障害

関連記事
発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?
幼児の発達障害の注意点?
発達障害の治療方法?
発達障害と診断された時の注意点?
発達障害はどうやって診断?

SponsoredLink



< 成人発達障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた? ]

発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?

< 発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?の記事はココから >

発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?
これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

もし、発達障害児の子供がいじめられて帰ってきたら、
その子供の環境を変えてあげることを

考えた方が良いかもしれませんね。

発達障害のある子供って、周囲の人と上手に
コミュニケーションをとることができない場合が多いようで、

その為に、いじめの対象になってしまいがちなようです。

又、逆に、発達障害児が他の子供に暴力を
振るってしまうということも少なくないようです。

親としては、普通級に通わせたい、
と思うのが当然かも・・・。

でも、周囲の受け入れ態勢が整っていない場合には、
無理に普通級に通わせてしまうと、

子供本人が辛い思いをすることが殆どかも・・・。

いじめが起こるかどうかは、
担任の先生の力量に左右されるようです。

しっかりした指導力のある先生が、
クラスの子供に適切な指導をしていれば、

たとえ発達障害があったとしても
いじめを受けることはないようです。

ですが、現実には、
発達障害児へのいじめを抑制するどころか、

担任の先生がいじめに加担する、もしくは、
いじめを助長することもあるかも・・・。

又、校長先生や教頭先生が
発達障害児に対して偏見を持っていたり、

内心ではいじめを容認していることもあるようです。

子供は自分がいる環境を選べませんから、
適応できないような環境であれば、

もっと適応しやすい環境を探してあげるのも
親の役目ですよね。

それに、発達障害児が周囲に適応しやすいように、
適切な治療を受けさせてあげるのも、

必要不可欠なことかも・・・。

発達障害児をサポートする機関に相談したり、
フリースクールなどに通わせるのも一つの選択ですよね。

発達障害でのいじめが気になる方は、
楽天で見てみて⇒発達障害 いじめ

関連記事
成人発達障害?
幼児の発達障害の注意点?
発達障害の治療方法?
発達障害と診断された時の注意点?
発達障害はどうやって診断?

SponsoredLink



< 発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 幼児の発達障害の注意点? ]

幼児の発達障害の注意点?

< 幼児の発達障害の注意点?の記事はココから >

幼児の発達障害の注意点?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

幼児の発達障害の注意点としては、まず、
その子の症状をよく理解することなようですね。

ひとことで発達障害と言っても、
その症状の現れ方には個人差があるようです。

ですから、
一般的な発達障害の症状について知った上で、

その子に現れているのがどんな症状なのかを
よく観察するのが良いようです。

つまり、現れる症状によって、
対処法も異なるようですもんね。

適切な対処をすることで、
その症状を改善していくこともできるかも・・・。

例えば、

発達障害の一種であるアスペルガー障害の場合は、
言葉や知能的な遅れが殆ど無い、

と言われているようですよね。

ですが、ルールが守れなかったり、
人の気持ちを思い遣ったりすることができないようで、

周囲の子と上手くやっていけないことが多いようです。

それでも、周囲には、ちょっと変わった子、
自分勝手な子だと思われてしまうだけのことも

よくあるようです。

親や本人でさえ、思春期、又は、成人するまで、
アスペルガー障害だということに

気付かない場合も珍しくないようですね。

勿論、本人はわけも分からず、仲間はずれにされたり、
いじめられたりするようですから、

精神的なトラウマになってしまうこともあるかも・・・。

幼児期からアスペルガー障害に気が付けたのであれば、
どうしたら友達と上手く付き合っていけるのか、

コミュニケーションの方法を
教えてあげることが重要なようです。

叱ったり、注意したりするのではなく、
その子にとって分かりやすいように根気よく

説明する必要があるようですよ。

注意欠陥多動性障害(ADHD)の場合には、
とにかくじっとしていることが難しいようで、

なるべく目を放さないようにすることが大事なようです。

この発達障害は、
突然、道路に飛び出してしまったり、

周囲の子に乱暴をしたりする可能性が高いかも・・・。

又、集中力が続かないようなので、
長々と叱り続けても理解できないようです。

なので、具体的に分かりやすく、
端的に伝える必要があるようですね。

この発達障害の場合にも、根気よく
コミュニケーションのとり方などを教えていくことで、

社会に適応していけるようになることが多いようです。

幼児の発達障害は、やみくもに叱ったり、
ヒステリックに怒鳴ったりしないで、

その子に合わせた子育てをしてあげるのが良いようですね。

幼児の発達障害が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒幼児の発達障害

関連記事
成人発達障害?
発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?
発達障害の治療方法?
発達障害と診断された時の注意点?
発達障害はどうやって診断?

SponsoredLink



< 幼児の発達障害の注意点?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 発達障害の治療方法? ]

発達障害の治療方法?

< 発達障害の治療方法?の記事はココから >

発達障害の治療方法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

発達障害の治療方法としては、心理療法、
行動療法、薬物療法などがあるようです。

いずれの治療方法も、
なるべく早期に治療を開始した方が、

より効果を得られるかも・・・。

発達障害の心理療法は、医師や臨床心理士、
カウンセラーなどによるカウンセリングが行われるようです。

具体的には、対人関係療法や認知療法、力動的心理療法、
精神分析といった手法を用いることが多いようです。

発達障害の行動療法には、言語・コミュニケーション訓練、
ソーシャル・スキル・トレーニングといった方法があるようです。

その子のペースに合わせて、
コミュニケーションスキルを向上させ、

周囲の人間との関係を築けるように
サポートするようですね。

発達障害の薬物療法は、その子の症状に合わせて、
問題となる症状を抑える薬を処方するようです。

例えば、てんかんの発作が起こってしまうようなら、
デパケンやエクセグランといった抗てんかん薬を

服用するようです。

他にも、ドーパミン拮抗薬や中枢興奮薬、
セロトニン系薬剤などが処方されることも・・・。

薬を服用して症状を抑えることで、
社会適応しやすくなるようですが、

その効果の分、
副作用が起きてしまうこともあるかも・・・。

服用の際には、医師とよく相談し、
その指導に従ってくださいね。

又、近年では、親も子供と一緒に治療を受けられる
ペアレントトレーニングなどの家族支援も

行われるようになってきているようです。

もし、発達障害の治療方法や教育に悩んだら、
厚生労働省の発達障害情報センターなどに

相談すると良いかもしれませんね。

発達障害の治療が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒発達障害 治療

関連記事
成人発達障害?
発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?
幼児の発達障害の注意点?
発達障害と診断された時の注意点?
発達障害はどうやって診断?

SponsoredLink



< 発達障害の治療方法?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 発達障害と診断された時の注意点? ]

発達障害と診断された時の注意点?

< 発達障害と診断された時の注意点?の記事はココから >

発達障害と診断された時の注意点?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、発達障害と診断された時、
どのような点に注意すると良いんでしょう。

殆どの方は、我が子が発達障害だと
診断されたことを受け入れられないのでは・・・。

我が子に発達障害がある、
ということを受け入れるまでには、

五段階の過程を経ることが多い、
とされているようです。

どんなことかと言うと、
ショック、否認、悲しみと怒り、適応、再起、

の五段階なようですね。

もっと細分化して、
十一段階に分けることもあるようですが、

誰でも受け入れられないものだと言えるかも・・・。

それぞれの段階に
どのくらいの期間が必要になるかは、その人によるようですから、

夫婦の間で異なることも多いかも・・・。

その結果として、夫婦関係が一時的に
悪化してしまうことも少なくないようですね。

でも、子供を守り、育てるはずの親が
我が子の発達障害を理解して受け入れてあげないと、

辛い思いをするのは子供なようです。

親が発達障害を否定したり、
受け入れなかったことが原因になって、

思春期や成人してから社会生活を送るのに
支障をきたしてしまう例もあるようです。

まずは、我が子の発達障害が
どういう症状なのかを知りましょう。

そして、どんな風に接することが
子供にとって良いのかを学ぶと良いかも・・・。

最近では、発達障害の子供やその親に対する
サポート体制も整ってきているようですよね。

なので、一人で、あるいは、夫婦だけで悩まずに、
サポート機関を頼るのも、

結果的には子供の為になるはず・・・。

たとえ発達障害の子供だったとしても、
周囲が発達成長を正しくサポートすることができれば、

十分に社会に適応していけるようですね。

発達障害が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒発達障害

関連記事
成人発達障害?
発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?
幼児の発達障害の注意点?
発達障害の治療方法?
発達障害はどうやって診断?

SponsoredLink



< 発達障害と診断された時の注意点?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 発達障害はどうやって診断? ]

発達障害はどうやって診断?

< 発達障害はどうやって診断?の記事はココから >

発達障害はどうやって診断?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

発達障害と言うのは、自閉症や高機能自閉症、
アスペルガー症候群が含まれる広汎性発達障害、

学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)、
言語発達障害、知的障害などの総称になるようですね。

発達障害の診断はとっても難しいようで、
複数の症状が重複していることもあるようです。

発達障害の明確な原因はまだ解明されていないようなんですが、
先天的な要因であり、しつけや育て方などは関係ないようです。

発達障害の診断の際には、
中枢神経系の器質的な疾患の検査もしなくてはいけない為、

発達障害診療医師か小児神経専門医に
診断してもらう必要があるようです。

それ以外の医師の診断では、
誤診が起こることも多いようですし、

気休めのようなことを言われて
不安がつのるだけの結果に終わることも多いようです。

勿論、専門の医療機関以外に相談しても、
発達障害の診断をしてもらうことはできないようです。

我が子が他の子とは違うことを認めるのは難しいでしょうが、
診断を先延ばしにしても、親子共につらいだけかも・・・。

つまり、早めに診断を受けて、
適切に対処してあげることで、

子どもの健全な発育にも繋がるでしょう。

それに、療育機関での療育を受けたり、
薬物療法を行うことで、

症状が軽減できることもあるかも・・・。

発達障害をどこで診断してもらえば良いかなど、
発達障害に関することは、

各都道府県にある発達障害者支援センターに
電話で相談することもできるようです。

発達障害を放置したり、適切な対処をしないことで、
将来、引きこもりになったり、

うつ病を発症するなどの
二次障害が起こることも少なくないようです。

発達障害が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒発達障害

関連記事
成人発達障害?
発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?
幼児の発達障害の注意点?
発達障害の治療方法?
発達障害と診断された時の注意点?

SponsoredLink



< 発達障害はどうやって診断?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > てんかんって? ]

てんかんって?

< てんかんって?の記事はココから >

てんかんって?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

脳の細胞神経がいろいろな原因により過剰に興奮してしまい、
興奮する度に同じような発作を繰り返し起こしてしまう大脳の

慢性的な疾患のことをてんかんと言うようです。

普通の人は、微弱な電流が神経細胞を走っているようですが、
てんかんを患っている方は、

突然強い電流が神経細胞を走り出すようです。

そして、それがきっかけになり、意識を失ったり、
手足がしびれるというような発作が起こるようです。

この繰り返し起こる発作が、
てんかんの症状の最大の特徴なようですね。

てんかんは、発作の治療を行っていかなければ、
繰り返し発作が発生するようです。

てんかんの発作の原因は、
様々だと言われているようです。

昔から、てんかんは生まれつきの病気
だと考えられてきたようですよね。

でも、実際のところは、
交通事故などで起こった脳の外傷や脳炎、髄膜炎、

脳腫瘍などが原因となる症候性てんかんもあるようです。

脳腫瘍などがてんかんの原因となると言うことは、
乳幼児だけでなく、高齢の方にも起こりうる病気
だということなんです。

てんかんは、
三歳以下の乳幼児に多く見られる病気なようですが、

1,000人に対して5人〜10人が
てんかんを持っていると言われているようです。

ですので、てんかんを持っている人の確率は
比較的高いと言えるかも・・・。

又、乳幼児の頃は、
急な発熱時などにひきつけを起こすようなので、

よくてんかん発作と間違って
病院に行かれる方も少なくないようです。

他にも、
てんかん発作と間違えやすい発作としては、

過剰に飲酒してしまった時に起こるけいれんや
出産時に起こるけいれんがあるようですね。

何度も繰り返し発作が起こるようであれば、
病院で精密な脳の検査をしてもらった方が良いでしょう。

てんかんが気になる方は、
楽天で見てみて⇒てんかん

関連記事
学習障害?
広汎性発達障害?
注意欠陥多動障害?
発達障害の原因は?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< てんかんって?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 学習障害? ]

学習障害?

< 学習障害?の記事はココから >

学習障害?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

文部科学省では学習障害を、

知的発達に遅れはないものの、聞く、話す、読む、書く、計算する、
又は、推論する能力のうち特定のものの習得と使用に
著しい困難を示す様々な状態を指すものである、

と定義しているようですね。

上記のように定義されているので、
知的障害には含まれておらず、

自閉症などとはまた違った障害なようですね。

では、学習障害の特徴をあげてみますね。

生まれてから成長していく間に、
人は物事を相手に分かりやすく話すことを
習得していくようです。

ですが、この障害は、
相手に分かりやすく話すことができないようです。

自分のことなどを説明するのも苦手なようですが、
相手の話すことをよく聞くこともできないようですし、

理解することも困難なようで・・・。

聞きとることそのものにも
困難を示すことが多いようですね。

その為、学校など集団で行動を共にするにあたって、
先生の指示が聞き取れなかったりするようです。

それにに、同時に二つの指示をされてしまったら、
ますます混乱してしまうことも・・・。

基本的に聞くことに対して集中力が続かないようなので、
授業を受けても理解できないはず・・・。

字を読んだり書いたりすることも、
難しいようです。

普通に会話はできるのに漢字を読むことができなかったり、
文字に誤字脱字が多かったりもするようです。

学習障害には医学的な治療法がない
と言われているようですが、

だからと言って、
何もしなくて良いというわけではないんです。

学校では先生がこの障害の特徴を理解し、
ノートの取り方などを工夫していく必要があるようです。

普通学級に入れる程度の軽度な障害であれば、
遅れてもゆっくり時間をかけて学習していけば良いようです。

学習障害が気になる方は、
楽天で見てみて⇒学習障害

関連記事
てんかんって?
広汎性発達障害?
注意欠陥多動障害?
発達障害の原因は?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< 学習障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 広汎性発達障害? ]

広汎性発達障害?

< 広汎性発達障害?の記事はココから >

広汎性発達障害?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

広汎性発達障害と言うのは、脳の器質的な異常により、
生まれつき持った発達障害のことを言うようです。

ですので、広汎性発達障害だと診断されたとしても、
生まれてから今までの育て方などに、

何か問題があった為に起こったわけではないようです。

原因としては、主に、
遺伝によるものではないかと言われているようです。

染色体異常などの生物学的な異常が
要因となっているという説もあるようです。

症状の現れ方としては、
三点に注目してみてください。

まず、一点目は、
会話をする時などに視線が合わなかったり、

その場でどのような行動をとったら良いのか
とっさに判断することができない為に

友達を作れなかったり、
感情を上手く伝えることができなかったりするようです。

二点目として、
会話をしようと思っても言葉を上手く使えず、

ただオウム返しをしてしまうなど、
会話が成立せず上手にコミュニケーションを
とることができないようです。

三点目ですが、
行動や興味に特徴的な拘りをみせるようです。

この症状は、
幼児期の早い段階から現れることが多いようで、

その行動や興味は年齢と共に変化していく
と言われているようです。

例えば、
何かの雑音に敏感に反応してしまうような感覚過敏や、

周囲の人にしてみればどうでも良いようなことに
やたらと拘ってしまうなどの症状が出るかも・・・。

上記で述べたような症状が全てあてはまるような場合には、
自閉症と呼ばれることもあるようです。

自閉症は、
発達障害の一つとして分類されているようですね。

広汎性発達障害が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒広汎性発達障害

関連記事
てんかんって?
学習障害?
注意欠陥多動障害?
発達障害の原因は?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< 広汎性発達障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!発達障害のお話 > 注意欠陥多動障害? ]

注意欠陥多動障害?

< 注意欠陥多動障害?の記事はココから >

注意欠陥多動障害?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

注意欠陥多動障害は、
注意の欠陥や注意力の障害を特徴としていますが、

病気ではないようですね。

最近では、片付けられない症候群、
などといわれる方が、テレビや雑誌などで
取り上げられていることも多いですよね。

実は、この片付けられない症候群も、
注意欠陥多動障害に多い症状になるようですよ。

その他の症状としては、仕事や作業中に
細かいことに注意を払うことができない為に、

ミスが多くなってしまうかも・・・。

それに、話しかけられても
聞いていなかったりするようなので、

これやっておいて、と言われたことを
忘れてしまうこともよくあるはず・・・。

忘れ物などが多いのも、
注意欠陥多動障害の特徴の一つなようです。

上記のように、注意力が普通の人よりも
かなり欠如しているというのが、

一般的な注意欠陥多動障害の症状になるようですね。

それに、
活動が過剰であることも多いかも・・・。

例えば、
じっと同じ場所に座っているのが苦手だったり、

いつも手足のどこかを動かして
ソワソワしていたりするようです。

それ以外にも、衝動性があり、急に物を破壊し始めたり、
自分の順番が来るまで待てずに割り込んでしまったり、

質問を最後まで聞いていないにも関わらず、
答えてしまったりといった行動も多いようです。

殆どの場合には、幼児期の頃から
症状が見られるようになるようですが、

なかなか幼児期には気がつきにくいかも・・・。

成長していくうちに、周囲が他の子と違うことに
気がついていくというのがよくあるケースなようです。

片付けられない症候群は、
片付けられないことが問題ではなく、

片付けようとしていた物を忘れてしまったり、
注意力が欠如していることが問題なようです。

障害と聞くと抵抗があると思いますが、
親が早い段階で障害に気がついてあげる必要があるようです。

大きくなってから障害に気がつき、
社会で批判を浴びたりすると、

うつ病を発症しまう原因にもなりかねないようです。

親が自分の子供の障害を理解し、
適切な治療を受けられるような環境を作ってあげましょう。

注意欠陥多動障害が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒注意欠陥多動障害

関連記事
てんかんって?
学習障害?
広汎性発達障害?
発達障害の原因は?
発達障害の症状って?

SponsoredLink



< 注意欠陥多動障害?の記事はココまで >
| カテゴリ : 発達障害のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
コレステロールの多い食品?
コレステロールの役割?
コレステロールの種類?
コレステロールが高いと病気になる?
アトピーは完治しない?
アトピーに適した食事?
アトピーの漢方薬?
アトピーの薬?
アトピーの原因?
アトピーの症状?
成人発達障害?
発達障害児の子供がいじめられて帰ってきた?
幼児の発達障害の注意点?
発達障害の治療方法?
発達障害と診断された時の注意点?
発達障害はどうやって診断?
メニエール病と耳鳴りの関係?
耳鳴りをサプリメントで解消?
耳鳴り治療には漢方が効果的?
耳鳴りをツボ治療?
耳鳴りを心理療法で治療?
耳鳴りを薬で治療?
子宮筋腫は東洋医学で改善?
女性ホルモンと子宮筋腫の関係?
20代でも子宮筋腫になる可能性がある?
子宮筋腫で子宮を摘出すると何が変わる?
子宮筋腫手術の種類と費用?
子宮筋腫とがんの関係性?
十二指腸潰瘍は胃がんになる可能性?
胃潰瘍と十二指腸潰瘍の違い?
十二指腸潰瘍の治療?
十二指腸潰瘍の検査?
十二指腸潰瘍の原因?
十二指腸潰瘍の症状?
顎関節症と歯の関係?
顎関節症は予防できる?
顎関節症の検査?
顎関節症の種類?
顎関節症の原因?
顎関節症の症状?
乾癬の病院?
乾癬を塗り薬で治療?
膿庖性乾癬の症状?
尋常性乾癬の症状?
乾癬の発症原因?
乾癬?
大腸癌の薬物治療?
大腸癌の放射線治療?
大腸癌の進行速度はステージ?
大腸癌にも種類がある?
大腸癌の検査方法?
大腸癌の初期症状?
吃音症だと職業選択や就職に不利?
大人と子どもの吃音症の違い?
吃音症の検査?
吃音症になる原因?
吃音症の種類?
吃音症の症状?
逆流性食道炎には漢方薬が効く?
逆流性食道炎に効果的な薬?
逆流性食道炎と食事の関係?
逆流性食道炎はストレスや悩みと関係?
逆流性食道炎の原因?
逆流性食道炎の症状?
腰痛の治療に牽引療法?
腰痛の治療には運動療法が効果的?
腰痛の治療にはマッサージが有効?
内臓のトラブルが腰痛の原因?
腰痛は姿勢の異常が原因?
腰痛の症状って?
中性脂肪値を下げる薬?
中性脂肪を減らす食事?
中性脂肪の基準値?
中性脂肪はアルコールを飲むと高くなる?
中性脂肪値が高くなる原因?
中性脂肪って?
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載