脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮筋腫のお話 > 子宮筋腫の手術? ]

子宮筋腫の手術?

< 子宮筋腫の手術?の記事はココから >

子宮筋腫の手術?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、子宮筋腫の手術方法は二つあるようで、
子宮全摘術と子宮筋腫核出術があるようですね。

子宮筋腫が原因で、
不妊や流産を繰り返してしまっている女性や、

これから先、妊娠や出産を望んでいる女性には、
子宮筋腫核出術を行うようです。

筋腫核出術と言うのは、
発症している筋腫部分だけを摘出する手術なようで、

核出術にもいくつか方法があるようです。

近年、最も一般的に行われている手術方法は、
腹式子宮筋腫核出術なようで、

これはお腹を切開して行われる手術なようですね。

どうしてもお腹を切開したくないという女性には、
腹腔鏡下子宮筋腫核出術という方法が用いられるようです。

これは、数箇所小さく切開し、
ここから腹腔鏡と手術器具を入れて

筋腫を摘出するという手術方法なようです。

ですが、大きめのサイズの筋腫だと、
小さく細かくしてから摘出するので時間がかかるようですし、

一定以上に大きな筋腫の場合には、
この手術方法は使えないようです。

それに、この方法を用いている病院は
まだまだ少ないと言われているようですね。

上記の方法は、
小さなサイズの筋腫に用いられる方法なようですが、

筋腫のサイズが大きい場合には、
全摘術を用いることが多よういです。

全摘術には、複式単純子宮全摘術と
膣式純子宮全摘術の二つの方法があるようです。

複式単純子宮全摘術は、
筋腫がかなり大きく成長してしまったせいで、

卵巣にまで影響を及ぼしている時に行われる手術なようです。

子宮筋腫の再発を予防する為に
子宮を全部取り除いてしまう手術なようですから、

おへその下から約10cm程度は
腹部を切開しなくてはいけないようです。

それ対して、膣式純子宮全摘術は、簡単に言うと、
お腹を切開しなくても行える全摘術なようですね。

筋腫のサイズがそれほど大きくない場合や
子宮が他の臓器などと癒着していない場合に行われるようです。

お腹を切開しない分、
手術後の回復が早いという特徴があるようですね。

子宮筋腫の手術が気になる方は、
楽天で見てみて⇒子宮筋腫 手術

関連記事
子宮筋腫の保存的治療?
子宮筋腫を薬物治療?
子宮筋腫の原因って?
子宮筋腫の種類?
子宮筋腫の症状って?

SponsoredLink



< 子宮筋腫の手術?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮筋腫のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮筋腫のお話 > 子宮筋腫の保存的治療? ]

子宮筋腫の保存的治療?

< 子宮筋腫の保存的治療?の記事はココから >

子宮筋腫の保存的治療?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮筋腫の治療法の一つとして、
保存的治療があるようですね。

子宮筋腫と診断されても、
緊急に手術が必要でなければ、

子宮摘出は最終手段で、
まずはこの保存的治療を行っていくようですね。

子宮筋腫の状態がそれほど悪くない場合には、
ピルを処方されることも多いようです。

ピルによって、子宮筋腫の症状である
月経痛や月経過多を和らげながら、

子宮筋腫の状態を毎回検査していくようです。

ただ、ピルを使っての保存的療法は、
子宮筋腫の状態を緩和することはできるようですが、

根源である卵巣や子宮に対しての治療を
行っているわけではないようなので、

あくまでも対処療法なようです。

保存的治療としては、
他にもホルモン療法があるようです。

近年では、卵巣や子宮ととても深い関係にある
エストロゲンというホルモンが、

子宮筋腫を進行させてしまう、
と考えられているようですね。

つまり、筋腫を進行させない為には、
このエストロゲンの働きを抑制する必要があるようです。

ホルモン療法でエストロゲンの働きを抑制することによって、
卵巣の機能を低下させることができるようですよ。

これにより、月経も止めてしまうようなので、
出血や痛みから逃れることができ、

子宮筋腫がこれ以上大きくならないように
することも可能になってくるようです。

ですが、ホルモン治療も実際には
子宮筋腫自体の治療をしているわけではないようです。

それでも、この治療を受けた約70%の方は、
完治していると言われているようですね。

残りの約30%の方は再発してしまうようですが、
再発した時には摘出手術を考える方も多いようです。

子宮筋腫の治療が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒子宮筋腫 治療

関連記事
子宮筋腫の手術?
子宮筋腫を薬物治療?
子宮筋腫の原因って?
子宮筋腫の種類?
子宮筋腫の症状って?

SponsoredLink



< 子宮筋腫の保存的治療?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮筋腫のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮筋腫のお話 > 子宮筋腫を薬物治療? ]

子宮筋腫を薬物治療?

< 子宮筋腫を薬物治療?の記事はココから >

子宮筋腫を薬物治療?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮筋腫だと診断されたからと言って、
すぐに摘出術を考える必要はないかも・・・。

検査をしていった結果、
それほど筋腫のサイズが大きくなければ、

薬物治療を行っていくことも可能なようですよ。

子宮筋腫は卵巣ホルモンであるエストロゲンの働きによって、
筋腫が大きくなり、様々な症状が出てくるようです。

このホルモンの働きを抑制する為に
薬物が投与されるようですが、

その薬物治療に使われているお薬が
GnRHアゴニストという薬なようです。

この薬は、一時的にエストロゲンの分泌を抑えて、
筋腫の大きさを小さくしてくれるようです。

長期間投与することにより、
月経が止まるようです。

月経が止まると、子宮が小さくなるようですから、
一時的ではあるようですが、

閉経した時と同じような状態になるようです。

そうすることによって、
筋腫のサイズも小さくなっていくようですが、

半年から一年位はこの薬を投与しないと、
筋腫のサイズが小さくならないと言われているようです。

服用の期間が長いだけならともかく、
ホルモンの動きを抑制する薬なようですから、

副作用が出てしまうことも少なくないようです。

副作用の主なものとしては、
手足の冷えや急なのぼせ、イライラ等なようです。

薬によって閉経時と同じような状態にしている為、
更年期障害で主に見られるような副作用が
出てくる可能性があるようです。

又、GnRHアゴニストでは、
筋腫のサイズを小さくすることはできるようですが、

筋腫そのものを完全に失くすことはできないようで、
一度は筋腫のサイズを小さくできても、

服用を止めてしばらくすると
再発してしまうことも多いようですね。

子宮筋腫の治療が気になる方は、
楽天で見てみて⇒子宮筋腫 治療

関連記事
子宮筋腫の手術?
子宮筋腫の保存的治療?
子宮筋腫の原因って?
子宮筋腫の種類?
子宮筋腫の症状って?

SponsoredLink



< 子宮筋腫を薬物治療?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮筋腫のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮筋腫のお話 > 子宮筋腫の原因って? ]

子宮筋腫の原因って?

< 子宮筋腫の原因って?の記事はココから >

子宮筋腫の原因って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮筋腫の原因としては、
様々な説があげられているようです。

先ず、一つ目は、
お母さんのお腹の中にいる時に、

既に筋腫の芽が作られているのではないかという説です。

女性として成長していくにつれて、
卵巣から女性ホルモンが分泌されるようになり、

この筋腫の芽もどんどん成長していくようです。

女性ホルモンが分泌される時期になると、
月経も起こり始め、月経を繰り返し迎えていくうちに、

筋腫の芽が子宮筋腫へとなっていくのではないか、
と考えられているようです。

又、この月経自体が子宮筋腫の芽となってしまう細胞を
作り出す原因だという説もあるようですね。

子宮の筋肉というのは、
常に妊娠に向けての準備作業を行っているようです。

ですが、妊娠せずに月経を繰り返すことによって、
毎回この妊娠へ向けての準備は

中断されてしまうことになるようです。

妊娠に向けての準備を中断させてしまうことによって、
細胞に筋腫の芽となるような異常な細胞を

作り出してしまうという説になるようです。

この他にも、免疫力の低下が、
子宮筋腫の原因ではないかという説もあるようです。

現代社会では、ストレスを感じない人は
殆どいないのでは・・・。

最近では、女性の喫煙率も上がっているようですし、
不規則な生活や乱れた食生活、

運動不足なども免疫力を低下させてしまう
要因になっているようですね。

食品添加物や環境ホルモンなどという言葉を
よく耳にされるかもしれませんが、

これらも免疫力を低下させる要因になるるようです。

免疫力の低下から、
女性はホルモンバランスを崩してしまい、

ホルモンバランスを崩してしまうことが、
子宮筋腫を発生させてしまう原因となるとされているようです。

子宮筋腫が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒子宮筋腫

関連記事
子宮筋腫の手術?
子宮筋腫の保存的治療?
子宮筋腫を薬物治療?
子宮筋腫の種類?
子宮筋腫の症状って?

SponsoredLink



< 子宮筋腫の原因って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮筋腫のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮筋腫のお話 > 子宮筋腫の種類? ]

子宮筋腫の種類?

< 子宮筋腫の種類?の記事はココから >

子宮筋腫の種類?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮筋腫のうちの約90%は、
子宮体部にできる体部筋腫だと言われているようですね。

そして、残りの10%は、
子宮頸部にできる頸部筋腫なようです。

体部筋腫はできた場所によって、
更に三種類の子宮筋腫に分けられているようです。

子宮筋腫は、その種類によって、
症状や治療法も変わってくるようですね。

先ずは、
しょう膜下筋腫についてお話してみますね。

その名の通り、子宮の一番外側で全体を覆っている
しょう膜という膜の下にできる筋腫のことです。

この筋腫は、子宮の外へ向かって大きくなっていき、
子宮から突出してしまう場合もあるようです。

子宮筋腫の約20%が、
このしょう膜下筋腫だと診断されているようです。

子宮腔を直接圧迫しないようで、他の筋腫と違って、
過多月経や貧血などの症状が出ないのが特徴なようです。

症状が出ない為、気がつきにくく、
筋腫が大きくなってしまうことで
他の臓器を圧迫してしまい、

頻尿や便秘を起こすこともあるようです。

子宮筋腫のうち、70%と高い割合を占めているのが、
筋層内筋腫なようですね。

小さい物なら大豆程度なようですが、大きい物だと
鶏の卵くらいの大きさにまでなるようです。

筋層内筋腫は、
小さい物だと殆ど症状が出ないようですが、

大きくなると月経時の経血量が増え、
レバー状の血の固まりが出ることもあるようです。

三種類の中で、
最も重症だと言われている筋腫が、

粘膜下筋腫なようですね。

子宮内膜に筋腫ができる為、
宮内の壁が凸凹してしまうようです。

そうなると、受精卵が着床しにくくなり、
不妊症の原因にもなってしまうようです。

筋腫の大きさが小さくても症状が重く、
過多や過長月経になったり、

月経時に激しい痛みを感じることもあるようですね。

子宮筋腫が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒子宮筋腫

関連記事
子宮筋腫の手術?
子宮筋腫の保存的治療?
子宮筋腫を薬物治療?
子宮筋腫の原因って?
子宮筋腫の症状って?

SponsoredLink



< 子宮筋腫の種類?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮筋腫のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮筋腫のお話 > 子宮筋腫の症状って? ]

子宮筋腫の症状って?

< 子宮筋腫の症状って?の記事はココから >

子宮筋腫の症状って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮筋腫と言うのは、初期の段階では
全く症状が現れないことも多いようですね。

会社の健康診断などで婦人科検診を受けたら、
偶然発見されたなんて場合もよくあるようです。

子宮筋腫の症状は、筋腫の種類やできる場所、
筋腫の大きさによっても変わってくるようですね。

場合によっては、自覚症状が無いまま、
かなりの時間が経過してしまうことも・・・。

子宮筋腫の最も分かりやすい症状に、
月経の変化があるようです。

例えば、月経困難症や過多月経が、
その症状の代表的なものなようです。

ただ、子宮筋腫でなくても、
月経時にお腹が痛くなることはよくあるようなので、

その痛みが一過性のものなのか、
子宮筋腫によるものなのか判断が難しいかも・・・。

ですが、これまでの月経に比べて、
明らかに痛みが強い場合には、

婦人科を受診された方が良いでしょう。

又、
過多月経や過長月経が起こることもあるようです。

これは、
以前よりも月経時の経血量が増えることを過多月経、

月経の期間が8日以上になることを過長月経と言うようです。

経血量が増える、もしくは、月経の期間が長くなることで、
貧血を頻繁に起こすようになることもあるようです。

筋腫が大きくなってしまうと、
周辺にある臓器を圧迫するようです。

例えば、膀胱や大腸を圧迫すると、頻尿になったり、
便秘になったりするようです。

更に、大きくなった筋腫が
骨盤内にある神経を圧迫することで、

腰痛が起こることもあるようですね。

子宮内膜に筋腫ができると、
受精卵が着床しにくくなるようで、

不妊症の原因にもなるかも・・・。

このように、
子宮筋腫で起こる症状にはいろいろあるようですが、

この症状が起こったからといって
必ずしも子宮筋腫だとは限らないようです。

でも、月経に異常を感じたら、
早めに婦人科でその原因を検査した方が良いかもしれませんね。

子宮筋腫の症状が気になる方は、
楽天で見てみて⇒子宮筋腫 症状

関連記事
子宮筋腫の手術?
子宮筋腫の保存的治療?
子宮筋腫を薬物治療?
子宮筋腫の原因って?
子宮筋腫の種類?

SponsoredLink



< 子宮筋腫の症状って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮筋腫のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
十二指腸潰瘍の検査?
十二指腸潰瘍の原因?
十二指腸潰瘍の症状?
顎関節症と歯の関係?
顎関節症は予防できる?
顎関節症の検査?
顎関節症の種類?
顎関節症の原因?
顎関節症の症状?
乾癬の病院?
乾癬を塗り薬で治療?
膿庖性乾癬の症状?
尋常性乾癬の症状?
乾癬の発症原因?
乾癬?
大腸癌の薬物治療?
大腸癌の放射線治療?
大腸癌の進行速度はステージ?
大腸癌にも種類がある?
大腸癌の検査方法?
大腸癌の初期症状?
吃音症だと職業選択や就職に不利?
大人と子どもの吃音症の違い?
吃音症の検査?
吃音症になる原因?
吃音症の種類?
吃音症の症状?
逆流性食道炎には漢方薬が効く?
逆流性食道炎に効果的な薬?
逆流性食道炎と食事の関係?
逆流性食道炎はストレスや悩みと関係?
逆流性食道炎の原因?
逆流性食道炎の症状?
腰痛の治療に牽引療法?
腰痛の治療には運動療法が効果的?
腰痛の治療にはマッサージが有効?
内臓のトラブルが腰痛の原因?
腰痛は姿勢の異常が原因?
腰痛の症状って?
中性脂肪値を下げる薬?
中性脂肪を減らす食事?
中性脂肪の基準値?
中性脂肪はアルコールを飲むと高くなる?
中性脂肪値が高くなる原因?
中性脂肪って?
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載