脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不妊治療のお話 > 体外受精をした人の体験談や口コミ? ]

体外受精をした人の体験談や口コミ?

< 体外受精をした人の体験談や口コミ?の記事はココから >

体外受精をした人の体験談や口コミ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、体外受精をした人の
体験談や口コミをご紹介してみますね。

・初めての体外受精は不安なことばかりで、
  主人と二人で何度も先生と話し合いました。

  疑問点や不安点を少しでも解消することが、
  これから先の治療方法に対する心構えになると思います。

・採卵する時は麻酔をしますが、
  それでもかなりの苦痛を感じました。

  とにかくリラックスをすることが大切です。

・一回で成功するなんて期待しないようにしています。
  もし駄目でも、何度でもチャレンジするつもりで

  挑むと気持ちも楽になりますよ。

・治療中は体がきつくてイライラして、
  何度も旦那にきつく当たってしまいました。

  これから治療を受ける人は、
  「今日はこんな治療をしたの」、

  「注射がとっても痛くて気分が悪いの」
  などと治療経過をきちんと説明して、

  体が今どんな状態なのかを理解してもらうようにすると、
  治療中も夫婦関係を良好に保てるかもしれません。

・体外受精は、精神的、肉体的、そして、
  金銭的にも辛いですが、

  妊娠したと分かった時に全てが報われます。
  妊娠できると信じて頑張ってください。

・体外受精にチャレンジする度に、
  たとえ子供を授からなくてもずっと夫婦仲良く

  暮らして行こうと主人と話し合っています。

  そのお陰で夫婦の絆も深まった感じなので、
  それだけでも体外受精の治療を受けて良かった
  と思っています。

・三回目の体外受精はさすがに金銭的に
  余裕がなくて辛いのですが、

  それでもここで止めてしまうと
  将来後悔しそうなので頑張っています。

  自分が納得いくまで続けていくつもりです。

などの体験談や口コミがありました。
少しでも参考になると嬉しいのですが・・・。

体外受精が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒体外受精

関連記事
体外受精に掛かる費用は?
体外受精をするまでの流れ?
体外受精が失敗する確率や成功率は?
体外受精の安全性やリスク?
体外受精と人工授精の違いは?

SponsoredLink



< 体外受精をした人の体験談や口コミ?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不妊治療のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不妊治療のお話 > 体外受精に掛かる費用は? ]

体外受精に掛かる費用は?

< 体外受精に掛かる費用は?の記事はココから >

体外受精に掛かる費用は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

赤ちゃんが欲しくても、経済的な理由で
体外受精をすることができないご夫婦がいらっしゃるようですよね。

よく、体外受精は費用が掛かる、
と耳にすると思うんですが、

それでは具体的には
どれくらいの費用が掛かるものなんでしょうか。

体外受精は、高度生殖医療に含まれていて、
自由診療である為に健康保険の適用がないようで、

費用は全額自己負担となっているようですね。

又、自由診療であるということは料金に決まりはなく、
大学病院や不妊専門のクリニックなど、

その病院によって料金を自由に設定することが
できることになっているようです。

つまり、どこの病院かクリニックで体外受精をするか
によって掛かる費用が違ってくるようですね。

一般的には、体外受精に掛かる平均的な費用は、
一回につき30万〜50万と言われているようですが、

30万円と50万円ではかなりの違いですよね。

しかも、これだけの費用を支払ったとしても、
必ず妊娠するという保証はどこにもないようで・・・。

もし、一回で妊娠できなかった場合には、
次の体外受精を受ける為に、

又、30万〜50万もの費用が必要となってくるようです。

このようなことから、
経済的に体外受精に踏み切れないご夫婦の方が

いらっしゃるのも当然だと言えるかも・・・。

体外受精を行うかどうかはご夫婦で決めることですが、
女性の体への負担も大きいようですし、

費用面でもかなりの負担が掛かるようです。

もし、体外受精を考えるのであれば、
事前に必ず資金計画を立ててから

踏み切ることが大切なようですね。

又、国ではこの経済的負担を少しでも軽減させようと、
不妊治療助成金制度を設けているようですが、

利用するにはいろいろな条件があるようですが、
条件が合うようならぜひ利用した方が良いかも・・・。

体外受精の費用が気になる方は、
楽天で見てみて⇒体外受精 費用

関連記事
体外受精をした人の体験談や口コミ?
体外受精をするまでの流れ?
体外受精が失敗する確率や成功率は?
体外受精の安全性やリスク?
体外受精と人工授精の違いは?

SponsoredLink



< 体外受精に掛かる費用は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不妊治療のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不妊治療のお話 > 体外受精をするまでの流れ? ]

体外受精をするまでの流れ?

< 体外受精をするまでの流れ?の記事はココから >

体外受精をするまでの流れ?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

簡単に体外受精と言っても、実際に妊娠する為には
行わなければならないことがたくさんあるようですが、

では、
体外受精をするまでの流れをお話していきましょう。

・排卵誘発
  自然の排卵では、通常一個しか卵子はないようですよね。
  ですが、妊娠する確率を高める為に排卵誘発剤を使用して、
  複数個の卵子を採卵できる状態にするようですよ。

・採卵
  指定された日時に病院での採卵を行い、
  状態の良い卵子を培養液の中で成熟させるようです。

・採精
  採卵と平行して男性の精液を採取し、
  元気な精子を選び出すようです。

・受精
  元気な精子と状態の良い卵子を専用の容器で混ぜ合わせ、
  自然に近い状態で受精させるようです。

  ですが、体外受精における受精率の割合は
  60%〜70%となっているようです。

・胚移植
  受精した後に卵が順調に分割して良好胚した場合には、
  良質なものを選んで子宮内に移植するようです。

  この際、多胎妊娠を避ける為に
  良質なものが複数個あったとしても、
  三個程度に抑えるのが一般的なようですね。

・着床
  受精卵が子宮内膜に順調に着床していれば、
  胚移植後、二週間経過した時点で妊娠が確認できるようです。

  もし、妊娠反応が陰性の場合でも、
  続けて採卵をすることはせず、
  一ヶ月程度の休息が必要となるようです。

体外受精のスケジュールは病院によっても様々なようですので、
上記は一般的な流れとして参考にしてみて下さい。

又、体外受精は女性の体に負担がかかるのは勿論、
時間的にも拘束されてしまうことが多いようです。

男性は不妊治療のスケジュールに沿って、
女性をできるだけフォローするように

心掛ける必要があるようですね。

体外受精の流れが気になる方は、
楽天で見てみて⇒体外受精 流れ

関連記事
体外受精をした人の体験談や口コミ?
体外受精に掛かる費用は?
体外受精が失敗する確率や成功率は?
体外受精の安全性やリスク?
体外受精と人工授精の違いは?

SponsoredLink



< 体外受精をするまでの流れ?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不妊治療のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不妊治療のお話 > 体外受精が失敗する確率や成功率は? ]

体外受精が失敗する確率や成功率は?

< 体外受精が失敗する確率や成功率は?の記事はココから >

体外受精が失敗する確率や成功率は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

体外受精を考えている夫婦であれば、
その失敗率や成功率はどうしても気になるものですよね。

では、体外受精が失敗する確率や成功率は、
いったいどれ位と言われているんでしょう?

一般的には、
体外受精の一回あたりの妊娠成功率は、

全国平均で20%〜30%と言われているようですね。

つまり、四人に一人の割合でしか
妊娠できないということなようです。

何だか、高い費用が掛かる割には
低い確率のように思われるかもしれませんが、

自然に妊娠する確率は20%程度なようです。

そう考えると、
体外受精を選んでしまう夫婦が多いのも

頷けるのでは・・・。

但し、この体外受精の妊娠率と言うのは、
病院によってもまちまちなようですので、

はっきりとした数字を表せないのが現状のようです。

よく、不妊治療を行っているクリニックで
高い体外受精の妊娠率を謳っていることもあるようですが、

その数字はそこで体外受精を多く受けた女性の
年齢層によっても変動してくるようですね。

やはり、どうしても、
年齢の高い女性が体外受精を受けるよりも、

若くて元気な女性が体外受精を受けた方が
成功率が高くなるようです。

若い女性が多く体外受精を受けた場合には、
自ずと妊娠率も高くなっていくようですから、

妊娠率が高いからといって、
必ずしも体外受精の技術が高いことの証明にはならないかも・・・。

つまり、クリニックが宣伝している体外受精の妊娠率は、
あくまでも参考程度に考えた方が無難なようですね。

先ずは、医師の説明を納得するまで受けるようにして、
体外受精の妊娠率だけで

病院を選ぶようなことがないように注意して下さいね。

体外受精が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒体外受精

関連記事
体外受精をした人の体験談や口コミ?
体外受精に掛かる費用は?
体外受精をするまでの流れ?
体外受精の安全性やリスク?
体外受精と人工授精の違いは?

SponsoredLink



< 体外受精が失敗する確率や成功率は?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不妊治療のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不妊治療のお話 > 体外受精の安全性やリスク? ]

体外受精の安全性やリスク?

< 体外受精の安全性やリスク?の記事はココから >

体外受精の安全性やリスク?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

体外受精を行う上で不安に思う項目に、
費用の面は当然のことながら、その他にも、

安全性やリスクの問題もあげられるでしょうね。

なので、ここでは、体外受精の安全性や
リスクについてお話してみますね。

1978年に、イギリスで世界初となる
体外受精による妊娠が成功し、

日本では1985年に初めて体外受精が成功したようです。

つまり、体外受精の歴史はまだ30年程度ですので、
100%確実な安全性が確認されているわけではないようですね。

又、リスクについては、一番大きなものに、
多胎妊娠があるようです。

これは、妊娠の可能性を少しでも高めようと、
受精した卵を数多く子宮に戻してしまうことが原因なようです。

でも、だからと言って、
この子宮に戻す受精卵の個数を減らしてしまうと、

今度は妊娠の確率が低くなってしまうようです。

多胎妊娠のリスクについては、
医師ともよく相談することが大切なようですね。

それ以外にも、卵巣過剰刺激症候群や
子宮外妊娠といった母体への負担が掛かってしまう

リスクも考えられるようですし、

体外受精は、自然妊娠に比べて
流産率が少し高くなっているとも言われているようです。

ですが、実際に体外受精を行っている方は、
基本的には妊娠しづらい体だったり、高齢出産だったりと、

何らかの問題を抱えていることが多いようです。

その為、統計的にこのような結果が
出てしまっている可能性もあるのかも・・・。

もし、体外受精を検討するのであれば、
妊娠できる確率だけではなくって、

その安全性やリスクについても
医師の説明をよく聞いた上で、

夫婦で慎重に話し合って決断する必要があるようですね。

体外受精が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒体外受精

関連記事
体外受精をした人の体験談や口コミ?
体外受精に掛かる費用は?
体外受精をするまでの流れ?
体外受精が失敗する確率や成功率は?
体外受精と人工授精の違いは?

SponsoredLink



< 体外受精の安全性やリスク?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不妊治療のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!不妊治療のお話 > 体外受精と人工授精の違いは? ]

体外受精と人工授精の違いは?

< 体外受精と人工授精の違いは?の記事はココから >

体外受精と人工授精の違いは?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

体外受精と人工授精の違いは何、
と改めてきかれると、

よく分からない方も少なくないのでは・・・。

先ず、体外受精なんですが、これは名前の通り、
女性の体外で受精させる不妊治療の方法なんですよね。

以前は、試験管ベイビーとも言われていたので、
ご存知の方も多いかもしれませんが・・・。

簡単に言うと、女性の卵巣から卵子を、
男性の体から精子を取り出して、

専用の容器で受精させるようです。

そして、受精が確認されたら、
再び女性の子宮内に戻して着床を待ちます。

体外受精を選択するケースには、
両方の卵管が閉塞している場合の他に、

乏精子症、精子無力症など、
精子に原因がある不妊症の場合が多いようですね。

次に、人工授精ですが、
これは男性の体から取り出した精子をカテーテルで

女性の子宮に直接注入して妊娠させる不妊治療の方法なようです。

人工授精には二種類あるようで、
夫の精子を使って行う人工授精を「配偶者間人工授精(AIH)」、

他人の精子を使って行う人工授精を
「非配偶者間人工授精(AID)」と呼んでいるようです。

このAIDを選択するケースとしては、
夫の無精子症などが原因の不妊症の場合なようです。

人工受精を選択するケースには、
男性の精子が少ない場合やタイミング療法が

上手く行かない場合に多いようですね。

又、人工受精で妊娠する場合には、
四回以内に妊娠する確率が90%を超えているようなので、

これを一つの目安として考えると良いかもしれませんね。

人工受精で妊娠できなかった場合には、
次のステップである体外受精を選択するケースが多いようです。

体外受精や人工授精が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒体外受精 人工授精

関連記事
体外受精をした人の体験談や口コミ?
体外受精に掛かる費用は?
体外受精をするまでの流れ?
体外受精が失敗する確率や成功率は?
体外受精の安全性やリスク?

SponsoredLink



< 体外受精と人工授精の違いは?の記事はココまで >
| カテゴリ : 不妊治療のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載