脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!コレステロールのお話 > 不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる? ]

不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?

< 不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?の記事はココから >

不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、不飽和脂肪酸には、
コレステロールを下げる働きがある、

と言われているようですね。

そもそも不飽和脂肪酸と言うのは、
人間が生成することのできない成分、

であると言われているようで、
食品から摂取しなくてはいけない脂質なようですね。

不飽和脂肪酸には、
基本的に多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸の

二種類があるようです。

多価不飽和脂肪酸は、不飽和脂肪酸の中でも
コレステロールを下げる働きが高い、

と言われているようですが、

悪玉コレステロールも善玉コレステロールも
両方減らしてしまう特徴があるようで、

多価不飽和脂肪酸の摂取の量には
気をつけなくてはいけないようですね。

一方、一価不飽和脂肪酸は、
多価不飽和脂肪酸のように善玉コレステロールまで

減らしてしまうということはないようで、
悪玉コレステロールだけを

減らすことができるようです。

ですが、不飽和脂肪酸は、
コレステロールを下げる働きをもっているものの、

摂取しすぎると肥満やアレルギー疾患を
引き起こしやすくなるだけではなくって、

乳がんや前立腺がんなど重篤な病気を
引き起こす可能性もあるようですよ。

ですが、不飽和脂肪酸が不足しすぎてしまうと、
発育不良や皮膚炎などを引き起こすことがあるだけでなく、

コレステロールを下げることができなくなり、
溜まったコレステロールによって、

動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの病気を
起こしてしまう可能性もあるようですね。

その為、バランス良く食事をとり、
不飽和脂肪酸とコレステロールを

コントロールする必要がある、
と言えるかもしれませんね。

コレステロールを下げることが気になる方は、
楽天で見てみて⇒コレステロール 下げる

関連記事
運動するとコレステロールは減る?
コレステロールの多い食品?
コレステロールの役割?
コレステロールの種類?
コレステロールが高いと病気になる?

SponsoredLink



< 不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?の記事はココまで >
| カテゴリ : コレステロールのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!コレステロールのお話 > 運動するとコレステロールは減る? ]

運動するとコレステロールは減る?

< 運動するとコレステロールは減る?の記事はココから >

運動するとコレステロールは減る?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

運動は、コレステロールと
大きく関係していると言われているようで、

コレステロールをコントロールする為には
運動が良いとも言われているようですね。

そもそもコレステロールには、善玉コレステロールと
悪玉コレステロールという二種類があるようで、

コレステロール値が高いと言われている状態の時には
悪玉コレステロールが高いという状態にあるようですね。

この悪玉コレステロールを減らす為には、
ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動により、

体内の脂肪を燃焼させる事が効果的な方法だ
と考えられているようです。

又、有酸素運動をすると、
悪玉コレステロールを減らすだけではなくって、

善玉コレステロールを増やす、
という事も分かっているようですよ。

更に、善玉コレステロールを減らしてしまう働きをもつ
という中性脂肪を燃焼させる効果もあるようなので、

より一層、善玉コレステロールを
増やす事が可能になるようですね。

ですが、脂質や中性脂肪は、
一定時間以上の運動をしないと

エネルギーとして消費されないと言われているようで、
一回の運動で30分以上の有酸素運動を行う必要があるようです。

それに、コレステロールをコントロールする為には、
この有酸素運動を継続させる事も大切になるかも・・・。

ウォーキングやジョギング以外にも、有酸素運動には、
水泳やエアロビクス、サイクリングなどがあるようで、

これらの有酸素運動を行うことで
コレステロールを下げるとともに、

心肺機能の強化や体力向上なども見込めるようです。

なので、コレステロールを減らしたい時には、
適度な有酸素運動を継続して行ってみてはいかがでしょうか。

有酸素運動が気になる方は、
楽天で見てみて⇒有酸素運動

関連記事
不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?
コレステロールの多い食品?
コレステロールの役割?
コレステロールの種類?
コレステロールが高いと病気になる?

SponsoredLink



< 運動するとコレステロールは減る?の記事はココまで >
| カテゴリ : コレステロールのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!コレステロールのお話 > コレステロールの多い食品? ]

コレステロールの多い食品?

< コレステロールの多い食品?の記事はココから >

コレステロールの多い食品?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、コレステロールの多い食品って、
どんなものがあるんでしょう?

コレステロールの多い食品の代表としては、
実は、卵があげられるようですね。

特に、鶏卵の卵黄は、
100gあたりに1,400mgもコレステロールが

含まれているようで、他の食材と比較しても
コレステロールの含有量が高くなっているようですね。

続いてコレステロールの多い食材としては、
ピータンがあげられるようです。

中華料理などでよく利用されるピータンは、
常に食卓に並ぶというような食材ではないようですが、

こちらも100gあたり680mgのコレステロールを含む
と言われているようですよ。

他には、筋子やキャビア、タラコやウニなどの魚卵にも
コレステロールが多く含まれているようですよ。

又、卵類と並んで
コレステロールの含有量が多いものには、

肝や内臓などがあると言われているようで、
アンコウの肝や鰻の肝、鶏レバーや豚レバーなども

コレステロールが多く含まれている食材と
なっているようですね。

卵や魚卵、肝や内臓以外に
コレステロールを多く含む食材として、

魚類があげられるようです。

何気なく食べがちな魚類なんですが、
スルメやシシャモ、タタミイワシなどには

たくさんコレステロールが含まれているようですし、
イカや桜エビなどにも多くコレステロールが

含まれているようですよ。

一般的に、コレステロールの摂取量は、
成人男性で一日に750mg未満、

成人女性で一日に600mg未満となっているようです。

コレステロールの摂取量が少な過ぎても、
多過ぎても身体に支障が出るものなようなので、

コレステロールの摂取には
気を配るようにすると良いようですね。

コレステロールの摂取量が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒コレステロール 摂取量

関連記事
不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?
運動するとコレステロールは減る?
コレステロールの役割?
コレステロールの種類?
コレステロールが高いと病気になる?

SponsoredLink



< コレステロールの多い食品?の記事はココまで >
| カテゴリ : コレステロールのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!コレステロールのお話 > コレステロールの役割? ]

コレステロールの役割?

< コレステロールの役割?の記事はココから >

コレステロールの役割?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

コレステロールは溜まり過ぎることで、
大きな病気を引き起こす可能性があることが

知られているようですから、
コレステロール自体に悪い印象を

もたれている方も多いかも・・・。

ですが、実は、コレステロールと言うのは、
人間の身体を機能させる為には、

欠かせない存在なようですよ。

コレステロールは脂肪の一種なようで、
体中の数多くの細胞を包む細胞膜を強化して、

免疫力を高める働きをしているだけではなくって、
脳の中の神経細胞でも働き、

脳から身体の各器官に指令を出しているようです。

又、コレステロールはホルモンを作りだす
原料ともなっていると言われているようですよ。

特に、精巣や卵巣、胎盤などのホルモンは
コレステロールからできているホルモンだと

言われているため、コレステロールが不足し、
ホルモンを作り出すことができなくなると、

身体の機能に影響が出てしまうようですね。

更に、疲れやすくなったり、
食欲が低下するなどの症状が現れて、

健康を害してしまうことにも・・・。

コレステロールは他にも、
胆汁の原料となる役割をもっているようです。

人間はコレステロールがあることによって、
肝臓から出される脂肪の消化や

吸収を助ける胆汁酸を作ることができるようで、

この胆汁酸によって、水に溶けにくい脂肪を
水に溶けやすくすることができるようで、

脂肪の消化吸収をサポートしているようですよ。

これらのことから、コレステロールと言うものは、
人間の生命維持には必要なものである、

ということが分かるのではないでしょうか。

コレステロールって、
とっても凄い働きがあるようですね。

コレステロール
楽天で見てみて⇒

関連記事
不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?
運動するとコレステロールは減る?
コレステロールの多い食品?
コレステロールの種類?
コレステロールが高いと病気になる?

SponsoredLink



< コレステロールの役割?の記事はココまで >
| カテゴリ : コレステロールのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!コレステロールのお話 > コレステロールの種類? ]

コレステロールの種類?

< コレステロールの種類?の記事はココから >

コレステロールの種類?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

コレステロールと言うのは、
血中脂質のことを指すようですし、

二つの種類があるようですね。

普段は、コレステロールと
ひとまとめに言うことが多いようですが、

実際には、LDLコレステロールとHDLコレステロールの
二種類があるようですね。

コレステロールは、血液の中に存在し、
血液とともに体内を移動しているようですよね。

LDLコレステロールは、一般的に悪玉コレステロール
と言われているコレステロールなようで、

肝臓から出発して全身へ向かい、
血管の壁に溜まっていくコレステロールなようですよ。

コレステロールが高い、
と言われる時のコレステロール値は、

このLDLコレステロールを示しているようですね。

LDLコレステロール値が高いと、
溜まったコレステロールにより

血管を詰まらせやすくなってしまい、
脳梗塞や動脈硬化など命に影響する大きな病気を

引き起こす可能性があると言われているようです。

一方、HDLコレステロールは、
一般的に善玉コレステロールと言われている

コレステロールなようですね。

HDLコレステロールは、
全身に溜まった悪玉コレステロールを連れて

肝臓に戻る働きをするコレステロールだと
言われているようで、

LDLコレステロールとこのHDLコレステロールの
バランスがとれていることで、

健康を維持しているようです。

コレステロール値は、
この二種類のコレステロールの数値の変化で

体の健康状態を評価しているようです。

その為、

この二種類のコレステロールの存在や
働きを知っておくことで、

健康に役に立つのではないでしょうか。

コレステロールを下げることを気になる方は、
楽天で見てみて⇒コレステロール 下げる

関連記事
不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?
運動するとコレステロールは減る?
コレステロールの多い食品?
コレステロールの役割?
コレステロールが高いと病気になる?

SponsoredLink



< コレステロールの種類?の記事はココまで >
| カテゴリ : コレステロールのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!コレステロールのお話 > コレステロールが高いと病気になる? ]

コレステロールが高いと病気になる?

< コレステロールが高いと病気になる?の記事はココから >

コレステロールが高いと病気になる?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、コレステロールが高いことで引き起こされる病気には、
動脈硬化があるようですね。

コレステロールの値が高くなると血管の内側の壁に
溜まっていくと言われているようで、

特に心臓や脳といった主要となっている太い動脈で
この症状は起こるようです。

血管内側の壁にコレステロールが溜まると、
カルシウムなども溜まるようになり、

血管が硬くなる動脈硬化という病気を
引き起こすようです。

更に、動脈硬化になってしまうと、
様々な他の病気を招いてしまう、

とも言われているようですね。

動脈硬化になってしまうと、
血管が狭くなって血栓が詰まることがあるようで、

脳の血管でこの症状が出ると
脳梗塞を起こしてしまうことになるようです。

動脈硬化になって弾力を失ってしまった血管が、
高血圧などを引き金にして脳内で破れてしまうと、

脳出血を引き起こし、
命にかかわる重篤な症状になることもあるかも・・・。

又、心臓へ血液を送る血管が、
コレステロールが溜まって狭くなることで、

狭心症や心筋梗塞などの病気になってしまう
可能性もあると言われているようですよね。

コレステロールが高いと引き起こされる病気は、
他にも、糖尿病や脂肪肝、胆石症などがあるようですよ。

糖尿病では、血管を傷つけてしまったり、
腎臓や眼などの働きに影響が出てしまう事があるだけでなく、

動脈硬化にかかる可能性も高くなるようです。

脂肪肝や胆石症も適切な治療を行わないと、
重症化してしまう事も考えられるようです。

コレステロールが高くなると、
命を脅かす重い病気が発症する事があるようですから、

普段からコレステロール値には気をつけたいものですね。

コレステロールが高いと気になってる方は、
楽天で見てみて⇒コレステロール 高い

関連記事
不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?
運動するとコレステロールは減る?
コレステロールの多い食品?
コレステロールの役割?
コレステロールの種類?

SponsoredLink



< コレステロールが高いと病気になる?の記事はココまで >
| カテゴリ : コレステロールのお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
胃がんのステージって何?
胃がんの手術って?
胃がんの薬物治療方法?
胃がんは転移する確率が高い?
胃潰瘍の治療法?
胃潰瘍の原因は?
胃潰瘍の症状は?
神経性胃炎の治療法?
神経性胃炎の原因は?
神経性胃炎の症状って?
めまいとうつ病が関係?
めまいを手術で治療?
めまいを漢方薬で改善?
めまいを点滴で改善?
めまいを理学療法で改善?
めまいを鍼灸で改善?
アトピー治療のDNAワクチン?
アトピーを馬油で改善?
アトピーを紫外線で改善?
アトピーをお茶で改善?
アトピーがアロマテラピーで改善?
アトピーが良くなる温泉?
排卵日チェッカーって何?
人気の基礎体温計ってどれ?
月経周期って何?
基礎体温表で何がわかるの?
不妊治療での基礎体温の正しい測り方?
不妊治療の基礎体温って?
あがり症と吃音の関係性?
あがり症は心の問題?
あがり症は話し方教室に通うことで改善?
あがり症を呼吸法で改善?
あがり症を改善する薬?
あがり症の症状?
肩のコリが顎関節症と関係?
首のコリを取るツボ?
首のコリを取る?
首のヘルニア?
変形性頚椎症?
枕が悪いと首を痛める?
子宮頸管ポリープの治療法?
子宮頸管ポリープ?
子宮頸がんの治療法?
子宮頸がん?
子宮内膜症の治療法?
子宮内膜症?
子宮内膜症で腰痛?
尿路結石症で腰痛?
変形性腰椎症で腰痛?
椎間板ヘルニアで腰痛?
脊椎分離症で腰痛?
ぎっくり腰で腰痛?
スキルス性胃がん?
胃がんの治療方法?
胃がんの検査?
胃がんの種類?
胃がんの中期や後期の症状?
胃がんの初期症状や兆候?
慢性胃炎の治療?
慢性胃炎の原因?
慢性胃炎の症状?
急性胃炎の治療?
急性胃炎の原因?
急性胃炎の症状?

・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載