脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└ 女性の脱腸のお話 > 妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気? ]

妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?

< 妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?の記事はココから >

妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?
妊娠中に脱腸になる妊婦さんが結構いらっしゃるようですね。症状としては、足の付け根の前側のVゾーンのあたりに小さなふくらみが出てくるんです。ところで、以前のニュースで、“なっちゃん”の愛称で人気のフリーアナウンサーである小島奈津子さん、元フジテレビのアナンサーだったんですが、妊娠している事が分かったんですが、仕事は体調を見ながら続けられたようですね。で、無事出産されたようで、良かったです。さて、アナウンサーって立ち仕事が多いですよね。って言う事は、脱腸を発症する可能性が大きいんですね。それに、妊娠中はお腹が、より大きくなり子宮が重くなって、腹圧がもっと掛かってきます。なので、妊娠中は益々脱腸には気をつけて欲しいものです。

でも、このような医師のお話があるんです。
「脱腸、いわゆる鼠徑(ソケイ)ヘルニアは妊娠初期では出てきても、30週位になるとかえって出にくくなる事が多いです。
もし、ヘルニアで痛みがあるとすれば、腸が括られれてしまっている状況なので、大変な事になるのが通常です。私はむしろ鼠徑(そけい)部の静脈瘤ではないかと思います。
近くに静脈の怒張がみられませんか?外陰部に静脈瘤が出来ていませんか?
そうであれば静脈瘤の可能性が高く、それに関しては様子を見てゆけばよいと思います。
この点を主治医に良く確かめて見てください。」

って言う事は、妊娠中の初期から、妊娠30週位までは、脱腸の発症する可能性が高いって言う事のようですね。そして、何か、脱腸とは違う病気もあるようです。例え、ふくらみが出てきても脱腸とは限らず、別の病状の可能性もあるようですね。なので、脱腸かな?ってふくらみがチョッと気になった時には、大事に至る前に、担当医にご相談なさって下さいね。妊娠中はくれぐれもお身体をご自愛なされて、健康で元気な可愛い赤ちゃんを♪


引用・ネタ元 
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Skyblue/1728/kakolog/ninshin/ninshin.html

関連記事
女性の脱腸が増えてる?
脱腸は妊婦でも発症するの?
大陰唇部の脱腸って
脱腸だけど出産は大丈夫なの?
脱腸は女性でも?
SponsoredLink



< 妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?の記事はココまで >
| カテゴリ : └ 女性の脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└ 女性の脱腸のお話 > 女性の脱腸が増えてる? ]

女性の脱腸が増えてる?

< 女性の脱腸が増えてる?の記事はココから >

女性脱腸が増えてる?
女性の脱腸って、あまり聞かないんですが、女性でも脱腸は発症するんです。が、脱腸は男性に多い病状なんですよね。ですが、最近は女性の社会進出が多くなっている状況で、女性も長時間の立ち仕事等も増えて、女性の脱腸の発症が増えているようなんですね。脱腸の症状は、初期段階では、立ち上がったりお腹に力を入れた時に、太腿の付け根の部分に内臓が出てきて、外から触っても分かる位に軟らかいふくらみが出来るんです。不快感は有るんですが痛みはそれ程ではなくって、押さえると引っ込むのでそんなに気にはならないようなんですね。実は、管理人も脱腸症状があるんですが、痛みは全然と言っていいほど無く、やはり、押してやると、ヌルッと入っていくんですよね。ところで、この脱出した腸などをそのままにしておくと、腸閉塞をおこしたり、ヘルニア嵌頓(カントン)と言って、出口のところで腸が強く締め付けられて、腸の壊死をきたす事もあるようです。このような症状になると、命にも関わるのですぐに病院にお出で下さいね!

現在では、脱腸を治療するお薬は無くって、完全に治す為には手術が必要なんです。女性も含め、成人の脱腸は身体の組織が弱くなる事が原因とされているので、その弱くなってる組織を補強する必要があるんですね。 現在の脱腸手術は、人口膜(メッシュ)を用いて補強する方法が主流のようです。そして、局所麻酔や腰椎麻酔で施術され、手術時間も短くて、脱腸の術後の疼痛も少ないようで、早期に日常生活に戻る事が可能なんですよ。 現在、かなりの脱腸症状の方がいらっしゃるようなんですが、多忙の為に我慢をしたり、女性であれば、なお恥ずかしさもあってか、受診をためらっているケースも多いかと思われます。ですが、脱腸も病気です。脱腸の病状が少しでも気になる方は、早めに専門医にご相談下さいね。

関連記事
妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?
脱腸は妊婦でも発症するの?
脱腸は女性でも?
脱腸だけど出産は大丈夫なの?
大陰唇部の脱腸って

SponsoredLink



< 女性の脱腸が増えてる?の記事はココまで >
| カテゴリ : └ 女性の脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└ 女性の脱腸のお話 > 脱腸は妊婦でも発症するの? ]

脱腸は妊婦でも発症するの?

< 脱腸は妊婦でも発症するの?の記事はココから >

脱腸妊婦でも発症するの?
脱腸は、妊婦さんでも発症するんです。脱腸って、赤ちゃんから高齢者まで、年齢に関係なく発症する病気なんですね。で、その症状は、普通の脱腸と同じで、足の付け根、前側のVゾーンのあたりに小さなふくらみがコブのように出てくるんです。脱腸の痛みは個人差があるんですが、万が一痛みがあっても、さほどの痛みではないようです。でも、脱腸を発症する時は、違和感のような軽い痛みや、ドロッとした重苦しさを感じる方がいらっしゃるようですね。又、押しこんでもすぐ出てきてしまう方もいらっしゃるようですね。妊婦の方の脱腸を発症する原因としては、妊娠する事により、お腹が大きくなり子宮が重くなった為に、腹圧が掛かってきているからなんです。これは、赤ちゃんが成長してきてドンドン大きくなり、子宮が重くなって、脱腸の症状が出てきたんです。こんな事もあるので、妊婦さんは脱腸に気を付けて欲しいですね。あまりひどい症状の時は、担当医にご相談なさって下さいね。

この脱腸のままでの自然分娩は大丈夫?って、妊婦さんの中には心配される方もいらっしゃるようですが、脱腸の場合は、通常の分娩は大丈夫なんですよ。但し、脱腸がカントンと言う状態になると問題なんですが、そうでなければ、妊娠中に脱腸を手術する必要はないようです。日常生活も今まで通りで良いようです。分娩後の脱腸の手術の必要性は、その時の状況や症状によるので、これは担当医とよくご相談下さい。でも、この部位のふくらみは脱腸ではなく、別の症状、例えば鼠徑(ソケイ)部の静脈瘤のような病気の可能性もあるようなんですね。ですから、脱腸かな?ってふくらみが気になったら、恥ずかしいからと言わずに、担当医にお気軽にご相談なさって下さい。くれぐれも、健康で元気な赤ちゃんを♪

ネタ元
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Skyblue/1728/kakolog/ninshin/ninshin.html

関連記事
妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?
女性の脱腸が増えてる?
脱腸は女性でも?
脱腸だけど出産は大丈夫なの?
大陰唇部の脱腸って

SponsoredLink



< 脱腸は妊婦でも発症するの?の記事はココまで >
| カテゴリ : └ 女性の脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└ 女性の脱腸のお話 > 大陰唇部の脱腸って? ]

大陰唇部の脱腸って?

< 大陰唇部の脱腸って?の記事はココから >

大陰唇部の脱腸って?
大陰唇部の脱腸って言うのは、女子の方に起こる症状なんです。その脱腸の症状はって言うと、立ち上がったりお腹に力を入れた時に、太ももの付け根の部分に内臓が出てきて、外から触っても分かる位に、軟らかいふくらみが出来るんです。そもそも脱腸は、腹壁等に異常な隙間があって、そこから内臓が脱出した状態を言うんですよね。多くは、腹壁が袋状にくびれ出て、その中に内臓、特に腸が入り込む事が多いので脱腸と言われているんです。腹部の下の方にある横筋の腹部筋肉と、縦すじの大腿部筋肉との合わせ目にあるソケイ部の隙間から腸がはみ出る症状がソケイヘルニアと言われていて、軽い症状では、少しふくらんでいる程度なんですが、だんだん脱腸が大きくなってくると、男子では陰嚢の中へ、そして、女子は大陰唇部へと下がってくるようなんです。

脱腸は生まれつきこうした異常がある場合と、妊娠後お産や手術後、そして、高齢者になって痩せて筋肉が弱くなってきた時に脱腸が起こる場合があるようです。脱腸の起こりうる場所は、大陰唇部のある鼠径(ソケイ)部、これは腿の付け根部分の付近やヘソの部分、そして、手術後に起こる場合がある腹壁瘢痕ヘルニア等があるんです。又、その他にも腹壁正中部や骨盤、横隔膜等があるんですよね。でも、この中でも最も一般的なのが、鼠径(ソケイ)部の脱腸で、いわゆる、ソケイヘルニアと言われている病気なんです。

脱腸は、押さえて入っていく場合は良いんですが、そのふくらみが急に硬くなったり、押さえても引っ込まなくなった時が危険のようなんですね。その場合の症状は、強い腹痛や吐き気、嘔吐を伴って、腸閉塞を起こしたり、腸が強く締め付けられて血行が滞り、腸が腐り始めてしまう事もあるようなんです。このような場合、脱腸の症状であるふくらみが無くなっている事もあるようですね。ですから、治ったかのように勘違いしてしまい、益々生命も危険な状態に陥ってしまうようなんです。こうしてみると、脱腸と言っても怖い病気ですね〜(汗)脱腸の初期段階での症状は痛みもなかったりするので、恥ずかしさから病院に行かない方が多いようですが、決して放っておいて治る病気ではないので、脱腸かな?と、チョッと気になっていらっしゃる方は、先ず、専門のクリニックで信頼出来る専門医にご相談される事をお勧めします。
ネタ元 http://www.byo-ki.net/index.html

関連記事
妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?
女性の脱腸が増えてる?
脱腸は妊婦でも発症するの?
脱腸は女性でも?
脱腸だけど出産は大丈夫なの?

SponsoredLink



< 大陰唇部の脱腸って?の記事はココまで >
| カテゴリ : └ 女性の脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└ 女性の脱腸のお話 > 脱腸だけど出産は大丈夫なの? ]

脱腸だけど出産は大丈夫なの?

< 脱腸だけど出産は大丈夫なの?の記事はココから >

脱腸だけど出産は大丈夫なの?
脱腸の様々なお話をしていますが、妊婦さんの中には、脱腸なんだけど出産の方は大丈夫かな?って心配される方がいらっしゃるようです。脱腸の症状はご存知のように、足の付け根、前側のVゾーンのあたりに小さなふくらみが出てくるんですが、痛みは人それぞれのようで、もし痛さがあったとしても、さほどの痛みではないようです。これは、赤ちゃんの成長で子宮が重くなって脱腸症状が出てきたんです。そこで、この脱腸の症状のままで出産は出来るの?って心配される方もいらっしゃるようですが、脱腸、いわゆるソケイヘルニアの場合、通常の出産には支障が無く大丈夫なんですよ。ご安心下さいね。で、その脱腸がカントンという状態にならなければ、妊娠中に手術する必要はありません。生活も、今まで通りの普通で良いんですよ。但し、出産後の脱腸手術の必要性は、その時の状況によるので担当医によくご相談下さい。

でも、次のような医師のお話もあるんですよ。それは、
「脱腸、いわゆる鼠徑(ソケイ)ヘルニアは妊娠初期では出てきても、30週位になると、かえって出にくくなる事が多いです。もし、脱腸で痛みがあるとすれば、腸が括られてしまっている状況なので大変なことになるのが通常です。私はむしろ鼠徑部の静脈瘤ではないかと思います。近くに静脈の怒張がみられませんか?外陰部に静脈瘤が出来ていませんか?そうであれば静脈瘤の可能性が高く、それに関しては様子を見てゆけば良いと思います。この点を主治医に良く確かめて見て下さい。」このように、脱腸ではなく別の症状の可能性もあるようですね。このように、出産を控えると、脱腸や痔など様々な症状が現れてくるようですが、可愛い赤ちゃんの為に、ぜひ乗り切って下さいね。脱腸かな?ってふくらみに気が付いた場合には、すぐ担当医にお気軽にご相談なさって下さい。是非、健康で元気な可愛い赤ちゃんを♪
引用・ネタ元 
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Skyblue/1728/kakolog/ninshin/ninshin.html

関連記事
妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?
女性の脱腸が増えてる?
脱腸は妊婦でも発症するの?
大陰唇部の脱腸って?
脱腸は女性でも?

SponsoredLink



< 脱腸だけど出産は大丈夫なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : └ 女性の脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└ 女性の脱腸のお話 > 脱腸は女性でも? ]

脱腸は女性でも?

< 脱腸は女性でも?の記事はココから >

脱腸女性でも?
脱腸は女性でも発症するんです。特に最近は女性の社会進出で、女性も長時間の立ち仕事等も増えて、女性の脱腸の発症が増えているようなんですよね。 脱腸の症状と言うのは、初期段階では、立ち上がったりお腹に力を入れた時に、太腿の付け根の部分に内臓が出てきて、外から触っても分かる位に軟らかいふくらみが出来るんです。不快感は有るんですが痛みはそれ程ではなく、普通は、押さえると引っ込むのでそんなに気にはならないようです。って言うのは、実は管理人も脱腸症状が有るんですが、痛みは全然と言っていいほど無く、やはり、押してやると、ヌルッと入っていくんです。ところで、この脱出した腸等をそのままにしておくと、腸閉塞を起こしたり、ヘルニア嵌頓(カントン)といって、出口のところで腸が強く締め付けられて、腸壊死をきたす事もあるんです。こういう状態になると、命にも関わるので、直ぐ病院にお出で下さいね!

現在では、脱腸を治療するお薬は無く、完全に治す為には手術が必要です。女性も含め成人の脱腸は、身体の組織が弱くなる事が原因とされているので、その弱くなっている組織を補強する必要があるんです。現在の脱腸の手術では、人口膜(メッシュ)を用いて補強する方法が主流のようですね。そして、局所麻酔や腰椎麻酔で施術され、手術時間も短く、脱腸の術後の疼痛も少ないようで、早期に日常生活に戻る事も可能のようです。 現在、かなりの脱腸症状の方がいらっしゃるようですが、多忙の為に我慢したり、女性であればなお更恥ずかしさもあって、受診をためらっているケースも多いかと思われるんですが、脱腸の症状が気になる方は、早めに専門医の診察を受けて下さいね。くれぐれも脱腸をお大事になさって下さい

関連記事
妊娠中は脱腸に要注意!ん、違う病気?
女性の脱腸が増えてる?
脱腸は妊婦でも発症するの?
大陰唇部の脱腸って
脱腸だけど出産は大丈夫なの?

SponsoredLink



< 脱腸は女性でも?の記事はココまで >
| カテゴリ : └ 女性の脱腸のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載