脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんのステージって何? ]

胃がんのステージって何?

< 胃がんのステージって何?の記事はココから >

胃がんのステージって何?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

胃がんに限らず、がんには、
ステージ、というものがあるようです。

ステージと言うのは、
がんの症状の進行具合を示しているようで、

1〜4のステージに分けられているようですね。

そのがんの進行具合がどの程度なのか、
転移しているのかによって、

ステージが決められているようです。

その胃がんのステージごとに
治療方針が変わってくるようですから、

どのステージなのかを知ることで、
今置かれている状況を理解することができるでしょう。

では、それぞれの胃がんのステージについて、
簡単に説明してみましょう。

まず、胃がんのステージ1なんですが、
この段階では、まだ自覚症状がないようです。

粘膜の下層までで、がんが留まり、
がんが広がっていなければ、早期がんと診断され、

高周波電波によって、
がんを切除することもできるようです。

胃がんのステージ2では、
筋層や漿膜下層(しょうまくかそう)まで
がんが広がっている確率が高いようで、

このステージになると進行性がんと診断されるようです。

胃がんの手術というと、
開腹手術をイメージする方が多いでしょうが、

このステージの胃がんの手術では、
最も一般的な手術方法なようですね。

完全に胃のがん部分を手術で取り除くことができれば、
根治することも可能かも・・・。

ですが、患者さんが高齢者だったりすると、
このステージでも手術は行わず、

化学療法を用いることもあるようです。

手術で胃を切除する為、
普通の生活に戻るまでに時間がかかってしまいますし、

体にかかる負担も大きいようです。

胃がんのステージ3までくると、
胃の周辺の臓器にまで、

がんが転移している場合が多いようです。

胃以外の臓器を広範囲にわたって
切除しなくてはいけないかもしれませんし、

手術を行う前に抗がん剤を使って、
ある程度がん部分を小さくしてから

手術をするなんてこともあるようですね。

胃がんのステージ4では、
リンパ節に転移している可能性がとっても高く、

手術も行えない状況なようで、
現状を維持していくしかない場合が多いようです。

胃がんのステージが進んでいたからといって、
諦めてはいけないようですよ。

胃がんのステージというのは、
あくまでも適正な治療などを行っていく為の

目安だと考えていくのが良いようですからね。

胃がんのステージが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん ステージ

関連記事
胃がんの手術って?
胃がんの薬物治療方法?
胃がんは転移する確率が高い?

SponsoredLink



< 胃がんのステージって何?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの手術って? ]

胃がんの手術って?

< 胃がんの手術って?の記事はココから >

胃がんの手術って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

胃がんだと診断された場合には、今現在、
自分がどのステージに位置しているのか、

を理解することがとっても重要なようですね。

胃がんが、どのステージなのかによって、
胃がんの進行具合が変わってくるようなので、

手術の方法や切除する範囲なども異なるようです。

胃がんでは、手術で病巣部分や
転移部分を切除してしまうことが、

確実性の高い治療方法になるようです。

勿論、早期発見されて、
がんが小さければ小さいほど、

内視鏡などを使って、
簡単に切除することができるでしょう。

ですが、胃がんの細胞が、
あちこちに散らばってしまっている場合もあり、

この場合は、内視鏡で切除するのは
とっても難しいと言われているようですね。

胃がんを切除する範囲も、
がんの進行具合によって変わってくるようです。

胃の上辺りから真ん中くらいに、
がんの病巣がある場合には、

胃を全摘出することが多いようです。

その場合には、
食道と小腸を繋ぎ合わせるようですが、

胃の全摘出手術を行うと、約5週間〜6週間ほどの
入院をしなくてはいけないようです。

胃を全摘出しても、機能的に問題はないものの、
手術後の体の負担が大きくなるかも・・・。

できれば、そこまで胃がんが進行してしまう前に、
治療を受けたいですね。

又、胃がんの手術でも、
病巣を全て取り切ることができない場合には、

抗がん剤を併用して、
治療を行っていくということもあるようです。

ただ、やはり、胃がんの場合は、
手術を行って病巣部分を完全に取り除かない限り、

根治するのは難しい、と言われているようです。

つまり、胃がんの手術でも、
病巣部分を完全に取り除けないということは、

胃がんが転移してしまう可能性が高い、
ということになるかも・・・。


胃がん手術後の生活読本 早期回復のための食事ケア退院後の生活と健康管理 [ 佐野武 ]

胃がんの手術が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん 手術

関連記事
胃がんのステージって何?
胃がんの薬物治療方法?
胃がんは転移する確率が高い?

SponsoredLink



< 胃がんの手術って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの薬物治療方法? ]

胃がんの薬物治療方法?

< 胃がんの薬物治療方法?の記事はココから >

胃がんの薬物治療方法って?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

胃がんの手術では、
完全に取り切ることができなかったがんがある場合や、

手術後にがんが再発してしまった場合、
手術による治療が難しい、と判断された場合に、

薬物治療が行われるようですね。

この時、使用される薬が、
いわゆる、抗がん剤、なようです。

抗がん剤は、治療の為だけではなくって、
胃がんの再発を予防する為にも、

使用されているようです。

胃がんの種類やタイプによって、
効きやすい薬や効きにくい薬があるようです。

胃がんを発症し、薬物治療を行っていき、
延命が期待できる確率は、

胃がんでは、
30%〜50%と言われているようです。

現在、胃がんの薬物治療で
使用されている薬として代表的なのは、

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(TS-1)や、
シスプラチン、といった薬なようです。

ただ、胃がんの進行具合によっても、
薬物治療に使う薬は変わってくるようです。

それに、副作用を抑える為や、
より高い効果を得る為に、

様々な組み合わせで処方されることも多いかも・・・。

いずれにしても、抗がん剤はその効果が高い分、
体にかける負担も大きくなるようです。

その為、胃がんの薬物治療を行う場合には、
休薬期間が必要なようです。

一定の期間、胃がんの薬物治療を行ったら、
しばらく投薬を中止して、

抗がん剤でダメージを受けて
弱ってしまった細胞を元の状態に戻しましょう。

抗がん剤と言えば、副作用がある、
というイメージを持つ方も多いくらい、

副作用が起きやすいようです。

近年、できるだけ副作用を避けて、
胃がんの薬物療法を行いたい、と望む方が、

選択することが多い治療法が免疫療法なようです。

これは免疫力を高めることで、
胃がんを治すことを試みる方法なようですが、

副作用は確かに少ないものの、
はっきりとした効果は実証されていないようですね。

胃がんの薬物治療が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん 薬物治療

関連記事
胃がんのステージって何?
胃がんの手術って?
胃がんは転移する確率が高い?

SponsoredLink



< 胃がんの薬物治療方法?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんは転移する確率が高い? ]

胃がんは転移する確率が高い?

< 胃がんは転移する確率が高い?の記事はココから >

胃がんは転移する確率が高い?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

やはり、胃がんと聞くと、
気になるのが転移なんですよね。

がんの症状や進行状況によっては、
転移の確率が高くなっていくようです。

これは、胃がんに限らず、
他のがんでも同じことが言えるかも・・・。

早期がんで、早い段階で手術や治療を行っていれば、
転移の確率も再発の確率も低くなるようですが、

がんの発見が遅れれば遅れるほど、
転移のリスクが増えてしまうようです。

あまりがんが、深い部分にまで達していない場合でも、
リンパ節に転移してしまっていると、

体のいろいろな部分に転移している確率が
高くなってしまうようですね。

胃がんが粘膜内で留まっている場合であれば、
転移の確率はとっても低いようで、

リンパ節へ転移する確率は、約3.3%なようです。

ですが、これが、
粘膜下層までがんが達している場合になると、

リンパ節に転移する確率がグンと上がって、
約17.6%になるようですよ。

粘膜内と粘膜下層部分の違いだけで、
リンパ節への転移率が5倍以上も違ってくるようです。

こういったことを考えても、やはり、
早期発見することが大事だと思い知らされますよね。

それでも、粘膜下層部分で、
がんの進行が止まれば良いんですが、

もし、胃の周辺の臓器にまで
がんが達してしまっていると、

リンパ節への転移率が、
約89.7%になってしまうようです。

ここまで進行してしまった場合には、
5年生存率も一気に下がってしまい、

約23.9%なようです。

更に、がんが進行しないと症状が現れない、
と言われているスキルス性のがんの場合は、

発見が遅れる為、殆どの患者さんに、
他の部位への転移がみられる可能性もあるかも・・・。

胃がんが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん

関連記事
胃がんのステージって何?
胃がんの手術って?
胃がんの薬物治療方法?

SponsoredLink



< 胃がんは転移する確率が高い?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > スキルス性胃がん? ]

スキルス性胃がん?

< スキルス性胃がん?の記事はココから >

スキルス性胃がん?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スキルス性胃がんって、
よく聞く病名だと思いますが・・・。

では、このスキルス性胃がんって
何なんでしょうか?

胃がんの種類にもいろいろあるようですが、
その中で特別な進み方をするがんがあるようです。

しかも、
悪性度の高いがんなようですよ。

その上、なかなか気付かれないようで、
気付いた時には既に進行が進んでいた・・・、

なんてこともあるようです。

それが、
スキルス性胃がんなようですね。

なぜ気付かれないのかと言うと、
スキルス性胃がんと言うのは、

他のがん同様に粘膜から発生するようでが、
粘膜に変化を殆ど起こさないからなようです。

胃の粘膜層の下で
少しずつ進行していくようです。

なので、X線や胃カメラなどでも、
なかなか異常を見つけることができないようです。

進行してくると胃壁全体が硬くなって、
収縮してくるようです。

こうなって、
やっと発見されることが多いようですね。

又、転移も速いようで、
気がついた時にはすでに腹膜に

がん細胞が散らばってしまっていた、
ということも多くあるようです(腹膜播種)。

スキルス性胃がんにかかる方は、中高年の男性よりも、
三十代、四十代の女性が多いようです。

三十代、四十代と言えば、
胃がんとはまだまだ無縁な感じのする年代なようですよね。

スキルス性胃がんは自覚症状に乏しいようで、
検査でも発見しにくいようなので、

早期発見しにくい胃がんなようです。

つまり、発見できた時には、
手術できないほど進行していることも少なくないようです。

それに、
手術できても完治に至ることは難しいようですし、

再発することが多いというのも特徴になるようです。

スキルス性胃がんが気になる方は、
楽天で見てみて⇒スキルス性胃がん

関連記事
胃がんの治療方法?
胃がんの検査?
胃がんの種類?
胃がんの中期や後期の症状?
胃がんの初期症状や兆候?

SponsoredLink



< スキルス性胃がん?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの治療方法? ]

胃がんの治療方法?

< 胃がんの治療方法?の記事はココから >

胃がんの治療方法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

胃がんの治療方法と言うのは、
今のところ、四種類が代表的なようですね。

よく耳にするのは、手術、抗がん剤、放射線療法なんですが、
具体的にはどういった治療を行うんでしょうか?

1.まず、手術なんですが、
  胃がんでは、手術が最も有効的な治療方法なようですね。

  胃を切除して、周辺のリンパ節を取り除きます。
  胃をどのくらい切除したかによって、

  胃の代わりになる食物の通り道を
  作らなければいけないようですね。

2.内視鏡的治療なんですが、
  まだ早期と思われる小さいがんは、

  内視鏡を使って粘膜ごと胃がんの切除を行うようです。

  内視鏡下胃粘膜切除術(EMR)と言うようです。
  患者への体の負担も少なくて済むようです。

3.抗がん剤治療なんですが、
  術前や術後に組み合わせて行う場合が多いようです。

  完治が難しいと思われる場合には、
  抗がん剤中心に治療を行う場合もあるようです。

  早期の胃がんの場合には、
  術後は行わない場合も多いようですね。

4.放射線療法なんですが、
  胃がんに対して、
  直接的に放射線治療を行うことはないようです。

  放射線は胃がんに対して効果が薄い為なようです。
  ただ、脳や骨、リンパ節などに転移が起きた場合、

  大きくならないように行うことがあるようです。

現在の医学では、この四種類の治療法のいずれか、
もしくは、複数を組み合わせて

胃がんを治療することが多いかも・・・。

胃がんは早期がんであれば、
手術によって十分に根治可能なようで、

五年生存率も非常に高いようですよね。

早期発見が何よりも大切であることが、
分かりますよね。

自覚症状の出にくい疾患なようなので、
なりやすい年齢になったら

定期的に検査を受けることがとっても大切なようですね。

胃がんの治療方法が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん 治療 方法

関連記事
スキルス性胃がん?
胃がんの検査?
胃がんの種類?
胃がんの中期や後期の症状?
胃がんの初期症状や兆候?

SponsoredLink



< 胃がんの治療方法?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの検査? ]

胃がんの検査?

< 胃がんの検査?の記事はココから >

胃がんの検査?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、胃がんを検査する方法について、
ご紹介してみますね。

胃がんを検査する方法としては、
次の三つが代表的な検査なようですね。

どんな方法かと言うと、

・まず、胃カメラ(上部消化器内視鏡検査)
  があげられるようです。

  1cm程度のカメラのついた管を飲み込んで
  検査をするようです。

  胃の内部を直接検査することができるようですので、
  精度が高いようです。

  がんが有るかどうか?病変が有るかどうか?
  その広がりや深さなどについても調べるようです。

  胃がんだけではなく、胃や十二指腸潰瘍や食道がん、
  その他の上部消化管疾患を全体的に調べることができるようです。

  ここで病変が見つかった場合には、細胞の一部を採取し、
  病理組織検査を行い、顕微鏡で見て、

  がんかどうかを判断することになるようですね。

・次に、胃部レントゲンがあげられるようです。

  バリウムを飲んで、
  胃の状態をX線で撮影する方法なようです。

  胃カメラをするほどでもないと
  思われる場合に行われることが多いようです。

  特に検診ではよく行われるようですね。
  比較的精度は高い方なようですが、

  小さながんの場合は見逃される場合もあるようです。

・又、血液検査(ペプシノーゲン検査)があげられるようです。

  胃の粘膜から分泌されるペプシノーゲンIと
  の比を出すことによって、

  委縮性胃炎にかかっているかどうか調べるようです。

  この値が低下していれば、
  委縮が起こっていると考えられるようですね。

  低下を示していれば、
  胃カメラの検査を行うことになるようです。

  胃の委縮は胃がんの発生率が高いようなので、
  ペプシノーゲン検査は胃がんの

  スクリーニング検査としても有用性があるようですね。

胃がんの検査が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん 検査

関連記事
スキルス性胃がん?
胃がんの治療方法?
胃がんの種類?
胃がんの中期や後期の症状?
胃がんの初期症状や兆候?

SponsoredLink



< 胃がんの検査?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの種類? ]

胃がんの種類?

< 胃がんの種類?の記事はココから >

胃がんの種類?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

胃がんの種類って、
どんなものがあるんでしょう。

胃がんと言うのは、
胃にできる悪性腫瘍のことなようですが、

進行具合や形態、組織の特徴などから
様々な種類に分類されているようです。

治療を的確に進める為には、
よく調べる必要があるかも・・・。

まず、胃がんは、
胃壁のどこまで到達しているかによって、

その種類が分けられているようですね。

胃壁は粘膜層、粘膜下層、固有筋層、
漿幕下層、漿膜からなっているようで、

胃がんは最初は内側の粘膜層に発生するようです。

それが時間とともに、粘膜下層、固有筋層と
次第に外の方へ向かって進行していくようです。

がんがどの部分まで到達しているかにより、
早期、進行、に分けることができるようです。

早期がんと言うのは、
粘膜下層まで到達している場合を言うようですし、

進行がんは筋肉や漿膜にまで
到達している場合のがんなようですね。

早期胃がんは、がんの形状から、
儀拭蔑患型)、況拭壁縮矛拭法↓祁拭粉抉型)、

に分けることができるようです。

更に、況燭蓮↓A型(表面隆起型)、B型(表面平坦型)、
C型(表面陥凹型)に分類されているようです。

進行胃がんは、限局型、つまり、
がん組織と正常な組織の境界が明瞭で1型と2型があるようですし、

浸潤型、つまり、
がん組織と正常な組織の境界が不明瞭で3型と4型、

とに分けられているようです。

がんは、がん組織のタイプでも
分類される場合があるようです。

がん細胞が正常な細胞と比較して、
変化が少ない場合を、分化型のがん、と言うようですし、

がん細胞が正常な細胞と比較して変化が大きい場合を、
未分化型のがん、と言っているようですね。

胃がんの種類が気になる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん 種類

関連記事
スキルス性胃がん?
胃がんの治療方法?
胃がんの検査?
胃がんの中期や後期の症状?
胃がんの初期症状や兆候?

SponsoredLink



< 胃がんの種類?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの中期や後期の症状? ]

胃がんの中期や後期の症状?

< 胃がんの中期や後期の症状?の記事はココから >

胃がんの中期や後期の症状?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、中期以降の胃がんの症状には、
どういったものがあげられるんでしょう。

初期症状としては、腹痛や胸やけ、ゲップ、
食欲不振や体重減少などといった直接胃がんとは

結びつかない症状が多いようですね。

中には、
全くの無症状だという場合もあるようです。

ですが、中期や後期になると、
症状にも変化が現れてくるようです。

胃壁の筋層や漿膜まで進行してきているようですから、
普通に生活することが段々ままならなくなってくるかも・・・。

食欲不振、吐き気、全身倦怠感、吐血や下痢、
激しい胃の痛み、背中の痛みを感じるようです。

貧血を起こし、
下血も見られるようになるようです。

更に、末期になってくると、痛みや食欲不振、吐血、
下血以外にも腹水の貯留が現れてくるかも・・・。

又、転移した場合には、
転移した場所の症状も現われてくるようです。

このようになってしまっては、
発見されても完治は難しくなってしまうようです。

なので、胃がんを完治する為には、
できるだけ早期に発見することが

重要になってくるかも・・・。

では、早期に発見する為には
どうしたら良いんでしょうか?

ちょっとした食欲不振で病院に行っても、
薬だけ処方されて胃の検査までは

してくれないことが多いようですね。

その為、
やはり定期的に検診を受けるしかないかも・・・。

会社の健康診断では
胃までは検査しない場合があるようですので、

注意が必要なようです。

やはり、胃のレントゲンや胃カメラなどの検査を
定期的に受けることが早期発見に繋がるようですね。

胃がんが気になる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん

関連記事
スキルス性胃がん?
胃がんの治療方法?
胃がんの検査?
胃がんの種類?
胃がんの初期症状や兆候?

SponsoredLink



< 胃がんの中期や後期の症状?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの初期症状や兆候? ]

胃がんの初期症状や兆候?

< 胃がんの初期症状や兆候?の記事はココから >

胃がんの初期症状や兆候?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、胃がんの初期症状や兆候には、
どのようなものがあるんでしょう?

実際に、初期症状としては、
腹痛や食欲不振などがあげられるようです。

その他、胸やけや吐き気、
体重減少などが代表的なようですね。

ですが、これらの症状と言うのは、特に胃がんに
特徴的というわけではないようですね。

飲み過ぎた時や食べ過ぎた時でも、
このような症状が現れることがあるようですし、

風邪の症状でも同じような症状があるようです。

つまり、胃の調子が悪いことが、
胃がんとすぐに結びつく方は少ないのでは・・・。

その為、ちょっと調子が悪いな、と思っていたら、
実は胃がんだった、なんてことも、

十分にありえてしまうかも・・・。

それに、症状も、
全くの無症状である場合もあるようです。

又、病院に行っても、腹痛や食欲不振、
胸やけくらいの症状では、

薬を出されて終わってしまう場合もあるかも・・・。

胃がんは、実際に進行するまでは、
特に目立った症状がない、

というのが特徴なようですね。

こう言ったことが、胃がん発見を
遅らせてしまう原因になっているようです。

では、早期発見する為には、
どのようにしたら良いんでしょう?

それにはやはり、
定期的に健康診断を受けることが良いかも・・・。

胃カメラや胃のレントゲンを定期的に受けていくことが、
早期発見に繋がるようですよね。

胃がんは、健康診断を受けて見つかった、
という例もとっても多いようです。

健康診断で発見される胃がんは、
初期の場合が多いかも・・・。

なので、それなりの年齢になったら、
健康診断を定期的に受けることが大切なようですね。

胃がんが気になる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん

関連記事
スキルス性胃がん?
胃がんの治療方法?
胃がんの検査?
胃がんの種類?
胃がんの中期や後期の症状?

SponsoredLink



< 胃がんの初期症状や兆候?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
胃がんのステージって何?
胃がんの手術って?
胃がんの薬物治療方法?
胃がんは転移する確率が高い?
胃潰瘍の治療法?
胃潰瘍の原因は?
胃潰瘍の症状は?
神経性胃炎の治療法?
神経性胃炎の原因は?
神経性胃炎の症状って?
めまいとうつ病が関係?
めまいを手術で治療?
めまいを漢方薬で改善?
めまいを点滴で改善?
めまいを理学療法で改善?
めまいを鍼灸で改善?
アトピー治療のDNAワクチン?
アトピーを馬油で改善?
アトピーを紫外線で改善?
アトピーをお茶で改善?
アトピーがアロマテラピーで改善?
アトピーが良くなる温泉?
排卵日チェッカーって何?
人気の基礎体温計ってどれ?
月経周期って何?
基礎体温表で何がわかるの?
不妊治療での基礎体温の正しい測り方?
不妊治療の基礎体温って?
あがり症と吃音の関係性?
あがり症は心の問題?
あがり症は話し方教室に通うことで改善?
あがり症を呼吸法で改善?
あがり症を改善する薬?
あがり症の症状?
肩のコリが顎関節症と関係?
首のコリを取るツボ?
首のコリを取る?
首のヘルニア?
変形性頚椎症?
枕が悪いと首を痛める?
子宮頸管ポリープの治療法?
子宮頸管ポリープ?
子宮頸がんの治療法?
子宮頸がん?
子宮内膜症の治療法?
子宮内膜症?
子宮内膜症で腰痛?
尿路結石症で腰痛?
変形性腰椎症で腰痛?
椎間板ヘルニアで腰痛?
脊椎分離症で腰痛?
ぎっくり腰で腰痛?
スキルス性胃がん?
胃がんの治療方法?
胃がんの検査?
胃がんの種類?
胃がんの中期や後期の症状?
胃がんの初期症状や兆候?
慢性胃炎の治療?
慢性胃炎の原因?
慢性胃炎の症状?
急性胃炎の治療?
急性胃炎の原因?
急性胃炎の症状?

・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載