脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮の病気のお話 > 子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの? ]

子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?

< 子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?の記事はココから >

子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮膣部びらんというのは、特に症状が無ければ、
女性ホルモンの分泌が減る閉経後に、

自然に治る場合が多い事もあるようで、
治療を行う必要はないようですね。

ですが、おりものの量が多かったり、
ねっとりとしたおりものになったり、

びらん面の炎症が強くなって出血がある場合には、
治療が必要となってくるようです。

では、子宮膣部びらんの治療方法には、
一体どんなものがあるんでしょうか。

まず、薬物療法では、抗生物質やホルモン剤、
抗炎症薬を局所投与して、炎症を取り除くようです。

炎症が無くなるだけでも、症状は軽くなるかも・・・。

ですが、びらん自体は薬物療法では治らないようなので、
根本的にびらんを治療する場合には、

次の方法を選択するようです。

・凍結療法・・・炭酸ガスや液体窒素などを用いて、
         びらん面を急速凍結し、切除します。

・高周波療法・・・高周波による電気焼灼法で、
          電気凝固法とも言われています。

・レーザー療法・・・レーザーメスによって、
           びらん面を焼灼します。

・手術療法・・・びらん部分を外科的に切除します。

このようにして、びらん部分を取り去った後に、
健康な上皮が形成されるのを待つようです。

子宮膣部びらんというのは、
子宮がん検診によって発見される事が殆どなようです。

子宮膣部は、子宮がんが出来やすい位置でもあるようなので、
びらんと子宮がんの発生には何らかの因果関係があるのではないか、

とも考えられているようです。

もし、びらんの存在を確認した場合には、
その程度にもよるでしょうが、

定期的に子宮がん検診を受けた方が無難だと言えるようですね。

関連記事
子宮膣部びらんってどんな病気なの?
子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?
子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?
子宮体がんの治療方法ってどうするの?
子宮体がんってどんな病気なの?

SponsoredLink



< 子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮の病気のお話 > 子宮膣部びらんってどんな病気なの? ]

子宮膣部びらんってどんな病気なの?

< 子宮膣部びらんってどんな病気なの?の記事はココから >

子宮膣部びらんってどんな病気なの?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮膣部びらん、と言う病名をご存知でしょうか?

もし、定期的に健康診断や子宮がん検診を
受けていらっしゃる方であれば、

聞き慣れている病名かもしれませんが、
もしかすると初めて聞く病名かな?と、

思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

では、子宮膣部びらんというのは、
一体どんな病気なんでしょうか。

まず、びらんと言うのは、
ご存知のように、ただれ、の事なんですよね。

子宮膣部は、元々、扁平上皮という組織で覆われていて、
子宮頸管部は円柱上皮という組織で覆われているようです。

子宮膣部びらんの症状には、2種類あるようです。

まず、実際に子宮膣部の扁平上皮がすっかり剥がれてしまい、
粘膜下の組織が出てしまって、

ただれているように見える、真性びらん、と、

粘膜下の組織が円柱上皮の薄い膜で覆われている
仮性びらん、の2種類なようです。

通常、子宮膣部びらんと言うと、
殆どの場合が、この、仮性びらん、のようですね。

又、成人女性の8〜9割以上の方に、
びらんの症状が見られるようです。

この、子宮膣部びらんの原因としては、先天性のものと、
後天性のものがあると言われているようです。

後天性のびらんは、分娩などによって、
頸管が外にめくれた事や、子宮頸部が肥大化して、

子宮頸粘膜が下がってきた事などが原因となって
起こるようです。

子宮がんの初期段階では、肉眼的に見ると、
このびらんと殆ど区別ができないようです。

又、びらんがあると、
子宮がんになり易い、とも言われているようです。

その為に、子宮がん検診などでびらんが発見されると、
定期的にがんの検査をする必要があるようですよ。

関連記事
子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?
子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?
子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?
子宮体がんの治療方法ってどうするの?
子宮体がんってどんな病気なの?

SponsoredLink



< 子宮膣部びらんってどんな病気なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮の病気のお話 > 子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの? ]

子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?

< 子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?の記事はココから >

子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?
と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮内膜ポリープだと診断された場合に一番心配なのが、
そのポリープが良性のものなのか悪性のものなのか、

気になるのではないでしょうか。

その判断をする為にも、
ポリープを摘出して検査する必要があるようですね。

この、子宮内膜ポリープって何?
と気になってる方もいらっしゃるでしょうね。

これは、
子宮内膜から発育した、きのこ状のイボなようです。

不正出血や重い生理痛、貧血を伴うこともあるようですが、
症状が出ない人が多いようです。

子宮内膜ポリープができる原因は明らかではないようですが、
炎症や分娩、流産、女性ホルモンの影響、

などが考えられているようです。

子宮内膜ポリープは、多くは良性の腫瘍なようで、
大きさは、小さいもので1cm以下から、

大きいものでは数cmのものもあるようですし、
1個から多数個見つかることもあるようですね。

又、大きさや位置によっては、着床が阻害されて、
不妊の原因になる事があるようですので、

小さい場合でも、
摘出しておいた方が無難なようですよ。

では、子宮内膜ポリープの治療の方法には、
一体どんなものがあるんでしょう?

子宮内膜ポリープの摘出する手術としては、
内膜掻爬術と子宮鏡下手術があるようです。

内膜掻爬術と言うのは、
胎盤鉗子でポリープを除去するか、

キューレットで内膜を掻爬するようです。

子宮鏡下手術と言うのは、電気メスによって、
ポリープや筋腫を切除するようです。

どちらを選択するかは、
ポリープの大きさにもよるようですが、

一般的にポリープが大きい場合には、
子宮鏡下手術を選択するようです。

又、麻酔についても、ポリープの大きさによって、
局所麻酔か全身麻酔かを選択するようです。

ポリープの大きさが小さい場合や、
ポリープの数が少ない場合には、

麻酔の量も少量なようですので、
手術の時間も短くて済む為、

入院せずに、日帰りにて、
手術を行う事も可能となるようですよ。

具体的には、麻酔無しで手術が行えたり、
手術時間が20分足らずで、

終了したりする場合もあるようですよ。

子宮鏡下手術の後は、痛みも少ないようですし、
今後、生活する上で特に注意する事も無いようで、

今まで通りの生活を過ごせるようです。

お腹に傷を作る事もないようなので、
子宮内膜ポリープの手術と言うのは、

そんなに恐れる手術では無い、
と言えるのではないでしょうか。

関連記事
子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?
子宮膣部びらんってどんな病気なの?
子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?
子宮体がんの治療方法ってどうするの?
子宮体がんってどんな病気なの?

SponsoredLink



< 子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮の病気のお話 | - | - |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮の病気のお話 > 子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの? ]

子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?

< 子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?の記事はココから >

子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?
と、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮内膜ポリープと言うのは、その名前の通り、
子宮の内膜にポリープが出来る症状の事なようで、

一般的に30歳〜60歳、特に、50歳以上に、
多く発病すると言われているようですね。

では、その子宮内膜ポリープって、
一体どんな病気なんでしょうか。

子宮内膜ポリープの症状と言うのは、基本的には、
本人の自覚症状が無い場合が殆どなようです。

ですが、稀に、不正な出血をしたり、生理痛が酷かったり、
貧血を伴ったりする事があるようですので、

生理痛が人よりも異常に重いなどの
違和感があるような場合には、

念の為に、検査をしておくと安心かも・・・。

検査では、子宮卵管造影や超音波診断を行うようで、
もし、影が見られる場合に、ポリープの疑いがある、

と診断されるようです。

普通のポリープの大きさは、
2cm〜4cm程の大きさなようですが、

中には10cmを超す程のものもあるようですね。

子宮内膜ポリープの原因としては、
一般的にエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響、

だと言われているようです。

このエストロゲンの量が、過剰にある状態や、
エストロゲンの量は普通でも、

エストロゲンに対して子宮内膜自体の感受性が強く、
過剰に反応してしまう場合に、

子宮内膜の増殖が過剰に行われて、その結果、
ポリープが形成されるようになるようです。

子宮内膜にポリープがあると、
子宮内が凸凹の状態になっている場合もあるようで、

この場合、着床の妨げにもなるようですので、
不妊の原因になるようです。

ですが、安易にポリープ除去手術を行うと、
逆に、正常な子宮内膜を傷つけてしまって、

その影響で、再び不妊の原因になる恐れもあるようですから、
治療を行う場合には慎重になる必要があるようですね。

関連記事
子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?
子宮膣部びらんってどんな病気なの?
子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?
子宮体がんの治療方法ってどうするの?
子宮体がんってどんな病気なの?

SponsoredLink



< 子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮の病気のお話 > 子宮体がんの治療方法ってどうするの? ]

子宮体がんの治療方法ってどうするの?

< 子宮体がんの治療方法ってどうするの?の記事はココから >

子宮体がんの治療方法ってどうするの?
って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

今までは、子宮がんと言えば、
多くは子宮頸がんの事を指していたようですが、

最近では、
子宮体がんの発症率も増加傾向にあるようですね。

では、子宮体がんの治療方法には、
一体どんなものがあるんでしょうか。

まず、子宮体がんの治療方法と言うのは、
がんの進行期や症状の大きさ、

患者の年齢や条件によって、
次の四つに大きく分けられているようです。

そして、

これらを単独で行ったり、組み合わせて行ったりして、
治療を進めていくようですよ。

・ごく初期の場合、又は、
  将来子供を作る予定である際に行われるホルモン療法。

・患部である子宮摘出、例えば、単純子宮全摘出術や
  準広汎子宮全摘術、広汎子宮全摘出術、を行う外科手術療法。

・がんが子宮外に拡がっていたり、
  がんが再発したりした場合に行われる放射線療法。

・がんが再発した場合や、がんが子宮外の全身に転移し、
  患部が多過ぎて手術が不可能な場合に行われる化学療法。

本人の出産希望にもよるようですが、
基本的には、子宮摘出となるようですね。

子宮摘出と、その付近のリンパ節のみの切除であれば、
後遺症もあまり無いと言われているようですが、

進行レベルによって、卵管から膣付近まで、
全てを切除しなければならない場合もあるようです。

その場合には、手術後の後遺症として、
排尿や排便などの排泄障害をはじめ、

腰痛やむくみが問題となる可能性があるようです。

そうならない為にも、子宮がんは早期発見、
早期治療を心掛けるようにしなければならないようです。

関連記事
子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?
子宮膣部びらんってどんな病気なの?
子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?
子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?
子宮体がんってどんな病気なの?

SponsoredLink



< 子宮体がんの治療方法ってどうするの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!子宮の病気のお話 > 子宮体がんってどんな病気なの? ]

子宮体がんってどんな病気なの?

< 子宮体がんってどんな病気なの?の記事はココから >

子宮体がんってどんな病気なの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

最近では、乳がんや子宮がんのような
女性特有のがんが増加傾向にあるようですが、

その早期発見にも、力が入れられてきているようです。

その子宮がんなんですが、実は大きく分けると、
次の二つに分けられているようです。

それは、

子宮の入り口付近である子宮頚部に発生する子宮頚がんと、
子宮の奥の部分に発生する子宮体がんなようです。

それでは、

この子宮の奥の部分に発生する子宮体がんとは、
一体どんな病気なんでしょうか。

子宮体がんと言うのは、
子宮内膜に発生する子宮内膜がんと、

子宮筋に発生する悪性腫瘍の子宮肉腫の
二種類に大きく分けられるようです。

この中で、95%以上が、
子宮内膜にがんを発症している事から、

一般的に子宮内膜がんの事を、
子宮体がんと呼んでいるようですね。

子宮体がんの初期症状と言うのは、
その殆どが閉経後の不正出血から始まるようです。

おりものに血が混じっていたり、
下腹部痛に伴って少々の出血が起こったりするようなので、

比較的容易に発見する事ができるようです。

発症年齢は、
40代から50代の女性が多いようですが、

食生活の変化や少子化、
初出産年齢の高齢化などの原因によって、

近年では、若年齢層にも
発症が見られるようになってきたようです。

ですが、子宮頚がんや子宮体がんに関しては、
現在では、早期発見する事によって、

ほぼ根治する事が可能だ、と言われているようです。

この事からも、
女性は定期的に子宮がんの検査を受ける事が、

とっても重要な事だと言えるようですね。

子宮体がんが気になる方は、
楽天で見てみて⇒子宮体がん

関連記事
子宮膣部びらんの治療方法ってどんなことするの?
子宮膣部びらんってどんな病気なの?
子宮内膜ポリープの治療の方法ってどうするの?
子宮内膜ポリープの症状や原因は?手術ってどうなの?
子宮体がんの治療方法ってどうするの?

SponsoredLink



< 子宮体がんってどんな病気なの?の記事はココまで >
| カテゴリ : 子宮の病気のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載