脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└子宮内膜症のお話 > 子宮内膜症の治療法? ]

子宮内膜症の治療法?

< 子宮内膜症の治療法?の記事はココから >

子宮内膜症の治療法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮内膜症の治療法には、大きく分けて
薬物療法と手術療法の二つの治療方法があるようですね。

症状の重度に合わせて、
適切な治療方法を選んで治療を行うようです。

軽症であれば、
鎮痛剤や漢方薬を服用して経過を見るようです。

症状の改善が見られない場合には、
ホルモン療法が行われるようです。

ホルモン療法は、
ホルモンの働きをコントロールし、

一度月経を止めてしまう治療法なようです。

ホルモン剤によって、閉経、もしくは、
妊娠状態の環境を作り出し、

子宮内膜症を小さくしたり、無くしてしまうなど、
症状を改善する方法なようですね。

閉経状態を作り出す偽閉経治療には、
注射薬、点鼻薬、内服薬が使用されるようで、

妊娠状態を作り出す偽妊娠治療には、
黄体ホルモン剤やピルを使用するようです。

薬物療法は手軽に治療を行うことが可能なようで、
月経痛を緩和することができるようですが、

完全に子宮内膜を取り除くことは難しくなるようです。

又、薬の副作用により体調を崩してしまったり、
治療に時間がかかってしまうなどの

デメリットもあるかも・・・。

一方、手術療法は、
子宮内膜症の治療として効果が高いようですね。

症状が重度の場合には、
手術療法を使用して治療を行うようですが、

手術療法の中でも腹腔鏡下手術が
最も多く行われているようです。

全身、又は、局部麻酔をした上で、
お臍周辺に腹腔鏡を挿入する穴を開け、

小型カメラを挿入してモニターを見ながら
手術を行う方法なようです。

病巣の内膜を焼いたり、のう胞を吸出し、
アルコール洗浄などを行うようです。

腹腔鏡下手術は、
腹部を大きく切開する開腹手術と比べて、

他の臓器を傷つけるリスクも低くなり、
患者さんの体力消耗も軽減されるようですよ。

子宮内膜症は、再発の確率が高い病気のようで、
治療は長期戦になるかも・・・。

それに、
定期的な検診を行うことも大切なようですよ。

子宮内膜症の治療が気になる方は、
楽天で見てみて⇒子宮内膜症 治療


女性の幸せを願う!子宮筋腫&子宮内膜症の正しい治し方と知識 [ 東舘紀子 ]

関連記事
子宮頸管ポリープの治療法?
子宮頸管ポリープ?
子宮頸がんの治療法?
子宮頸がん?
子宮内膜症?

SponsoredLink



< 子宮内膜症の治療法?の記事はココまで >
| カテゴリ : └子宮内膜症のお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└子宮内膜症のお話 > 子宮内膜症? ]

子宮内膜症?

< 子宮内膜症?の記事はココから >

子宮内膜症?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮内膜と言うのは、
子宮の内側を覆っている粘膜なようで、

この子宮内膜が子宮内膜組織が本来あるべき場所以外の箇所に
できてしまう病気のことを子宮内膜症と言うようです。

子宮内膜症の患者さんの多くが、
骨盤の中の腹膜や卵巣にて

子宮内膜組織が増殖してしまっているようです。

他にも、まれに臍や肺、腸などに
発生する場合もあるようですね。

子宮内膜症の発生原因は、
まだはっきりと解明されてはいないようで、

月経により子宮内膜の一部が逆流してしまうことが
有力な説であると言われているようです。

子宮内膜が子宮内腔以外の場所で生育していることで、
毎月の月経と同じように、子宮内腔以外の場所でも、

剥離出血が起こってしまうようです。

繰り返し増殖や剥離をすることで、
その部分が炎症を起こし、組織間の癒着などが

併発する恐れも出てくるようですね。

又、子宮内膜症は、子宮内膜が
子宮筋層内に生育している場合は、

月経痛のような痛みがあるようです。

腹膜に子宮内膜が生育している場合には、
下腹部の痛みや吐き気を催す場合もあるかも・・・。

よって、月経時でない時でも、
月経痛のような痛みを感じることがあるはず・・・。

子宮内膜症によって起こりうる問題には、
様々なものがあるようです。

月経痛が激しいことや下腹部の痛み、
不妊症、がんなどが代表的なようですが、

定期的に検診を受けていないと、
自覚症状が出てくるまでは

なかなか気づくことができないようです。

子宮内膜症は良性の病気なようなので、
死に至ることはないようですが、

定期的な検診をし、
子宮内膜症の診断を受けた場合には

気長に付き合っていく必要があるようですね。

子宮内膜症が気になる方は、
楽天で見てみて⇒子宮内膜症


女性の幸せを願う!子宮筋腫&子宮内膜症の正しい治し方と知識 [ 東舘紀子 ]

関連記事
子宮頸管ポリープの治療法?
子宮頸管ポリープ?
子宮頸がんの治療法?
子宮頸がん?
子宮内膜症の治療法?


SponsoredLink



< 子宮内膜症?の記事はココまで >
| カテゴリ : └子宮内膜症のお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載