脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└子宮頸がんのお話 > 子宮頸がんの治療法? ]

子宮頸がんの治療法?

< 子宮頸がんの治療法?の記事はココから >

子宮頸がんの治療法?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮頸がんの治療法には、大きく分けて
手術と放射線治療の二つがあるようですね。

患部がまだ骨盤壁、又は、
膣壁下の1/3に達していない二期病変までは、

手術療法によって治療が行われるようです。

初期に発見して手術を行うことができれば、
子宮頸部の一部を切り取る円錐切除手術だけで

治療が可能なようで、
治療後に妊娠することも可能なようですね。

手術の時間は五分〜十分程度なようで、
一般的には、二、三日の入院で実施されるようです。

がんの進行具合によっては、
子宮の摘出を行う必要があるようです。

子宮の全摘出は、卵巣や卵管も摘出する
広汎子宮全摘が必要になるようです。

骨盤壁、又は、膣壁下の1/3に達した三期のがん、
小骨盤腔を超えて広がったがん、

膀胱や直腸の粘膜を侵しているような四期のがんには、
放射線治療法が行われるようです。

放射線治療法は、高エネルギーの放射線を使って、
がん細胞を殺してしまう治療方法なようです。

三期以上の病状の場合は、
メスを入れる切除線にまで病変が及んでいるようで、

手術療法を行うことができないようです。

一方、一期・二期の病状に
放射線治療法を行うことも可能なようで、

高齢者や合併症などで手術が困難な方の場合には
手術療法ではなく、放射線治療法が実施されるようです。

放射線治療法には、体外から放射線を照射する
外部照射と膣内照射の二種類あるようで、

この二つの照射を組み合わせて行われるかも・・・。

又、放射線治療法と手術療法を組み合わせて
手術の前にがん細胞を小さくしたり、

放射線治療法の効果を高める為に
抗がん剤などの化学療法を併用することもあるようですね。

子宮頸がんの治療が気になる方は、
楽天で見てみて⇒子宮頸がん 治療

関連記事
子宮頸管ポリープの治療法?
子宮頸管ポリープ?
子宮頸がん?
子宮内膜症の治療法?
子宮内膜症?

SponsoredLink



< 子宮頸がんの治療法?の記事はココまで >
| カテゴリ : └子宮頸がんのお話 | - | trackbacks(0) |
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!└子宮頸がんのお話 > 子宮頸がん? ]

子宮頸がん?

< 子宮頸がん?の記事はココから >

子宮頸がん?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

子宮がんと言うのは、できる部分によって、
子宮頸がんと子宮体がんに分けられるようです。

子宮頸がんと子宮体がんは、
できる部分が違うことが主な違いなようですが、

他にも発症の原因や発症する年齢層にも
違いがあるようです。

子宮がんの患者さんのうち、
約60%〜70%の人が子宮頸がんで、

子宮頸部と呼ばれる子宮の出口付近に
がんが発症するようです。

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスに
感染することが原因で発症するようで、

40代〜50代の患者数が多くなっているようです。

最近では、
20代の発症も急増している病気なようですね。

ヒトパピローマウイルスと言うのは、
性交渉を経験したことのある多くの方が

感染したことがあるウィルスになるようです。

感染した方の90%は、
感染後にウイルスが自然に消滅するようですが、

残りの10%の感染者は、持続的に感染するようです。

長期的に感染することで、
子宮頸がんを発症する危険性が高まるようです。

子宮頸がんは、
自覚できるような初期症状が殆ど無いようで、

症状が無くても定期定期に検診をして、
早期発見、早期治療を行うことが大切になるようです。

自覚症状が無いくらい早期に発見することができれば、
殆どの場合は完治させることが可能なようです。

子宮頸がんは、進行が遅いがんなようですが、
症状が現れてくると不正出血を引き起こすようです。

他にも、異常な量のおりものや下腹部の痛み、
性交渉時の出血なども起こるかも・・・。

子宮頸がんの発見が遅れてしまうと、
がん細胞が周囲の内臓を圧迫するようになるようで、

患部周辺にも痛みを伴ってくるようです。

がんと聞くと、死んでしまうイメージを
持ってしまいがちなようですが、

発見が早ければ早いほど生存率が高くなるようです。

又、早期発見、早期治療を行うことで、
再発の可能性を無くすことも可能なようですね。

子宮頸がんが気になる方は、
楽天で見てみて⇒子宮頸がん

関連記事
子宮頸管ポリープの治療法?
子宮頸管ポリープ?
子宮頸がんの治療法?
子宮内膜症の治療法?
子宮内膜症?

SponsoredLink



< 子宮頸がん?の記事はココまで >
| カテゴリ : └子宮頸がんのお話 | - | trackbacks(0) |

最新トラックバック
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載