脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!耳の病気のお話 > 鼻のかみ方が耳に悪影響? ]

鼻のかみ方が耳に悪影響?

< 鼻のかみ方が耳に悪影響?の記事はココから >

鼻のかみ方が耳に悪影響?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。鼻のかみ方によっては、耳に悪影響を及ぼす事があるようですね。鼻水をかんで鼻の中をできるだけ綺麗に保っておくのは、大切な事ですよね。ですが、両鼻を同時にかむことや、一回の鼻かみで一度に全部の鼻水を出そうと力を入れて強くかむというような鼻のかみ方は間違っているようです。鼻の奥にある中耳は、耳管で繋がっているようですよね。上記のような鼻のかみ方をしていると、鼻腔内の圧力が非常に高くなり、その圧力が耳管を通して内耳に伝わるようです。耳管を通して細菌やウイルスだらけの鼻水が中耳に入り込み、急性中耳炎を引き起こしたり、その高い圧力によって鼓膜が破れたりしてしまうようです。場合によっては、中耳だけではなくって、内耳にも悪影響を及ぼす危険さえあるようです。

子供の場合は大人に比べると、太くて短い耳管であり、傾斜も緩やかな為、鼓膜が破れやすかったり、中耳炎にかかりやすかったりするようですね。お子さんが両方の鼻を一度にかんでいるようならば、注意した方が良いかも・・・。正しい鼻のかみ方は、親が教えてあげないと身につきません。なるべく小さな頃からちゃんと教えてあげると良いでしょう。息を口から吸い、片方ずつ、ゆっくりと数回に分けて小刻みにかむのが正しい鼻のかみ方なようですよ。このかみ方をすれば、鼻咽腔圧を上げなくてすむようです。それでもどうしても、鼻水が多くてスッキリしなかったり、粘着性の強い鼻水が溜まりやすかったりして、強くかまずにいられない場合は、耳鼻科へ行き、診察してもらった方が良いかもしれませんね。

楽天で見る⇒中耳炎

関連記事
薬が原因で難聴になる?
鼻を強くすすり過ぎない方が良い?
糖尿病や透析で難聴?
耳が詰まった感じの時はどんな病気が考えられるの?
ヘッドホン難聴?

SponsoredLink



< 鼻のかみ方が耳に悪影響?の記事はココまで >
| カテゴリ : 耳の病気のお話 | - | trackbacks(0) |
<< 糖尿病や透析で難聴? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | 鼻を強くすすり過ぎない方が良い? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載