脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病で飲む薬って? ]

うつ病で飲む薬って?

< うつ病で飲む薬って?の記事はココから >

うつ病で飲む薬って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。うつ病になったら、薬物療法が主流になるようですね。では、うつ病で処方される薬にはどんなものがあるんでしょう。うつ病で使用される薬を数種類をあげてみたいと思います。

・パキシル(パロキセチン)
セロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害することで、脳内シナプス隙間のセロトニンの濃度を上げるものなようです。そうする事で、うつ状態が改善すると言われているようですね。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と言われるようです。

・ルボックス、デプロメール(フルボキサミン)
選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)パキシルと同じような作用があるようです。比較的安全性の高い、副作用の少ない薬なようですね。

・トレドミン(ミルナシプラン)
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤なようです。SNRIとも言うようです。意欲の低下に対して処方されることが多いようですね。

・アモキサン(アモキサピン)
第二世代の三環系の抗うつ薬なようです。効果が早いようですね。うつ病だけではなくって、パニック障害等の症状にも適用されるようです。

・ドグマチール(スルピリド)
脳の活動に働きかけて、気分を良くする作用があるようです。女性の場合は、副作用としてホルモン異常が起きる可能性があるようです。

・デパケン(バルブロ酸ナトリウム)
主にてんかん薬として使用されているようですが、躁うつ病等への効果もあるようです。脳内のセロトニンの代謝を促進させる薬なようですね。

楽天で見る⇒うつ病 薬

関連記事
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病で飲む薬って?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
<< うつ病にかかりやすい性格? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | うつ病の薬の副作用? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載