脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病の薬の副作用? ]

うつ病の薬の副作用?

< うつ病の薬の副作用?の記事はココから >

うつ病の薬の副作用?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。うつ病の薬を飲んでみようか、でも、副作用はどうなの、って心配な方もいらっしゃるのでは・・・。では、一般的に言われている副作用とは、いったいどういったものなんでしょう。

新しい薬は、従来の薬に比べると副作用が随分軽減されているようですが、これも個人差があるようですね。一般的に三環系抗うつ薬(第一世代)の副作用としては、口の渇き、めまい、たちくらみ、頭痛、眠気、倦怠感、ふらつき感、排尿障害などがあげられるようです。

第二世代の三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬は、それよりも副作用が軽減されているようです。パキシルやルボックスに代表される第3世代SSRIになると、更に副作用は少なくなるようですが、嘔吐感や胃もたれ感、胸焼けなどの副作用が起こる方もいらっしゃるかも・・・。

第4世代のSNRI(トレドミンなど)でも人によっては、不眠や吐き気などの副作用が起きることもあるようです。うつ病の薬の服用は、依存や離脱症状なども心配になると思います。特に、パキシル等の薬はいきなり服用を中止するのは危険なようです。めまいやふらつき、吐き気や嘔吐、不眠などの症状が出てしまうこともあるようです。

同じSSRIの中でもジェイゾロフト(塩酸セルトラリン)は、副作用も軽く、離脱症状も軽い傾向になるようです。ですが、比較的副作用が少ないと言われている薬であっても、必ずしも副作用がで無いとは限らないようです。副作用の程度には個人差があるようですから、医師と相談して自分に合った薬を使用するようにして下さいね。

楽天で見る⇒うつ病 薬

関連記事
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病の薬の副作用?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
<< うつ病で飲む薬って? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | うつ病の治療の行動療法って? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載