脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!糖尿病のお話 > インスリンの種類? ]

インスリンの種類?

< インスリンの種類?の記事はココから >

インスリンの種類?これって、気になる方も
いらっしゃるかもしれませんね。

糖尿病では、インスリン製剤を使った皮下注射による
インスリン療法というものがあるようです。

このインスリン製剤には、
主に六つの種類があるようですね。

インスリン製剤は、糖尿病でも特に、
一型糖尿病の治療において大きな効果を

発揮すると言われているようですね。

その種類には、速効型インスリン製剤、
中間型インスリン製剤、混合型インスリン製剤、

持続型インスリン製剤、超速効型インスリン製剤、
時効型インスリン製剤などがあるようです。

これらのインスリン製剤は、種類によって、
効果が現れる時間や効果が持続する時間が

違うようです。

速効型インスリンは、即効性が高く、
注射後30分から効果が現れ始めるようですが、

持続時間が短いようで、
5時間〜8時間と言われているようです。

速効型よりも更に効果が現れるのが早い
インスリン製剤が、超速効型インスリン製剤なようです。

ですが、こちらも持続時間は短く、
3時間〜5時間程度となっているようです。

他には、中間型インスリン製剤という
注射後1時間から1時間半で効果が現れ、

18時間から24時間くらい持続するものや、

速効型や超速効型と中間型を混ぜた
混合型インスリン製剤というものもあるようで、

効果が現れるのが早い上に持続時間も
長いと言われているようです。

更に、速効型や超速効型と正反対の特性をもつ、
効き目が出るのが遅く、

効果が長い持続型インスリン製剤というものもあるようです。

インスリン製剤の中には、
一回の摂取で24時間の効果が期待できる

時効型インスリン製剤というものもあり、
病気の症状や状態に合わせて使われるようですね。

楽天で見る⇒糖尿病 インスリン

関連記事
血糖値を正確に測るには?
血糖値の正常値や平均値は?
血糖値って甘いものを食べると上がるの?
糖尿病に関係するヘモグロビンA1c?
糖尿病のインスリン治療って?

SponsoredLink



< インスリンの種類?の記事はココまで >
| カテゴリ : 糖尿病のお話 | - | trackbacks(0) |
<< 糖尿病のインスリン治療って? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | 糖尿病に関係するヘモグロビンA1c? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載