脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!中性脂肪のお話 > 中性脂肪って? ]

中性脂肪って?

< 中性脂肪って?の記事はココから >

中性脂肪って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

中性脂肪と言うのは、
別名トリグリセドと呼ばれる三つの脂肪酸と

グリセロールという物質が結びついてできたものを言うようです。

血液中の脂質には、中性脂肪を始め、コレステロール、
リン脂質、遊離脂肪酸などがあるようです。

脂肪と言われると、つい肥満や生活習慣病などの
悪いイメージを連想しがちなんですが、

エネルギー補給源として重要な役割を持っているようです。

他にも、内臓を外部の衝撃から守ってくれたり、
体温の保持など身体にとって大切な役割を担っているようです。

中性脂肪とは、
体内で備蓄されているエネルギーのことで、

らくだのコブのようなものになるようです。

人の身体の中で、
最も多く存在する脂肪が中性脂肪なようです。

ただ、中性脂肪は体脂肪の元になるようなので、
蓄積されると体脂肪に変わってしまうようですね。

食事から摂取されて血液の中を運ばれ、全身を巡りますが、
エネルギーとして消費されなかった分は

肝臓に溜まってしまうようです。

中性脂肪は、
糖質の約二倍のエネルギーを持っているようで、

万が一の非常時に備えて
体内に溜まっていく性質があるようです。

これは、生命活動を維持する為なようですが、
食生活が豊かで運動不足の人が多い現代社会では、

中性脂肪をため過ぎることで、逆に身体の害となり、
健康に支障が出てしまうことも少なくないようです。

中性脂肪が過剰に体内に蓄積され、たまり過ぎることで、
動脈硬化や糖尿病、脂肪肝といった病気を

発症しやすい体になってしまうようですよ。

体内に蓄積された中性脂肪は、
外見では判断することが難しいようですし、

特に自覚症状も無い為、
一般的には健康診断などで検査されているようです。

中性脂肪、ため過ぎないように、
気をつけたいですね。

中性脂肪を下げたいと気になってる方は、
楽天で見てみて⇒中性脂肪 下げる

関連記事
中性脂肪値を下げる薬?
中性脂肪を減らす食事?
中性脂肪の基準値?
中性脂肪はアルコールを飲むと高くなる?
中性脂肪値が高くなる原因?

SponsoredLink



< 中性脂肪って?の記事はココまで >
| カテゴリ : 中性脂肪のお話 | - | trackbacks(0) |
<< 体外受精をした人の体験談や口コミ? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | 中性脂肪値が高くなる原因? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載