脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!アトピーのお話 > アトピーの薬? ]

アトピーの薬?

< アトピーの薬?の記事はココから >

アトピーの薬?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

皮膚に湿疹ができて赤くなり、痒みも出てきたので
皮膚科を受診したらアトピーと診断された・・・。

そんな時に処方される薬には、
一体どんなものがあるんでしょう。

まず、アトピーの薬と言って
一番に頭に思い浮かぶのは、

ステロイドなのでは・・・。

このステロイドは皮膚の炎症を
強力に抑えてくれる働きがあるようで、

症状が悪化しているアトピーには
とっても有効な薬となるようですね。

ステロイドにも
薬の強さによって分類があるようで、

・最も強い、スロトンゲスト
・とても強い、ベリーストロング
・強い、ストロング
・中等度、マイルド
・弱い、ウィーク

の五段階に分けられているようで、

まず弱いウィークから処方され、
症状が悪化すると徐々にマイルド、

ストロングと移っていくようです。

アトピーにとってステロイドは
とっても有効な薬なようですが、

よく言われている副作用の心配があるようですので、
慎重に使用を決める必要があるようですね。

又、

勘違いしないように気をつけてほしいのが、
あくまでもステロイドは、

皮膚の炎症を抑える為の薬なようで、
アトピーを治す薬ではない、

と言う事なんですよね。

肌が綺麗になったからと言って、
アトピーが完治した、

と判断しないようにするのがいいようです。

この他、ステロイド以外の外用薬を
非ステロイドと呼ぶようで、

代表的なものにアンダームや
アズノールなどがあるようです。

アトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまった場合、
外用薬だけではなく、内服薬を併用して

処方される場合もあるかも・・・。

その際には、
アトピーの特徴とも言える痒みを抑える為に、

抗ヒスタミン薬が中心となるようですね。

アトピーの薬が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒アトピー 薬

関連記事
アトピーは完治しない?
アトピーに適した食事?
アトピーの漢方薬?
アトピーの原因?
アトピーの症状?

SponsoredLink



< アトピーの薬?の記事はココまで >
| カテゴリ : アトピーのお話 | - | trackbacks(0) |
<< アトピーの原因? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | アトピーの漢方薬? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載