脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!コレステロールのお話 > コレステロールの多い食品? ]

コレステロールの多い食品?

< コレステロールの多い食品?の記事はココから >

コレステロールの多い食品?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、コレステロールの多い食品って、
どんなものがあるんでしょう?

コレステロールの多い食品の代表としては、
実は、卵があげられるようですね。

特に、鶏卵の卵黄は、
100gあたりに1,400mgもコレステロールが

含まれているようで、他の食材と比較しても
コレステロールの含有量が高くなっているようですね。

続いてコレステロールの多い食材としては、
ピータンがあげられるようです。

中華料理などでよく利用されるピータンは、
常に食卓に並ぶというような食材ではないようですが、

こちらも100gあたり680mgのコレステロールを含む
と言われているようですよ。

他には、筋子やキャビア、タラコやウニなどの魚卵にも
コレステロールが多く含まれているようですよ。

又、卵類と並んで
コレステロールの含有量が多いものには、

肝や内臓などがあると言われているようで、
アンコウの肝や鰻の肝、鶏レバーや豚レバーなども

コレステロールが多く含まれている食材と
なっているようですね。

卵や魚卵、肝や内臓以外に
コレステロールを多く含む食材として、

魚類があげられるようです。

何気なく食べがちな魚類なんですが、
スルメやシシャモ、タタミイワシなどには

たくさんコレステロールが含まれているようですし、
イカや桜エビなどにも多くコレステロールが

含まれているようですよ。

一般的に、コレステロールの摂取量は、
成人男性で一日に750mg未満、

成人女性で一日に600mg未満となっているようです。

コレステロールの摂取量が少な過ぎても、
多過ぎても身体に支障が出るものなようなので、

コレステロールの摂取には
気を配るようにすると良いようですね。

コレステロールの摂取量が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒コレステロール 摂取量

関連記事
不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる?
運動するとコレステロールは減る?
コレステロールの役割?
コレステロールの種類?
コレステロールが高いと病気になる?

SponsoredLink



< コレステロールの多い食品?の記事はココまで >
| カテゴリ : コレステロールのお話 | - | trackbacks(0) |
<< コレステロールの役割? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | 運動するとコレステロールは減る? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載