脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの種類? ]

胃がんの種類?

< 胃がんの種類?の記事はココから >

胃がんの種類?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

胃がんの種類って、
どんなものがあるんでしょう。

胃がんと言うのは、
胃にできる悪性腫瘍のことなようですが、

進行具合や形態、組織の特徴などから
様々な種類に分類されているようです。

治療を的確に進める為には、
よく調べる必要があるかも・・・。

まず、胃がんは、
胃壁のどこまで到達しているかによって、

その種類が分けられているようですね。

胃壁は粘膜層、粘膜下層、固有筋層、
漿幕下層、漿膜からなっているようで、

胃がんは最初は内側の粘膜層に発生するようです。

それが時間とともに、粘膜下層、固有筋層と
次第に外の方へ向かって進行していくようです。

がんがどの部分まで到達しているかにより、
早期、進行、に分けることができるようです。

早期がんと言うのは、
粘膜下層まで到達している場合を言うようですし、

進行がんは筋肉や漿膜にまで
到達している場合のがんなようですね。

早期胃がんは、がんの形状から、
儀拭蔑患型)、況拭壁縮矛拭法↓祁拭粉抉型)、

に分けることができるようです。

更に、況燭蓮↓A型(表面隆起型)、B型(表面平坦型)、
C型(表面陥凹型)に分類されているようです。

進行胃がんは、限局型、つまり、
がん組織と正常な組織の境界が明瞭で1型と2型があるようですし、

浸潤型、つまり、
がん組織と正常な組織の境界が不明瞭で3型と4型、

とに分けられているようです。

がんは、がん組織のタイプでも
分類される場合があるようです。

がん細胞が正常な細胞と比較して、
変化が少ない場合を、分化型のがん、と言うようですし、

がん細胞が正常な細胞と比較して変化が大きい場合を、
未分化型のがん、と言っているようですね。

胃がんの種類が気になる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん 種類

関連記事
スキルス性胃がん?
胃がんの治療方法?
胃がんの検査?
胃がんの中期や後期の症状?
胃がんの初期症状や兆候?

SponsoredLink



< 胃がんの種類?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
<< 胃がんの中期や後期の症状? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | 胃がんの検査? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載