脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > スキルス性胃がん? ]

スキルス性胃がん?

< スキルス性胃がん?の記事はココから >

スキルス性胃がん?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スキルス性胃がんって、
よく聞く病名だと思いますが・・・。

では、このスキルス性胃がんって
何なんでしょうか?

胃がんの種類にもいろいろあるようですが、
その中で特別な進み方をするがんがあるようです。

しかも、
悪性度の高いがんなようですよ。

その上、なかなか気付かれないようで、
気付いた時には既に進行が進んでいた・・・、

なんてこともあるようです。

それが、
スキルス性胃がんなようですね。

なぜ気付かれないのかと言うと、
スキルス性胃がんと言うのは、

他のがん同様に粘膜から発生するようでが、
粘膜に変化を殆ど起こさないからなようです。

胃の粘膜層の下で
少しずつ進行していくようです。

なので、X線や胃カメラなどでも、
なかなか異常を見つけることができないようです。

進行してくると胃壁全体が硬くなって、
収縮してくるようです。

こうなって、
やっと発見されることが多いようですね。

又、転移も速いようで、
気がついた時にはすでに腹膜に

がん細胞が散らばってしまっていた、
ということも多くあるようです(腹膜播種)。

スキルス性胃がんにかかる方は、中高年の男性よりも、
三十代、四十代の女性が多いようです。

三十代、四十代と言えば、
胃がんとはまだまだ無縁な感じのする年代なようですよね。

スキルス性胃がんは自覚症状に乏しいようで、
検査でも発見しにくいようなので、

早期発見しにくい胃がんなようです。

つまり、発見できた時には、
手術できないほど進行していることも少なくないようです。

それに、
手術できても完治に至ることは難しいようですし、

再発することが多いというのも特徴になるようです。

スキルス性胃がんが気になる方は、
楽天で見てみて⇒スキルス性胃がん

関連記事
胃がんの治療方法?
胃がんの検査?
胃がんの種類?
胃がんの中期や後期の症状?
胃がんの初期症状や兆候?

SponsoredLink



< スキルス性胃がん?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
<< 胃がんの治療方法? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | ぎっくり腰で腰痛? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・スポンサードリンク・・
・・新着記事・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載