脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんは転移する確率が高い? ]

胃がんは転移する確率が高い?

< 胃がんは転移する確率が高い?の記事はココから >

胃がんは転移する確率が高い?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

やはり、胃がんと聞くと、
気になるのが転移なんですよね。

がんの症状や進行状況によっては、
転移の確率が高くなっていくようです。

これは、胃がんに限らず、
他のがんでも同じことが言えるかも・・・。

早期がんで、早い段階で手術や治療を行っていれば、
転移の確率も再発の確率も低くなるようですが、

がんの発見が遅れれば遅れるほど、
転移のリスクが増えてしまうようです。

あまりがんが、深い部分にまで達していない場合でも、
リンパ節に転移してしまっていると、

体のいろいろな部分に転移している確率が
高くなってしまうようですね。

胃がんが粘膜内で留まっている場合であれば、
転移の確率はとっても低いようで、

リンパ節へ転移する確率は、約3.3%なようです。

ですが、これが、
粘膜下層までがんが達している場合になると、

リンパ節に転移する確率がグンと上がって、
約17.6%になるようですよ。

粘膜内と粘膜下層部分の違いだけで、
リンパ節への転移率が5倍以上も違ってくるようです。

こういったことを考えても、やはり、
早期発見することが大事だと思い知らされますよね。

それでも、粘膜下層部分で、
がんの進行が止まれば良いんですが、

もし、胃の周辺の臓器にまで
がんが達してしまっていると、

リンパ節への転移率が、
約89.7%になってしまうようです。

ここまで進行してしまった場合には、
5年生存率も一気に下がってしまい、

約23.9%なようです。

更に、がんが進行しないと症状が現れない、
と言われているスキルス性のがんの場合は、

発見が遅れる為、殆どの患者さんに、
他の部位への転移がみられる可能性もあるかも・・・。

胃がんが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん

関連記事
胃がんになった時の生存率や余命って、どれ位?
胃がんにならないような食事?
胃がんのステージって何?
胃がんの手術って?
胃がんの薬物治療方法?

SponsoredLink



< 胃がんは転移する確率が高い?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
<< 胃潰瘍の治療法? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | 胃がんの薬物治療方法? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載