脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!胃がんのお話 > 胃がんの薬物治療方法? ]

胃がんの薬物治療方法?

< 胃がんの薬物治療方法?の記事はココから >

胃がんの薬物治療方法って?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

胃がんの手術では、
完全に取り切ることができなかったがんがある場合や、

手術後にがんが再発してしまった場合、
手術による治療が難しい、と判断された場合に、

薬物治療が行われるようですね。

この時、使用される薬が、
いわゆる、抗がん剤、なようです。

抗がん剤は、治療の為だけではなくって、
胃がんの再発を予防する為にも、

使用されているようです。

胃がんの種類やタイプによって、
効きやすい薬や効きにくい薬があるようです。

胃がんを発症し、薬物治療を行っていき、
延命が期待できる確率は、

胃がんでは、
30%〜50%と言われているようです。

現在、胃がんの薬物治療で
使用されている薬として代表的なのは、

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(TS-1)や、
シスプラチン、といった薬なようです。

ただ、胃がんの進行具合によっても、
薬物治療に使う薬は変わってくるようです。

それに、副作用を抑える為や、
より高い効果を得る為に、

様々な組み合わせで処方されることも多いかも・・・。

いずれにしても、抗がん剤はその効果が高い分、
体にかける負担も大きくなるようです。

その為、胃がんの薬物治療を行う場合には、
休薬期間が必要なようです。

一定の期間、胃がんの薬物治療を行ったら、
しばらく投薬を中止して、

抗がん剤でダメージを受けて
弱ってしまった細胞を元の状態に戻しましょう。

抗がん剤と言えば、副作用がある、
というイメージを持つ方も多いくらい、

副作用が起きやすいようです。

近年、できるだけ副作用を避けて、
胃がんの薬物療法を行いたい、と望む方が、

選択することが多い治療法が免疫療法なようです。

これは免疫力を高めることで、
胃がんを治すことを試みる方法なようですが、

副作用は確かに少ないものの、
はっきりとした効果は実証されていないようですね。

胃がんの薬物治療が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒胃がん 薬物治療

関連記事
胃がんになった時の生存率や余命って、どれ位?
胃がんにならないような食事?
胃がんのステージって何?
胃がんの手術って?
胃がんは転移する確率が高い?

SponsoredLink



< 胃がんの薬物治療方法?の記事はココまで >
| カテゴリ : 胃がんのお話 | - | trackbacks(0) |
<< 胃がんは転移する確率が高い? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | 胃がんの手術って? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載