脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!
その脱腸も症状は様々ですが、その脱腸のお話をしています。
又、健康や病気に関するお話もしています。

脱腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!




このブログの記事を見る ⇒ 脱腸と痔のもくじです♪
このブログの記事を見る ⇒ 健康と様々な病気のもくじです1♪
このブログの記事を見る ⇒ 女性の健康と様々な病気のもくじです2♪
[ 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい!うつ病のお話 > うつ病に効果がある薬? ]

うつ病に効果がある薬?

< うつ病に効果がある薬?の記事はココから >

うつ病に効果がある薬?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

現在のうつ病の治療というのは、
薬物治療が基本となっているようですが、
うつ病に効果のある薬には一体どういったものがあるんでしょう。

うつ病の薬には、
開発された年代順やその化学構造や作用によって、

・三環系
・四環系
・SSRI
・SNRI
・NaSSA

など、以上の5つのグループに分類されるようです。

最初にうつ病の薬として開発されたものが、
三環系抗うつ薬と呼ばれているものなようですね。

これは、効き目は強いようですが、
副作用も同じように強い、と言うデメリットがあったようです。

次に、この副作用を軽くする為に、
開発されたものが四環系抗うつ薬なようです。

そして、SSRI、SNRIが開発され、
一番新しく開発された抗うつ薬がNaSSAなようですね。

NaSSAでは、SSRI、SNRIとは全く異なる
新しい方法で脳内に作用するようですので、

SSRIやSNRIが効かなかった人も試してみると良いかも・・・。

うつ病の薬は、新しく開発されたものほど、
治療効果が高いようですし、副作用が少なくなるようですよ。

又、うつ病の薬を服用する上で注意して欲しいのが、
薬に即効性は無いと言う事なようですね。

服用してから十分な効果が現れるまでに、個人差はあるようですが、
1ヶ月以上は掛かる、と言う事を覚えておくといいかも・・・。

それに、うつ病が良くなったからと言って、
すぐに服用を中止してしまうと、

約半数の方は再びうつ病を発症してしまう、
と言われているようです。

つまり、それ程、
うつ病というのは、再発しやすい病気なようです。

ですから、うつ病が良くなったと思っても、
それから半年程度は服用を続ける事をお勧めします。

うつ病、一日も早く良くなるといいですね。

楽天で見てみて⇒うつ病

関連記事
うつ病になると障害者認定を受けられる?
うつ病の人への接し方はどうすればいいの?
うつ病にも種類がある?
うつ病の症状ってどのようなこと?
うつ病の治療の認知療法って?
うつ病治療の対人関係療法って?
うつ病の治療の行動療法って?
うつ病の薬の副作用?
うつ病で飲む薬って?
うつ病にかかりやすい性格?

SponsoredLink



< うつ病に効果がある薬?の記事はココまで >
| カテゴリ : うつ病のお話 | - | trackbacks(0) |
<< うつ病にも種類がある? | 腸!辛くて、チョッと恥ずかしい脱腸を治したい! | うつ病の人への接し方はどうすればいいの? >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
・・新着記事・・
・・スポンサードリンク・・
・・もくじ・・




カスタム検索
キーワード例
「脱腸」
「脱腸 手術」
「脱腸 ヘルニア」
「ヘルニア 脱腸」
「脱腸 そけい」
「そけい ヘルニア 脱腸」
「医療 脱腸」
「脱腸 治療」
「脱腸 病院」
「脱腸 子供」
「脱腸 幼児」
「脱腸手術」
「ヘルニア 脱腸 手術」
「妊娠 脱腸」
「脱腸 女性」
「脱腸 専門医」
欲しい情報をたくさん手に入れて下さいね!

Favorite Link
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

ここに関連キーワードを記載